ウクライナ&ロシアランチ

ジョージア(グルジア)ナチュラルワイン

有松絞まつり当店は『ミャンマー(ビルマ)支援チャリティー』

《☆トピック★ビルマ(ミャンマー)情勢☆》

映画ひまわり

頼山陽石碑について

ご友人 ご家族での会食、ディナーのご案内 

ロシアの政権が始めた戦争により
亡くなられた全ての方々に哀悼の意を表します。

☆『5月のお休み』は
9,10,11,12,(月、火、水、木、)
19(木)
26(木)です。
☆『6月のお休み』は
6/23(木)です。
悪天候等集客の見込みがない日には早く閉めることもあります。

※時折、お休み日に変更があります。
新着情報
お休みのお知らせ、
又はお休みカレンダー
スマートフォンでは(トップページ一番上まで戻してメニュータブを押して下へ スクロール)で随時ご確認ください。

お昼のランチは 御来店がお決まりのお客様は御予約をお願い致します。
座席は御予約のお客様を優先いたします。

あいスタ 7AF440D4-7BE5-4514-9EAB-07E90DAE2350_1_201_a

《当店はCOVID-19感染対策 第三者認証制度の認証店です。》
※営業時間を変更しました。
 
《暫くの間、営業時間は》
ランチ
11:30~16:00
※終了時刻はその日の状況により前後します。

☆夜のディナーは全日要予約です。☆

コロナウイルス感染対策の観点から
アルコールは入口ドア開けてすぐ右側に手をかざすだけの自動アルコールスプレーと押すタイプの両方が置いてあります。
各自アルコール消毒をお願い致します。
また、顔認識非接触検知器で検温をお願い致します。

尚、COVID-19感染者状況の変化により営業時間等、変更する場合がございます。
(事前のご予約には対応いたします。)
メニューは多少限定したメニューとなります。 (食材管理、維持の面から)

☆夜のディナーにつきましては事前に要予約⭐︎
17:30~22:00迄
お休み日以外の日時で受付ております。 

同時間帯1組 1グループ10名様迄  
 ※コロナウイルス収束迄の間は人数制限あり。徐々に緩和。

御予約、ご要望等はお電話で承ります。
ホームページメールフォームからメールでも結構です。

※(お休み日は電話に出られない時間帯がございます。
必要事項ご記入の上、ホームページメールフォームからメールでお願い致します。)

※ロシア製品は戦争以前に確保済みの物が無くなり次第、当面の間取り扱いが無くなります。

※スマートフォンのお客様は
トップページのいちばん最初のところまで戻してから
左上のメニュータブをクリックして下さい。
営業日カレンダー、各種メニュー、御予約メール、Instagram等はタブから出てきます。

ミャンマーチャリティー

◎6/4(土)〜5(日)にかけて
有松旧東海道一円にて『有松絞まつり』が開催されます。
当店では、通常営業とは異なり、
『ミャンマー(ビルマ)支援チャリティー』
をおこないます。

ミャンマーでは昨年2月軍事政権によるクーデターによる市民弾圧に対し市民が武器を取り民族軍と共に戦い、徐々にミャンマー軍の兵力消耗が顕著になって来ました。
軍からの離反者も昨年来徐々に、高位の将校では現在、大佐まで離反者が出ております。
一方、4月はサガイン管区内ではかなりの村がミャンマー軍事政権によって燃やされました。
チン州ではタントランは既に無人廃墟、ミンダット周辺でも再び危機的状況です。
カイン(カレン)〜カレンニーに続くラインでは激しい戦闘が連日です。
カチンでは大規模な衝突間近。
ラカインではミャンマー軍とAA(アラカン軍)がついに衝突(全面衝突ではない)。
こうした中、
これから雨季です。
雨を凌ぐことすら困難な状況に置かれた人々。
国内避難民(IDP)救済に
国連の活動は軍事政権側の妨害等、本当に必要なチンやサガインに行かない行けない役立たっていない。
地元コミュニティとの連携が不足。信頼不足。
ほとんどのミャンマー人は国連に失望している。
 日本政府にもね。
日本政府の立場は口だけ。
実際の行動は
ミャンマーの軍事クーデターリーダーである
ミンアウンフラインのゴッドファーザーである
 幅広い人脈を持つあの財団の会長、
笹川氏がミャンマー国民和解担当日本政府代表として君臨し、
クーデターリーダーと歩調を合わせた行動を継続中、
昨年11/13日に再び会談、今年2月。
影響力があるので多くのマスコミもその影響下にある。
故に一般的な日本人(あまり知られていない)よくわからない、
よりミャンマー人のほうが詳しい。
5月に入って軍事政権側の呼びかけに応じてRCSS / SSA-Sシャン州 南軍/南軍復興評議会(シャン州の複数あるEAOの中の一つ)軍事評議会SACの和平交渉に参加した最初のEAO(民族軍)
https://www.irrawaddy.com/news/burma/myanmar-junta-chief-meets-ethnic-shan-leader-for-peace-talks.htmlは笹川氏の長年のコネクションが噛んでいると見ていい。
訪問時の訪問先で判断できますね。3ヶ月後、このように動いた。
今日5/25TheIrrawaddyによるとモン州NMSPが軍事政権と会談したことが報じられている。
https://www.irrawaddy.com/news/burma/ethnic-armed-group-criticized-for-holding-talks-with-myanmar-regime.html(ミャンマーの方はビルマ語エディションで読んでいます。)
これにも日本外務省及び傘下のJICAと日本ミャンマー協会が噛んでいると見ていい。
進行中のモン州開発の件がそうさせているのだろう。
人にはそれぞれに信条があるから
それがそうしているのだろう。
ただ、もっと高次元からトータルで見ていかないと
このままのやり方で日本政府としてやって行くことは
善悪かかわらず成功することは無い。
何れリスクを負うことになる。

下のリンク先は
判りやすい複雑奇怪なシャン州、ワ州についての最近。
笹川氏の考えも読めてくる。中国を意識し、軍事政権とRCSS/SSA-Sをくっつけようとしている。
この複雑さは笹川氏本人がよくわかっていると思う。
故に否定はしない。
みんな貧しい。悪魔が跋扈する一帯。
中国指導部はより悩ましく難しく困難と感じていると思う。
この状況を利用して収入源の一部とする軍事政権もまた悪魔。
 大切なことはシンプルであるべき。
https://thediplomat.com/2022/05/shan-state-exemplifies-chinas-tangled-myanmar-ties/

誰が避難民を支えているのか?

それはミャンマー(ビルマ)国内地元コミュニティー(プラス護衛PDF&EAO)と在外ミャンマーコミュニティー!!
これは一体となって機能している。
(世界NO.1 助け合う心と寄付金支援!! 
世界で最も強力なコミュニティ!だと思う。)

写真は在外ミャンマーコミュニティから支援金によりミャンマー国内で調達された支援物資を護衛警護しながら避難民キャンプへ運ぶPDF Kalay(People’s Defence Force人民防衛隊 元々は市民)5月上旬 サガイン管区内のどこかで(保安上どこかで)PDF Kalay第2第5中隊。

アメリカ合衆国平和研究所(USIP)ミャンマー研究会,や関係アナリストはこうしたコミュニティを中心とした支援活動を積極的に支えて行く様提言、
バイデン政権も認識されているように感じます。
また、徐々に行動に移しつつある。

このささやかなチャリティーは大変非力ではあるが、
内外ミャンマー(ビルマ)コミュニティを主軸に支え、
ビルマの人々の国内避難民の支援が目的。
ビルマの人々の純粋さが私はこよなく好きなのだ。

 
 お食事は
 ミャンマーの国民食、
◎『モヒンガー(麺料理)』です。
写真はネット上のモヒンガー写真です。

ミャンマーを代表する麺料理で、魚の出汁ベースのスープ(ミャンマーではナマズ 又は他の川魚)
を、予め茹でて水を切ってある米の麺にかけて、揚げた豆の天ぷら、魚のすり身を揚げたもの、コリアンダーなどトッッピングをのせて
ライム(レモン)を絞って食べる。
朝食や昼食に食べます。
地方や作る人、店により味は様々。
以前、ミャンマーの方にご馳走になったモヒンガーが大変美味しかったので、
作り方等教えて頂きました。
また、当日は在日ミャンマーの方々と共同でチャリティーを行います。

テイクアウト用では
『サモサ』という三角形のミャンマー式揚げスナック、
サガイン管区出身の料理が上手で最近お店を始めたミンさんから教わりました。
その他、焼きビーフン、他ミャンマーのお菓子やグッズの販売予定・・

ドリンクでは「スイカのタピオカ入りココナッツミルク」
美味しいです。
これは「8888民主化運動」の日に在日ミャンマーの方々から頂きました。
暑い日にはちょうど良いです。
あと、先日のミャンマースプリングフェスティバルも暑かったですが、
ピョーさんの作った「梅干しとレモンのドリンク」もさっぱりしていて
暑い日にはぴったりです。
苦手な人にはアイスコーヒー、冷たいジャスミン茶、
その他にも冷たい美味しいドリンクががあります。

材料費等を除く
 収益分は
全てミャンマー(ビルマ)へ送られます。

『ジョージア(グルジア)コース』新設しました。
※詳しくはメニュータブからコースメニューをクリックしてください。

アジャールハチャプリC5E7E14B-AFF4-4285-B8A4-B19F7E11329A_1_201_aハルチョーDA4AC72C-5ACF-42FD-94CB-A5AC933AA41A_1_201_a
串0557BC0B-6D04-4BDE-BEF3-E0646735F4FB
サラダF2AB6BAD-8FA6-4B07-939A-4475BB0DFD41

また、少しずつですがアラカルトのジョージア(グルジア)料理も改良していきます。
クリスマスや新年、
家族でのお食事、仲間内でのパーティー、送別会等には
アラカルトメニューにあります 『タバカ』や『米燻嫩鶏』をメニューに取り入れたお任せコースも良いかと思います。
また単品アラカルトとして、条件付きでお持ち帰りも可です。
(例として大皿持参、お車でお越しの事前に御予約を頂きましたお客様)

 
鶏タバカ65E04DC3-3F06-4407-B35F-0BC206741690鶏燻製tempImageZLAcGtタバカE0EAB137-5CBC-4201-89AB-C33ABD3A667D

お昼のランチは
4/1日〜
『ウクライナ&ロシア』ランチです。
ワレーニキを食べてささやかなウクライナ支援しましょう。

2022春ランチ(ドラッグされました)
2022春ランチ(ドラッグされました) 2

 

ユーラシア食堂さらび では夕方以降の会食承っております。
 旧東海道のひっそりとしたプライベートな空間で

美味しい中国料理、ロシア料理、中央アジアの料理をお楽しみ下さい。

小さな食堂ですが造り手と接することのできるお店です。お一人様から20名様位迄で対応しております。

当店は特殊な場所に位置しておりますので集客の見込みの無い日には早めに閉める事があります。また、小さなお店ですのでせっかくお越し頂いてもご予約のお客様でいっぱいで入店出来ない場合もございます。

ご予約の程よろしくお願い致します。

 料理内容等はアラカルトから選んで頂いても結構です。

☆お勧めは お客様のご要望と御予算をお聞きした上で内容を決める

『おまかせコース』プランです。

普段お出ししていない料理は こちらの『おまかせコース』プランからです。

パンペリメニ

キエフA79D9AF7-9F19-4E33-A8EC-AD43A56DC89C ニジマス

ご予算ご要望等、お気軽にご相談ください。

ご友人 ご家族でのお食事、ご宴会等、ランチ時間での婦人会等、お待ちしております。

土鍋D3852D50-035E-4E2A-B0B1-A59A1EC3B285

肉tempImagenXmsWK

ワイン

ワイン造り8000年の歴史を持つワイン発祥の地ジョージア(グルジア)

8000年前からの造り方《タンクや樽ではなく、“クヴェヴリ(甕)”》
 で造られた自然派の造り手たち、

伝統製法継承者たちの
『ジョージア(グルジア)ナチュラルワイン』
も入荷しています。

クヴェヴリ絵6CA013E2-B008-4DEE-A402-44834A6AA1BF_1_201_a

【クヴェヴリ は世界文化遺産です】

※新入荷の自然派ジョージアワインがリストに加わりました。
(リストの変更、更新を行いました。)ドリンクメニューからご確認ください。


ジョージア(グルジア)自然派の造り手による
クヴェヴリ醸造ナチュラルワインを
メインに取り揃えておりますが、

一部、ジョージアワインメーカー(自然派ではない)工場生産ワインも
白と赤1〜2種ご用意しております。
私のお勧めは“自然派”ですが、
一部、ジョージアワインメーカー(自然派ではない工場生産ワイン)も
白と赤1〜2種ご用意しております。
よく知られた地区の名を冠するメーカー生産ワインも少しだけ用意しようと思いました。
 白、ツィナンダリ 
 赤、キンズマラウリ
どちらも飲み易く工場生産ワインですからお手頃価格です。
東京のロシア料理店より断然お値打ちです。

また、『南ロシア 黒海沿岸のワイン』も入荷。
南ロシアの代表的ブランドメーカーワインも良いと思います。

[※ウクライナ戦争の影響によりロシア製品は確保分限り。]

元々、古くから葡萄が育つのに適した環境で
自然のままに近い環境で育てられた葡萄のワインは
最近、世界でも注目されています。
旧ソ連圏ではジョージア(グルジア)を筆頭にすぐ隣のアルメニア、黒海沿岸のウクライナ、南ロシアも古くからのワインの産地です。

詳しくはドリンクメニューでご確認ください。
※一番上まで戻してから左側のタブからドリンクメニューをクリック

林檎89E39172-391E-4139-A9D7-9CCADECFD3EDピローグ

お客様のご予算、料理の希望内容等、柔軟に対応させて頂きます。

前日、当日のご予約でご利用いただけるコースもございます。

ハチャプリ焼く前

973B647C-9D9C-4453-A772-FEF2013E04E0カニハチャプリ
テーブルDD5350C9-77BD-47B9-A493-9767F2016421

サラダtempImage2P4Vix

ご依頼、ご相談は店主までお気軽にどうぞ。

サザエ781ABF04-EA9F-4711-BECC-3C90DD1B218D_1_201_a
IMG_3506

※詳しくはコースメニューでご確認ください。
スマートフォンの場合
一番上まで戻してから左上のメニュータブをタップ

2021秋〜ディナーのご案内(ドラッグされました)

『ひまわり  I Girasoli』1970年作品
http://himawari-2020.com/


ウクライナ戦争をきっかけに全国で上映。
名古屋地区は今池にあります
名古屋シネマテークで
5月7(土)〜13(金)12:10〜
5月14(土)〜20(金)10:00〜

:

☆ビルマに入る前に
最近日経電子版のビジュアルが良いので
ミャンマーあまりよく分からないない方にも
わかりやすいですよ。
https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/military-takeover-one-year/

”NASA:FIAMS”
https://firms.modaps.eosdis.nasa.gov/
火災情報です。
これはウクライナより、
ミンアウンフライン率いるミャンマー軍事政権の悪行監視に大変便利!
領域が広い状態ではミャンマーはほぼ赤です。
彼らが居るネピドー周辺は全く何もない!
こんな国は他にありません。
村人達の家々が毎日焼かれていることが良くわかります。

4/4〜4/6日の3日間のデータ。
黄色は24時間以上発火しているので火災以外の要因か。
赤は6~12時間の発火、ミャンマーの場合、この辺りが軍事政権による市民家屋への放火、空爆による火災、戦闘による砲弾による発火等の確率が高い。

拡大:左から何もないインド ミゾラム州、
国境を越えるとチン州、赤が点在。サガイン管区中南部、マグウェ管区北部、
チンの山奥は戦闘、砲撃、空爆、放火。 サガイン、マグウェは戦闘、村の焼き討ち民家の放火。
真ん中下のほうは何もないマンダレー管区、その右ネピドーに近い地域、その上はカチン南部、右はシャン州。当然戦闘中ですので赤が出てくる。

拡大:タイ国境の左側がカレンニー(カヤー)〜カイン(カレン)州。最近記事内容等、打ち込んでいないので判りづらいかもしれませんが、最近、この辺りの戦闘は激烈です。それを反映した赤です。戦闘による、砲撃、空爆、爆破等。
右の方のラオス領内の赤は何なのか?RFAのラオス版でもみてみるとヒントがあるかもしれません。

4/28(木)Sagaing’Yinmarbin TownSip ミャンマー軍の襲撃。翌日29日(金)の撮影。地元民。
毎日どこかの村でこの様な極悪非道行為が行われています。
上記の火災発生源衛星画像データはこうした軍事政権の行為を裏付けることが出来ます。

4/28日の画像。1ピクセル1k㎡。かなり正確な火災発生源が判ります。サガイン管区イェンマービン赤です。
カレンニーからカレンにかけて雲に隠れていますが、赤の日が多い。
5月の第一週は比較的小康状態だったが、第二週から再び激化の様相が画像で確認できます。

最近はなかなか時間がなく、きちんと載せられませんが、
ポイントとして、
○5/12日〜13日米国ASEAN首脳会議(ワシントンD.C.)は明確な米国の姿勢が示された。

同時に外相会議
NUG国民統一政府ZinMarAung外相はワシントンD.C.に招待され、
対面でシャーマン国務副長官と会談した。

写真はシャーマン国務副長官のTwitterから
 私もとても嬉しい。
以前の軍事政権タンシェ議長の時代の90年代中盤〜2000年代後半までインセインとマンダレー刑務所で政治囚として獄中の身だった彼女。
本当に苦難の道のり、この先も。
連邦民主主義への道のりはまだ長く険しい。
マレーシアの外相とも緊密な和やかな会談が出来た。

5/17日The Diplomat
Malaysian FM Meets With Counterpart from Myanmar Opposition Movement
The meeting could mark a turning-point in the bloc’s approach to the ongoing conflict in its errant member-state.
https://thediplomat.com/2022/05/malaysian-fm-meets-with-counterpart-from-myanmar-opposition-movement/
マレーシアのサイフディン・アブドラ外相は、ミャンマーの国民統一政府(NUG)のカウンターパートと直接会談しました。
これは、東南アジア当局者が、ミャンマーの野党影の政府と公に認められた会議を初めて開催したものです。
 NUGのジンマーアウン外相との「非公式」会合は、5月13日の2日間の米ASEAN特別首脳会談の終了後にワシントンDCで開催された。 ]マレーシアのミャンマー国民への支援と連帯」と述べ、マレーシア政府は「ミャンマーの平和と民主主義の回復に向けて努力する準備ができている」と述べた。
 二人はまた、「人道支援、技術訓練、ミャンマー難民への教育など」、NUGが直面している課題について話し合った。
 ジン・マー・アウンNUG外相は自身のツイッターアカウントで、この会議を「生産的」と表現し、「ミャンマーの悲惨な状況と、人道支援や支援を含め、NUGとマレーシアが協力してミャンマーの平和と民主主義を回復する方法について話し合った」と述べた。ミャンマー難民のために。
 略・・・
元駐ミャンマー米国大使のスコット・マルシエルが今週のインタビューでイラワジに語ったように、コンセンサスを進展させる上での主な障害は、「軍事政権が合理的であることをまったく拒否し、あらゆる種類の譲歩をすることを拒否している」という事実です。
彼はさらに、「将軍に反対する人々と会談するよう説得しようとすることは、物事を進める上で非常に有用な方法ではない」と付け加えた。

ASEANがNUGに関与することを求めるサイフディンの推進は、この事実に対する認識の高まりと、国の多中心的な紛争の片側だけに話しかけている間、ブロックが紛争を調停することを望むことができないという現実を反映しています。
彼のキャンペーンはある程度の勢いを増しているようです。
先週後半5/12~13日にワシントンで開催されたASEAN外相(首脳会議と並行)(ミャンマーを除く)の非公式会合で、現在のASEAN特別特使とカンボジアの外相Prak Sokhonnは、ASEANのミャンマー外交にNUGを含めるという考えを受け入れたと伝えられている。

マレーシア外相とNUG国民統一政府ジン・マー・アウン外相との会談は、
ミャンマー中部の大部分での軍事政権の支配を侵食することに明らかに成功したにもかかわらず、
正式な国際的認知を得るのに苦労しているNUGにとっても小さな勝利を示しています。
ミャンマーに本拠を置く擁護団体であるタンパディパ研究所の所長であるキン・ザウ・ウィン氏は、
電子メールでのコメントで、会議は「ほとんどの軍事クーデター反対勢力の腕の中で撃ち放たれた」と述べ、SAC(軍事政権の評議会)は「混乱して痛烈に反対した」と述べた。 」

サイフディンの次の課題は、彼のASEANコホートの残りを彼の計画と一緒にすることです。
マレーシアがミャンマー危機への新たなアプローチに必要なコンセンサスを集めることができるかどうか、そしてそれでも軍事政権を交渉の席に追いやることに成功するかどうかは、どちらも不確かです。
しかし、ASEANが危機の解決策を前進させる唯一の現実的な方法は、
ASEANブロックが1つとして立ち、軍事政権がその関与の条件を決定することをやめることです。
クアラルンプールのベイトアルアマナ研究所の外交部長であるFikryA.Rahmanが今週5/16、ニューストレーツタイムズで述べたように、
成功への唯一の道は、ASEANが
「軍事政権の協力を要求する際に、政治的意思を行使することです。 」
・・・・・略

写真はジンマーアウンNUG外相Twitterから

強力な米ASEANパートナーシップはミャンマーから始まる
TheIrrawaddy5/17日ゲストコラム
https://www.irrawaddy.com/opinion/a-strong-us-asean-partnership-starts-with-myanmar.html   
・・・・・略
3月21日、米国務長官のアントニーブリンケンは、2017年以降、ミャンマー軍がロヒンギャの人々に対して
虐殺および人道に対する罪として犯した犯罪
を宣言しました。
これは説明責任と正義への道の重要なステップですが、それだけでは十分ではありません。
 昨年、米国政府は、ミャンマー軍のミン・アウン・ライン最高司令官とその部下に的を絞った制裁を課し、ニューヨーク連邦準備銀行が保有する10億米ドルを撤退することを阻止しました。
欧州連合、英国、およびカナダも、独自の制裁および武器禁輸を課しています。
 一方、ASEANは、ミン・アウン・ラインを年次首脳会議に招待することを拒否するという前例のない措置を講じ、2021年4月に、すべての当事者間の暴力と対話の終結の要求を含む5つの合意に合意しました。
ミャンマーへの特使、そして人道援助の提供。
 しかし、そのどれもが軍事政権を阻止していません。
ミャンマーの状況は悪化の一途をたどっており、国際的および地域的な対応をエスカレートする必要があります。
私たちが推奨するものは次のとおりです。
米国は、ウクライナでの侵略戦争のためにロシアに対して展開したスマートプレイブックから、
制裁措置を2倍にすること、コングロマリットであるミャンマー石油ガス企業(MOGE)を含める必要があります。
 軍は推定15億米ドルのガス収入を獲得し、これらの資金を使って非民主的な権力の掌握を強化しています。
米国は重要な役割を果たすことができますが、ASEANはミャンマーの危機を解決し、民主的に選出されたミャンマー政府を復活させるための道を切り開く必要があります。
 軍事政権が5点合意に完全に準拠しなかったことは明らかであり、これは結果を伴うはずです。
今こそ、ASEANは、ミャンマーのASEAN加盟の停止、この地域での渡航禁止令、クーデターの指導者に対する的を絞った制裁など、はるかに強力な措置を採用する時です。
 ASEAN加盟国と米国の両方が、ミャンマー国民統一政府(NUG)の正当性を強化する必要があります。
それは民主的に選出された政府を代表し、ミャンマー国民の大多数からの支援を受けています。
バイデンの上級行政官はNUGの職員と会談し、最近、マレーシアの外務大臣は彼がNUGの職員と非公式の会話を行ったと発表した。これらは励みになるステップですが、NUGとのより多くの関与が必要です。
 最後に、米国とASEANは、緊急の人道援助を提供するために協力しなければなりません。
国際NGOは、ミャンマーでは1,400万人以上が支援を必要としていると推定しています。
この援助は、それを最も必要としている人々に効果的に到達するために、
《地元で信頼されているコミュニティベースの市民社会組織を通じて提供されるべきです。》
 米国、ASEAN加盟国、そしてタイのような近隣諸国は、
ミャンマーでの迫害と暴力から逃れる難民に門戸を開くべきです。
私たちは、ミャンマーで起こった危機と同じ懸念を共有しているため、
地球の反対側の議員たちと一緒に参加しました。
 ミャンマーの人々は人道に対する罪の犠牲者であり、私たちの共通の人道を汚すほど深刻です。
彼らは私たち全員に関係しています。
米国、ASEAN、およびEU、英国、日本、オーストラリア、インドなどのパートナーは、そのような残虐行為に直面して行動する責任があります。
 ASEANは、近隣のミャンマーで軍事政権が犯している犯罪を阻止し、指導者に責任を負わせ、ひどく苦しんでいるミャンマーの人々を保護するために、これらの世界的な取り組みを先導する必要があります。
 米国は、これらの努力を後押しすることにより、
世界のリーダーとしての地位を永久に利用すべきである。
これは、強力な米ASEANパートナーシップの次の章が達成できることです。
 チャールズ・サンティアゴはマレーシアの国会議員であり、
ASEAN人権国会議員の議長を務めています。
エド・マーキーはアメリカ合衆国上院議員(民主党-マサチューセッツ州)です。
 この解説は、ジャカルタポストに最初に登場しました。

 ○ミャンマー軍は消耗戦です。
5月に入ってAAとミャンマー軍はついに衝突しました。
最近NUG側はAA(アラカン軍)と接触しました。
これから徐々にミャンマー軍は負けます。
四方八方の戦闘で全て。
ミャンマー軍は近くカチン独立軍KIAと大規模な戦闘になるでしょう。
KIOカチン独立機構は先日声明を出しました。
雨季が明けて乾季の今年年末頃
ミャンマー軍と軍事政権は深刻な事態になってくるでしょう。

◎8日にはglobalなデモ(日本は新宿で)韓国、オーストラリアなど
ありました。
 主にMOGEミャンマー石油ガス公社に対して
 アメリカが制裁をするように訴えるデモです。
 ミャンマー軍の最も大きな資金源ですから。
これまで(撤退した企業も含め)資源開発メジャーのお金はここに流れているので。

東京新宿
韓国(ミャンマーデモとウクライナの人たちが連帯してます。)  
写真はBloodMoneyCampaing

アメリカは軍事クーデターに対するビルマ法案が下院では先月初旬全会一致で可決、
上院待ち。通るとバイデン大統領の署名で発効。
これにより、MOGEに対して制裁が可能になります。
ですから、上院で通るように働きかける訳です。

☆Republic of the Union of Myanmar

“NUG” National Unity Government
国民統一政府 挙国一致内閣
写真は店主 名古屋2021年5/2日

写真は店主 国連大学2021年9/12日

写真は店主 名古屋2021年10/31日 

写真は店主 2022年2/1日ミャンマー大使館前

※ミャンマー(ビルマ)国内避難民IDP、市民負傷者に対する医薬品、食料等支援のための募金活動中です。
※ミャンマーの人達は国連の活動に失望しています。
 肝心な所に行かない!行けない!届かない!

