《☆トピック★ビルマ(ミャンマー)情勢☆》

《こちらのページは1ヶ月毎の更新(過去記事)にしました。》
最新はトップページ又は新着情報です。

 

2/1日軍事クーデター以降ミャンマー(ビルマ)では
軍事政権による市民への弾圧が今も続き、多くの市民達が亡くなった。
市民の抵抗は打倒軍事フンタに変化した。

クーデターは医療制度のほぼ完全な崩壊をもたらした。


そして、軍事フンタ政権に代わり、
ミャンマーの影の政府『NUG国民統一政府』がCOVID-19ワクチンの展開を計画

☆9月の国連総会では正当なミャンマーの国連代表であるKyaw MoeTunチョーモートゥン氏が再度認められる事になるでしょう。
軍事フンタの打ち立てた代表は国連総会で認められることは無い。
7月〜8/5彼は脅迫を受けた、タイの武器商人?(タイで暮らす軍事フンタミャンマー人)を通じた暗殺計画も判明、
実行に関わるNY在住ミャンマー人2名はFBIに逮捕された。
この28歳と20歳の若者は$5000で買われた。
暗殺の後+$1000 、
そして本当の悪は捕まらない。
FBIは彼のセキュリティを強化した。

チョーモートゥン1e0a7b62-7add-11eb-9fc3-2f3c8e08d261_image_hires_082820

市民の写真AF8E2D4E-CF3A-47AB-B0F4-BBF0902A7135
『お前らは俺たちを地中に埋めようとしている でも 俺たちは種であることを知らない』
5/9日、国軍軍事評議会による激しい拷問の末、10日お亡くなりになられたビルマの詩人ケトティ氏の詩。
彼の詩を持って抵抗の写真は誇り高きミャンマー市民より

『彼らは頭を撃ち抜く だが革命は心の中にあることを知らない』
抵抗のミャンマーの詩人ケトティ氏の死
https://www.rfa.org/english/news/myanmar/poet-05112021185408.html

 ◎COVID-19、クーデターと医療
すでに抑圧的な軍事独裁政権の手に苦しんでいるビルマの人々は、現在、COVID-19の第3の波に直面しています。クーデターの前、パンデミックの第1波と第2波の間、ボランティア、医療スタッフ、および文民政府の下で組織された文民が効果的な対応を調整していました。ビルマは東南アジアで最初にワクチンを接種した国の1つであり、パンデミック予防で国際的に認められました。

2月1日、軍事フンタが権力を掌握し、それ以来、国の経済、教育、健康の主要セクターはすべて悪化している。ビルマの人々はパンデミックに直面していますが、適切な医療サービスがありません。全国で検査施設が根絶されており、感染した民間人の実際の数を計算することは不可能です。

基礎薬が不足し、価格が高騰している。軍は必須医薬品と医薬品の輸入に厳しい制限を課しています。さらに、軍事フンタは病院や診療所を閉鎖し、民間人が救命用酸素を購入できないようにしています。このテロにより、全国で死者数が増加しています。これの多くは文書化されていません。軍事フンタは事実と数字を差し控えており、事件を隠蔽し、ほんのわずかな数の事件しか提示していない。

クーデターの最初から、そしてパンデミックのこの第3の波を通して、軍事フンタは逮捕し、逮捕状を発行し、影響を受けた民間人の治療を支援してきた医師、看護師、その他の医療専門家の家を襲撃しました。軍事フンタの暴力によって。
 ビルマ政治囚支援協会(AAPP)によると、現在67人の医療専門家が拘留されており、600人近くが逮捕状を回避している。さらに、現在拘留されている9人を含む、221