タイ国境付近では比較的国際支援が入り易いようですが、
離れた地域、チンやサガインなどでは厳しいようです。
これらの地域では軍政が国際機関の立ち入りを禁止しています。
当然非常に危険地域です。
切実な援助が求められている人々はこれらの地域に多く、
在日ミャンマー人組織からNUG国民統一政府管轄各組織へ直接送られます。
管轄地元民組織→避難民、負傷者。
 ※状況がある程度落ち着くまで。

2022年2月初頭のチン州タントランの町。
昨年9月初頭から始まり20数回を数えるタントランの町(人口1万人強だが10月には無人になった。)に対するSAC軍事政権による焼き討ちにより、ほとんどの建物が灰になった。(奴らは町の人々が戻ってこられないようにやっている。)撮影はCNF傘下のドローンとみられる

チン州 Kanpetlet Town Camthaa村で軍事政権の砲撃により家屋が焼失し逃げた人たち。3/19日付TheChindwinより

☆名古屋では
名古屋駅のどこか(土曜、日曜のどちらか)
最近は一時的に停止中でしたが、
5/29(日)は15:00~18:00名古屋駅のどこかであります。

※悪天候時は中止

在日ミャンマーの方々による募金活動がおこなわれています。
見かけたらご協力いただけると幸いです。
※ミャンマー募金はNUG国民統一政府傘下ミャンマーコミュニティへ
写真はMyanmarYouthCommunity(Nagoya)の皆様

◎寄付金について
※NUG国民統一政府健康保健省へお願い致します。
https://moh.nugmyanmar.org/donate/?fbclid=IwAR1CEEMZody3Ro6mGgER4ff5w6mCYEttOK_w6PccGo4yUaRazXyQWJKHF1E

《☆ミャンマー軍事政権の残忍卑劣さ》の例

2022年2月前半
Magway管区GangawタウンシップSanmyo村は
Myanmar juntaの『torch-and-burnall』作戦
により3回の攻撃を受け廃墟となった。
解説写真はthe chindwinから


2/16(水)RFAラジオフリーアジア
◎クーデター以後これまでに4,500以上の家々が軍によって破壊、燃やされた。

ミャンマー軍がクーデターで権力を掌握して以来、
ジュンタ軍は少なくとも4,571の民間人の家を破壊しました。
その半分以上はサガイン地域です。
最大はサガイン管区で2,567戸、
次にチン州で976戸、マグウェ管区で626戸、カヤー州で310戸、
その他数十戸をマンダレー管区、南シャン州、タニンダーリ地方、バゴー地域でした。

サガイン管区MinginタウンシップMauktet、Moktha村、2022年2月15日。
どちらの村も建物、家屋が消滅している。
RFAが引用:PlanetLabs

https://www.thechindwin.com/the-juntas-reign-of-terror-continues-in-the-northwest-region-myanmar/
2/5~6日ミャンマー地元メディア多数
ミャンマー北西部サガイン管区 Minmo Township Badataing村での大虐殺は、
ミャンマーの軍事政権が地元の反乱軍を根絶するための戦争の武器として虐殺を展開したことを証明しました。

2022年1月31日、地元住民は、殺害される前に複数回レイプされたと伝えられている13歳の少女を含む、少なくとも20人の民間人を軍事政権が殺害したと報告した。
 人々のグループの焦げた残骸が北西部の町で2月3日に発見されました。
地元の人々はそれがミャンマーの軍事政権の手に渡ったと伝えられています。

レイプされた13歳の少女を含む一部の遺体は、火にかけられる前に解体された。

軍事作戦が続いたため、村から逃げ出した村人全員が当分の間村に戻ることができなかった。

一部の遺体は細かく切り刻まれて焼かれています。
これにより、村人は殺害された人物を特定するのが困難になります。
これには時間がかかる可能性があり、誰が殺害されたのかわからないと考えられています。


KhitThitMediaのYouTubeチャンネルが最近登場しました。
これまでFBwatchでしたので日本人には分かり難かったですが、これでチャンネル登録よろしくです。

②チン州でミャンマーの軍事政権に拉致され、
人間の盾として使用され、
残酷に殺害された10人の民間人のうち2人は未成年者
https://www.thechindwin.com/two-minors-among-10-civilians-abducted-used-as-human-shield-and-brutally-killed-by-myanmars-junta-army-in-chin-state/
1/9日TheChindwin
マチュピ郡区のKihlung村の13歳の少年とNga Laiの16歳の少女を含む、合計10人の民間人が、
1月7日に拉致され、人間の盾として使用され、殺害された。
8人の民間人のグループが、焼畑耕作農場に行っている間に、キルン村から4マイル近くで誘拐されました。
伝えられるところによると、他の2人は、Matupi Boi Thia村への移動中に、KihlungとBoiThiaの間の場所で誘拐された。
8人のグループは1月6日に拉致され、他の2人は2022年1月7日に拉致されたと言われています。
 チンドウィンは、ミャンマーの軍事政権の誘拐に関して3人の地元住民と広範囲に話し合い、Pa Le Nangという名前の13歳の少年と、彼のいとこの兄弟である29歳のStevenと、16歳の少女とTuiDimが残酷な目に遭った人物の1人であることを確認しました。
殺害され、彼らの体は捨てられました。


地元住民によると、これまでのところ、地元住民は10人の拉致被害者のうち4人を避難させることができ、キルン村と肺フラウ村の間の軍事政権によって2人の遺体が細かく切り刻まれていると伝えられています。
地元の人々は殺害された人々の時間を確認できませんでしたが、10人全員が同じ日に拉致されたことを確認しました– 2022年1月10日。


Chinland Defense Force – Matupi(CDF – Matupi)は、撃たれて殺される前に、人間の盾として使用されていることを確認しました。
 地元の人々が他の6つの遺体を見つけようとしている間、CDF – Matupiは、軍事政権の軍隊から受け取った情報により、軍事政権の軍隊がすべてを殺害したと確信を持って言っています。

ミャンマーの軍事政権が最近町での活動を強化したため、何百人もの村人が村を離れ、インドの国境に近い村に向かって走っています。
チンドウィンに電話をかけている地元の人は、キルン村はマトゥピから19マイルの距離にあり、肺の法則はマトゥピから約30マイルの距離にあり、ボイチアはマトゥピから約30マイルの距離にあると言います。
その間、多くの村人はボイチア村の側に逃げました。
ミャンマーの軍事政権によって殺害された人々は次のとおりです。
Pa Le Mang aged 13
Mama pa (nick name) aged 60
Slai Tin San
Pu Tui Dim
Pu Va Htoo
Phupa Sali
Pu Lian Ngai
Slai Steven
Pu Thak Lung
Sai Za Yar Aung


☆アメリカはタイに対してタイ側から国境を越えた援助を働きかけております。
2021/10/19~20日バンコク
https://www.rfa.org/english/news/myanmar/us-thailand-aid-10202021181827.html
タイ首相がビルマでビルマCIAの安全保障および人道支援副長官と会談
2021/11/20日バンコク バンコクポストは、プラユットチャンオチャ首相とCIA副長官のデイビッドコーエンが11/19金曜日の午前9時30分にタイ政府庁舎で事前の通知なしに45分間会ったと述べたと情報筋を引用した。
https://burmese.voanews.com/a/cia-deputy-director-thai-pm/6321067.html
11/21日 CIA副長官とタイ首相との会談に関する意見
https://burmese.voanews.com/a/react-us-thai-discuss-myanmar-issue/6321418.html
少し趣旨が違うが
◎New US Diplomatic Complex in Thailand Aimed at China and Myanmar
1/24日 2022年TheIrrawaddy
https://www.irrawaddy.com/news/burma/new-us-diplomatic-complex-in-thailand-aimed-at-china-and-myanmar.html

写真は1/6日KNLA(カレン民族解放軍)第5旅団、
Mu Traw地区でIDP(国内避難民)に旅団の食料を共有し彼らに提供している様子。
ミャンマー軍事政権SACによる(部隊名LIB408,410)重迫撃砲によって
IDPとなったTweeTheeU村民への
緊急の人道的ニーズに対応している姿!Twitterから

KNU 7290AB32-1A13-46C2-9702-61924310D79C
KNUカレン民族同盟の軍事部門がKNLAカレン民族解放軍です。
[2008年の映画『ランボー4最後の戦場』の後半最終局面でミャンマー軍を蹴散らしたのがKNLAです。]

EAOとは、こうした民族武装組織、民族軍のことです。

KNDF B-03カレンニー民族防衛隊第3大隊
同志MaungYarawwZarは1/9日、偶発的な地雷の爆発で亡くなった。1/12日、丁重に葬儀が行われた。
PDF(People’s Defence Force)人民防衛隊は亡くなられた人民兵士同志を丁重に弔う。

経済を回して『市民生活の持続可能な状況』にしておく事は
 2年のスパンで見た場合、良い兆候ではあるが、
最近の衝突の激化、それに伴う避難民の急増、
不当逮捕急増に伴う都市部での治安悪化、
 ビルマ独立以後の
分断と暴力の歴史の中で、
軍事クーデター後の
”最大のピンチの中から”
ようやく
 ”真の連邦制”
『連邦民主主義』 への見込みが
 今年後半以降出てくるのではないでしょうか。
大義の無い軍事フンタ、一般兵士家族を人質として維持することにより
離反を防いできたやり方には時間が経てば経つほど
ほころびが、体制維持は次第に難しくなってゆくでしょう。
 どこかの段階でTatmadaw(ミャンマー国軍のこと)の分裂、
 シャンの幾つか、ワ州連合軍を除く 
 (AAについては今後重要な要素になります。)
 EAOとPDFとの統合と分裂Tatmadawの合流(彼らが市民側に付く、傘下に入る)が
やがて真の連邦軍への道のりとなろう。

(シャンの幾つかは連邦軍が形成された後)

写真はTheIrrawaddyから
クーデター以前の仲の良い国家顧問と内務大臣(中将 旧シェマン派)。両者とも軟禁状態と解任左遷退役。

市民達にとっては長い闘いですが、より直向きに人々を強くするでしょう。
皆それぞれに出来る事をする。
ただ明日へと・・・

 ◎今は
チン、
サガイン、
マグウェ北部、
カヤー(カレンニー)、
カレン(カイン)は特に!
及び、カチンの一部、
シャン北東部(MNDAA VS 軍事政権SAC)及び地域EAO同士の衝突地域
及びタニンダーリは

 大変厳しい状況です。


2/12日連邦記念日(パンロン合意の日)のMyanmarNow
:現在ラカイン州の町の75%を実効支配しているAA(アラカン軍)はあらゆる意味において(連邦形成、ロヒンギャ帰還問題など)重要な位置を占めるようになる。
 ☆AAについて面白い記事がいくつか・・
https://thediplomat.com/tag/arakan-army/

※ミャンマーにおける暴力の増加に関する共同声明2021/11/26
 アメリカ合衆国国務省
以下は、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、ノルウェー、大韓民国、英国、米国の政府によって署名された共同声明のテキストです。


https://www.state.gov/joint-statement-on-increasing-violence-in-myanmar/

※米国と同盟国はビルマの軍事政権に追加の制裁を課します
 アメリカ合衆国国務省
 2022年3月25日
アントニー・J・ブリンケン国務長官
https://www.state.gov/united-states-and-allies-impose-additional-sanctions-on-the-burmese-military-regime/

◎制裁の詳細について
 アメリカ合衆国財務省
https://home.treasury.gov/news/press-releases/jy0679

※残念な事に日本政府は含まれません。
(日本が関与していて米国にとって日本が正反対の立場をとっていて
当の日本政府にその認識が気薄で
都合の悪さから話したくない
外務大臣の発言からも判る通り無知であり
米側が日本を相手にしていない部分)
ビルマ問題では明確に立ち位置を変えることが望ましい。
 4/6日、米国下院でビルマ法案が全会一致で可決!
 上院で可決されると大統領署名。
最近、オーストラリアはミャンマー軍離脱者の保護を引き受けることにした。
 地域問題のキー。
日本は良い位置にあるのに良いことをしない。
今年も防衛大学校はミャンマー軍から
幹部士官候補生訓練として留学を受け入れている。
受け入れ中止を求める署名も日本政府に渡されたが、
おそらく何も変化しないだろう。
2015年頃から始まっているこの枠組み、プログラム。
 なぜ中止しないのか?
ミャンマークーデターリーダーのゴッドファーザーである
笹川氏が作った枠組みであるから
政府関係者は誰も口出ししないのだ。
彼らは中国に対する地政学的取り組みの一貫として
ミャンマー軍との交流を継続して行く立場。
モン州での開発も軍政側と日本側は密かに進めている。
問題は完全にミンアウンフライン軍事政権の維持に役立っていること。
日本ミャンマー協会渡邊秀央会長と日本財団笹川陽平会長は
共にクーデターリーダーとミャンマービジネス権益確保と対中国地政学的対抗策として
持ちつ持たれつ今に至る。
 これまでは
 これでやってこられたのだが、
最近米国が新たにインド太平洋地域に対して提案しているIPEFは非常に重要だ。
詳しくは触れないが、これが基軸になる。
クーデターリーダーから頼りにされているこれらの日本人達の行いは
これに相反する。
潮時。引き際だろうと思いますが・・・

2/1日、日本外務省前にて日本政府外務省と日本の皆様に
「日本政府は本当に遅いよ!!!」
国民統一政府NUGを認めてください。
そして
『連邦民主主義』への決意をのべる
ロヒンギャの日本代表者。店主動画からスクリーンショット

2020年6/24日「難民鎖国」は今:
難民認定はごく一部 日本で暮らすロヒンギャの状況は – 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20200624/k00/00m/040/001000c

◎1/31日、NUG国民統一政府外務大臣から

NUG国民統一政府の日本代表に任命されたカレン民族出身Saw Ba Hla Thein氏

アジア福祉教育財団理事長、藤原正寛氏とSaw Ba Hla Thein氏
「第 41 回日本定住難民とのつどい」2020年11 月 15 日(日)アジア福祉教育財団
http://www.fweap.or.jp/2020/11/17/%E3%80%8C%E7%AC%AC-41-%E5%9B%9E%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%AE%9A%E4%BD%8F%E9%9B%A3%E6%B0%91%E3%81%A8%E3%81%AE%E3%81%A4%E3%81%A9%E3%81%84%E3%80%8D%E3%81%AE%E9%96%8B%E5%82%AC/

2010年より開始された第三国定住難民受け入れ計画の第1陣として初めてカレン難民が来日した際に、自らもカレン民族であり、在日歴の長い先輩難民として手伝いたいと志願し、通訳兼アドバイザーとして活躍した。難民事業本部が充分承知していなかったカレン難民の文化、習慣などを補い、また、カレン難民5世帯27名が6か月間の定住支援プログラムを無事に終了することの手助けを行った。 第1陣が三重県や千葉県に移転した後も、就労面では雇用事業所、生活面では市役所、子供の教育面では学校や教育委員会と連携し、無償で通訳に協力するなど支援を継続してきた。 特に、三重県に定住した家族が、遠隔地のため教会に通えないということを知り、休みを返上し、自費で足を運び、カレン語による聖書の朗読や賛美歌を歌う活動を6年に亘り行い、当該家族の心の支えとなった。 現在も、在日カレン民族連盟(KNL)の幹部として、カレンニューイヤーなどの開催や様々な催しに携わり、新たに来日した第三国定住難民を行事に招待して交流に尽力しているほか、NPO法人PEACE(ミャンマー少数民族支援団体)の副理事長として在日ミャンマー難民全体の福利と自立のための活動に取り組んでいる。

2009年、平成21年5月15日、
外務省・国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所の共催により、
国連大学ビル3階(ウ・タントホール)において、
シンポジウム「日本における庇護:難民の保護、支援、定住をめぐって」が開催されました。
同シンポジウムは、難民政策に関わる実務者、研究者、元難民の方々等を基調講演者、パネリストとして迎え、
「日本における庇護と支援」「日本における第三国定住と定住」の2つのセッションで構成し、200名を超える聴衆が参加し、活発な議論が展開されました。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/nanmin/symp_gai.html
Saw Ba Hla Thein カレン・インフォメーションスペース・コーディネーター
自分はカレン族であり、1992年10月に来日し、2006年に難民認定された経験から現在所属する団体では申請者の支援やカレン族の文化広報活動を行っており、自身が日本へ定住するまでの経験から第三国定住プログラムで懸念される言語や長年キャンプ生活を送ってきた人々の日本の生活への適応問題を指摘した。

※昨年のクーデター以来
日本政府はミャンマー軍事政権を擁護している。
2011年以降これまでミャンマー軍トップ(クーデター首謀者)と築き上げてきた
ビジネス利権とミャンマー軍との交流を
壊したくないのである。
(ビルマの縁故資本主義の一端(恐ろしいほどの格差)は
 こうした関係が元凶。
結果、その一端を担ってしまった訳だ。罪。)
また、彼らは対中国という地政学的ベクトルで軍事政権を擁護しているようだが、間違った解釈だ。
軍事政権と歩調を合わせる様にその立場に陰りが出てくる。
放っておけばこの件では自滅する。
ミンアウンフラインのゴッドファーザーであるあの財団会長も
米国のビルマ法案が大統領署名されると
影響力に陰りが出てくるのではないだろうか。
日本政府もぼんやりしすぎて、
立場悪くなります。
見切った。
時が解決してくれる。

《日本政府に対してあの人権団体は・・》

◎日本政府はミャンマー国軍の軍事訓練をやめるべき
HRWヒューマンライツウォッチ2022/1月19日
https://www.hrw.org/ja/news/2022/01/19/380983
日本政府は、ミャンマー国軍が2021年2月1日にクーデターを起こした直後、いち早くクーデターを非難。
 クーデター発生当日、日本政府は「重大な懸念」を表明し、軍により拘束されたウィンミン首相とアウン・サン・スー・チー国家最高顧問を含む関係者の解放を求めた。
 迅速な非難声明に続き、日本政府は、既存のODA案件は継続したものの、人道支援を除く新規の政府開発援助(ODA)を停止。
 そして2021年3月28日、防衛省統合幕僚長の山崎幸二氏は、他11か国と「ミャンマー国軍と関連する治安機関による非武装の民間人に対する軍事力の行使」を非難する共同声明を発表。さらに、2017年以降、棄権表明し続けてきたミャンマーに関する国連決議も、2021年6月の国連総会で賛成を表明。
 以上を踏まえると、なぜ日本政府はいまだにミャンマー国軍を訓練しているのか不思議である。
クーデター発生以来、ミャンマー国軍及び治安部隊は、1400人以上を殺害、1万人以上を拘束。
また、少数民族地域での軍事的弾圧を強めてきた。
 日本政府とミャンマー国軍の関係維持は、クーデターに対する非難と矛盾する他、国軍幹部を「人道に対する罪」を含む人権侵害で責任追及している国際社会の努力を弱体化させる。
 2015年以来、ミャンマー国軍の士官候補生は、日本の防衛大学校に留学し、学問と軍事訓練の両方を受けてきた。同留学プログラムは、防衛省所管施設で外国人の訓練を可能にする自衛隊法100条に基づき、防衛大臣の許可を得て行われている。
 2021年12月、防衛省の担当者は、ヒューマン・ライツ・ウォッチの問い合わせに対して、8名の士官候補生が防衛大学校に留学中であり、その内少なくとも2名はクーデター後に入学したことを認めた。
なお、防衛大学校のカリキュラムには、戦闘や武器の使用方法の訓練などが含まれる。
 また、ヒューマン・ライツ・ウォッチが入手した防衛省の資料によると、現在ミャンマー国軍の現役軍人2名が、陸上自衛隊教育訓練研究本部と航空自衛隊幹部学校で訓練を受けている。
 前別の防衛省担当は、日本政府は同プログラムを通じて、士官候補生に自衛隊が厳しいシビリアンコントロールの下で活動している様子を見せ、ミャンマー国軍の変化を内部から促そうとしていると主張。
しかし、防衛省は留学後の士官候補生のキャリア状況を把握していないため、実際に「変化」が実現できたかに関して、モニタリングや調査をしていない。
日本政府は、ミャンマー国軍による人権侵害や文民当局への干渉をしてきた歴史から、自らが望んでいる「変化」は望めないと認識すべきである。
 防衛省の留学プログラムが開始して2年後の2017年8月、現「軍事政権」指導者であるミンアウンフライン最高司令官が率いるミャンマー国軍は、ラカイン州の少数民族ロヒンギャに対して、「人道に対する罪」や民族浄化(ジェノサイド)の可能性がある軍事作戦を展開し、74万人以上がバングラデシュに避難した。
 ミャンマー国内に留まった少なくとも60万人のロヒンギャは、常に現地当局や治安部隊に監視のもと、キャンプや村などに閉じ込められている。この状況は、アパルトヘイトにおける「人道に対する罪」に相当する。
 また、ミャンマー国軍は2017年以前から、超法規的処刑、レイプ、無差別爆撃、拷問、放火などを含む人権侵害を、長年にわたり処罰を受けずに行ってきた。

 そして、防衛省による訓練が始まり6年が経つが、現在ミャンマーは国軍によるクーデターにより混乱状態に陥っている。
 日本政府は、同盟国であるニュージーランドやオーストラリアのように、直ちにミャンマーとの防衛関係を絶ち、同プログラムを停止するべきである。防衛関係の維持は、日本がミャンマー国軍による残虐行為に加担するリスクを高める。

◎日本:ミャンマー国軍との防衛関係を断つべき
防衛大学校がミャンマー国軍の士官候補生を訓練
 HRWヒューマンライツウォッチ12/20日
https://www.hrw.org/ja/news/2021/12/20/380783
(東京)日本政府はミャンマー国軍との関係を断絶し、ミャンマーの士官候補生が参加する軍事留学プログラムを直ちに中止すべきであると、ヒューマン・ライツ・ウォッチは本日述べた。
2021年2月1日、ミャンマー国軍(通称タッマドー)はクーデターを起こし、民政を転覆させ軍政を発足させた。
防衛省担当者によると、防衛省管轄下の防衛大学校では、12月10日時点でミャンマーから士官候補生8人を留学生として受け入れている。
このプログラムでは、留学生が座学とともに、戦闘や武器の使用法などの軍事訓練を含めた幅広いカリキュラムを受講する。
「ミャンマー国軍が自国民に人道に対する罪を行っているまさにその時に、日本がミャンマーからの士官候補生に軍事訓練を提供していることには唖然とする」と、ヒューマン・ライツ・ウォッチのアジア・プログラム・オフィサーの笠井哲平は述べた。
「日本政府は、このプログラムをはじめ、ミャンマー国軍とのあらゆる関係を直ちに断ち切るべきである。」
12月14日の衆議院外務委員会で、防衛省の川崎方啓氏は、防衛大学校などで留学生の教育訓練の実施を認める自衛隊法第100条の2の規定に基づき、2015年からミャンマーの留学生を受け入れていると回答した。
このプログラムは、日本における「厳格なシビリアンコントロール」の下で活動する自衛隊のあり方を留学生に示し、自衛隊員と留学生との「人的関係」を構築し、日本と留学生派遣国との「相互理解、信頼関係」を増進する意義があると、川崎氏は説明した。
そして、日本はミャンマー情勢の推移を注意深く見守りながら、今後の防衛協力を検討していくと同氏は述べた。
2月のクーデターにより、ミャンマーでは、アウンサンスーチー氏をはじめ連邦および州政府の文民指導者が逮捕され、1年間の「非常事態」が布告された。それ以来 、国軍と警察は1,300人以上を殺害し、10,000人以上を拘束している。政治囚支援協会によると、「軍政」の統制下にある裁判所は、数百人に実刑判決を下し、未成年者2人を含む75人に死刑判決を下した。
広範かつ組織的に行われている殺害・拷問・性暴力は、人道に対する罪に相当する。
日本がミャンマー国軍から留学生を受け入れるようになった2年後の2017年8月、ミンアウンフライン総司令官が率いるミャンマー国軍は、ラカイン州のロヒンギャに大規模な残虐行為を行い、74万人以上が避難を余儀なくされた。ミャンマーに残る少なくとも60万人のロヒンギャは、現地当局や治安部隊に監視されて、避難民キャンプや村落に閉じ込められているなど、アパルトヘイトに相当する人道に対する罪の被害に遭っている。
また、民族武装集団との長年の武力紛争で、ミャンマー国軍は超法規的処刑、レイプ、無差別砲撃、拷問、放火などの戦争犯罪を行ってきた。
クーデター発生以来、日本政府は暴力行為の停止と、アウンサンスーチー氏ら民政高官の釈放を求めている。3月28日、防衛省統合幕僚監部は山崎幸二統合幕僚長の名で11カ国との共同声明を発表し、ミャンマー国軍による「非武装の民間人」への軍事力の行使を非難した。
日本政府は2021年初頭に、人道支援以外の政府開発援助(ODA)の新規計画を中断させたが、既存の援助計画の継続は認めた。6月には、国会で「ミャンマーにおける軍事クーデターを非難し、民主的な政治体制の早期回復を求める」決議が可決された。
日本の主要な同盟国であるオーストラリアは3月、国軍がクーデターへの抗議行動を弾圧し、デモ参加者を殺害していることを理由として、ミャンマーとの軍事協力を停止した。
同国の防衛協力プログラムは英語教育など非戦闘分野に限定されていた。
「日本はオーストラリアにならい、ミャンマー国軍との関係を直ちに断つべきである」と前出の笠井は述べた。

「日本がミャンマー国軍の士官候補生の訓練を通じて、苛烈な人権侵害を行う軍隊を支援及び支持している現状は許されるものではない。」

◎ミャンマー人権問題に対する日本の「二枚舌」外交
HRWヒューマンライツウォッチ12/3日
https://www.hrw.org/ja/news/2021/12/03/380567
ミャンマー治安部隊は、2021年2月1日の軍事クーデター実行後、1,300人近くを殺害した。逮捕者は1万人を超え、現在も7,400人程度が身柄を拘束されている。「軍事政権」の支配下にある裁判所は、未成年者2人を含む65人に死刑を宣告している。
 このような暴力を受けて、全国各地で反軍政の民兵組織が結成された。この組織は治安部隊だけでなく、「軍政」支持者と見なされた民間人も標的にしている。
 日本はミャンマーの親密な同盟国であるため、一定の措置を講じてきた。
日本政府はクーデターを非難し、暴力行為の停止と、アウンサンスーチー国家最高顧問を含む民選政府高官の釈放を要求した。2021年の初めには、人道支援以外の政府開発援助(ODA)の新規案件を中止したが、既存案件の継続は認めている。
 また、日本政府は東南アジア諸国連合(ASEAN)の動きにも協力的だ。ASEANは特使を派遣し、「軍政」に対して人権侵害行為への対処を強く求めている。6月には、「ミャンマーにおける軍事クーデターを非難し、民主的な政治体制の早期回復を求める」決議が国会で可決された。
 しかし、日本政府の対応を他の民主主義諸国のものと比べると、いまだ十分ではないことがわかる。
各国政府は国軍高官と軍政関係者、及び軍の経済権益に対する対象限定型制裁を実施しているが、日本はいまだに制裁を課していないのだ。
 そして今、クーデターから一年の節目を目前に、日本政府は二枚舌外交を展開しているようだ。
公式にはクーデターを批判する各国政府と連携する一方で、「軍政」との外交関係の正常化を加速させている。
このような行為は、ミャンマー軍の「人道に対する罪」について責任追及に励んでいる国際社会の取り組みを覆すリスクがある。
 共同通信によると、外務省は今年5月に「軍政」が任命した外交官5人を受け入れた。
ミャンマーに在留する日本人を危険から守るため、政権との「実務的なつながり」が必要だと説明した。
しかし、これは大きな政策転換であった。
日本政府はクーデター発生以来、民主的に行われた選挙の結果を覆して「軍事政権」を発足させた国軍の動きを正当化するとして、国軍が任命した外交官の受け入れを拒否していたのである。
 11月には、「ミャンマー国民和解担当日本政府代表」に任命された日本財団の笹川陽平会長が、軍政トップのミンアウンフライン上級大将・国軍最高司令官を訪問し、「現在の情勢とミャンマーの和平プロセス、また日本の対ミャンマー支援」について会談した。
笹川氏は以前、国軍への対象限定型制裁措置について懸念を示し、実施されれば「中国の影響力が増大する」と主張してきた。
林芳正外務大臣は、笹川氏のミャンマー訪問は個人的なものだと釈明したが、ミャンマー国内の独立系メディアは笹川氏を「日本の特使」と報じた。
 ヒューマン・ライツ・ウォッチが入手した日本ミャンマー協会の会員限定協会誌によると、元郵政相で日本ミャンマー協会理事の渡邉秀央氏も、クーデター後にミン・アウン・フライン最高司令官と2度面会している。
同氏は、日本企業の対ミャンマー投資、特にティラワ経済特区への投資の代表的な旗振り役だ。
 同誌によると、渡邉氏が9月にミャンマーでミンアウンフライン氏と面会した際、最高司令官は6月の国会決議に「大きなショック」を受けていた。渡邉氏はミンアウンフライン氏に同情する形で、同決議を「内政干渉にも値する」とした上、「極めて残念かつ情けない」ことだと批判。
茂木敏充外務大臣(当時)はこの訪問を私的なものと説明したが、ミンアウンフライン氏がそう捉えたと考えるのはナイーブである。
 渡邉氏は同誌で、ミンアウンフライン氏は渡邉氏を「日本のミャンマー国軍との窓口」として信頼していると述べた。さらに、クーデター前に日本政府とミャンマー政府が協議していたモン州の新規経済特区に関する日本政府の立場を「再度」ミンアウンフライン氏に伝えたとも記している。
同誌によると、ミンアウンフライン氏はこの案件に改めて「賛同」した。
 ミャンマー国軍や政府内に強力なコネがある日本人の有力者が、私的な立場で行動しているという日本政府の主張は今に始まったことではない。
 元外交官の大島賢三氏は、2018年にラカイン州のロヒンギャに対する国軍の民族浄化作戦を調査するミャンマーの国内委員会に参加した。
日本の外務省は委員会の設置を歓迎。
ヒューマン・ライツ・ウォッチは外務省に資料を提示した上で、ミャンマー政府は2012年以降、同様の調査委員会を8回設置しているが、重大な人権侵害の責任追及を実現したものは一つもないと指摘した。
しかし、外務省は、大島氏の参加は個人的なものであり、省としては無関係であると主張した。
 外務省は、笹川氏や渡邉氏に促され、ミンアウンフライン氏による恐怖支配を対話だけで封じ込めることができると信じているようだ。
 このような認知的不協和は、日本がミャンマーに巨額の投資を行っていることや、中国の影響力をどう封じ込めるかに重大な懸念を向けていることからすると、無理からぬことだろう。
 皮肉にも、何よりも外務省が耳を傾けるべきなのは、自分たちの同僚だったある人物の言葉である。
樋口建史前駐ミャンマー大使は、2014年から2018年までの在任期間中、ミンアウンフライン氏の本質を見抜けなかったことを「恥じている」と日経新聞のインタビューで発言。
同氏は日本政府に対し「甘い見通しや客観性を欠いた思い込みを捨てる」べきと忠告した。
さらに、ミャンマーの人びとの命を救い、苦しみを軽減することを優先すべきだと主張し、国軍への制裁を提言している。
 また樋口氏は、外務省や笹川氏の「中国が…」という決まり文句を退けて、「それほど単純な構図ではない」「国軍自身が、中国以外の選択肢がない状況に戻りたいとは考えてはいない」などと指摘した。
 日本はこうした二枚舌外交をやめて、各国政府と協力した上、国軍とその経済権益に対して対象限定型制裁を速やかに実施するべきだ。
同時に、進行中の人道目的以外のODA案件も停止すべきである。
また、笹川氏と渡邉氏は、ミンアウンフライン氏の機嫌取りではなく、ミャンマーの人々に対する暴力行為の停止、人権の尊重、そして破壊された民主主義体制の回復を最高司令官に求めるべきだ。

◎今年もミャンマー軍から士官候補生として留学受け入れしました。
そして、2016~17年にこの枠組みプログラムからミャンマー空軍将校となった人物が、
マグウェ地域での空爆を行った。
この件は
Justice For MyanmarとHRWヒューマンライツウォッチが報道。
その後、引用記事多数。
止めはTheDiplomatに載ったこと。
https://thediplomat.com/2022/05/japan-trained-myanmar-air-force-officer-took-part-in-bombing-raids-activists/
笹川氏の作った枠組み。
引き際では・・・

ミャンマー(ビルマ)の人々
強固な団結心、
連邦意識、
自分を犠牲にしても勝ち取る権利、
強い意思、
逞しい人々、

尊敬と敬意の念をこめて

☆トピック☆
 《ビルマ(ミャンマー)情勢》
デモ787585AD-74A5-4E12-A494-35850A1F7304_4_5005_c

☆ミャンマー人道支援アップデートNo.17
 4/19日
https://reliefweb.int/report/myanmar/myanmar-humanitarian-update-no-17-19-april-2022
OCHA Myanmar - Humanitarian Update No.17_Final(ドラッグされました)
OCHA Myanmar - Humanitarian Update No.17_Final(ドラッグされました) 2
以下リンク先からダウンロード

ハイライトと重要なメッセージ

•ミャンマー全土で、4月11日の時点で、912,700人の男性、女性、子供が避難を余儀なくされています。これには、昨年2月の軍事クーデター以来の紛争と不安によって避難した566,100人が含まれます。
北西部の避難民は初めて30万人を超えました。
•人道主義者は、深刻なアクセスの制約に直面している地元のパートナーを含め、可能な限り避難民やホストコミュニティに重要な救命支援を提供し続けています。
•障害物やチェックポイント周辺のクラスター、物資の輸送、いくつかの紛争地域の地元パートナーによる不完全なカバレッジによって、ますます多くの課題が報告されています。
•アクセスの課題と資金不足にもかかわらず、食料安全保障パートナーは、命を救う支援を受けた方は140万人に達しました。これは、2022年のクラスターの目標支援の4分の1です。
•紛争地域での地雷や爆発物による危険の増大の中で、クラスターはすべてのセクターにわたるリスク教育の主流化を拡大することに合意しました。
•一部の地域では、乾季のピーク時に、
ラカインの長引くIDPキャンプで、水様性下痢(AWD)が感染するリスクが高く、
WASHのギャップが大きく、水上トラックやボート遊びに依存している可能性があります。
•ラカインのIDPキャンプにおける避難所の修理のギャップは、
モンスーンシーズンに向けての重大な懸念事項であり、構造的不安定550以上の長屋があり、28,000以上のIDPを保護し緊急に家屋再建が必要であると考えられています。
•リスクの高い地域で緊急事態が発生した場合にタイムリーかつ効率的に対応できるように、
雨季に先立って準備計画が更新されています。
•救命支援を必要としている620万人に到達するために8億2600万米ドルを要求する2022年の人道支援計画(HRP)への資金提供は重要です。
2022年の第1四半期( FTS )の終わりに、必要な資金の5%(3,720万ドル)しか受け取っていません。
すべてのクラスターは資金が不足しているため、増大するニーズとそれに対応するギャップに対応する能力が妨げられています。

キー数値

ミャンマー全土で国内避難民912K人
2021年2月以降、衝突と不安により現在56万6千人が避難している
2021年2月以前の紛争により、主にラカイン、カチン、チン、シャンで国内避難民が346K人
2021年2月以降、 8Kの民間人の資産が焼失または破壊されたと推定されています。
変位の数値は、特定の月の間に変動します。
これらの数字は、現在避難している人々の数を表しています。

状況の概要

国の東部と北西部で進行中の戦闘は、人道的および避難の状況を悪化させた。
空爆や砲撃などの重火器の使用、地雷、爆発的な戦争の残骸(ERW)の存在は、命を奪い続け、民間人、特に国内避難民(IDP)の安全とセキュリティにリスクをもたらします。 )。
軍事クーデター以来、100人以上の子供を含む少なくとも1,600人が殺害され、人権高等弁務官事務所(OHCHR)によると、数千人が負傷または負傷した。22022年の最初の2か月間に、ユニセフは地雷とERWだけによる死傷者53人を記録した。(詳細については、このアップデートの5ページを参照してください)
昨年2月の軍事クーデター以来、数十万人の男性、女性、少年、少女が安全のために家を追われ、その多くは何度も移動を余儀なくされ、人々を重大な保護リスクにさらしました。
国連の統計によると、2022年4月11日の時点で、2021年の軍事クーデター以降の新しい国内避難民の数は566,100人であり、全国の国内避難民の総数は912,700人になっています。
さらに、ミャンマーからの36,100人が現在近隣諸国で避難していると推定されています。
これには、インドの34,500、タイの1,600が含まれます。
伝えられるところによると、主にサガイン州とマグウェ州、チン州とカヤ州で、少なくとも8,262戸の家屋と、教会の僧院、学校、市場を含むその他の民間の資産が全焼または破壊されました。(詳細については、このアップデートの3ページを参照してください)
COVID-19と最近の紛争の後、すでに多くの脆弱な家族が直面しているストレスの多い財政状況は、世界的な供給に影響を与えたウクライナでの紛争の開始以来、特に燃料の新たな価格上昇によってさらに緊張状態に置かれています。WFPの価格監視によると、燃料の価格は2022年2月から3月にかけて18%上昇し、2021.3年2月と比較して2倍以上(133%上昇)になっています。
これは、食料やその他の必需品を購入する人々の能力に深刻な影響を及ぼし、それが長引くと、2022年の人道的活動のコストにも影響を及ぼします。
 この紛争を背景に、モンスーンの季節が近づいており、
リスクの高い地域の脆弱で避難民の生活に新たな負担をかけ、
避難所とNFIの資金不足に対処するための新たな緊急問題。
シーズンの最初の嵐は3月末に限定的な影響でラカイン海岸に到達しましたが、気象システムは準備計画を更新するタイムリーな機会でした。嵐の前に、事実上のラカイン州当局は、約300人をGwaタウンシップのYone Ka Htoe村の小学校に避難させ、高齢者や障害者を含む少なくとも90人の脆弱なIDPをサイクロンシェルターに移した。
シットウェで。
事実上の当局は、すぐにそれぞれのタウンシップレベルの災害管理委員会(DMC)を活性化しました。
ヴィレッジトラクトの指導者に、シットウェのロヒンギャIDPを収容するためにキャンプエリアの周りにサイクロンシェルターを準備し、必要に応じてポークトータウンシップのIDPを高台に移転する計画を立てるように指示しました。災害管理局の各地区事務所は、最初の対応の一環として、1,000家族をカバーするために非食料品を保管しました。
ラカインの運用上の人道的パートナーは、すぐにサブナショナルレベルで準備活動を行い、シットウェとポークトーの町のキャンプでロヒンギャ語でサイクロン、洪水、地滑りのリスクに関する災害準備メッセージを広めました。
クラスター間調整グループ(ICCG)もヤンゴンで緊急会議を招集し、暴風雨が発生する前に準備措置を検討しました。
全体として、人道的関係者は、地元のパートナーと緊密に連携して、最も影響を受けた人々に重要な命を救う支援を提供し続けますが、アクセスの制約と資金不足のために緊急のニーズに対処するという継続的な課題に直面しています。困窮している人々への義務を果たすために、国連、国際的および国内のNGOを含む人道的関係者は、より速く、より単純で、より予測可能なアクセスプロセスを必要としています。
Visa、銀行、登録、およびMOUの妨害は、効果的な対応の大きな障害であり、緊急に解決する必要があります。
中央銀行が外貨取引に関して導入した新しい銀行規則が、人道的組織が救命活動のための資金にアクセスする能力を妨げないことが重要です。
2022年までの4分の1の期間、かなりの資金ギャップが続いています。現在のところ、わずか5%(37ドル)です。2022年の人道的対応計画で要求された8億2600万ドルのうち100万ドルが受領されました(FTS)。
この規模の資金不足が続くと、2022年には何百万人もの人々に生命を脅かす結果がもたらされます。
それで、寄付者と資金提供者はまた、資金の流れを最新かつ完全に報告することの重要性を認識しています。ミャンマーの人々と連帯して、命を救い、懸命に戦った開発の利益を保護する一方で、そうするための窓はまだあります。寄付者と資金提供者はまた、資金の流れを最新かつ完全に報告することの重要性を認識しています。ミャンマーの人々と連帯して、命を救い、懸命に戦った開発の利益を保護する一方で、そうするための窓はまだあります。寄付者と資金提供者はまた、資金の流れを最新かつ完全に報告することの重要性を認識しています。

AAPPビルマ政治囚支援協会(ビルマ)は、タイのメーソートに本拠を置く非営利の人権団体です。AAPPは、タイとビルマの国境に亡命している元政治犯によって2000年に設立されました。AAPPは、残りの政治犯の釈放と釈放後の政治犯の生活の改善を支持し、ロビー活動を行っています。


5月17日の時点で、(1844)人がこの軍事政権のクーデターによって殺害されたことが確認されています。
5月217日の時点で、合計(10661)人が現在拘留されています。(1069)人々は直接刑を宣告され、そのうち68人は死刑を宣告された(2人の子供を含む)。1977回の逮捕状。120人が欠席判決を受け、そのうち41人が欠席裁判で死刑判決を受けました。合計109人が死刑を宣告されました。
正確な身元と総数はまだ確認されていませんが、最近リリースされたものを引き続き確認します。

※※これはAAPPによって検証された数であり、
※※実際の死亡者数はおそらくはるかに多いでしょう。

[例として、2021/12/13~20までの一週間でAAPPが身元検証できた死亡者数19名。
この間、身元検証のない死亡者は
軍事政権レジーム側、市民側双方合わせて少なくとも最低70名以上。
100名を超えているかもしれません。]
※さらにこの月の1ヶ月の間に “軍事政権レジーム軍事フンタSACテロリスト”
に拉致され拷問センターでの拷問で亡くなる方が急増しました。
拉致された方は数字に全くカウントされていない!

※繰り返しになりますが、私たちは軍事フンタに、アウンサンスーチー国家顧問とウィンミン大統領を含む
すべての政治犯を即座に無条件に釈放するよう呼びかけます。
私たちは、軍事フンタに圧力をかけ、恣意的拘禁やその他すべての非人道的な行為に責任を負わせるために、国際社会の支援を要請します。

https://myanmar-now.org/en/news/cruelty-for-its-own-sake-how-myanmars-junta-uses-torture-as-a-tool-of-oppression 
ミャンマーの軍事政権が抑圧の道具として拷問をどのように使用しているか
2021/12/31 MyanmarNow

やつらは
神々の罰を受ける運命にある。

 

☆国民統一政府国防省によると、2月中旬の時点で、全国の戦闘で合計8,354人のミャンマー軍兵士が殺害され、2,896人が負傷した。
伝えられるところによると、昨年2月のクーデター以来、約2,000人の軍隊が軍から亡命した。
以前軍から亡命したCDMのメンバーであるCpt Lin HtetAungが1月下旬にMyanmarNowに語った。
 Lin Htet Aungは、軍の脱北者を支援する組織である「People’sEmbrace」を意味するPyi Thu YinKhwinを監督しています。
「2022年には、地上の革命軍の軍事力が大幅に向上したため、
より多くの兵士が抵抗に加わり、武器を持ち込むことを期待しています」と彼は付け加えました。
より多くの兵士が抵抗に加わるでしょう。」
 一方、軍事評議会の情報相MaungMaung Ohnは2/24木曜日に、軍事政権の新聞で、脱走軍の数はごくわずかであると述べた。

上記からも判るように2月の時点で
死亡者8300人以上は軍事フンタ側で出ていると見るべき。
NUGの3月の発表では
軍事政権側の死者は9000人を超えている。
また、PDF(人民防衛隊(国民防衛隊))側、レジスタンスファイターも最近の巧妙な軍事フンタによる掃討作戦により罠にはまり捕らえられ
連行され撲殺された方、射殺された方等は
検証できないためこのAAPP死亡者数字には含まれません。
未検証のため、身元不明のため、
カウントされない(できない)方々が十数倍の数で存在。
私の推測ですが、
※死亡者数の実際は市民側、軍事政権側双方合わせると
4月中の時点で
プラス25000~35000人の間と見るべき。
(ビルマ独立後の70年以上の内戦の歴史で空前絶後、
ほぼ全ての人民が何らかの形で
悪しき軍事フンタSACと戦っている。)
さらに避難民の死者を含めればさらに多い数字になると思われます。

今後も随時追加していきます。

カヤー(カレンニー)州、サガイン管区では
これまで幾度となく軍事フンタSACによる虐殺事件が繰り返されている。


写真はKNDF(KarenniNationalitiesDefenseForce)
2021/12/24日カヤー(カレンニー)州 Hpruso TownshipのMoso村の近くで、女性と子供を含む約35人の民間人が、7台の車両で殺害され、7台の車両で軍事フンタ政権SACに焼かれました。
25日翌朝確認された。

こうした事例は身元検証身元確認が出来ない為、
AAPPの死亡者数にカウントされません。

実際の死亡者数はAAPPがそう伝える徹り、
”おそらく遥かに多いでしょう。”
因みに軍事フンタ政権はサガインでの死傷者は無いと伝えられています。

※2021年12月30日、
国家顧問Daw Aung San SuuKyiの献身的な女性ボディーガードであるCherryHtet警察の第二副官は、
警察裁判所によってミャンマー警察の懲戒維持法に基づいて3年の懲役を宣告されました。
その後、彼女はネピドー刑務所からヤメティン刑務所に移送されました。

2月、サガイン管区市民の至近距離を飛ぶミャンマー軍Mil-35P攻撃ヘリ
スマホカメラ目線だから実際は目と鼻の先。かなり危険。
昨年11月以降、サガイン管区内ならこうした光景は毎日どこかで市民に銃口が・・

◎暫く静観して観察しています。

更新は週1程度になります。
(みなさん地元媒体を観察してみてください。
これまで幾つかの媒体から引用しましたので、そこから現下の情勢が判るでしょう。)

真実をねじ曲げる不当な輩、事実に基づかない言動をする者たちは
結局その行為が報われることは無い。
そう、はるか昔から また未来も



写真はCDF-Mindat撮影
チン州ミンダット周辺での衝突前2021/11/7日 ChindwinNewsから11/7日
(軍事フンタ軍の車列)

「ミャンマー軍をTatmadawと呼ばない様に!」
◎Now, we Burmese are not using the term ‘Tatmadaw’ and are just referring to the armed forces as ‘Sit-tat’, or military, with no reference to glory. Some people are also referring to the military as ‘Sit-kwe’, or dog soldiers, a reference to the military being dogs who only obey their masters.
5/25日(木)TheIrrawaddy ゲストコラム
https://www.irrawaddy.com/news/burma/please-dont-call-myanmar-military-tatmadaw.html

私は軍の専門家ではなく、私の国の軍隊を嫌う人です。
ですから、私が現在のミャンマー軍に使用する正しい名前を思い付くのに苦労しているのは当然のことです。
 レポートの作成、定期的な分析、国際的なドナーや聴衆のためのブリーフの作成を含む私の仕事では、何百もの軍事用語を学ぶ必要があります。
英語を母国語とする上司は私を大いに助けてくれましたが、
クーデターのリーダーであるミン・アウン・ライン上級将軍の軍隊にどの用語を使用するかについては、
まだ大きな意見の相違があります。
 私にとって、軍隊を説明するために使用される2つの特に厄介な用語があります。
1つ目は「タッマドゥ」で、ビルマ語で「王立軍」を意味し、
植民地時代以前にビルマが君主制に支配されていたときにビルマの軍隊に使用された名前でした。
「ロイヤル」はビルマの文化では栄光であると理解されています。
「ミャンマー軍、別名タッマドゥ」というフレーズを使用することは、
多くのアナリストやいわゆるビルマの専門家の標準となりました。
しかし、多くの外部アナリストによる「Tatmadaw」の悪用は私たちの心を傷つけます。
この言葉は、ミン・アウン・ラインの軍隊にとってはあまりにも良い言葉です。
ミン・アウン・ラインの軍隊は、自分たちの民を殺している武装した男たちのグループにすぎません。
現在のミャンマー軍の行動については何も「王室」はありません。

2番目の厄介な用語は、「軍隊」という言葉の前にミャンマーまたはビルマ語を使用することです。
ミャンマーに精通している人は、ミャンマーまたはビルマの両方が、
国内最大の民族グループであるビルマを指します。
しかし、1988年以降、軍事政権は全ての民族グループを表す包括的な用語として「ミャンマー」という言葉を意図的に広めました。
それは完全に捏造された試みでした。
一部には独自の軍隊を持っている少数民族は、それを決して受け入れませんでした。
何十年にもわたって軍事政権と戦ってきた民族軍は、「ビルマ軍」という用語を使用します。
これは、ビルマ人またはビルマ人のために戦う軍隊を意味します。

しかし、私は軍隊がビルマの人々や国を代表しているとは感じたことがありません。
軍隊は彼ら自身の利己的なグループであり、国を代表するものとして軍隊を提示するのはその宣伝機だけです。
同時に、それは60年間国家を支配し、
軍隊がほとんどビルマ人によって配置されていることは否定できないので、
ビルマ仏教のイデオロギーを推し進めています。
 ビルマ人として、私の民族の友人が「ビルマ軍」に言及したとき、
私はいつも恥ずかしい思いをしました。
彼らは私の軍が民族地域でそれらすべての残虐行為を犯していると言っていたからです。
しかし、私は名前を変えることができませんでした。
私の仲間のビルマ人の多くも、その名前を素朴に受け入れています。
しかし、昨年のクーデター以来、多くのビルマの人々は軍隊の真の邪悪な顔を見るという歓迎されない機会を与えられており、彼らの何人かは現在軍隊と戦っています。

現在、私たちビルマ人は「タッマドゥ」という用語を使用しておらず、
栄光に言及することなく、
軍隊を「シットタット」または軍隊と呼んでいます。
一部の人々はまた、軍隊を「シットクウェ」または犬の兵士と呼んでいます。
これは、軍隊が主人にのみ従う犬であることを意味します。
蔑称ですが、彼らにとって最も正しい言葉だと思います。
多くのビルマ人は、私たちには今、私たち自身の軍隊、
国民統一政府が率いる国民防衛隊PDFがあると言っています。
古い軍隊に代わる代替軍隊を見つけました。
しかし、ミン・アウン・ラインの残忍な軍隊の背景についてほとんど知識がないかもしれない国際的な聴衆のためのニュースレポートを読んで、何人かはまだ「Tatmadaw」を使用しています。
軍の優先用語を使用することは、
彼らをミャンマーの栄光ある代表的な俳優として無意識に受け入れることによって、
軍事政権の宣伝を助けることであることに注意する価値があります。
中立的なレポーターになりたい場合は、 「 Sit-tat 」を使用する方がはるかに優れています。

「ミャンマー軍」という用語の代わりに、
最も適切な用語は「殺人軍」であり、
これはミン・アウン・ラインの軍隊の本質を捉えています。
記者が、軍がどのようにクーデターを開始し、選挙で選ばれた政府を解任したか、
そしてどのように国民に対して戦争犯罪を犯しているかを説明する説明を追加することも重要です。
海外の読者の皆様には、現状を理解するよう努力していただきたいと思います。
そしてそれを行うための最初のステップは、軍隊に正しい用語を使用することです。

:デズモンドは、和平プロセスと移行問題に焦点を当てて国際開発を研究しています。

◎ミャンマー軍エリートの中で高まる恐怖
5/3(火)TheIrrawaddy  ゲストコラムZAWTUSENG著
https://www.irrawaddy.com/news/burma/fear-rising-among-myanmar-military-elite.html


故ネ・ウィン将軍の下で1962年に最初のクーデターを開始して以来、ミャンマー軍の間でそのような恐れを見た人は誰もいません。
不合理な恐怖と不安を持って力を行使した独裁者とその信者の通常の心理学ですが、ミャンマーの軍事エリートとその家族の間で現在増大している恐怖は非常に現実的で合理的です。
反クーデターレジスタンス運動が定着するにつれて、軍とその追随者は国の支配を失うことを恐れる非常に正当な理由があります。
重要なことに、2021年2月1日の軍のクーデターは、1947年のパンロン協定以来誰も見たことがない人々の間に政治的収束点を作り出しました。
全国的な平和的な反クーデター抗議に対する軍の暴力的な反応は、それが自国民に対して戦争を繰り広げ、恐怖と混乱を引き起こした結果となった。

以前は、ミャンマー内陸部の仏教徒のビルマ人は、国境地帯の少数民族に対する軍事政権の残虐行為についてしか聞いていませんでした。
しかし、現在、ビルマの民間人に対する軍の虐殺は、議会の全議席の4分の1を保持しているおかげで、軍が効果的な憲法上の拒否権を保持していたクーデター前の年に戻りたくない人々を形成した。
国民統一政府(NUG)と国民統一協議会(NUCC)の利害関係者を集めて、全国的な政治同盟を形成する政治的収束点に到達しました。
同盟はまだ初期段階にありますが、
軍事政権は近い将来、政治的に取り囲まれる可能性があります。
同時に、軍は国中の増加する武力抵抗に対処するのに苦労しています。

武装抵抗グループに脅かされたジュンタ

1990年代初頭、民主化運動の軍隊がビルマ北西部のチンドウィン川沿いの軍事戦線を開くことができれば、それは軍事独裁政権の終わりの始まりになるでしょう。
西はチン州、北東はカチン州と国境を接するサガイン地方にあるという予言があった。
 私は予言を信じました。当時の軍事政権が1990年の選挙の結果を尊重することを拒否し、民主化運動に参加したために逮捕されることを恐れた直後、私はミャンマーとインドの国境に逃げ、武力抵抗のために人々を訓練する学生主導のキャンプに参加しました。
30年以上経った今、1990年代初頭の予言が実現するかもしれません。


 2021年にミャンマー南東部のカヤー州のデモソ近くの検問所でカレンニー国防軍とカレンニー軍の戦闘員。/AFP

3月、ミャンマー戦略政策研究所は、2021年7月から2022年3月まで、サガイン地域でNUGの国民防衛隊(PDF)とミャンマー軍との間で約300回の衝突を報告しました。アーソン攻撃。
 学生軍に加わってから5年後、私は通信局に配属され、全ビルマ学生民主戦線(ABSDF)大隊を下の地域から移送することを担当した数人の司令官を[暗号化された電子メールメッセージで]支援しました。
サガイン地域のミャンマーとインドの国境へのカチン独立軍の支配。
成功すれば、移管は私たちが予言の領域に切望されていた武器を密輸することを可能にしたかもしれません。
現在、ローカルPDFによって夢が実現しました。

極北のプータオから極南のコータウンまで、政権は前例のないレベルの武力反対に直面している。同時に、カヤ、カレン、カチン、チンの各州では、民族武装組織との衝突が増加しています。
違法なミャンマー軍に対する武力抵抗が全国的に高まっている。

レジームの死傷者数の増加とネピドーへの軍事政権の家族の移転

4月22日、Myanmar Nowは、ヤンゴンで都市抵抗勢力による攻撃が増加するにつれて、国家行政評議会(SAC)で働く人々の家族がネピドーの軍事要塞に移転していると報告した。
報告書は、ヤンゴンを拠点とする軍事政権の家族の間で、SACが市内のゲリラグループの増加から彼らを保護できないかもしれないという恐怖がどのように高まっているかを述べた。

ヤンゴンのミャンマー軍家族に近い筋によると、500人以上の軍人の家族がタイで長期滞在ビザを申請しました。
一方、元独裁者ネ・ウィンの孫であるエイ・ネ・ウィンなどのエリート軍支持者は、ミャンマーよりもドバイで多くの時間を過ごしているようだ。
 ミャンマーの軍事政権が管理する中央銀行の副総裁であるタン・シュエの最近の銃撃は​​、ヤンゴンのレジスタンスグループによって標的にされた1,000人を超える軍事政権の職員の最も有名な例です。
軍が所有するMytelTelecommunicationsCoの最高財務責任者である元海軍少佐のTheinAungは、2021年後半にヤンゴンで撃墜され、全国の80を超えるMytelタワーがPDFによって爆撃されました。
 軍のエリートの間での死傷者の増加は軍に亀裂を引き起こしましたが、軍事業所の著名なメンバーであるキン・シュエのような大物のSACの継続的な浄化は、体制内の緊張を浮き彫りにします。

レジスタンス運動の資金と技術

1990年の終わりに、私は国境で反対勢力に加わるための1か月の長い旅行の資金を調達するために、自転車を売らなければなりませんでした。対照的に、現在の反クーデター活動家は、NUGのために働くために1日でタイに飛ぶためにミャンマーのディアスポラによって資金を供給されています。
 1990年代にABSDFが50万米ドルを調達するのに約4年から5年かかりました。
しかし、2022年3月のレポートでNUGの防衛省は、NUGがPDFをサポートするために3000万米ドルを費やしたことを明らかにしました。
これは、2022年から23年にかけてのSACの約30億米ドルの軍事予算と比較するとわずかですが、レジスタンス運動には、ミャンマーで独裁政権を終わらせることができると信じる技術と国民の持続的な支持があります。
これらは、軍事政権との戦いにおいて重要な要素です。
 Helping Hands for Burmaが主催した、米国ニュージャージー州のミャンマーのディアスポラは、今年4月24日だけで、NUG債の売却と資金調達フェアから15万ドル近くを調達しました。
 短期間に資金が調達されるだけでなく、抵抗は独自の武器を生産する上で革新的です。
一部のPDFで作成された自家製ライフルの価格は100ドル未満です。
レジスタンスファイターは、3Dプリンターで作られた銃を持った彼らの写真を投稿しています。
他のPDFは、ドローンや遠隔操作爆弾などの最先端技術を使用しています。

結論

1988年以降に生まれたビルマの若者が主導する春の革命は、1970年代の元首相UNuが主導した反独裁運動や1988年の学生主導の蜂起とそれに続く1990年代の武力抵抗運動とはまったく異なります。
以前のレジスタンス運動は、私たちが現在ミャンマーで見ている助長的な環境を欠いていました。
NUGとNUCCによってカプセル化された政治的進歩がさらに好ましい環境を作り出すことができれば、ミャンマーの新しい連邦構造へのコミットメントが浮かび上がる可能性があります。
野党勢力が軍事独裁政権に終止符を打つ前に多くの課題が残っていますが、軍事政権は確実に弱体化しています。
ミャンマー軍のエリートとその家族には、怖がる非常に正当な理由があります。

元民主主義活動家のZawTusengは、ミャンマー政策イニシアチブ(MPI)の創設者兼トップです。
MPIは最近、ミャンマーの研究者を動員して政策を策定し、ミャンマーの政策決定プロセスを制度化するために設立されました。
彼は、コロンビア大学の国際公共問題学部で行政学の修士号を取得しています。

TheIrrawaddy4/30日(土)
◎バンコク—タイの石油とガスのコングロマリットPTTEPとマレーシアのペトロナスは4/29金曜日、クーデターに見舞われたミャンマーのイエタグンガスプロジェクトから撤退すると発表した。
https://www.irrawaddy.com/news/burma/thai-malaysian-firms-pull-out-of-myanmar-gasfield-project.html

ペトロナスの子会社であるカリガリは、イエタグンプロジェクトの約41%の株式を保有しており、PTTEPは19.31株を保有しています。
PTTEPの最高経営責任者であるMontriRawanchaikul氏は金曜日の声明で、「撤退は、国のエネルギー安全保障を支援するプロジェクトに再び焦点を合わせるための同社のポートフォリオ管理の一部である」と述べた。
PTTEPは、規制当局の承認があれば、その株式は商業的価値のない残りの株主に比例して再配分されると述べた。
2003年からプロジェクトを運営しているペトロナスは声明の中で、決定はレビューに続き、「変化する産業環境と加速するエネルギー転換」に適応するための「資産合理化戦略」の一部であると述べた。
モアタマ湾の24,130平方キロメートルのフィールドは、天然ガスとコンデンセートを生成します。

日本の日本石油ガス探査とミャンマーの軍事政権にリンクされたミャンマー石油ガス企業は、プロジェクトの残りの利害関係を持っています。
PTTEPの決定は、ミャンマーとの関わりの終わりではありません。
3月、PTTEPは、1月にシェブロンとトタルエナジーズが撤退した後、
ミャンマーの重要なヤダナガス田の運営を引き継ぐと発表しました。
アメリカとフランスの企業は、人権団体からの国際的な圧力が高まり、軍事政権との財政的関係を断ち切ることで、ミャンマーから撤退すると述べた。
アンダマン海のヤダナガス田は、ミャンマーとタイに電力を供給しています。
これは、ヒューマン・ライツ・ウォッチがネピドーの最大の外貨収入源であり、年間10億ドル以上を生み出していると述べているガスプロジェクトの1つです。
ミャンマーの軍隊は、石油やガスを含む国の経済の広い範囲に関心を持っています。

ブリティッシュ・アメリカン・タバコやフランスの再生可能エネルギー会社であるボルタリアを含む他の国際企業も、昨年2月からミャンマーから撤退しました。
ジャスティス・フォー・ミャンマーのスポークスパーソンは、イエタグンガスプロジェクトに関与する企業に軍との関係を完全に断ち切るよう求めた。
「この分野は枯渇の危機に瀕しており、ペトロナスとその国際的なパートナーに対し、環境のベストプラクティスに従ってこの分野を廃止し、責任を持って撤退するよう呼びかけています」とYadanarMaung氏は述べています。

「ペトロナスとそのパートナーは、ミャンマーの軍事政権にこれ以上の収入が流れないようにする必要があります。」

KhitThitMedia4/8(金)

Ko Shwe ThinはAyadaw Shaukkha村で軍に射殺された。
遺体は軍によって燃やされ破壊された。 軍隊はまた遺体と軍が所有する家を3軒燃やした。
ヤンゴン、4月7日
テロリスト軍事評議会部隊は4月5日午前、サガイン地域のアヤドウ郡区のシャウカ村で重い武器で撃たれた。
村人のKo Shwe Thinは撃たれて死亡した。
軍が遺体を燃やし、一般市民はショックを受けた。
Ayar Taw Township True News Reportチームは、6軒の家が全焼したと知らされました。
テロ軍が重い武器で発砲した後、軍が遺体を燃やし家と共に遺体を破壊したことは知られている。
テロ軍は村の民家6軒を全焼し、作物倉庫、バイク、トラクター、給水機、農機具を含む全焼し、
一般人が育てた牛、鶏、豚を破壊した。 彼らも殺され食べられたことが知られている。
さらに、Ayadaw Township True News Reportチームは、Ko Myo Minを含む一部の村人を人間の盾として取り上げ、残りは確認できません。

写真 - Ayadaw Township True News 報道チーム

◎ミャンマーJuntaは1か月で700以上の民間住宅を燃やす
TheIrrawaddy4/8(金)
https://www.irrawaddy.com/news/burma/myanmar-junta-burns-13-villages-in-one-sagaing-region-township.html

3月5日以降、13の村の約750戸の家屋が、ミャンマーの軍事政権によって
サガイン地方のKhin-Uタウンシップで焼失しました。
 タウンシップは、ほぼ1年間抵抗の拠点となっています。
Khin-Uゲリラ軍のスポークスマンは、レジーム軍が大砲で村を攻撃し家を燃やしていると言いました。
 独立した監視グループであるミャンマーのデータによると、昨年からサガイン地域全体で4,954戸の家屋が焼失した。
Khin-Uでは、3月408戸の家屋が焼失したとのことです。
4月初旬には、放火攻撃の数が増加しました。
タウンシップには60以上の村があり、そのうちのいくつかは親政権です。
多くの軍事政権軍隊が抵抗市民側の地雷の待ち伏せで死亡しました。
伝えられるところによると、10月には、約60人の軍事政権の兵士と政権と同盟関係のPyuSawHtee民兵が市民レジスタンスの待ち伏せで殺害された。
 「レジーム軍は、村人たちが家を燃やすことで抵抗を支持しないように脅迫しています。
彼らは彼らの村が抵抗レジスタンスを支持するので彼らが苦しむと言いました。
しかし、村人たちは何があっても私たちを支えてくれます」とゲリラ軍の代表は言いました。
彼は、抵抗攻撃に近接しているにもかかわらず、村は全焼していると述べた。
 町の民間服を着たレジーム部隊は、3月5日に43戸の家屋を燃やし、ダンコーン村で放火攻撃を開始した。
Khin-Uゲリラ部隊によると、激しい戦闘が3月8日に報告され、約11人のレジスタンス戦闘員が死亡し、政権の因果関係は不明であった。
Ngar Tin Gyi村は最近焼失し、4月4日に250から300戸の家屋を失った。
3月以来約7,000人のKhin-U住民が家を失い、30,000人以上が避難している。レジスタンスグループによると、彼らは食料、避難所、薬を欠いています。

◎ミャンマー軍の軍事政権はカレン民族解放軍(KNLA)の特殊作戦部隊に対する空爆を行なった。
TheChindwin4/4(月)
https://www.thechindwin.com/civilians-run-for-hiding-as-myanmar-junta-pounds-the-village-and-raids-the-airstrike-in-karen-state/
カレン民族同盟(KNU)は、ミャンマー軍の軍事政権と3月初旬に軍事政権下で活動する人々に対して、
3月末までにKNUの武装部門であるKNLAの第6旅団が支配する領土を離れるという指令を出していた。
しかし、軍事政権軍は、KNUの旅団6によって支配されている領土に倍の新しい援軍を送る。
 今日、何百人もの通行者は、カレン州を経由してタイの国境に接続するワレイ-コーカレイ-ミャワディアジアハイウェイの真ん中で戦闘のために先へ行くことができません。
私たちの情報筋によると、ミャンマー軍の軍事政権がKNLAの旅団6によって発行された指令に反して、過去5日間に巨大な援軍を送ったため、今後戦闘は激化すると予想されています。
カレン州のKyaInnSaik KyiTownshipにあるKyaikKyi村をヘリコプターが襲撃した空爆は、すべての村人が安全のために逃げたため、一部の民間人に損害を与え、負傷させたと伝えられています。

UWinTinの死から8周年を迎えるブルーシャツキャンペーン
 2022年4月21日
今日は、元政治犯、国民民主連盟NLDの創設メンバー、
ハンタルワディのジャーナリストUWinTinの死から8周年を迎えます。
ビルマの人々を軍事独裁政権から解放するという彼の恐れを知らない行動のために、
U Win Tinは当時の軍事政権によって虚偽の告発を受け、広範な懲役刑を言い渡されました。
刑務所にいる間、ジャーナリストは精神的にも肉体的にも多くの方法でそして絶えず苦しめられました。
彼はアパートから追い出された。彼は年金を受け取る権利を取り消された。
彼はまた、激しい尋問セッションのためにすべての歯を失いました。
彼は歯のない口のために固い米と生のスープで栄養を与えられなかった。
U Win Tinは胃の問題を発症し、5年間治療できなかった。
刑務所は、慢​​性的な問題となり、最終的に彼の死に至った心臓の問題の治療を彼に受けさせることが出来なかった。
彼は、刑務所内で20年近く経験したことすべてを記録しましたが、誰も連絡を取り合うことはなく、
独房内での隔離に耐えました。
彼の自伝的な本「“What’s that? A Human Hell”」の中で読者はUWinTinが耐えた地獄のような経験を理解しています。
 刑務所から釈放された後、彼は刑務所の制服(青いシャツとロンジー)を着て死ぬまで声明を出し、
すべての政治犯の釈放を求めた。
 ビルマの民主主義運動の国内および国際的な支持者はすべて、4月21日に青いシャツを象徴的に飾り、ビルマ内にまだいる政治犯の釈放を訴えています。
軍事政権がクーデターで不法に権力を掌握しようとしてから1年以上が経ちました。
人々の抵抗は、さまざまな形や形で、1年以上続いています。10,271人の政治犯(うち996人は裁判を待っている間に刑を宣告された)は、春の革命以来、不法に拘留されたままである。テロリストグループは、反体制派を恣意的に拘留し、拷問し、投獄しているので、彼らは権力を持つことができます。
すべての政治犯の無条件かつ即時の釈放は、ビルマを連邦民主主義へと前進させるための第一歩です。我々は、国連、EU、ASEAN、米国、日本、韓国などの国際的指導者に、すべての政治犯を釈放するよう軍事政権にさらに圧力をかけるよう要請する。
 また、ビルマの人々に、政治犯が刑務所の後ろに留まり、軍事政権による残忍な弾圧に苦しんでいることを覚えておいてください。
厳しい課題に直面している彼らやその家族を忘れないでください。
できる限り彼らを助けてください。

今すぐすべての政治犯を釈放せよ!
We must win this revolution
AAPP(Assistance Association for Political Prisoners)
ビルマ政治囚支援協会

https://aappb.org/?p=21195

ミャンマーの影の政府は、より多くの軍の亡命を奨励するために巨額の現金報酬を提供しています
4/8(金)TheIrrawaddy, その他、NUG
https://www.irrawaddy.com/news/burma/myanmars-shadow-govt-offers-huge-cash-rewards-to-encourage-more-army-defections.html
より多くの亡命を奨励し、民間人を軍事政権の空爆と砲撃から保護するという前例のない動きで、ミャンマーの影の政府は現在、同胞と戦ってきたレジーム兵士に最大50万米ドルの巨額の金銭的インセンティブを提供しています去年から。
国民統一政府(NUG)は4/7木曜日に、軍用機または海軍艦艇で部隊から脱出した空軍兵または船員に50万米ドルを支払うと発表した。
車両1台あたり300,000ドルの報酬は、駐車中のジェット戦闘機、軍用ヘリコプター、ロジスティクス飛行機、または軍艦に深刻な損害を与えた人、または軍の任務で使用されている間に破壊できる人に支払われます。
他のインセンティブの中には、ジェット燃料予備タンクを妨害したり、レジームの兵器や兵器工場を爆破したり、タンクや装甲兵員輸送車で欠陥を犯したりできる人には、100,000ドルの報酬があります。
ミャンマー軍は昨年以来、国の多くの地域で空爆、大砲、戦車攻撃でその支配に対する一般的な抵抗に対応してきました。2021年2月の与党国民民主連盟(NLD)政府に対するクーデター以来、政権は国の多くの地域で武力抵抗の高まりに直面してきました。
国内外での軍事政権の正当性に異議を唱えるために、NUGは同年4月にNLDとその民族同盟国から選出された議員によって設立されました。
ミャンマーの多くの人々はNUGを合法的な政府と見なしており、多くの西側諸国はNUGを支持しているが、公式の承認を得るには至っていない。
NUGの金銭的申し出は、兵士が反体制運動の残忍な抑圧に対する大衆の憎しみに直面しているため、体制がますます多くの脱北者と戦っているときに発表された。
これまでに3,000人近くの兵士が軍から亡命しました。
これには、これまでに亡命した兵士の中で最も高い位置にある大隊の司令官も含まれます。
軍にとってさらに悪いことに、

※オーストラリアは 軍の離脱者を受け入れました!
https://www.irrawaddy.com/news/burma/australias-embrace-of-defectors-sends-shockwaves-through-myanmar-military.html(略・・・
ストライキ中の元陸軍大尉であり、現在FacebookページのPeople'sEmbraceで兵士の脱走を支援しているLinHtet Aungは、オーストラリアが陸軍脱北者に亡命を許可したことで、ミャンマーの軍事界に衝撃波が送られていると語った。上級将校からでさえ、ニュースの数日以内に、「それは本当ですか?」を含む何百もの問い合わせがありました。
略・・・ハワイのダニエル・K・イノウエアジア太平洋安全保障研究センター(APCSS)の教授であるミエミー・ウィン・バード博士は、特に軍が無敵であるミャンマーの場合、軍事的亡命は抵抗を成功させるための本当に重要な戦略であると述べた。
「背後に人間がいない場合、武器は立ち上がって自分自身を撃ちません。トリガープラーを奪うことができます。
抵抗側には火力がありませんが、兵士を奪うことで別の視点から取り組むことができます」と彼女は言いました。
 軍隊には改革志向で、組織のイメージの悪化にうんざりしている人がたくさんいることは古くから知られています。現実には、個々のメンバーの移動の自由を含む軍の制限、および宿泊施設や亡命後の生計手段などの困難により、CDMへの参加を熱望している人々でさえ躊躇しています。
 元キャプテンのNyiThutaは、彼らの幸福に対する保証の欠如は、CDMに参加したい兵士にとって大きな障害であると述べました。彼は、国民統一政府(NUG)が9月に政権に対する全国的な武力闘争を要求した後、昨年の亡命調査の増加を想起した。
「当時、私は何百ものメッセージを受け取りましたが、その後にかなりの数の亡命はありませんでした」と彼は言いました。
   しかし、今回は違うようです。
バード博士は、以前の研究によれば、第三国のインセンティブは亡命において非常に重要であり、オーストラリア政府が亡命者に亡命を提供することは、軍を去りたい人々にとって素晴らしいことだと述べた。
「これは人民側にとっては大きな進展であり、軍側にとっては大きなマイナスです。
オーストラリアが自分たちを開くとき、他のヨーロッパ諸国を含む他の国も同様に開くかもしれません」と彼女は付け加えました。
 NUGの外相であるDawZinMar Aungは、第三国のインセンティブも体制との戦いにおいて効果的なツールであることに同意した。
彼女はNUGの限られた予算が軍の亡命に対して金銭的インセンティブを提供できないことを意味したことを認めたが、影の政府は亡命者に亡命を提供するためにいくつかの国と協力した。
「私たちは彼らに、武器で私たちを助けることができないなら、それが別の方法で革命を支えているので、亡命者を受け入れてくださいと尋ねました。
そのため、一部の国はすでに亡命者を歓迎しているが、公には歓迎していない」と述べた。
「亡命者の可能性がある国への私のメッセージは、国には毎年の受け入れに限界があるということです(予算が足らない)。
だから、早く離脱すればするほど、早く第三国に行くだろう」と外相は付け加えた。
 その間、軍事政権はその部下を保持するのに苦労しています。
元キャプテンのLinHtetAungは、オーストラリアの亡命ニュースが報じられて以来、軍事政権は軍の制限を強化したと述べた。
「彼らは、携帯電話やソーシャルメディアの使用、および移動の自由に制限を課しながら、ピアツーピアの精査システムを立ち上げました」と彼は言いました。
 大隊司令官のミョー・ミン・トゥンの最近の亡命は、彼がこれまでのところ亡命した最高位の将校だったので、軍事政権にとって大きな打撃でした。
Nyi Thutaによると、中佐は2月にカレン州の最前線に部隊を残し、これまでに亡命した大隊司令官の数は5人近くに増えたと付け加えた。
 当然のことながら、軍事政権の第2の男、ソウ・ウイン副上級将軍は、軍の脱走兵を規則に違反し、罰を恐れて部隊から逃亡した「脱走兵」と名付けました。
彼はまた、「脱走兵を民主主義の英雄として称賛する」ことによって軍の団結を破壊したことで、
いくつかの国、地元の抵抗グループ、メディアを非難した。
偶然にも、彼のコメントはオーストラリアの亡命ニュースが報じられたのと同じ日に来ました。
 Nyi Thutaは、大隊司令官の亡命は、軍内の状況がどれほどひどく悪化したかを反映していると述べた。
 「中佐の亡命を見た後、もっと多くの、あるいはもっと高いレベルからの何人かがいたとしても、私は驚かないだろう」と彼は言った。)

昨年からレジームに対してストライキを行っている元陸軍大尉のリン・ヘット・アウン氏は、NUGの申し出はレジームに戦略的な打撃を与えるだろうと述べた。
現在、People's Embrace Facebookページを介して政権の兵士が脱走するのを支援している元キャプテンは、新しいインセンティブは、戦車を操作する軍人、装甲兵員輸送車、大砲、航空機に直接アピールしたため、非常に影響力がある可能性があると説明しました。
爆撃と砲撃は、地上の抵抗戦闘員にそのような深刻な脅威をもたらします。

「[レジスタンスファイター]は、レジームの歩兵部隊との戦いに問題はありません。
しかし、彼らは政権の空爆や戦車と競争することはできません。戦車や装甲車を持ったパイロットや兵士がインセンティブを獲得すれば、それは革命に非常に良い影響を与えるだろう」と彼は述べた。


NUGのドゥワ・ラシ・ラ大統領代行は声明の中で、上記のような妨害行為または亡命の証拠を提出できるチームまたは個人は、金銭的報酬を受ける権利があると述べた。
「この命令によって指示されたように実行され、報酬を獲得するいかなる行動も、公有財産法の下で罰せられないものとします」と通知は読みます。

◎NUG国民統一政府のアウンミョーミン人権大臣と米国国際開発庁(USAID)のUSAID副最高経営責任者であるIsobel Colemanは、ビルマで民主主義の回復について話し合った。
VOA4/9(土)
https://burmese.voanews.com/a/bug-human-rights-minister-usaid/6521597.html
UGNUGの人権大臣であるAungMyoMinとUSAIDの副事務局長であるIsobelColemanが4/8金曜日に米国で会合した。USAIDは、ビルマにおける現在の紛争を解決し、民主主義を回復する方法について双方が話し合ったと述べています。
USAID副首席補佐官 彼はビルマの民主主義運動とビルマの人々と共に立つことへの支持を表明した。
彼はまた、ロヒンギャと平和的に民主化反対派に対する大量虐殺と「テロ攻撃」のためにビルマ軍に対して行動を起こすよう求めた。
「米国政府とNUGの関係は人権に基づいており、ビルマのすべての民族的および宗教的人々の人権への取り組みを称賛している」と、USAIDのミッション副チーフであるIsobelColemanは述べた。
彼らはまた、NUG政府を含むビルマの民主化推進グループへのさらなる支援についても話し合った。
昨年2月にビルマで軍事クーデターが発生した後に結成されたNUGは、軍事評議会によってテロ組織として分類されました。
しかし、西側諸国や米国を含む他の多くの国々は、ビルマ問題を解決するためにNUGと協議を行っています。

◎米国上院のリーダーであるミッチ・マコーネルは、4月6日の声明で、軍事クーデター以来ビルマの人々を米国が支援しているビルマ・トーマス・ヴァイダ駐米大使との会談に感謝していると述べた。https://burmese.voanews.com/a/mitch-mc-connell-us-embassdor/6518287.html 声明は、ビルマ軍が軍事クーデター以来反対派を取り締まっていると付け加えた。
スーチーの経済顧問であるオーストラリアのショーンターネルと他の政治犯は引き続き拘留されている。
 彼はまた、軍事評議会に制裁を課したNDAAが
国民統一政府(NUG)と国民統一諮問委員会(NUCC)を支援したことを喜んでいると述べた。
 彼は、この動きは軍事評議会を迂回し、ビルマの人々に人道支援を提供したと述べた。「私たちは大使と、米国とその地域の友人たちがもっと一生懸命働くべきだと話し合った。」
 彼は、民主主義と自治のために長い間戦ってきたビルマの人々は彼らの人々の支持に値すると言った。
彼は、ビルマの民主主義のために戦うために、彼の構成員であるケンタッキー州のビルマの人々と協力し続けると述べた。

☆☆☆米国下院は4月6日に2021年のビルマ法を可決した。
下院は、軍事評議会に対する制裁を強化するために、2021年ビルマ法案を承認しました。
https://burmese.voanews.com/a/burma-act-of-2021/6518281.html
米国下院は4月6日に2021年のビルマ法を承認しました。この法案は、ビルマの民主主義を支持し、クーデター政権に圧力をかけることを目指しています。法案のキャンペーンを支援したメリーランド州チン国籍協会の常務理事であるPuZoThonHmungへのインタビュー。

2021年のビルマ法は、民主党と共和党の両方の支持を得て、4月6日に米国下院によって承認されました。
この法案は、2021年10月に米国下院で提出されました。民主党と共和党の間の交渉が承認されました。
この法案 米国メリーランド州のチン国籍運動の常​​務理事であるPuZoThon Hmoneは、法律が制定されれば、ビルマの民主化運動に非常に役立つ可能性があると述べています。

「それは政治的にも外交的にも非常に役立つだろう」と彼は言った。
第一は、外務省に新しいコーディネーターの地位を置くことです。
とても良い。
もう一つは説明責任です。現在、軍による違反(人権侵害)がたくさんあります。
それに対しても行動を起こします。そして別のこと。
人道支援 また、市民社会に2億2,000万ドルを提供します。
とても励みになります。

Zaw Moe Kyaw :Q:法案が承認されたので、それを法律にするためにあなたは何をしなければなりませんか?

Pu Zo Thon Hmung :Q:残り2つのステップがあります。
次のステップは上院から承認を得ることです。
メリーランド州上院議員のバン・カルダン・ケネディが動議を主導した。
これまでのところ、誰も完璧な解決策を送ることができませんでしたが、それは奇妙なことではありません。
それで、主要なインディアナ、ビルマ人が多いところ。
テキサス オハイオのような場所では、多くの擁護が必要です。」
 草案は上院に提出されます。
大統領が署名すれば法律になる。
 チンとビルマの人口が多いメリーランド州の上院議員であるバン・カーディンは、すでに上院に承認を求める請願書に署名しています。
上院外交委員会のメンバーであるインディアナ州の共和党員であるトッド・ヤング氏は、合意はまだ署名されておらず、さらなる要請が必要であると述べた。
したがって、彼はビルマで過半数を占めるインディアナを含む共和党上院議員の採用のためにキャンペーンを行っています。
この法案は、上院の25人の民主党員によってすでに承認されています。
共和党の誰もまだ彼らの支持を与えていません。
 ビルマの人権状況を監視しているグローバル・ウィットネスも、下院による法案の可決を歓迎した。
現在のビルマ法案、2021年は、クーデター軍事政権の主な収入源である石油とガスを含む、より効果的な制裁を求めています。
グローバル・ウィットネスは声明の中で、ビルマへの5年間の民主主義と人道支援にも4億5000万ドルを提供すると述べた。
 可決された場合、米国政府は軍事政権に対して効果的な行動を取る必要があります。
さらに、米国政府はビルマを調整するための職員を任命する必要があり、
それによりプロセスがスピードアップします。
ロヒンギャを含む; メリーランド州のチン国籍協会の事務局長であるPuZoThon Hmoneは、政府はチン州およびビルマ全土のクーデター政権によって犯された残忍な人権侵害に対しても行動を起こすことができると述べた。

ベテランの民主主義活動家ミン・コー・ナインは、資金を生み出すための新しい計画が並行する民間の国民統一政府(NUG)によって開始されるため、ミャンマーの軍事政権を倒すために革命を財政的に支援することの重要性についてメッセージを伝えました。TheIrrawaddy3/11(金)
https://www.irrawaddy.com/news/burma/funding-revolution-important-for-the-victory-prominent-myanmar-activist.html

3/10木曜日のビデオメッセージで、NUGの政治諮問機関である国民統一諮問評議会の主要人物でもある有名な活動家は、革命軍に不可欠な武器に資金を提供する計画が進行中であり、公表されると述べた。
ストライキを行う公務員やラッフルや債券の販売を支援するための宝くじの発売など、NUGによるこれまでの募金活動は、数百万ドルを調達しました。
しかし、体制を崩壊させるためのコストはかなりのものです。

「革命の勝利は財政にかかっている」とミン・コー・ナインは言った。

1988年の蜂起指導者は、革命の進展について国民を更新し、軍事政権は地上で奮闘しているため、国民の注意をそらす試みをエスカレートさせていると述べた。
彼は人々に、政権の宣伝を信じないように、そして可能な限り革命を助けるように注意を促した。

「彼らは同じ攻撃を受けるかもしれないと恐れている他の人々を脅かすために村全体を燃やしている」と活動家は抵抗拠点の民間人標的に対する放火攻撃の数の増加について述べた。
ミン・コー・ナインは、脅威や暴力に関係なく、
ミャンマーの人々は、軍によって訓練され武装しているジュンタの支配下で生活し
ピューソー・ヒティー民兵の支配下に下ることで終わることを知っているので、
降伏しないだろうと述べた。

「人々は、革命が軍隊を航空支援なしではあえて戦わない段階に追いやったことを理解している」とミン・コー・ナインは言った。
 革命軍に亡命して参加する上級士官の数の増加と、革命に資金を提供するためのNUG債券の売却の成功は、前向きな進展であると彼は述べた。

国民は軍事政権を拒否し、軍事政権はフラッシュモブの抗議、武力抵抗、経済的圧力、擁護など、さまざまな形で反対に直面しています。

3/9(水)TheIrrawaddy
Guest Column
◎取り締まりにもかかわらず、ミャンマーからの麻薬は依然としてインドの北東部に流入している
https://www.irrawaddy.com/opinion/narcotics-from-myanmar-still-flowing-into-indias-northeast-despite-crackdown.html

ミャンマーからの麻薬は、過去数ヶ月にわたる取り締まりにもかかわらず、
インドのフロンティア北東地域に密輸され続けています。
この地域の中心に位置する州であるアッサムでの取り締まりは、昨年5月から勢いを増しています。
これは、麻薬の影響を最も受けているインドの州の1つです。
昨年5月から12月にかけて、ヘロイン13 kg、大麻265 kg、ヤバ(メタンフェタミン)を含む260,000錠、咳止めシロップ(前駆体化学物質を含む)16,000本が押収され、368人が逮捕された156人の刑事事件が登録されました。
多くの場合、警察による作戦は、州のさまざまな地域で、粗悪品のヘロインの一種であるブラウンシュガーの押収にもつながっています。
「ミャンマーからの麻薬の流れはわずかに減少しています。
アッサム警察は、最も多産だったインパール-ディマプル-ヌマリガル動脈をなんとか窒息させましたが、州を横断する脆弱なルートはまだたくさんあります」とアッサム警察長官のバスカー・ジョティ・マハンタは述べています。
 北東部で押収された品目の中で、ヘロイン、ブラウンシュガー、ヤバはミャンマーの研究所で発生し、咳止めシロップの委託品はインド北部のヒマーチャルプラデーシュ州とウッタラーカンド州のセンターで生産されたと考えられています。
 一部の当局者は、ミャンマーからのヘロインとブラウンシュガーのほとんどがインドの大都市で消費されており、委託品の一部が他の国に密輸されていると信じています。
2019年、マニプールから入ってきた14kgのヘロインがニューデリーで没収されました。
調査の結果、キングピンは、ネパール、ミャンマー、バングラデシュから麻薬を調達し、シリグリの連絡先に届けていたディディと特定された女性であることが明らかになりました。
 ヤバと別の合成変種である「WorldIsYours」(WY)として知られる鮮やかな色の錠剤は、ヘロインやブラウンシュガーよりも安価で簡単に製造できます。
それらは、喫煙、吸入、摂取、または注射することができるカフェインを含むメタンフェタミン錠剤です。
 他の品目とは異なり、ミャンマーからのメタンフェタミンの委託品のほとんどは、
インド北東部のメガラヤ、アッサム、西ベンガルの特定のゾーンを経由してバングラデシュに密輸されています。
いくつかの推定によれば、バングラデシュでは毎日約200万のヤーバータブレットが消費されています。


 インドのアッサム州のカルビ・アンロンで没収されたヘロイン/特別な取り決めによる TheIrrawaddy
 当局は、ミャンマーからインドへの麻薬の絶え間ない流れを引き起こす3つの要因を特定しました。
1,643 kmのインドとミャンマーの国境の広大な範囲は、多孔質で、未発達で、丘陵地帯です。
さらに、近隣諸国間の「自由な国境制度」により、ある国の市民が他の国に最大16km移動することができます。
したがって、国境を越えた麻薬密売を効果的に監視することは、
国境のインド側に沿って配備されたアッサムライフルにとって困難な作業です。
 アルナーチャルプラデーシュ州、ナガランド州、マニプール州の境界州でのアヘンの栽培は、過去10年ほどで急増しています。
「これは収益性の高いベンチャーであり、農産物の大部分は、国境からそれほど遠くない場所で発生した[ミャンマーの]研究所に輸送されます。
そして、これらの施設のいくつかは、[ミャンマー]軍と反政府勢力の一部の暗黙の支持を持っています。
それは彼らにとって余分な収入を意味するからです」と当局者は言いました。

これらの境界州の中で、マニプールはこの現象の影響を最も受けています。
警察や麻薬対策機関は、ポピー(ケシの実)栽培地域を破壊するための活動を日常的に行っています。
2017-19年、警察は1,156ヘクタールの面積にまたがるポピー植物を根こそぎにしました。
 インド北東部のマニプールとミゾラムの双子の州に隣接するミャンマーのチン州では、
国連薬物犯罪事務所(UNODC)が発行したミャンマーアヘン調査2018によると、ケシの栽培面積が増加しています。
 当局は、チン州とサガイン地域の研究所で麻薬を製造することは、ゴールデントライアングルのシャン州よりも麻薬カルテルにとって経済的であると信じています。

アッサム州警察署長のマハンタ氏は、インドの麻薬取締局がアッサム州と西ベンガル州の国境近くのゴサイガオンにスキャナーを設置することに同意したと述べた。
目的は、北東からインドの他の州まで長距離を移動するすべての車両、特にトラックをスキャンすることです。

Rajeev Bhattacharyyaは、インドのアッサムに住むシニアジャーナリストです。

 
 

https://www.myanmar-now.org/en/news/telenor-sale-to-military-linked-consortium-to-be-complete-in-mid-february
◎TelenorGroupとノルウェー政府は
-軍事関連のInvestcomへのTelenorミャンマーの売却を直ちに停止してください。
Norwegian Telenorは、2月15日までにTelenor Romaniaを売却することを計画しており
これにより、ミャンマーの1,800万人を超えるTelenorの顧客のユーザーデータが
ミャンマーの軍事関連のInvestcomの手に渡ることになります。
Telenor Groupは、売却計画を完全に停止し、
ユーザーのデータを保護してユーザーの生命を保護する必要があります。

殺人を含む予測できない暴力のリスクが高いです。

ユーザーは、SIMカードの登録、通話記録、インターネットログ、位置データ、モバイルマネーの使用状況、過去の活動記録など、機密性の高い情報をTelenorに委託しています。
Telenorのすべてのユーザーとその家族を含むその関連会社は危険にさらされており、
Telenorが新しい所有者と軍隊にプロキシによって共有したユーザーデータに基づいて逮捕または殺害される可能性があります。

Investcomには強力な軍事的つながりがあります

Investcomの大株主は、宝石採掘に携わる軍事関連企業であるShwe Byain Phyuであり、国営企業であるミャンマーエコノミックホールディングスリミテッド(MEHL)の燃料輸入を含む、多くの事業の運営が
米国、EU、および英国で許可されています。
 その子会社の1つであるMaharYoma Public Companyは、
軍事政権SACテロリスト軍が過半数を所有するMyTelTelecommunicationsの株式を所有しています。

Investcomの残りの株式は、
脱税に関連してSACテロリスト軍と関係しているレバノンを拠点とするM1グループが所有しています。

売却による収入は、軍事政権と残虐行為の犯罪を支援します

SACテロリスト軍の利益を支持する企業グループへのテレノールミャンマーの売却は、
ジェノサイドや人道に対する罪を含む多くの犯罪で国際法廷で起訴された軍事政権を助ける事になるでしょう。

新たに獲得した電気通信事業の所有者が人権を尊重し、
ユーザーを保護するという保証はありません。
収益は今後も軍事政権の残虐行為に資金を提供し続けます。

Telenorは、ユーザーと従業員を保護するために、国際人権規範と法的枠組みに従わなければなりません。
 Telenorは、経済協力開発機構(OECD)とグローバルネットワークイニシアチブ(GNI)の両方のメンバーとして、ビジネスと人権のガイドライン、および欧州連合のプライバシー規則(GDPR)に取り組んでいます。
 Telenorは、ミャンマーでのユーザーのデータのセキュリティについて単独で責任を負います。
 Telenorはまた、セキュリティ違反の結果としての人命の損失を含む、ユーザーが被る可能性のあるあらゆる危害、およびユーザーから要求された場合の情報の削除についても責任を負います。

※Telenorは次のことを行う必要があります。

●軍事関連のInvestcomへの売却を直ちに停止すること。

●再ライセンス、すべてのユーザーデータの完全な削除、
通信インフラストラクチャのシャットダウンなど、
Investcomへの売却に代わるすべての方法を検討しなければならない。

●いかなる状況においても、いかなる理由においても、
ユーザーデータを他人に譲渡または販売してはいけない。

ノルウェー政府はTelenorGroupの53.97%の株式を保有しているため、TelenorGroupの主要株主になっています。

これは、ノルウェー政府がTelenor Groupに支配権を持っており、
この売却を停止する権限の範囲内にあることを意味します。
ノルウェー政府は、ノルウェーの価値を支持し、
Telenor Groupのこれらの1,830万人のユーザーに対する欧州連合のプライバシー規則(GDPR)を支持し、
ノルウェー政府とJonasGahrStøre首相は、
主要株主としてTelenorグループの顧客であるミャンマーの1,830万人のユーザーのデータをミャンマー軍事政権から保護する義務があります。
この売却を止めないと、1830万人の命が危険にさらされ、
民主主義運動を弱体化させ、軍事政権がさらに残虐行為を続け、
人権侵害を深刻にし、
数十年とまではいかなくても数年間、
人道に深刻な影響を与えることになります。

関連:
◎Telenor sale to military-linked consortium to be complete in mid-February

・・・・・略
Investcomの所有者は誰ですか?

ミャンマーナウはミャンマーの会社登記簿にInvestcomの記録を見つけることができませんでしたが、Investcom Pte Ltdという会社が、TelenorGroupの販売発表から3週間後の昨年7月29日にシンガポールに設立されました。
 取締役には、M1グループのCEOであるAzmi Mikatiと、M1EnterprisesのCEOであるJamalRamadanが含まれます。
 アズミ・ミカティは、現在のレバノン首相、ナジブ・ミカティの甥です。
当初、Investcomのシンガポール事業の株式は、
オフショアのタックスヘイブンとして知られるケイマン諸島に登録されているシェル会社であるM1インフラストラクチャによって所有されていました。
 しかし、会社のデータによると、1月20日にInvestcom Pte Ltdの株式の約49%がShwe Byain Phyu Telecom Co Ltdに譲渡され、残りの51%はケイマン諸島の登録企業が保有していました。
 Shwe Byain Phyu Telecomは、ミャンマーの登録企業です。
以前はShweByain Phyu Manufacturing Co Ltdとして登録されていましたが、2021年11月3日に名前が変更されました。
InvestcomPteLtdの49%を獲得したにもかかわらず、Shwe ByainPhyuは取締役を任命しませんでした。
 ケイマン諸島のシェル会社の関与は、
Telenor Romaniaの購入者の所有権を隠蔽し、透明性の懸念を引き起こします。
 非営利のTaxJustice Networkは、ケイマン諸島を財務秘密指数で1位、
法人税の避難所の 指数で2位にランク付けしています。

MyanmarNowは、Telenorに対してInvestcom Romaniaの受益者を開示するとともに、
Telenorがミャンマーの会社を売却している法人、およびケイマン諸島に登録されている会社の関与について懸念があるかどうかを明確にするよう求めました。
 「Telenorは、TelenorMyanmarのM1Groupへの売却の規制当局の承認を待っています」
とTelenorのコミュニケーションディレクターであるCathrineStangLund氏は述べています。
 1982年にM1グループの所有者によって設立されたInvestcomは、
2006年に南アフリカの通信会社MTNに55億ドルで売却されたM1の通信事業の名前でもあります。

M1は、残忍な軍事政権とのビジネスの物議を醸す歴史と
ミャンマーの軍事関連の通信塔会社IrrawaddyGreenTowersへの投資を持っています。

Shwe Byain Phyu、将軍に仕える

2000年に設立されたShweByain Phyuは、宝石の採掘、ガソリン、ロジスティクス、製造に関心を持つ企業グループです。
グループの下に9つの子会社があり、2000年代以来、ビルマのUPaingとしてよく知られている軍所有のMyanmaEconomic Holdings Limited(MEHL)にサービスを提供してきた長い歴史があります。
 同社は、ネピドーの宝石および宝飾品市場を主要な事業所として挙げています。
ミャンマーの日本系調査会社であるFWPResearchの会長への以前のインタビューによると、
Shwe ByainPhyuは当時MEHLの名前で石油を輸入していました。
合意は、利益が両当事者間で共有されるというものだった、と報告書は述べた。

Shwe Byain Phyu Groupは、59歳のThein WinZawによって所有および設立されました。
彼は1996年に元独裁者タンシュエの支配下でマナウティダールと呼ばれる会社を設立し、
後にシュエバイアンピューの下で子会社になりました。
企業データによると、Thein Win Zawは、軍が所有する通信事業者Mytelにも出資しているコンソーシアムの一部であるMahar Yoma PublicCompanyの取締役でもあります。


Shwe Byain Phyu Group of Companies(FRW Research)の創設者兼議長であるThein Win Zaw

彼の妻であるTinLatt Minは、グループの取締役会に常務取締役として座っています。
彼女はまた、欧州連合によって認可されているthe Forest Product Joint Venture Corporationの株主でもあります。
 Thein Win Zawと彼の家族は、1,000人近くの株主のうち、Global Treasure Bankの株式の7%も保有しています。彼はthe Ministry of Agricultureと強い関係を持っており、
テインセイン前大統領の政権時代の民営化に向けた同省の推進中に複数のプロジェクト契約を交わされました。

市民社会の圧力

市民社会グループがノルウェー政府とTelenorグループにミャンマーからの責任ある倫理的な撤退を実行するように促しているときに
 M1と軍関係のShwe ByainPhyuとの間のパートナーシップへの売却の
 軍事フンタの承認は
Telenorの離脱に関するさらなる批判を引きつけるでしょう。

アドボカシーグループの
ジャスティスフォーミャンマー(JFM)のスポークスマンYadanar Maungは、
Telenorの売却は、国内の何百万人もの人々のプライバシー権の重大な侵害に相当し、
生命を危険にさらすだろうと述べた。
彼女はノルウェー政府に対し、「重大な人権侵害」を防ぐために売却プロセスに「緊急に介入」するよう求めた。

「Telenorは、この取引の実質的所有者が誰であるかをミャンマーの人々に説明し、
1800万人の個人データがテロリストのミャンマー軍事政権に渡されないようにする必要があります」
と彼女は2/4金曜日にMyanmarNOWに語った。

MyanmarNOW2/4日(金)
https://www.myanmar-now.org/en/news/telenor-sale-to-military-linked-consortium-to-be-complete-in-mid-february

その後
MyanmarNOW2/14日(月)
インタビュー

 ◎Telenorの取締役会メンバーとノルウェー当局は、
ミャンマーで「人道に対する罪を助長し、幇助している」可能性があると最高裁判事は述べています。
ハンネ・ソフィー・グレーブ氏は、
Telenor電気通信会社はノルウェーの最高検察官に
売却の合法性について意見を求めるべきだと述べています。
https://myanmar-now.org/en/news/telenor-board-members-and-norwegian-authorities-may-be-aiding-and-abetting-crimes-against

その後
MyanmarNOW2/17(木)
◎ノルウェー産業大臣は昨日(2月16日)議会に、テレノールミャンマーの顧客に関する情報のビルマ軍への転送を止めることはできないと語った。

ノルウェー政府は、投資家や人権活動家から、テレノールミャンマーの1800万人以上のネットワークユーザーのプライバシーを保護するよう圧力をかけられています。
 ロイター通信は、
「電気通信会社の所有者として、情報が軍事政権の手に渡るのを防ぐことはできない」と語った。
 ノルウェー政府はTelenorの過半数の株式を所有しており、国有株式は工業省が責任を負っています。
ロイター通信によると、昨年、軍事クーデターにより、
Telenorは監視装置を設置するという軍事政権からの絶え間ない圧力の中で
EUの制裁を回避するためにビルマを離れ会社を売却することを余儀なくされた。
 Telenorは、データを新しい所有者に譲渡する前に、
データを破棄したり、操作を一時停止したりする可能性があると述べていますが、
これは不可能です。

「これは、Telenorの従業員を危険にさらすことなく行うことはできません」と彼は言いました。ミャンマーの法律や規制に従わないと、
容認できない結果を招く可能性があります」
とTelenorGroupはロイターに語った。

MyanmarNOWは
軍事評議会がレバノンの億万長者M1グループと地元のShwe Vyin Phyuとの合弁事業を承認し、
テレノールミャンマーを買収した後、
売却プロセスが完了に近づいていると報告しています。
 ビルマの人々を危険にさらす可能性のある情報の転送を防ぐために、
2人のノルウェーの議員がテレノールミャンマーの販売を停止する提案を提出した後、
ノルウェー政府当局者は議会で報告しました。

Telenor Romaniaが公開されるにつれ、
ノルウェーを拠点とするTelenor Groupは、
地元および国際的な活動家からの反対に直面し続けています。
 ノルウェーの市民社会グループは、2月11日にノルウェーの警察に苦情を申し立て、
TelenorMyanmarの売却で人道に対する罪の可能性を調査しました。
 50の市民社会組織のグループであるノルウェー開発環境フォーラム(ForUM)も、
Telenorの電話記録などの情報違反について、
Telenorの幹部を調査するよう警察と検事総長に苦情を申し立てました。

TelenorGroupの最高経営責任者であるSigveBrekkeと
取締役会会長のGunnWaerstedを調査する必要があります。
TelenorMyanmarは戦争犯罪を売ります。
ForUMは、人道に対する罪と大量虐殺について、ノルウェー刑法第16条に違反する可能性があると述べた。

ノルウェーのハンネ・ソフィー・グレーブ裁判官は2月11日、
いかなる状況においても人道に対する罪が犯されないようにするために
会社に投資するのはTelenorの幹部と政府の責任であるとMyanmarNowに語った。

「Telenorは、購入者が受け入れ可能であることを証明できなければなりません。
あなたはミャンマーの1800万人以上のユーザーの個人情報の誰もが認める購入者でなければなりません」と彼は言いました。

https://myanmar-now.org/mm/news/10479

その後
Telenorミャンマーの顧客データを管理するクロニー
軍事関係と陰気な商慣行により、テインウィンザウはミャンマーで最も裕福な男の1人になりました
MyanmarNOW3/4(金)
https://myanmar-now.org/en/news/the-crony-who-will-control-telenor-myanmars-customer-data

◎「和平」への不誠実な呼びかけ、レジームボスは神の助けを求めるなど・・
2/12(土)TheIrrawaddy
https://www.irrawaddy.com/news/burma/junta-watch-a-disingenuous-call-for-peace-regime-boss-seeks-divine-help-and-more.html
ジュンタはEAOとの「和平交渉」が圧力を和らげる(諸外国の軍事政権への圧力)ことを望んでいる

2/6日曜日に、軍事政権は、ミャンマーの第75回連邦記念の日(独立前の1947年多数派のビルマ民族と少数民族が自治権や連邦制の樹立に合意したパンロン会議での協定締結75周年(27日パンロン合意発表の後、同年7/19日独立建国の父アウンサン将軍はじめ6人の閣僚ともに暗殺されてしまったために後のビルマの混迷と暴力の歴史へ))である2/12土曜日に開催される予備的な和平交渉に参加するために民族武装組織(EAO)を招待しました。

全国停戦協定(NCA)の署名者と非署名者の両方が会談に招待されましたが、
並行する国民統一政府(NUG)とその議会機関、連邦議会代表委員会(CRPH)、およびその武装勢力ウィング、国民防衛隊(PDF)
-軍事政権がテロ組織としてラベルを付けた全ての勢力は計画された会談から除外されます。

NCAの署名者であるカレン民族同盟の外交部長であるPadohSaw Taw Neeは、軍事政権の提案に対して強い反応を示した。
「私たちはもはやNCAを考えていません。彼ら(軍事政権)はすでにNCAに違反しているので、私たちは彼らとの関係を断ち切りました。」

[関連:KarennNews2/10日
KNUは「予備的和平交渉」への軍事政権の招待を拒否する
 https://karennews.org/2022/02/knu-refuse-military-regimes-invitation-to-preliminary-peace-talks/ ]

・・・→続き
レジームは、参加者は会談でどんなトピックについても自由に話し合うことができると述べたが、ほとんどのEAOは、彼らがイベントに参加するかどうかわからないとイラワジに語った。
イラワジはまた、軍事政権が北部同盟(アラカン軍、カチン独立軍、ミャンマー民族民主同盟軍、タアン民族解放軍からなる軍事連立)をイベントに参加させるために中国からの支援を求めていることを知りました。

和平交渉は、1つの石で2羽の鳥を殺そうとする政権の試みにすぎません。
ユニオンデーのイベントにEAOが存在することで、
政権にある程度の正当性がもたらされるか、少なくとも宣伝を広めることができます。
同時に、EAOだけでなく、多数のレジスタンスグループと戦争をしている政権が
EAOに停戦に入るよう説得できれば、それ自体にいくらかの呼吸スペースが得られるでしょう。

オーストラリアの被拘禁者が「釈放」した後、カンボジアの首相は赤面した

オーストラリアの教授SeanTurnellとDawAung San Suu Kyi

軍事政権は、カンボジアが解放されたと述べた後、拘束されたオーストラリアの経済学教授ショーン・ターネルの釈放を否定した。
 カンボジアのフンセン首相は2/7月曜日に、
オーストラリア政府からの要請を受けた後the developmentが行われたと主張して、前日にターネル教授が釈放されたと述べた。
しかし、その夜までに、彼は誤った情報を受け取ったと言ってFacebookで撤回を表明することを余儀なくされていました。
フン・セン氏は、昨年のクーデター以来初めて外国政府首脳が1月にミャンマーを訪問した際に、
ミン・アウン・ライン氏に問題を提起した。
 ジュンタのスポークスマン、ゾー・ミン・トゥン少将は、
フン・センがクーデターのリーダーであるミン・アウン・ラインの声明を、
国家顧問の訴訟が終わった後にターネルの釈放を考えると誤解したとAFPに語った。
 ターネル氏は、昨年2月のクーデター直後に拘束されたとき、民間指導者のアウンサンスーチー氏の経済顧問として働いていた。
彼は公務秘密法に違反した罪で起訴されており、
有罪とされた場合、最高14年の懲役に処せられます。
 2/7月曜日、オーストラリアのマライズ・ペイン外相は、経済学者を釈放するよう政権に呼びかけ、オーストラリアの当局者は彼の訴訟手続きを監視できるはずだと述べた。

新たなCOVID-19の発生にもかかわらず、旗のリレーが開催されました


群衆は、ユニオンデーのお祝いの一環として2月8日にヤンゴンからネピドーに運ばれる国旗を歓迎します。

2/8火曜日に、軍事政権は、行政首都での土曜日の第75回ユニオンデーのお祝いの一環として、ヤンゴンからネピドーに国旗が運ばれるリレーを開催しました。
リレーは、商業首都でのコロナウイルス症例の大幅な急増の中で行われました。
 旗がヤンゴン市庁舎からヤンゴン国際空港に運ばれたとき、
軍人とその家族、政権の従業員と軍の共感者を含む何百人もの人々が旗の中継に関与しました。
そこから軍用機でネピドーに運ばれ、次にネピドー市庁舎に運ばれました。
生徒たちは、ルートに沿って旗を応援するために思わず連れてこられました。
 旗は12人以上の覆面をした政権の役人によって運ばれました。
そして、誰も手袋を着用しませんでした。
2020年の総選挙に先立つ選挙運動中にNLD政権指導者が党の選挙候補者の1人に挨拶したため、災害管理法に基づいてDaw Aung San Suu Kyiを起訴した後、軍事政権当局はCOVID-19規制を無視しています。
 偽善的に、政権がユニオンフラッグと呼ぶ国旗に敬礼しているときでさえ、
その軍隊は数十人の民間人を殺し、民族国家でさらに数万人を追放した空中および砲撃を続けています。

Junta顧問のLt-GenYarPyaeがSACに昇格

2/8火曜日に、連邦政府大臣(1)と国家安全保障顧問のヤール・ピャエ中将が軍事政権の統治機関である国家行政評議会(SAC)のメンバーに昇進した。
防衛サービスアカデミーの22回目の入学を卒業したヤール・ピャエ中将は、ソウ・ウイン副上級将軍の同級生でした。彼は国民民主連盟政府の下で軍の平和交渉チームの長であり、
昨年の軍事クーデターの後、軍事政権に任命された全国連帯平和交渉委員会(NSPNC)の議長になった。
NSPNCは、昨年10月に和平交渉を行うという口実でいくつかの政党に会った。
委員会のウィン・ボー・シェイン中将が会議で比例代表選挙制度への切り替えを提案したとき、委員会は批判を受けた。
 ヤール・ピャエ中将は、防衛サービス医学アカデミーの司令官、東部司令部長、司令官、軍隊訓練長、特殊作戦局長を務めてきました。
彼はクーデターの4か月後に連邦政府大臣に任命され、その後まもなく国家安全保障顧問になりました。

大使は大臣をかわし、ブリーフィングをかわす


外交官は、2月8日にヤンゴンで軍事政権が管理する外務省が開催した外交ブリーフィングに出席します。
ジュンタ外相のUWunna Maung Lwinは、火曜日にヤンゴンでミャンマーの最近の動向について外交ブリーフィングを行った。
 軍事政権の困惑は
ヤンゴンには40以上の大使館がありますが、3人の大使だけがブリーフィングに出席しました。
 ブリーフィングは、ミャンマーの外国人外交官と国連機関の長を対象としていました。

しかし、ブリーフィングには、ロシアと日本の大使を含む3人の大使だけが出席し、
当局は、軍事政権によるクーデターの物語を繰り返した。
 ASEAN諸国は下位レベルの代表者のみを派遣した。
軍事政権外相は、UNCTED、ACCT、ASEANPOL、インターポールに対し、
並行する国民統一政府、その議会機関であるCRPH、武装勢力のPDFの「テロ」行為を非難するよう要請し、
テロ対策活動への協力を求めた。

しかし、誰もその要求を真剣に受け止めていないようでした。
世界的な警察機関であるインターポールは、
ミャンマー軍が支援を求めたと発表してから2日後、
国内政治が関与する状況では国々に支援を提供しないと述べた。

ミン・アウン・ラインの顧問であるドー・イン・イン・ヌエ博士、サライ・ングン・クン・リアン博士、ドー・イン・イン・ウーもブリーフィングに出席しました。
故軍事独裁者ネ・ウィンの元義理の娘であり、
元大統領Uテインセインのかつての教育顧問であるDaw Yin Yin Nweは、
2020年の総選挙での不正選挙とPDFによって犯されたとされる暴力について話しました。
彼女はNUG、CRPH、PDF、そして印象的な公務員に強く批判的でした。

Salai Ngun Cung Lian博士は軍事政権を擁護し続け、軍事政権は軍が起草した2008年憲法に沿ったものであるという彼の主張を繰り返した。
彼は、2012年から2015年まで、テインセイン大統領政権下で、廃止されたミャンマー平和センターおよびラカイン州調査委員会の法律顧問を務めました。
NeWinの弟子であるMaungMaung博士の長女であるDawYin Yin Ooが出席しましたが、外交官に説明しませんでした。

長いルールを期待して、juntaのボスは魔法を呼び起こす

クーデターのリーダーであるミン・アウン・ラインと彼の息子のアウン・ピャエ・ソネは、
2月10日にセトキアル・パンダン・パゴダの上にダイヤモンドのオーブを置きます。
 ミン・アウン・ラインの昨年の言葉と行動は、
彼がどのような人物であるかを明らかにしています。
クーデターから1年後、人々は彼の性格についてもっと知っています。
彼がパワークレイジーであることは世界に知られています。
しかし、一揆の1年後に国を支配することができなかったことを考えると、彼はまだ全体主義の指導者になるにはほど遠い。
そして、たとえば、頻繁な停電に長い間苦しんできた国で電気バスを運行するという彼の計画に見られるように、彼は明らかに現実から切り離されています。

ミン・アウン・ラインは、
前任者の軍の独裁者と同様に、占星術、オカルト、数秘術、黒魔術、ヤダヤなどのさまざまな迷信を深く信じており、不幸を遅らせたり、中和したり、防いだりするために行われる魔法の儀式です。
 これは、ミンアウンフラインが家族と一緒に木曜日にマグウェ地方のプウィントビュタウンシップの塔の上に「Hti」傘を置いたときに証明されました。
傘は塔の最も重要な部分と見なされており、
宗教的建造物の最も高い部分の上に配置されています。
Htiは、ミャンマー王室の5つのアイテムの1つでもあり、主権を表しています。
 状態の良い塔に新しいHtiを置くのは珍しいことです。
通常、塔が損傷して改修されている場合にのみ、新しいHtiが配置されます。
ミンアウンフラインがHtiを置いた塔は、わずか18年前にドナーによって建てられました。
 塔の高さは元々わずか13.5フィート(約4メートル)でした。
しかし、ミンアウンフラインは高さを45フィートに上げました。
なぜ50フィートや60フィートではなく45フィートなのか尋ねないでください。
ミャンマーの将軍は、政権のお守りである9番に伝統的に執着しています。

ミン・アウン・ラインが国の無数の塔の中から地方の町にある小さな塔を選んだのも不思議です。物語を報道するとき、国営メディアはかつて塔が平和と繁栄をもたらすのを助けることができると言った僧侶についての地元の神話を引用しました。
たぶんそれがミン・アウン・ラインが未知の構造を選んだ理由です。
PDFグループとEAOによる彼の軍隊への絶え間ない攻撃のために、将軍はけいれんしているに違いありません。

Htiを塔の上に置いた後、ミンアウンフラインは息子のアウンピャエソネと彼の政権のメンバーの何人かと一緒に「アウンピ!」と3回叫びました。
しかし、ミン・アウン・ラインの口の中で、
ミャンマーの人々は、その叫び声が敵を征服することを期待して叫んだヤダヤとして意図されていることをよく知っています。
 2020年2月、ミンアウンフラインはバガンの古代の塔であるティロミンロ塔の上にティを配置しました
。昨年12月18日、彼は家族と一緒に、ヤンゴンのレグ郡区にある何世紀も前のKyaik DeviPagodaで同じことをしました。
ミャンマーの人々は、
彼がミャンマーでの彼の支配が長くなることを確実にすることだけを期待して
そうしたことを知っています。

◎内戦がエスカレートし続ける中、NUGへの支援を増やすよう呼びかける
TheChindwin2/6日
https://www.thechindwin.com/myanmar-calls-to-increase-support-for-nug-as-civil-war-continues-to-escalate/


Kachin Independence Organisation(KIO)は、市民がエスカレートし続ける中、NUGへのより大きな支援を求めるよう求めています。
三同盟軍(アラカン軍、パラウン州解放戦線、ミャンマー民族民主同盟軍)は、協力が必要な場合、三兄弟同盟は戦う準備ができていると述べた声明を発表した。
2022年2月5日、ヤンゴン–カチン独立機構(KIO)の議長であるンバンラ将軍は、内戦が本日行われた演説で新たなレベルのエスカレーションに向かっているため、革命のために結成されたすべての組織からの挙国一致内閣へのさらなる支援が必要であると述べたカチン革命61 周年を記念して。

注目すべき点として、ライザ本部での将軍の演説は3つのポイントを強調しました。

独裁政権には、脅迫と殺害だけの政治的対話はありません。
アウンサンスーチーでさえ、パンロンアコードを認識せず、少数民族のグループに耳を傾けることができませんでした。
革命が間もなく新たなレベルのエスカレーションに向かっているので、可能な限り国民統一政府を支援する時が来ました。
別のメモとして、将軍は、ミャンマーのすべての市民は、軍事政権に対してストライキをする機会が長くは続かないことを理解していると付け加えた。軍事政権が共有する機会を受け入れる人々は、最終的には常にそれを後悔するでしょう。

カチン独立軍は、カチン独立機構の武装組織であり、NUG挙国一致内閣の強力な支持者です。

アラカン軍(AA)、パラウン州解放戦線(PSLF)、ミャンマー民族民主同盟軍(MNDAA)の三兄弟同盟は、軍事政権に対するカチン革命の61周年を記念して、 KIO / KIAに記念書簡を送りました。
軍事的および政治的問題のための協力に必要なものがあれば準備ができています。

Guest Column
◎Junta’s Use of China as a Shield Aggravates the Conflict in Myanmar
TheIrrawaddy2/8(月)
https://www.irrawaddy.com/opinion/guest-column/juntas-use-of-china-as-a-shield-aggravates-the-conflict-in-myanmar.html

ミャンマー軍のクーデターは、紛争を激化させただけで
抵抗勢力に対する国家行政評議会(SAC)の軍隊による継続的な残忍で暴力的な取り締まりの中で、2月1日に1年になりました。
ミャンマーでの現在の紛争は、この地域の安定と平和を大切にしている隣国である中国とASEAN諸国に悪影響を及ぼし続けています。
この記念日はまた、紛争を緩和し、ミャンマーの安定と平和を回復することができなかった中国とASEANの現在の慎重なアプローチの欠点にスポットライトを当てています。
クーデターに対する国民の抵抗を残酷に取り締まり、いかなる犠牲を払っても権力を握る一方で、
SACは中国を
国連と西側に対する外交的および軍事的盾として使用し、
その外交的地位と軍事的地位を強化している。

中国の現在の立場

中国はクーデターに満足していませんが、主に進行中の投資プロジェクトを再開するために、昨年半ばにSACとの関係を正常化し始めました。
北京はミャンマーに対して慎重な政策を採用しているようであり、
SACまたは国民統一政府(NUG)のいずれかとの協力が紛争をさらに悪化させることを懸念している一方で、国有企業や地元企業からの圧力も受けているようです。
雲南省ではミャンマーの地元のクローンや国境地域のいくつかの民族武装組織と新旧両方の関係を持っている。

中国の主要な戦略的利益

アナリストとオブザーバーは、中国にはミャンマーに関して3つの重要な戦略的利益と懸念があると指摘している。
1)国境の安全と安定。2)中国企業とミャンマーへの投資。3)反中国感情。

1,国境の安全と安定:
欧米の外交官やアナリストは、ミャンマーにおける中国の主要な利益は地政学的な野心と経済的利益であるとよく言いますが、
中国のアナリストは、ミャンマーにおける中国の優先事項を純粋な経済よりも
国境の安全と安定に関するものと見なしています。
これは主に、北京が経済発展を通じて西部の州、特に中国で最も貧しい州の1つである雲南省の国境の安全と安定に近づいているためです。

2,中国のビジネスとミャンマーへの投資:
国境の安全と安定への関心は、ミャンマーでのビジネスと投資の保護にまで及びます。

3,反中国感情:
その政治的および経済的戦略に沿って、中国は反中国感情または中国または中国の投資に対するいかなる国民の怒りも望んでいません。

オプション、中国とミャンマーのシナリオ

ミャンマーでの紛争に対処する上で、中国には3つの非常に異なる選択肢があります。
2)ミャンマー国民とNUGの側。
または3)中立を維持します。
現在、中国はその立場を中立と見なす可能性があります。
国民民主連盟(NLD)との良好な関係を維持しながら、SACとの関係を正常化するという中国の慎重なアプローチと政策は、国民の代表として中国にとって安全で戦略的な動きに見えるかもしれません。
しかし、中国が中立を維持していることは、ミャンマー国内ではSACの側近であると解釈されています。

そして、時間の経過とともに、
現在の紛争はミャンマーの3つのシナリオの1つとして展開する可能性があります。
1)抵抗が勝つ。
2)SACが勝ちます。
または3)長期の停滞。
現在、シナリオ3が展開されています。

安定を回復するために中国は何ができるでしょうか?

中国の現在の立場とアプローチは、
ミャンマーの政治エリートと一般市民の大多数にとって明らかに受け入れがたいものです。
彼らはまた、ミャンマーの安定を迅速に回復することに成功していない。
SACとの関係を中立または正常化することにより、中国は軍の側近と見なされます。

SACの数少ない友人の一人と見なされることは、
最近の前向きな進展を覆し、以前NLD政府との間に中国がミャンマーと築いた苦労して得た相互理解と関係に深刻な打撃を与える可能性があります。
さらに悪いことに、現在の状況は、主にその支配下で何十年にもわたる貧困と迫害を経験したことから来る、軍に対するミャンマーの人々の根強い憎しみに根ざした、既存の反中国感情をすでに目覚めさせています。
中国の友情と支援を宣伝する軍事プロパガンダは言うまでもなく、
軍の頼りになる盾としての中国の役割は、
この感情を悪化させただけです。
SAC軍の残虐行為の増加と頻繁な残虐行為は、
ミャンマー国民と軍隊の間の信頼を壊しました。
これは、おそらく予見可能な将来において、不可逆的である可能性が最も高いでしょう。
 経済発展は中国の国境の安全と安定、そして中長期的にはミャンマーにとって重要ですが、
現在の紛争を緩和するために経済発展のためにSACに関与することは逆効果であり、
それを長引かせるだけです。経済問題は、政治情勢に対処せずに解決することはできません。
このような中国との経済関係は、
SACが状況を長引かせるために大胆になり、力を与えるだけです。
一方、ミャンマーの人々は、経済的または政治的に、短期的または長期的に苦しみ、利益をほとんどまたはまったく見ていません。
 中国はSACを支持するか、中立を維持するかを選択できます。
これらのオプションは両方とも、
中国とミャンマーに深刻な損害を与える結果をもたらすでしょう。

 これらの選択肢のいずれかで、抵抗側が勝った場合、
新しいミャンマーとその人々は、
中国を最も必要なときに背を向けた不誠実な友人として覚えているでしょう。
SACが勝った場合、それはさらに悪化します。
軍事政権の歴史的な暗黒時代と密接に関連している長期にわたる反中国感情は、
中緬関係の将来に深刻な打撃を与え、
安定と繁栄を必要とする地域での紛争を長引かせます。

中国は国民と抵抗を支持することを選ぶかもしれません。
中国がミャンマー国民を支援するかどうかにかかわらず、
紛争と分裂の原動力として、
貧困を犠牲にして経済を誤って管理した数十年にわたる国の失敗の記録のために、
人口の大多数の国民は軍隊を合法的な政治機関として受け入れません。
 昨年のクーデター以来、
無能であり非常に腐敗した軍隊が非武装市民を殺害している。
軍事政権下では、人々は非常に限られた選択肢しかありません。
中国は、いかなる強制措置も現在の紛争を悪化させると考えるかもしれないが、ミャンマー国民を支援するという選択肢をとることは、
中国に害を及ぼすよりも多くの利益をもたらし、
ミャンマーの安定と平和を迅速に回復するという点でより効果的である。

第一に、
70年にわたる内戦は、ミャンマー軍がミャンマーに安定や平和をもたらすことは決してできないことを示しています。これは、国境の安全と安定に対する中国の戦略的関心に深刻な影響を及ぼします。

第二に、
SACは、中国の知識の有無にかかわらず、中国を外交および軍事の盾として使用して、
国連およびより広い国際社会から自らを保護し、
その外交的地位および軍事的地位を強化しています。
中国の保護は、ミャンマー軍を大胆にすることによって現在の紛争を悪化させています。
SACの中国の盾が取り外されると、
ミャンマー軍は計り知れない圧力に直面し、
外交分野と軍事面の両方で単独で勝利することはできないことに気付くでしょう。
したがって、SACの保護を解除することは、SACを他のどの手段よりも交渉のテーブルに強制的に参加させるためのはるかに効果的な政治的ツールおよび戦略になります。

第三に、
中国の長期的な国境の安全と安定のためには、
ミャンマーの将来にとって重要な時期に、
ミャンマー国民および国民が支援する文民政府との良好な関係を確立することがこれまで以上に重要である。
このように、現在の状況は、
中国が軍の残忍な支配に対する抵抗を支持し
、安定を迅速に回復し、
より良い関係を維持するのを助けることによって、
ミャンマー国民との関係を強化する歴史的な機会を生み出しています。
中国の国境の安全と安定、そして野心的な中国とミャンマーの経済回廊と一帯一路構想計画は、
ミャンマーの安定が急速に回復することで大きな恩恵を受けるでしょう。
ミャンマー国民が真に望んでいることに対する中国からのそのような支援は、
ありがたいことに記憶され、
今後数年間で成功する経済的および外交的協力の種をまくでしょう。

Khin Ooは、ミャンマーの政治経済学に関する公共政策アナリストおよび研究者の仮名です。

※同様のことは
インドに対しても言える。
インド東部の治安安定と国境管理、
バングラデシュから西ベンガルのインド、ミャンマー ラカイン州
のベンガル湾一帯の
対温暖化対策と自然と調和した産業雇用の創造
は、抵抗が勝利し、連邦国家の安定が不可欠!
迫り来る気象変動の猛威と地域総失業状態の人口問題。
 この地域には時間がない。

Guest Column
UN Contributing to Myanmar’s Drug Problem
2/7(月)TheIrrawaddy
https://www.irrawaddy.com/opinion/un-contributing-to-myanmars-drug-problem.html

☆インド側
《インド側からミャンマー軍事政権軍をサポートしている敵 3》
Guest Column
◎インドの反政府勢力と
ミャンマーのチン州武装グループの争いは数十年前にさかのぼります
https://www.irrawaddy.com/opinion/myanmar-chin-armed-groups-rivalry-with-indian-rebel-outfits-dates-back-decades.html
TheIrrawaddy2/15(火)

チン国軍(CNA)とインド北東部の一部の反政府勢力との間の敵意は、
インド軍がバングラデシュからの大量の武器の積み替えを阻止するために
ゴールデンバード作戦を開始した約30年前のエピソードにまでさかのぼることができます。

https://www.thequint.com/news/india/before-myanmar-there-were-these-five-great-indian-military-ops#read-more
[1.ゴールデンバード作戦:
1995年半ばに開始されたオペレーションゴールデンバードは、バングラデシュのコックスバザールからマニプールに巨大な武器を輸送する数百人のナガ族、マニプリ族、アッサム族の反政府勢力を迎撃するために、
インド軍がミャンマー軍と協力して実施した45日間の作戦でした。
ゲリラとインド陸軍の第57山岳師団の編隊との数回の遭遇中に、38人の反政府勢力が殺害され、118人が逮捕された。
インドがアウンサンスーチーに賞を授与したというニュースが公表されると、ミャンマー軍は支援を撤回した。]

1995年の初め、インド北東部の3つの禁止された部隊(アッサム連合解放軍(ULFA)、人民解放軍(PLA)、および全トリプラタイガーフォース(ATTF))に所属する約170人の反政府勢力の分隊が
バングラデシュからマニプールに大量の武器を輸送するという危険な作戦に着手。
武器は、アサルトライフル、ピストル、ユニバーサルマシンガン、手榴弾、弾薬で構成されていました。
インド反政府勢力のルートは、主にミャンマーのチン州の険しい丘を通りました。
彼らの計画は、バングラデシュからミャンマーまで、両国を結ぶインドのミゾラム州を経由する経路を描くことでした。
インド反政府勢力グループによると、期間は3週間以内であると推定されたが、人民解放軍PLA(インド)に所属していたガイドは、ミャンマーに足を踏み入れた後、ルートについて混乱した(迷った)。
そこで、チン州の村で偶然見つけたCNAの上級メンバーの何人かに
マニプールに至る正確なルートを示すように求めた。
 2008年に結成されたCNAは、チン国民戦線の武装組織です。
主にミャンマーのチン州で活動しており、チン族の自決権の確保、民主主義の回復、
ミャンマーでの連邦連合の設立を目的としています。
 CNAは、委託品の一部が彼らに与えられた場合にのみ、インド北東部からの反政府勢力の様相を支援する用意がありました。
 インドのグループは要求を受け入れることを望まなかった。
彼らは武器輸送を前進させましたが、数日以内に悪影響を与えるという誤ったルートをたどりました。
インドのグループの傲慢なジェスチャーに腹を立てたCNAは、
ミャンマーでの彼らの動きについてインド軍と治安機関に通知しました。

 
ゴールデンバード作戦を任された2人のインド陸軍司令官の1人である准将(引退)のルメル・ダヒヤは、CNAが特定の場所での反乱グループの実際の動きとミャンマー軍の列との関与の確認に関する情報を提供したと述べた。
「そのような情報はほとんど遅れて受け取られたため、実用的ではありませんでした。
 CNAはまた、ミャンマーの領土を移動中に列の尾を捕まえたときに、6人の武装勢力を殺害し、6つの武器を捕獲したと主張していた。
CNAはまた、PLA主導のグループの残りの武装勢力がマニプールに渡った国境の一般的な地域を暗示した。」と説明したと述べた。
彼は、CNAが
「彼らの助けの見返りに武器とお金で報われることを望んでいたので、情報を提供したかもしれないと信じています。彼らがミャンマー軍からの圧力を受けたとき、彼らがミゾラムで安全な避難所を探していた可能性もあります。」
ブリッグ:(Retd)Dahiyaのバージョンは、旅に参加し、現在アッサムに拠点を置くULFAの地上の過激派2人によって与えられたアカウントと一致します。
ミャンマー軍との遭遇後に弾丸で手を刺されたディワカル・モランと、手術中に医療ユニットを担当したビジュ・デカは、合意に至らなかった後の反政府勢力グループの動きに
CNAがインド軍に詳細を提供したことは間違いありません。
ULFAでの経験についてアッサム語で本を書いたDekaは、CNAとの会合は、バングラデシュのChittagong HillTractsでの歩行軍が始まってから10日後の3月25日にミャンマー領内で開催されたと述べました。
彼は、ULFAとPLAは、マニプールの目的地に到着する前に、インドとミャンマーの軍隊によって繰り返し待ち伏せされた後、深刻な人的枯渇に苦しんだと指摘した。ゴールデンバード作戦は5月21日に正式に終了しました。

CNAは先月(2022年1月)、ミャンマーのサガイン地域のセナムにあるPLAキャンプを攻撃したとしてニュースになりました。
おそらく攻撃は、人民防衛軍(PDF)に対して
Tatmadawと協力していると信じられているインドのグループを攻撃する
CNAの意欲によって促されました。
 ミャンマーの軍事政権が、ミャンマーの民間人の抵抗グループに対して、
インド北東部からのいくつかの反乱グループをますます利用していると主張する報告
https://www.thehindu.com/news/national/myanmar-army-stint-beefed-up-manipur-pla-intelligence-report/article65017711.eceが相次いだ。
これらのインドの分離主義者グループの多くは、すでにミャンマーにキャンプと訓練施設を持っていました。
これらは、Tatmadaw(ミャンマー軍)の一部との暗黙の了解を通じて存在していました。

 推定によると、 1988年から2012年の間にミャンマー軍との戦闘中に少なくとも70人のCNA職員 が殺害された。CNAは2008年に制定された憲法に反対したが、2012年に政府と停戦協定に署名した。
 昨年のクーデター後、CNAのランクは、さまざまな場所の施設で訓練を受けている新入隊員で膨れ上がったと伝えられています。
チン州で活動している他のPDF(CDFなど)と協力して、タッマドゥに対して協調攻撃を行っています。

Rajeev Bhattacharyyaは、インドのアッサムに住むシニアジャーナリストです。

CNF
チン国民戦線
ချင်းအမျိုးသားတပ်ဦး

Chin National Frontの軍事部門がCNAチン国軍です。

《インド側からミャンマー軍事政権軍をサポートしている敵 2》
Interview
◎Junta Enlists Indian Insurgent Groups to Fight Resistance Forces in Western Myanmar
ミャンマー軍事フンタは
西部のレジスタンス勢力と戦うために
インドの反乱グループを参加させる。
TheIrrawaddy2/2日(水)
https://www.irrawaddy.com/in-person/interview/junta-enlists-indian-insurgent-groups-to-fight-resistance-forces-in-western-myanmar.html
チン州のレジスタンスグループは、
インド北東部の分離主義者の反乱グループが、
チン州と隣接するサガイン地域で
ミャンマー軍のために戦ってきたと長い間主張してきた。
ミャンマー国内で活動しているインド北東部のマニプール州のメイテイ族の武装グループも、軍事政権と手を組んでいます。
一方、インド政府との合意の一環として民兵として活動しているゾミ革命組織/ゾミ革命軍(ZRO / ZRA)は、チン州の抵抗グループの基地を襲撃した。
1月、ZRAは、軍事政権と戦う民族武装抵抗組織であるチン国民戦線/チン国軍(CNF / CNA)と衝突した。

地元の抵抗グループは、
ZRO / ZRAがミャンマー軍事政権との理解に達したと主張している。
 しかし、地元の抵抗グループは
軍隊や独裁政権のために働くことを否定しています。
 チン州と隣接するサガイン地域は、昨年の2月1日のクーデター以来、
ミャンマーで最も落ち着きのある地域でした。
人民防衛軍(PDF)と民族武装組織、特にCNAの組み合わせが、軍事政権軍と戦っています。
CNF / CNAは、2015年10月にUテインセインの準文民政府と全国停戦協定(NCA)に署名しました。
しかし、影の政府である国民統一政府(NUG)の設立以来、
CNF / CNAはNUGと手を組んでいます。
軍事政権に対する人々の革命のために

1月、ZRAは、チン州のテディム郡区でCNAとローカルPDFの合同部隊と衝突しました。
ZRAは衝突中に少なくとも4人の戦闘員を失いました。
 CNFのスポークスマンSalaiHtet Niは最近、ミャンマーでの過激派インド分離主義者グループの活動についてイラワジに話しました。

テディム郡区でのZRO / ZRAとの戦いについて教えてください。

ZRO / ZRAに関しては、それがインド政府に反抗するグループであることを私たちは知っていました。
彼らはインド政府と停戦協定を結んでおり、インドでは民兵として活動しています。
しかし、彼らはミャンマーでも活動しており、東部ZROとして知られています。
 ゾミ族はインドだけでなくテディムにも住んでいます。
彼らはミャンマーの東部ZROとして活動しているため、
私たちを拠点から撤退させるよう常に脅迫してきました。
私たちは彼らに何もしていません。
しかし、[テディムで]地元のレジスタンスグループとクリアランス活動を行ったとき、彼らに遭遇し、衝突を引き起こしました。

彼らは1995年から1996年にかけて、私たちの拠点から撤退することを脅かしてきました。
当時、彼らはまだ国境のミャンマー側に基づいていませんでした。
以前の軍事政権と合意に達した後、私たちはテディムを基地にしました。

しかし、彼ら[ZRO / ZRA]は2020年と2021年にさらに活発になりました。
彼らは私たちの軍隊の一部を誘拐し、しばらくの間彼らを拘束し、テディムに留まらないように彼らに言いました。これは私達に私達の地域と私達の軍隊を保護するためにクリアランス作戦を実施することを余儀なくさせました。

1月16日に東部ZROが大隊を結成したと聞いたが、これは彼らとの頻繁な衝突につながるのだろうか?

それは主に彼らに依存します。
ZRAが軍事政権と一緒に軍事作戦を行っていることを非常に残念に思います。
私たちがZRAと衝突した理由の1つは、
衝突の前に、彼らがテディムに拠点を置くミャンマー軍部隊を
頻繁に訪問することを知ったからです。
彼らは、NCAに署名した後に開設されたCNFオフィスに対して2回の爆破攻撃を行いました。
彼らがそれを続ければ、私たちは自分自身を守り、彼らの攻撃を撃退します。
より多くの衝突があるかどうかはそれらに依存します。

CNFはZRAとの協議を行う予定ですか?

それは彼らのスタンスに依存します。
しかし、彼らが軍事政権について理解しているように見えることを考えると、彼らと話し合うことは非常に難しいでしょう。
現状では、協議の予定はありません。
しかし、衝突によって人々が危害を加えられた場合、私たちは悲しくなります。
私たちは人々のそばに立つために最善を尽くします。

1月中旬にトンザンタウンシップでメイテイ族の武装集団と衝突したと聞いた。それについて話してもらえますか?

トンザンには地元のレジスタンスグループがあります。
私たちは国家安全保障のために彼らと協力します。
私たちの土地で[アヘン]ポピーを栽培している外国の武装グループは受け入れません。
それを防ぐのは私たちの国の義務です。
一部のグループは、軍事政権との理解に達した後、麻薬ビジネスを行っています。
そこでセキュリティ操作を行ったときに衝突が発生しました。

CNFは、軍事政権がインドからの分離主義者グループを動員して、チンのレジスタンスグループを粉砕していると信じていますか?

はい、その通りです。
以前、軍事政権はケールとタム[インドと国境を接するサガイン地方の町]でも同じことをしました。
ミャンマー軍隊は麻薬取引に関与しています。
ZRAは、テディムでのレジスタンスファイターの軍事訓練を妨害しました。
彼らは抵抗基地を破壊し、彼らの指導者を拘束または殺害しました。
軍事政権によって犯されたものと同様の行動です。
彼らがそれを続ければ、それは私たちの人々と私たちの国家の安全に脅威をもたらすでしょう。
私たちCNFと地元のレジスタンスグループは協力し、それが起こらないように最善を尽くします。

私たちは、軍が他国の反政府勢力と協力しているのをただ待って見守るだけではありません。
私たちは国民を擁護し、国民の希望に応じて軍事独裁政権を排除するよう努めます。
国家安全保障上の義務として、軍事政権が外国の反政府勢力と協力することを阻止します。

《インド側からミャンマー軍事政権軍をサポートしている敵 1》

ゲストコラム
◎インドの反政府武装勢力は今やミャンマー軍と兄弟です
Indian rebels now brothers in arms with Myanmar military
1/27(木)TheIrrawaddy
https://www.irrawaddy.com/opinion/guest-column/indian-rebels-now-brothers-in-arms-with-myanmar-military.html
昨年2月1日のクーデターによって引き起こされたミャンマーで進行中の内戦は、何方かと言えば軍事政権の脆弱性を露呈させた。
優れた火力と軍隊の強さにもかかわらず、ミャンマー軍は、国のほとんどの人民防衛軍(PDF)や、さまざまな民族地域の民族武装組織(EAO)からの厳しい挑戦に直面しています。

何百もの民間の抵抗グループで構成されるPDFは、
軍事政権の正当性に異議を唱えるために形成された
並行する国民統一政府の武装部門です。

軍事政権によってテロリストグループとしてブランド化されたPDFは
軍事目標を爆破し、政権が任命した役人や協力者を殺害することに加えて、
軍事政権に対して多数の一撃離脱戦法を開始しました。
さらに、カチン独立軍KIA、カレンニー軍KA、チン国軍CNA、などのEAOは、
ミャンマーSACレジーム軍を頻繁に攻撃します。

PDF掃討に取り組むことで地獄に屈したミャンマー軍は、
現在、インド北東部の分離主義勢力を力の乗数として動員しています。
開発に詳しい人々によると、この動きは、ミャンマー国内で活動しているインド北東部のマニプール州からの少数の反政府勢力の衣装(認証)で、ミャンマー軍事政権が明らかに理解に達した後に起こります。

インドは、ミャンマーとの長さ1,643kmの多孔質の国境を共有しています。
国境を越えた反乱は、数十年の間、インドの北東地域に対する主要な安全上の脅威であり続けています。
起伏の激しい地形は、インドの反乱軍が彼らの陣営とフロンティアのインド側の待ち伏せ場所の間を行き来するのを容易にします。

ミャンマー軍の秘密協定

ミャンマー軍は最近、
少なくとも2つのマニプールを拠点とする反乱軍の部隊、
人民解放軍(PLA)とカンゲリヤウォルカンナルップ(KYKL)と
非公式の協定を結んだと考えられています。
PLAは1970年代からインドからの離脱を目指して戦ってきましたが、
KYKLは1990年代に設立された比較的新しい組織です。

クイドプロクォーの取り決めの一環として、これらのグループは、
チン州やサガイン地域などのいわゆる「解放されたゾーン」でのPDFに対する軍事政権の作戦を支援します。
情報筋によると、マニプリの武装勢力の一部はずっと前にチン州に移動していたという。

ちなみに、1月13日、インドの特殊部隊がチン州のセナム村にあるPLAキャンプに奇襲攻撃を仕掛け、2人のPLA過激派と1人のインド人兵士が殺害されたとの報道があった。
インド陸軍はそのような事件は起こらなかったと言ってこれらの報告を拒否したが、反政府勢力グループと地元の情報筋は疑惑の作戦の詳細を提供した。

https://eurasiantimes.com/indian-army-21-para-sf-linked-to-nagaland-anipuri-rebels-myanmar/

国境会議でのミャンマー軍とのアッサムライフル(AR)。ARはインドと隣国との国境を守っています。(AR写真)
(アッサムライフルはインド国境警備の準軍事組織。
ミャンマー軍事政権のBGFのような感じ)

それにもかかわらず、インド新聞によると、マニプリ反政府勢力とのミャンマー軍の秘密協定に関する報告は、ニューデリーのインドの首都で懸念を引き起こしました。
インド政府はこの件について公式のコメントをしていませんが、民主主義がミャンマーに回復するまでは通常のビジネスにはなり得ないというメッセージを送りたいと考えています。

インドのハーシュ・バルダン・シュリングラ外務次官が先月ミャンマーを訪問したことを考えると、インドの欲求不満は理解できます。省は声明で述べた。

Brothers in Arms

しかし、ミャンマー軍がインド北東部の武装勢力と理解を深めたのはこれが初めてではない。
たとえば、マニプル人民解放戦線は、ミャンマー軍との関係を長い間維持してきたと考えられており、これにより、ミャンマー軍の拡大、合宿、国のさまざまな地域への投資が容易になりました。

同様に、ミャンマー軍とナガランド民族社会主義評議会(Khaplang)またはNSCN(K)の間には、敵対行為を減らすために2012年に正式な停戦協定に署名するまで、非公式の協定が存在していました。
 このボノミーは、NSCN(K)だけでなく、アッサムからのボドランド民族民主戦線の解放戦線やマニプリの衣装など、インド北東部のさまざまな反乱軍の衣装にも恩恵をもたらしました。
ナガグループと一緒にキャンプを運営していた。

ニューデリーがインドの治安部隊への攻撃を受けてこれらのグループに対して行動を起こすようミャンマー軍に圧力をかけたとき、事態は南下し始めました。
2015年6月4日にマニプールで18人のインド軍兵士が死亡した。
インド陸軍の輸送車両団への待ち伏せ攻撃がターニングポイントでした。
これに応じて、インドの特殊部隊がミャンマーでサージカルストライキを実施した
と報じられているが、その結果は依然として謎に包まれている。

それにもかかわらず、ミャンマー軍はインドからの圧力に屈し、取り締まりを開始することに同意した。
サンライズ作戦は、2019年1月から5月にかけて、アッサム、マニプール、ナガランドのインド反政府勢力を対象とした国境地帯で、インド軍とミャンマー軍が共同で実施しました。
2018年まで、ミャンマーにはこれらの過激派グループに属する少なくとも50の反政府勢力キャンプがありました。
ヒンドゥー紙は治安当局者の言葉を引用したと報じました。

その後、これらのグループの一部は、サガインやパンミナガ族が住む地域など、他の地域に移動しました。

2021年のクーデターは、インドの反政府勢力グループにとって有利な状況になりました。
ミャンマー軍がPDFやEAOとの戦いに完全に専念しているため、
 これらの部隊の一部は再編成し、新しい幹部を雇用し始めています。
インド政府高官は、このことを外交官から確認しました。

ミャンマーの軍事政権は資源を最大限に活用しようとしているので、
彼ら(ミャンマー軍事政権)はインド北東部の反政府勢力に焦点を合わせた可能性があります。
PDFと戦うために展開できる友好的なマニプリ反乱グループとの非公式の協定。

その一部として、インドはこれらの進展を注意深く監視し、
国境地域でのインド反政府勢力の活動に対処するための新しい戦略を策定する可能性があります。
ミャンマーの状況は依然として流動的であり、
ミャンマー軍事政権は信頼できないように見えるため、
インド軍による奇襲攻撃の可能性も選択肢となる可能性があります。

Jayanta Kalitaは、ニューデリーを拠点とするシニアジャーナリスト兼作家です。
彼は、インドの北東部とそのすぐ近くに関連する問題について書いています。
表明された見解は彼自身のものです。

:関連記事
1日前のゲストコラム
1/26(水)TheIrrawaddy

◎India’s Ties With Myanmar Junta in Focus After Chin Group’s Attack on Manipur Rebels

https://www.irrawaddy.com/opinion/guest-column/indias-ties-with-myanmar-junta-in-focus-after-chin-groups-attack-on-manipur-rebels.html
・・・略
1月14日、チン国民戦線の武装勢力であるCNAの部隊が隣接するサガイン地域に移動し、
インドの武装勢力であるマニプリ人民解放軍(PLA)が運営する基地を攻撃しました。
PLAはTatmadawと協力するだけでなく、ミャンマーで起こっている危機の中で維持しようとしている繊細な軍事政権中心のバランスからインドを少しずつ動かすこともできます。

作戦に関する詳細な知識を備えた優れた民族情報筋は、夜明けの襲撃が人民解放軍の「総本部」を襲ったことをイラワジに明らかにしました。
そこから、グループはインドのマニプール州に国境を越えた襲撃を開始しました。
 PLAの推定120のゲリラと、少なくとも1つの他の連合国のマニプリ反乱派閥を収容する基地は、国境の町タムの南にあるミャンマー領内のセナム村の近くにありました。
CNAの現場報告にアクセスした情報筋によると、この交戦で10人から20人のマニプリの反乱軍が殺害され、数時間続き、1人のCNA戦闘員が死亡した。

先週インドのメディアで報道されたこの作戦は、少なくとも1つの出版物によって、CNAではなくインド陸軍の特殊部隊によって行われた国境を越えたストライキとして説明された。
1月17日、インド軍は関与したという憶測を正式に却下しました。
いずれにせよ、インド軍の能力と反乱軍に負わされた死傷者の数が比較的少ないことを考えると、これはありそうもないように見えました。
 対照的に、明らかにタッマドゥ(ミャンマー軍)の同意を得て、
ミャンマー国内で聖域を享受しているインドの武装勢力に対する標的型CNA作戦は、
チングループがインド当局をより寛容な関係に導くためにその立場を活用しようとしていることを強く示唆している。 このような関係の改善は、CNAと同盟のチンPDF(CDF)が抵抗を打ち砕くための激化するタッマドゥキャンペーンに直面しているチン州での戦争に潜在的に重大な影響を与えるでしょう。
昨年9月に始まった空爆に後押しされたミャンマー軍の作戦は
ここ数週間で急激に拡大している。


2021年12月下旬に非公開の場所で訓練卒業式の間にパレード中のチン国軍兵士。/チンランド情報センター

CNAのキャンプビクトリア本部は、タントランの町の西にあるミゾラムとのチン州の国境にあります。現在は、タッマドゥ軍によって略奪された後、ほとんど廃墟となっています。
キャンプビクトリアは、PDFトレーニングの中心として、またサガインとマグウェ地域から州に押し寄せるタッマドゥの列から逃げる民間人の避難所としての役割を果たしてきました。

しかし、今日までインドの国境部隊がインドの闇市場からチンの抵抗への軍需品の密輸に目をつぶることをいとわないという兆候はありませんでした。
確かに、準軍組織のアッサムライフル国境部隊は、明らかにミャンマーに向かっている国境のインド側で一連の弾薬の押収を発表した。
最大のものは、1月20日にミゾラムのサイハ地区で阻止された2,500kgの爆発物と4,500メートルの導爆線の大量の積荷の押収に関係していました。

ネピドー政権と中国との国境に沿った警戒は、
軍事政権との熱狂的な関係がなくなったとしても
正しい状態を維持するというニューデリーのクーデター後の政策の重要な要素の1つであります。

しかし、インドの治安機関にとって、
ミャンマー国内に、インドの激動する北東部全体からの反乱を起こした派閥のスモーガスボードのための聖域を提供する一連のキャンプの存在は、長年の欲求不満の源でした。
 最近の推定によると、ミャンマー国内には少なくとも3,000人、場合によってはその2倍の数のインド反政府勢力が収容されています。

ネピドーからの繰り返しの高レベルの保証にもかかわらず、
その方向への時折の化粧品のジェスチャーによって甘くなり、
すべてではないにしても多くの反乱軍の陣営が地元のタッマドゥの司令官に彼らを平和に残すために報いていると理解されています。
 最近では、関係は、インドのグループがタッマドゥ(ミャンマー軍)によって武器を提供され、
地元のPDFに対してミャンマー軍事政権と共に戦うか
またはそのために戦うことを含む作戦レベルにまで拡大し、
事実上別の政権民兵(ミャンマー軍の民兵)となったと伝えられています。

2021年11月、ミャンマーで活動しているPLAゲリラがマニプールのチュラチャンドプール地区でアッサムライフルの車両を待ち伏せし、大佐、彼の妻、4歳の息子、および他の4人の軍人を殺害したとき、
インドの欲求不満は
生の怒りに変わりました。

CNAチン国軍が、認識されているタッマドゥの重複に対するインドの不信と怒りの高まりをその利点に変えることにどれだけ成功するかはまだ分からない。
しかし、賭け金は間違いなく高いです。
インドの国境部隊と主力のチン州レジスタンスグループとの間の暗黙の了解は、
チン州全体、そして潜在的にはサガインとマグウェ地域を超えた紛争に
重大な影響を与える可能性があります。

少なくとも、インドの国境部隊は、闇市場の軍需品のまだ限られた流れを阻止する際に、これまでに示された警戒を緩和する傾向があるかもしれません。

インドはタイとともに、ミャンマー国内でますます悲惨な状況を緩和するために人道支援を提供する必要性について米国が主導する国際的な懸念の高まりの中で言及されています。

過去1年間、バンコクとニューデリーの両方が、タッマドゥに公然と敵対することを避けるために苦労してきました。援助回廊について。
しかし、ニューデリーでの苛立ちが
怒りに変わるにつれて、
インドは、すでに日米豪印戦略対話(QUAD)グループのメンバーであり、
米国との軍事関係の拡大を楽しんでいます。QUADは、米国、インド、日本、オーストラリアをグループ化しています。
 対照的に、タイの軍事政府は、中国の影響力の高まりとミャンマーの天然ガスへの依存に制約されており、
西側の国境を越えて展開する人道的災害を緩和するための米国主導の取り組みにさらに関与することに関心を示さなかった。

地政学的な現実を超えて、地元の抵抗勢力が広く団結しているチン州は、
混沌とした軍事的断片化と国境の衝突が日常茶飯事であるミャンマー東部国境のカレン州よりも、
援助回廊のためのより広くより安全な橋頭堡を提供していることは間違いありません。

軍事レベルでは、CNAのサガインへの進軍と1月14日のインドの反乱軍陣営への攻撃は、
拡大する戦争でほとんど見過ごされていた戦いでした。
ニューデリーがミャンマーの安全保障の崩壊への対応をどのように調整するかについてのそのより広い意味は、はるかに重要であることがわかるかもしれません。

Anthony Davisは、ジェーンディフェンスパブリッシンググループの地域セキュリティアナリスト兼コンサルタントです。

[これらの記事から察するに
どちらもCNAということなのか? ミャンマー領内に越境し特殊作戦用ヘリで
サガインのPLAを奇襲したのはインド陸軍 21Para Special Forcesで、
セムナ村近くのマニプール側へ越境攻撃したのがCNAチン国軍で
共同作戦かどうかは不明。
ミャンマー軍事政権軍&インド反政府武装組織
     VS
チン州民族軍とPDF連合&インド治安機関(+陸軍)]

サイレントストC0177D0B-9C54-4853-A2F3-D62A9B2CBEFC
FB1/22日、TheIrawaddy1/26日(水)、その他・・
2/1(火)~2(水)日同上、その他店主筆。

    人々が権利を取り戻し、
クーデター以来、逃げることを余儀無くされた人々が
今年、勝利を収めて家に帰る事ができるように誓いとして、

『Let's fight for the way home』と名付けられた
  ”サイレントストライキ”
軍事クーデターから1年が過ぎた2月1日、
ミャンマー時間 午前10時〜午後4時まで
ミャンマー全国の市民と反レジームグループは
サイレントストライキを行った。

前回は昨年12/10日に行われた。
市民一人一人の強い意志が今回も示された。

  大いなる力!
  大いなる輪!

https://www.irrawaddy.com/news/burma/despite-junta-threats-myanmar-people-mark-coup-anniversary-with-silent-strike.html
・・・略
抗議を思いとどまらせるために、レジームは 、2月1日に事業を閉鎖することを顧客に通知した12人以上の店主を逮捕しました。
市場のオーナーは、「レジームを恐れて店を出さなければならなかった。しかし、私たちは軍事政権を受け入れません。」
沈黙のストライキを妨害する他の試みでは、
軍事政権は買い物旅行を組織し、
人々をヤンゴンのスーパーマーケットに輸送し、
また、軍事政権が任命した村と区の管理者に、モビ郡区のヤンゴン-パイ高速道路で車やバイクの乗り物を組織するように依頼しました。
ストライキの時間帯に道路に人がいたことを確認してください。
 軍事政権はまた、マンダレーでのストライキの時間中にすべてのモーターサイクリストに1リットルの無料ガスを与えながら、サイレントストライキを妨害するためにバゴーとマンダレーの親軍支持者の間でマラソンと自転車レースを開催しました。

ネピドーの市場は、火曜日の全国的なサイレントストライキ中に
軍事政権によって開かれることを余儀なくされたにもかかわらず、
顧客を見ませんでした。/ネピドー評議会


DVBビルマの声2/1日サイレントストライキ最中

軍事政権SACは1/25火曜日に
「抗議に参加したり、抗議に関する情報を共有したりする人は、テロ対策法に基づくテログループの支援、刑法および電子取引法に基づくその他の犯罪を含む既存の法律に基づいて起訴される」と発表していた。


警告は、前回12/10日のサイレントストライキで全国で5400万人以上が視界から外れ、毎日お金を稼ぐ必要のある道端の業者でさえ事業を開くことを拒否した後の抗議を防ぐための試みです。
それは、「正常」が国に戻ってきていると主張する軍事政権にとって大きな恥ずかしさでした。

今回のサイレントストライキは第3回目となります。
1回目は昨年3月24日
2回目は12月10日に行われた。

Interview
◎CDM Strikers Will Fight Myanmar Junta Until the End
CDMストライカーたちは
ミャンマー軍事フンタに
最後まで(勝利するまで)
戦う!
[皆、様々な状況、自らの置かれた立場、事情はそれぞれ異なるが、
皆、それぞれ、自らが出来ることをやる。
そして大きな輪になる。
大いなる輪!
共に立ち向かう大いなる輪の一人一人。]

2/9(水)TheIrrawaddy
本文はリンク先から、
4〜5名の方々のインタビュー記事。
おなじみの元軍大尉からPDFの女性医療戦士、医科大学学長、カヤー(カレンニー)の警察少尉、ミャンマー鉄道員、医者、

https://www.irrawaddy.com/news/burma/cdm-strikers-will-fight-myanmar-junta-until-the-end.html

[ラカイン州の民族宗教人口問題は
”ミャンマー西門の難題”として、
軍事政権が倒された後も深く重くのしかかります。]

Guest Column
◎ミャンマーとバングラデシュの国境におけるロヒンギャの状況はますます危険になっている
1/25日TheIrrawaddy
https://www.irrawaddy.com/opinion/the-rohingya-situation-on-myanmar-bangladesh-border-is-getting-more-dangerous.html
2021年2月1日以来、ミャンマーの人々は、クーデター、
ヤンゴンとマンダレーの路上での戦い、経済崩壊、高地戦争の再開に焦点を当てて、内向きに目を向けてきました。

ミャンマーとバングラデシュの西側の国境で迫り来るもう1つの大惨事は、2012年と2017年に約100万人のロヒンギャ難民がタッマドゥ(ミャンマー軍)によって家を追われ、サイクロンが難民キャンプを溺死させるのを待っています。
一方、バングラデシュ政府は、バングラデシュの負担は不当であり、ラカイン州に戻る難民によって解決されなければならないと主張して、外交官はそのサーベルをガラガラと鳴らしている。
遠い国の国際的な関係者はしばしば同意し、そのような「帰還」政策は、バングラデシュのような「第二国」またはもっともらしい第三国定住よりも母国への帰還が好ましいと主張する国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の政策と一致していると指摘する。
しかし実際には、難民のための自主的帰還の教義は単純すぎて、
難民の状況に対する固有の複雑さを反映していません。
その結果、コックスバザールの難民キャンプのような長期的な「一時的な」状況が発生します。
この難民キャンプは、1978年以来、開放、閉鎖、開放されています。

もちろん、バングラデシュには、今日大規模な難民を受け入れている他の数十か国と同じように、意味があります。
難民のホストは、そもそも難民を作る国や難民を押し戻す国よりも、
平和を守るためにはるかに多くのことをします。
しかし、難民受け入れ国は常に、隣人の暴力的な過剰の犠牲者を惜しみなく受け入れるだけです。
残念ながら、受け入れ国はUNHCRと協力して、最初に難民を強制送還から保護し、次に「負担分担」という名目で国際支援を求めています。
これは、コックスバザールのような場所で大規模なキャンプを維持するために必要な資金です。
これは、受入国がUNHCRから「無料のもの」無償支援を受け取っている外国人に対する
外国人嫌いの恨みに対処している場合でも起こります。地元の人は尋ねます。

しかし、バングラデシュのような難民ホストへの批判は、悪い状況をさらに悪化させるリスクがあります。バングラデシュは、100万人のロヒンギャがミャンマーでの冷酷な民族浄化活動から避難することを惜しみなく許可しました。
このため、UNHCRは、このおもてなしをバングラデシュに補償しようと、ドナー会議で帽子(寄付を募る)をかぶっています。
難民危機ごとにUNHCRのコレクションハットに投入される金額は、通常、難民を維持するには不十分であり、外国人排斥の緊張を悪化させるだけです。
その時点で、バングラデシュのような受入国は国外追放で脅かし、
難民を強制送還することについて話します。軍隊と警察を使って母国に強制送還。
これは1996年から1997年のthe Great Lakes of Africa は最も悲劇的でした。
中央アフリカの軍隊が約200万人のルワンダ人をルワンダに移送し、
数十万人がコンゴのジャングルに逃げ込み、
そこで多くの人が飢え、病気、暴力で亡くなりました。

耐久性のあるソリューションではありません

バングラデシュのレトリックにもかかわらず、
最大の犠牲者は、ミャンマー軍から始まったより大きなゲームのpawnsであるロヒンギャ難民です。
しかし、彼らの状況は、ラカインへの迅速な自発的な帰還を主張することによって悪化することでしょう。
過去40年ほどのロヒンギャの歴史を振り返ると、UNHCRとバングラデシュの本国送還政策の有効性に疑問が投げかけられます。

ミャンマー軍は1978年にロヒンギャをラカイン州からバングラデシュに「ドラゴンキング作戦」で強制的に送り込んだ。
約20万〜25万人がバングラデシュに向けて出発し、ミャンマー(当時はビルマとして知られていました)とバングラデシュ政府との間の合意の結果として、その年の後半に約18万人が帰国しました。
70,000人はおそらく木工品に姿を消しました。
その後、1991年から1992年にかけてラカインのミャンマー当局は「清潔で美しい国作戦」を実施し、ミャンマー当局によるラカインからの別の追放があった。
繰り返しになりますが、ミャンマー、バングラデシュ、UNHCRが交渉した20万〜250,000人の出国と15万人の迅速な帰還がありました。
会計から欠落していたのは50,000〜100,000でした(つまりバングラデシュに留まったか亡くなった)。
次の大規模な脱出は2012年であり、その後、別の帰還の呼びかけがありました。
2012年のラカインへの帰還はこれまでのようには発生せず、ラカインに戻るロヒンギャは少なくなり、キャンプは開いたままでした。
しかし、その後、2017年に壊滅的な追放が起こりました。
ラカインで10,000人を超える暴力的な死者が出た(大虐殺)後、
さらに60万〜80万人のロヒンギャがバングラデシュに押し込まれました。

2017年、ラカインの状況はさらに悪化しました。
内戦は、AAアラカン軍がKIAカチン独立軍の支援を受けて現在統治している独自の領土を切り開いたときに勃発しました。
ロヒンギャ難民は、コックスバザールの危険な沿岸地域にいまだに置き去りにされており、
UNHCRの本国送還プログラムに「ボランティア」をしていません。
彼らはラカインのどこに行きますか?
選択は、そもそも彼らを追放したタッマドゥ(ミャンマー軍)によって支配されている領土か、
独自の戦争に従事しているAAアラカン軍のどちらかです。

平和構築

難民の保護と第三国定住は、第二次世界大戦以来採用された最大の戦争予防戦略の1つです。
そして、これがバングラデシュが実際に世界に貢献していることです。
暴力的な状況から難民を避難させることは、難民を追放した母国だけでなく、
難民を「不法移民」と改名することで国内の構成員をなだめる可能性があるバングラデシュのような受入国からの攻撃から彼らを保護します。
難民を受け入れることも戦争と虐殺の防止戦略ですが、
そのように組み立てられることはめったにありません。

しかし、難民を受け入れることは危険です。
難民キャンプは常に国境の近くにあり、難民は彼らを迫害した自国政府に常に反対しています。
難民キャンプは、母国による攻撃、難民の若者の過激化、および武装集団のためのキャンプの軍事化の危険を冒しています。

難民に安全な避難所を提供することは、「クーリングオフ」期間を許可することにより、短期的には自国と受入国の間の戦争を防ぐことができます。
潜在的な戦闘員には、母国、受入国、第三国、そして難民自身が含まれます。
しかし、難民の長期的な存在はまた、長期的に戦争の可能性を高め、おそらく永続的な解決策の可能性を低くします。
例としては、中東のパレスチナ難民(1940年代以降)、パキスタンのアフガニスタン難民(1980年代以降)、
コンゴのルワンダン難民(1994年以降)などがあります。
難民キャンプは難民の犠牲者にとって危険であり、すべての人にとってエスカレーションと新たな戦いの危険があります。
長期的な難民の存在は、新たな戦争を引き起こす可能性があります。

時代遅れの教義

難民についての言説は、通常、権利が主張され、過失が割り当てられる、律法主義的な権利に基づく教義に組み込まれています。
しかし、これは難民の状況の政治的、社会的、さらには軍事的性質を単純化しすぎています。
全体像では、難民は、国境、市民権に関する書類、および「私たち」の二分法を主張する現代の国家システムの悲劇的な副産物です。
そのような区別は自然であり、人間はそれぞれが蜂のように故郷の領土を持つ異なる種の人間に分割可能であるというふりがあります。
しかしもちろん、これは自然なことではありません。
このようなカテゴリには、歴史的および法的な起源があります。
たとえば、ロヒンギャの場合、権利と権利の欠如は、英領インドと英領ビルマの植民地主義の残骸から生まれ、ロヒンギャはおそらく「私たち」ではないと主張したビルマの国民主義者によって活用されました。
一方、バングラデシュ政府は、ロヒンギャはミャンマー出身であり、バングラデシュ出身ではないと合法的に主張している。
ロヒンギャに関しては、どこにでもいる難民のように、難民が常に負けるミャンマーとバングラデシュの間の椅子取りゲームを含む法的な操作については、実際には相談されていませんでした。
それで、あなたが知っている次のことは、
ラカインがロヒンギャから民族浄化されており、
100万人がコックスバザールで無国籍の無期限の地位に直面しています。

難民の権利をめぐる争いの中心に座っているのがUNHCR国連難民高等弁務官事務所です。
UNHCRは、進行中の戦闘からの潜在的な聖域を提供するため、
危機の始まりに落ち着いた存在です。
しかし、UNHCRの本国送還の原則が始まると、ほとんどの難民にとって、
受入国での第三国定住と第三国定住はテーブルから外され、
難民は「帰国」するという主張があります。
これは、その家のボラティリティとは関係ありません。
それでもホスト国は、国内の構成員を和らげ、
長期的なコミットメントを回避できるふりをするため、本国送還の教義を好みます。

したがって、バングラデシュは、ロヒンギャの外国人が一時的に滞在してからミャンマーに戻ることを市民に保証した。
これは、バングラデシュが1978年以降、1991年から1992年にかけて行ったように見えることです。
しかし、おそらくロヒンギャ自身だけが覚えているように、
この本国送還政策は長期的には多大な費用をかけて失敗しました。
そのため、ロヒンギャはラカインに戻るのではなく、脆弱な難民キャンプに座って、今日もバングラデシュにいます。  1945年にナチスの強制収容所から救出された後、生き残ったドイツの少数のユダヤ人が疑問に思ったのと同じ質問です。
ドイツに戻った人はほとんどいませんでした。ほとんどがイスラエルに行きました(皮肉なことに、彼らはパレスチナ人を追放しました。その多くはまだ難民です。 )、または勝利した連合国の1つ。

確かに、そのような再定住の機会を提供することは「ただの」解決策ではありません。
結局のところ、ミャンマーの将軍は民族浄化をやめています。
むしろ、少なくとも今のところ、それは最良のシナリオです。
時々、中期的には、永続的で公正な解決策は、ミャンマー、バングラデシュ、または他の場所で、
難民が平和に生活を再建できる場所に移動することです。
ポイントは、一時的な難民キャンプを閉鎖することです。
正当な解決策には、ラカインから追放された人々のために、将来の平和なミャンマーへの帰還権の国際的承認も含まれる可能性があります。
奇妙なことに、この権利は、1980年代にインドで難民となった後、現在のバングラデシュ首相自身によって行使されました。

難民政策の重要性

もちろん、バングラデシュは独自の方法で正しいです。
国は、地理的な事故のために、世界の他の国々を代表して難民を歓迎することによって負担を受け入れています。
うまくいけば、バングラデシュは避難所を提供し続けます。
短期的には、「台風の路地」にある低地のキャンプでさえ、
神経質な敵の不安定な領域(ラカイン)に戻るよりも優れています。

しかし、バングラデシュ、UNHCR、そして難民自身にとっての本当の課題は、
ロヒンギャのキャンプをできるだけ早く閉鎖することです。
コックスバザールの「一時的な」キャンプがより恒久的になることを誰も望んでいません。
しかし、真実は、国際社会とバングラデシュには「ロヒンギャ問題」に対する良い迅速な解決策がないということです。
したがって、ポリシーは代わりに「最も悪い」代替案も特定する必要があります。
バングラデシュや他の場所での定住は、
特にラカインへの帰還がより多くの戦争の危険を冒す場合、「最も悪い」選択肢の1つであり、
現状は、かつてないほど危険な「台風の路地」での難民の若者の過激化を意味します。

長期的な難民の状況がいかにうまくいかない、かの劇的な例には、
1948年に現在のイスラエルから追い出され、中東全体に広がり続けている無国籍のパレスチナ難民が含まれます。
パキスタンのアフガニスタン難民。ケニアのソマリア。
それほど劇的ではありませんが、より成功した例はゆっくりとしか思い浮かびません。結局のところ、統合が成功しても見出しにはなりません。
難民の解決に成功したのは、2015年以降のドイツのシリア人、1972年以降のタンザニアのブルンジアン、
1975年以降の東南アジアのインドシナ人、そして世界中に広がるホロコーストのユダヤ人犠牲者を含む第二次世界大戦後の難民です。

ロヒンギャ難民自身に最終的に何が起こるかは、部外者の政策、特にミャンマーだけでなく、UNHCR、バングラデシュなどの政策にも対応するでしょう。
これらの政策は、UNHCRの本国送還の原則の曖昧さからは浮かびませんが、国際社会が最も力がなく、最も脆弱な人々に代わって犠牲を払っています。

トニー・ウォーターズは、パヤップ大学の社会学教授であり、チェンマイの宗教文化平和研究所の所長です。
彼は、平和構築における大学の博士課程プログラムで、ビルマ人、カレン人、および他の学生と協力しています。
彼は、グッドサマリア人の事務局化などの難民救済と開発に関する学術書や記事の著者であり、イラワジへの時折の寄稿者でもあります。彼はwatersanthony777@gmail.comで連絡することができます。

:

◎Rise of Rakhine Rebels Poses Challenge for Myanmar Junta
AA(アラカン軍)VSミャンマー軍事政権
TheIrrawaddy1/20(木)
https://www.irrawaddy.com/opinion/guest-column/rise-of-rakhine-rebels-poses-challenge-for-myanmar-junta.html
ミャンマーの少数民族地域では激しい戦闘が激化しており、昨年のクーデター以来、人民防衛軍PDFと呼ばれる地元の抵抗グループとミャンマー軍との衝突がほぼ毎日発生しているが、国の西部のラカイン州はおおむね平和である。
州の主要な反政府勢力であるアラカン軍(AA)は、2月1日のクーデターの数か月前にミャンマー軍と非公式の停戦協定を締結し、これまでのところ停戦は続いているようだ。
しかし残念なことに、AA、より具体的にはその政治部門であるユナイテッド・リーグ・オブ・アラカン(ULA)は、平和を利用して、独自の司法機関、歳入局、公安部門、その他政府機関を備えた州内の独立した政権を構築しました。
一方、ミャンマー軍事政権軍は、はミャンマー中の多くの面に広がっており、ラカイン州の支配を再確立するために必要となるであろう数の軍隊を送る余裕はほとんどありません。
しかし、それは脆弱な停戦協定であり、誰が誰を最初にいつ攻撃するかという問題です。

ミンアウンフライン将軍がラカイン州に新しい戦線を開くことを決定した場合、
彼らは手ごわい敵に立ち向かうことになります。
2009年の謙虚な始まりから、AAはミャンマーで最も強力な反乱軍の1つに成長しました。
もともとは、当時31歳だったTwan Mrat Naingが率いる若い民族主義者のグループによって形成され、
カチン州のHpakant翡翠鉱山で働く多くのラカイン民族から採用されました。
カチン独立軍 KIAによって最初に訓練された彼らは、ミャンマー軍が中国国境沿いの反政府勢力基地に対して大規模な攻撃を開始した2012年に最初に戦闘を見ました。
3年後、AA軍は、2015年にシャン州のコーカン地域で、パラウン民兵、タアン民族解放軍、ミャンマー民族民主同盟軍の兵士と一緒に戦った。
AAは急速に成長し、その事業のほとんどを故郷のラカインに移しました。
何千人もの若い男性と女性の民族主義者がAAに参加するために群がり、ミャンマー軍と激しい戦いが繰り広げられました。

現在43歳で少将のTwanMrat Naingは、ラカインの首都シットウェで生まれ、大学で法学を学びましたが、学位を取得せずに去りました。
最近のインタビューで、彼は多くのラカインが彼らの状態とその長くそしてしばしば混乱した歴史に対して感じる誇りを強調しました。
以前はアラカンとして知られていたラカインは、1784年後半にビルマ人に侵略され、翌年、コンバウン王朝のボードーパヤー王が統治した領域に併合されるまで、独立した仏教王国でした。
占領に対する抵抗は、1824年から1826年の第一次英緬戦争まで続いた。
アラカン地域は、南東部のテナセリム[現在はタニンダーリ地域の一部]とともに、英国の所有物(植民地)になりました。

平和は、ミャンマーが日本人に占領される第二次世界大戦前までありました。
—そしてそれはアラカン内で深刻な分裂を引き起こしました。
ほとんどの仏教徒のアラカイン人はビルマ独立義勇軍、つまり日本人を支持しましたが、
アラカン北部のイスラム教徒の大部分は植民地支配国である英国に忠実であり続けました。甚大な残虐行為が双方によって行われ、それらの傷は完全に治癒したことはありません。

1948年のイギリス軍の離脱は、アラカンでの事実上の内戦につながりました。
イスラム教徒のムジャヒードゲリラ(当時はまだロヒンギャとは呼ばれていませんでした)は、東パキスタン(今のバングラデシュ)との国境に沿って基地を設立し、当初は独立したパキスタンに加わりたいと考えていました。Bonbaukまたは「爆弾投下者」ThaGyawが率いる共産党(赤旗)(CP [RF])も政府軍と戦い、「アラカンの王」として知られる元僧侶であるU SeinDaも戦いました。
ビルマの主要な共産党(CPBビルマ共産党)もアラカンに拠点を設立し、CP [RF]からの離脱過激派は別のアラカン共産党(CPA)を結成し、自分たちの人民共和国を設立したいと考えていました。

何年にもわたって、ほとんどの反政府勢力は崩壊しました。1961年、当時のU Nu政府が、イスラム教徒が明らかに過半数を占めるマウンドー、ブティダウン、ラテダウン西部の町を含むマユフロンティア政権と呼ばれる自治区を設立することに合意したため、最後の500人のムジャヒードが降伏しました。

1962年のネウィン将軍のクーデターはこれらの努力に終止符を打ち、一部のイスラム教徒は新しいグループを結成しました。
特に、1975年にロヒンギャ愛国戦線となったロヒンギャ独立軍です。
しかし、それらのグループは小規模であり、彼らの活動はバングラデシュのチッタゴンにある彼らの事務所からのチラシやニュースレターの発行に限定されていました。


2019年 AAチーフ少将TwanMratNaing。/TheIrrawaddy

「Bonbauk」ThaGyawは1955年に降伏し、U Sein Daは1958年に降伏しました。
CP(RF)のメインリーダーであるThakin Soeは、1970年にArakanYoma山脈近くのThanChaungキャンプで捕らえられました。
CPBの地元の指導者であるKyawMyaは、1979年にアラカンを離れ、バングラデシュに行きました。
そこで中国大使館は、彼が中国に進み、シャン州のワヒルズにあるパンカンにある党本部に行くのを手伝いました。CPBのローカルリーダーとしての彼の後継者であるYeTunは、1980年の大赦の間に降伏し、CPAリーダーのKyaw ZanRheeも降伏しました。
タイ国境では、1972年にアラカン解放軍と呼ばれる小グループが結成されたが、メーソットの北にあるカレン民族同盟の本拠地であるカウムーラに拠点を置く兵士はほんの一握りしかいなかった。

1974年にラカイン州と改名されたアラカンでは平和が広がっているように見えたが、その後1988年に全国的な民主主義の蜂起が起こった。
Kyaw ZanRheeや「Bonbauk」ThaGyawなどの古い戦闘員の一部は、再浮上し、民主化運動に参加し、アラカン人民連合組織と呼ばれる地上の合法的な党を結成しました。
アラカン民主主義連盟(ALD)と呼ばれる別のより強力な合法政党も出現し、U Saw MraAung博士と歴史家UOo ThaTunが主導しました。
ALDは1990年の総選挙に参加しましたが、そのMP選出者は、他のすべての選出された政治家と同様に、ヤンゴンで議席を占めることを許可されていませんでした。
選出された国会は決して召集されず、代わりに、新しい憲法を起草するために主に軍が任命した国民公会が召集された。U Oo Tha Tunは1991年に刑務所で亡くなりました。

そのような背景に対して、そしてアラカン/ラカインの長い抵抗の歴史を考えると、
新しいAAとULAが非常に急速に成長し、今日のようになったことは驚くことではありません。
または、ミャンマーの専門家マーティン・スミスがアラカン(ラカイン州)で書いたように:2019年12月にオランダに本拠を置くトランスナショナルインスティテュートによって発行されたミャンマーの西部フロンティアの紛争の土地:「[多くのラカイングループ]の中でULAだけができた新しい組織とみなされます。
しかし、その支持者が指摘するように、ULAには他の組織のメンバーが含まれており、1948年の独立にまでさかのぼる武装したラカイン運動の最新のものです。
そのため、ULAはすぐにラカインナショナリズムの中で何十年もの間、最も強力な力になりました。」

しかし、武装した軍隊であるAAも、手ごわい課題に直面しています。
最も明白なものは兵站学です。
軍事物資の主な供給源であるカチンとシャン州の反政府勢力が支配する地域からラカインに銃と弾薬を入手する方法は?
停戦合意が成立する前の戦闘中に、AAはそれが顕著な火力を持っていることを示し、
ミャンマー軍は大きな犠牲者を出した。
しかし、戦闘が再開した場合、AAの軍隊をどのように補給することができますか?
もう1つの問題は、州のイスラム教徒の人口とどのように関係するかです。
近年、アラカン・ロヒンギャ救済軍(ARSA)と呼ばれる非常に過激なグループが出現しました。
それは2016年と2017年に軍と警察の前哨基地にいくつかの攻撃を開始し、
それが今度は大規模なミャンマー軍による反撃と数十万人のロヒンギャのバングラデシュへの避難民につながった。


2019年のAA軍。/TheIrrawaddy

アラカン・ロヒンギャ救済軍ARSAは先住民族と見なされるべきではありません。
—それは第二世代のロヒンギャであるAtaullah abu AmmarJununiによって形成されました。
彼はパキスタンのカラチで生まれ、サウジアラビアで育ち、そこでイスラム原理主義者によって手入れされました。
アタウラは、2021年9月29日にバングラデシュの難民キャンプでARSAに殺害された、ロヒンギャの穏健派で人権活動家のモヒブ・ウラーをはじめとする、彼自身の同胞であると思われる人物に対しても怒りを解き放ちました。
目に見えて怒って動揺しているアタウラは、彼の信者に、ラヒンギャの仏教徒の住居を「焼き尽くし」、彼らに対して「激しく攻撃する」ように勧めています。

AAがARSAから距離を置くのは簡単かもしれませんが、
ロヒンギャの質問は論争を引き起こすことになります。
AAや他のラカイン民族主義者は、イスラム教徒が何世紀にもわたってこの地域に住んでおり、植民地時代にはさらに多くの人々がアラカンに定住したという事実を受け入れていますが、
ほとんどのラカインはまさに「ロヒンギャ」という名前を攻撃的であると考えており、
使用を拒否していると主張しています。
彼らの主張によれば、イスラム教徒は宗教的共同体ではなく、
別個の民族グループであり、ロヒンギャの一部が主張するように、彼らはその土地の最初の住民であるという印象を与えます。
むしろ不快なことに、ロヒンギャのほぼすべての政治運動のエンブレムには、ラカイン州全体の地図があります。
ラカインの民族主義者はまた、ロヒンギャという名前は1950年代まで誰にも使用されていなかったと主張しています。

歴史に基づいてロヒンギャのアイデンティティが別個にあると主張する人々は、
通常、スコットランドの医師で地理学者のフランシスブキャナンハミルトンによる1799年の研究を引用しています。彼はアラカンに行ったことはありませんが、当時の首都アマラプラでイスラム教徒に会いました。
彼は、彼らが自分たちを「ルーインガ、またはアラカンの原住民」と呼んだ後、
もう少し言ったと述べています。
しかし、マーティン・スミスが指摘するように、「併合後(1826年)、イギリス人はこの名前を再び使用したようには見えません。
代わりに、アラカンのイスラム教徒は、アラカインのモハメダン、ベンガルのイスラム教徒、チッタゴン語、カマン、ゼルバディなどの用語で呼ばれていました…[そして]市民権やアイデンティティの議論が文章に基づいている現代のヨーロッパの状況を想像するのは難しいでしょう。

それはそうかもしれませんが、今日のミャンマーには、ロヒンギャという名前の由来と、それが誰で何であるかをめぐる論争よりも争われている、
そしてしばしば熱狂している質問はほとんどありません。
国際的には、ロヒンギャという名前とそのアイデンティティはほぼ普遍的に受け入れられています。
しかし、それはミャンマーではまったく別の話であり、ラカインの間だけではありません。
この問題に関して、ほとんどのバーマン人(日本語の表記はビルマ人)はラカイン民族主義者と同じ側にいるでしょう。

今年と来年は、ラカイン州の新しいナショナリスト運動の将来がどうなるかを明らかにするかもしれません。
多くは国の残りの部分で何が起こるかに依存します。
一方で、軍事政権は国に対する支配力を強化することができず、昨年のクーデターは、現代アジアの歴史の中で権力を掌握するための最も失敗した試みとして歴史に残る可能性があります。
これは、ULAとその並行管理の利点、およびミャンマーの他の場所での抵抗に役立ちます。
しかし一方で、将来の発展は、国の豊富な抵抗力が彼らの動きを調整できる程度に依存します。
-そしていくつかの同盟が築かれているにもかかわらず
-それが起こっているという証拠は今のところほとんどありません。

◎国連人道問題調整事務所OCHA

ミャンマー:フラッシュアップデート
南東部における紛争の拡大
(2022年1月13日現在)OCHA Myanmar Southeast Flash Update - Jan 2022(ドラッグされました) 3
OCHA Myanmar Southeast Flash Update - Jan 2022(ドラッグされました)
OCHA Myanmar Southeast Flash Update - Jan 2022(ドラッグされました) 2

ハイライト

•2021年12月以降、カレン州とカレン州では、MAFと民族武装組織(EAO)および地元の人民防衛軍(PDF)との戦闘が激化しています。

•カヤー州では、ロイコー、デモソフプルソ、シャドーの各タウンシップで戦闘が増加しています。カレンでは、エスカレーションは当初、ミャワディタウンシップのレイケイカウで始まり、その後、コーカレイ、パープン、パアンの各タウンシップに広がりました。

•ロイカウタウンシップの人口の半分以上が国内避難民となっています。家から逃げ出した人々は、コミュニティセンター、ホストコミュニティ、またはジャングルに避難しようとしています。

•いくつかの人道支援組織は、治安状況のために南東部の一部での活動を一時的に停止することを余儀なくされています。

•1月3日の時点で、カレン州とカレン州の女性と子供を含む162,000人が、2021年5月以降、家を追われた後も避難を余儀なくされています。

•現在までに、2021年5月以降、カヤー州で654の家屋と、教会、修道院、学校を含むその他の民間の資産が全焼または破壊されたと報告されています。

状況の概要

ミャンマー南東部の人道的および治安状況は、特にカヤー州とカレン州で、MAFとEAOの間の激しい攻撃、および戦闘機による空爆の使用やヘリコプターからの攻撃を含むローカルPDFに続いて、過去数週間で悪化しました。軍隊の存在感が高く、軍の検問所が増えていることが報告されており、捜索と逮捕の作戦が行われています。

2022年1月初旬以来、カヤー州のロイコー、デモソ、シャドーの各タウンシップで戦闘が激化しており、何千人もの人々が家を追われ、コミュニティセンター、ホストコミュニティ、またはジャングルに避難することを余儀なくされています。
伝えられるところによると、ロイカウの町の人口の半分以上が避難している。
逃亡した人々のうち、5,000人がシャン州南部のTaunggyiタウンシップに避難を求めたと伝えられている。
二次避難はデモソタウンシップでも報告されており、このグループの1,000人以上が国境を越えてタイのメーホンソンに入ったと伝えられています。

2021年12月、カヤー州は、4人の子供と2人の人道支援労働者を含む、少なくとも35人の民間人が焼失した事件に続いて、1日で最も多くの死傷者を記録しました。

緊急救援コーディネーターのマーティン・グリフィスは、「ミャンマー軍とミャンマーのすべての武装グループが民間人を危害から保護するためのあらゆる措置を講じるよう求めた」との声明の中で、事件に対する恐怖を表明した。進行中の武力衝突はまた、カヤー州全体の民間財産の破壊をもたらしました。2021年5月以降、教会、修道院、学校など、654戸の家屋やその他の民間施設が全焼または破壊されたと伝えられています。

カレン州では、元NLD国会議員を含む民主化活動家が逮捕された後、2021年12月中旬から戦闘が激化しています。
戦闘はMyawaddyTownshipのLayKay Kawで始まり、Kawkareik、Hpapun、Hpa-Anの各タウンシップに広がりました。激しい砲撃と空爆が報告されており、これらの地域に障害物が建てられました。
伝えられるところによると、22,000人以上がレイケイカウから追放され、8,600人以上が国境を越えてタイのタークに入った。そのうち、数千人が帰国し、現在ミャンマー国内の非公式避難所に居住しているが、タイには約2,800人が残っている。

写真を追加しておきます。
2021年12/20日カレン(カイン)州ミャワディ郡区レイケイコウ タイ国境を流れるタウンイン川の河岸。
上記の避難民

全体として、2021年1月10日の時点で、ミャンマー南東部では181,400人が国内避難民となっている(カヤーで89,300人、カレンで74,400人、モンで7,200人、タニンダーリで1,500人)。
国内避難民は人道支援を緊急に必要としています。
地元のパートナーは、可能な限り重要な支援を提供してきました。
治安状況悪化のため、昨年12月以降、いくつかの人道支援パートナーが活動を停止している。
まだ活動している他の人々は、セキュリティと軍の検問所と通行許可の停止のために、アクセスの制約にまだ直面しています。
これらの争われている地域の国内避難民や他の影響を受けた人々に到達することを妨げている。

《メディア媒体について》

○国営新聞MyanmarAline (軍政プロパガンダ)(国内向け)
○国営英字新聞Global New Light of Myanmar(軍政プロパガンダ)(国外向け)
(逮捕された市民の氏名確認等に使う)
○MNAミャンマーニュースエージェンシー 国営通信者
○MRTVミャンマーラジオTV(軍政プロパガンダ)
○MWD TV MyawaddyTV 国営放送 (軍政プロパガンダ)

これら軍政プロパガンダはクーデター以降、現在、YouTube、FB、Twitter等から追放されました。

☆独立系媒体は軍事政権によって許可停止であるため、
地下に潜って活動中。(以前からタイ、インドに拠点がある。)

ミャンマーの真実を伝えるために必死で頑張っている!
運営資金はほぼ国内外市民からの寄付である。
◎Myanmar-Now(独自の情報網があり必!) 英、ビルマ語
◎Mizzima MizzimaTV(独自の情報網があり必!)英、ビルマ語
◎KhitThitMedia (情報が早い、Twitter→Telegram又はFB、 市民密着型、ただし全文ビルマ語。)
◎DVB Dvb Burmese ビルマの声(一部ノルウェー政府資金支援 元々は同国へ避難民の方々が創設)ビルマ語、英語版もある。
◎The Irrawaddy イラワジ紙(日本の朝日新聞と毎日新聞に相当する。外交にも強い。外交官寄稿文にもよく引用される。)英、ビルマ語(ビルマ語版はより細かい事例まで転載)
◎The Chindwin ( Twitterは情報早い。WEBは他と違った角度で。)英語、ビルマ語
◎RFA Burmeseラジオフリーアジア ビルマ(アメリカ合衆国が資金援助)ビルマ語、一部英語
◎VOA Burmeseボイスオブアメリカ ビルマ(アメリカ合衆国が資金援助)ビルマ語
◎その他DMG・・・・・他・・・・・
◎KachinNewsGroup カチン語、ビルマ語、英語

※BBC Burmeseを記載しなかったのは独自の情報網が上記に比べ少し弱いところがある。(植民地時代の影響かな)それ以外はさすが。

各PDF(人民防衛隊)等の映像はFBwatchから。

※以下、2022年1月中旬以前の転載分は『トピックス』のコーナーにあります。
トップページ一番上のメニュータブから
『インフォメーション』→『トピックス』をクリックしてください。

 ミャンマー連邦共和国挙国一致内閣 国民統一政府NUG WEBサイト。
ビルマ語英語切り替え

https://www.nugmyanmar.org/en/

 ガガーリン8707D0D9-71D1-43AC-B9F8-AA07018B3F5F

有松絞会館前、ユーラシア食堂さらび店前にございます
『石碑』について。

石碑1
ユーラシア食堂さらび店前にあります石碑はどのような石碑かご存知でしょうか・・

この石碑は 江戸時代後期の歴史家、思想家、漢詩人、文人で

幕末、明治維新から昭和の戦前期まで広く影響を与えた『日本外史』(幕末から明治にかけてもっとも多く読まれた歴史書)などの著者、頼山陽(らい さんよう)が1813年11月、有松 井桁屋に一泊することになった時に見た当時の有松の街、絞り染めのすばらしい衣、桶狭間の古戦場、を 頼山陽の感性によて見事に描かれた『過 有松邨』(詩)であります。さらび店内に詩のリーフあります。
 山陽1
山陽2
  
歴史ファン必見!

とは言うものの戦前、戦中世代の方々には大変良く知られた人物なのですが、戦後世代以降にはほとんど知る人がいません。

簡単に補足しておきます。

山陽写真

頼山陽(らいさんよう)
1781〜1832 名は襄(のぼる)
主著『日本外史』は
幕末の尊王攘夷運動に影響を与え、日本史上のベストセラーとなった。
幕末から明治にかけてもっとも多く読まれた歴史書。
(外史とは民間による歴史書の意)伊藤博文(倒幕派)、近藤勇(佐幕派)の愛読書であったことでも知られる。

ただし江戸幕府の正当性を主張したとする山陽自身の説明があったにも関わらず、
この部分が世に出る事がなかったために幕末において「誤読」され続け、
山陽の随筆意図と無関係な尊王攘夷や
むしろ対極にある討幕論が生み出された。

また山陽の説明(「例言」第四則)がこの世に出た以降も討幕に否定的な歴史書であることが意図的に無視される。

そして明治以降は天皇制の権威付けに
昭和6年以降〜終戦までは思想統制に利用され、

こうした経緯があり戦後GHQの意向により意図的に知られなくなる。

山陽のことが戦後世代にあまり知られていないのは当然である。

では 日本外史の中でもっとも分かりやすい山陽の描写

『敵は本能寺にあり』これでおわかりですな・・・

本C5C52DE9-01B2-4BBF-B978-0981EE8A227D
店主の書評 『頼山陽と戦争国家』著 見延典子

 
没後の頼山陽の評価の変遷をまとめ上げた貴重な書。
巻末には貴重な関連資料集あり。

そもそも現代日本人のほとんどは頼山陽のことを知らないであろう。
昭和12〜3年生まれ以前の方々には ほぼ100%知られた存在。
何故なら『日本外史』の「桜井駅の訣別」は
当時の教育現場で読み継がれていた。
戦前の国定教科書である。

と云ったところで余程の昭和史通、又は「太平記」(楠正成だー)って分かる歴史通、
又は戦前世代にしか理解して頂けないのだが…

江戸時代後期の 歴史家、思想家、漢詩人
である頼山陽がまとめ上げた民間による日本の武家の歴史。

『日本外史』は平氏から徳川氏まで、
(この時代までの日本のこれまでの歴史をまとめ上げた 日本の歴史 なる書は一般人が目にすることはまだ無かった。
信長公記、甲陽軍鑑、太平記など各々の記録は沢山あるのだが)

これが『日本外史』で当時の老中首座 松平定信
に高く評価されるのだが、
  世の中に知られるようになるのは
  山陽の死後の話。

時が経ち、多方からこの「日本外史」が出版され(当時は著作権など無い)
幕末の大ベストセラー
(ある部分が削られた=誤読される)になる。=(尊皇攘夷に影響を与える)吉田松陰

幕末期、佐幕派(例として土佐藩主 山内容堂公、 天璋院篤姫、 新選組局長 近藤勇)にも
討幕派(例として吉田松陰  伊藤博文「日本政記」も)にも愛読される。

明治政府以降天皇の権威付けに利用させていく。
 何が? どのように?

本書には山陽が『日本外史』『日本政記』(神武天皇に始まる歴代天皇の事績をまとめ上げた書)をまとめ上げるにあたって
山陽が調べた、熟読した山陽以前の過去の書物、参考にしたであろう多くの書物、
研究者が注目する当時の太平記ネタ本=こちらのほうから世に太平記が知れ渡る など紹介しつつ再確認しながら

その後、明治から大正、昭和と時が経つにつれ、どのように曲解されていったか…

※主に南北朝時代→太平記→日本外史と日本政記→南朝正統論→南北朝正潤問題→楠正成→桜井駅の訣別
(つくられる「忠臣」楠正成像)→湊川神社
山陽漢詩の書換え「七生滅賊」が国益に沿うように「七生報国」
頼山陽先生百年祭昭和6年

紹介しつつ再確認し、
昭和初期の事件、出来事と照らし合わせながら
時の政治によって右傾化する頼山陽をじんわりと浮かび上がらせる。

進む軍国化思想統制→頼山陽の神格化→反論

戦後 消える頼山陽=GHQ

また、序盤の頼山陽をとりまく政治世界
では「日本外史引用書目」(259の参考文献)の中で『大日本史』(水戸光圀が編纂に着手)
と『大日本史賛藪』(水戸黄門の格さんの論賛)についての記実あり、山陽に影響を与えたことが分かる。

また水戸藩が編纂をはじめた『大日本史』は完成するのが二百数十年後の1906年。

安積澹泊(格さん  御老公の御前である 頭が高い 控えおろう)の論賛が削除されたり
=後期水戸学派によってつくられた「大義名分論」

削除を企た理由=いわゆる国体の概念。→大正、昭和天皇も認めていた“天皇機関説”の排除。

[本書に出てくる天皇機関説から本書の外へ時計の針を進めると、終戦を境に復権した(ヨハンセン)吉田茂は“天皇機関説事件”で野に下った金森徳次郎に自らの内閣で憲法問題専門の国務大臣ポストに就いていただき帝国憲法改正案(日本側の案とGHQが示した案を元に新たな憲法改正案を練っていた)を“現実の憲法”=今の日本国憲法
に仕立て上げるためにコンビを組むのである。吉田茂は憲法作りに政治生命を懸けた。(幣原や吉田は日本占領に口を挟むことの出来る極東委員会の中には日本の天皇制に批判的な国々から糾弾を受ける可能性があり、(天皇の戦争責任、天皇制の廃止)天皇を守るには時間との戦いであった。マッカーサーと吉田の気が合ったのも大きい。(例、昭和天皇とマッカーサーの写真))   こうした吉田や金森をはじめ、現在の日本国憲法を練って闘った政治家、関係者(例 白洲次郎)、昭和天皇側近たちの動きを無視して「占領軍の作った憲法、押しつけ憲法」と批判して改正を声高にするのは皮相的で批判する側の見識の無さが見て取れる。吉田が権力の座から降りた後、改正論者(例 鳩山一郎、岸信介)の言に反射的に反発する。(「当時の社会党などが主張する護憲派とは異質の政治姿勢であり、系譜であるように思うのである」作家で昭和史研究の保阪正康氏)  ] 

話を戻すと、『大日本史』に多くの編者が関わったりしたことで、
原点である徳川光圀(御老公様 先の副将軍 水戸光圀公)
の考えから離れていった。

水戸学は 前期水戸学派 後期水戸学派
と分かれ 系列が異なる。

筆者曰く 
水戸学の変質にあわせるように、
山陽も道連れにされた観がある。

 初志を貫徹しるため山陽は多くの書物を読み、
人の意見に耳を傾けた。
批判もしたが、なるほどと思うものは貪欲に吸収しようとした。
その上で自分なりの独自の視点を身につけ、思考を深めた。
山陽が書いたものが誰かの踏襲であったり
踏襲と踏襲が掛け合わさったりしているように思えるのも、だから必然である。
山陽や著作をありのままに受け入れて読むところから、
山陽の再評価の道は開けていくであろう。

新聞1 D6DF5543-EE99-4F15-9746-51DD120ADDB6 
新聞2 E1BA1081-456E-4724-B136-96367A659A72
新聞3  04BCC617-9FEE-4CB0-A186-6D570D5305B2
新聞4 BF4D46CC-018E-428B-8D5B-F1AAF4E0B8AC
※旧ソ連によるシベリア抑留と旧日本軍によるシベリア出兵 
による犠牲者追悼墓参を長年されてこられました横山周導氏率いる
NPO法人『ロシアとの友好・親善をすすめる会』が
会員の高齢化に伴う会員数減少により継続的な法人としての運営が困難となり
2020年7月、解散された。
非常に残念な思いです。

本 DDC4F21E-5073-449A-BD1B-0BA114FB66DD
厚生労働省(ロシア連邦政府等から提供された抑留者関係資料一覧)
https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/syakai/soren/itiran/index.html


*こちらもご覧ください*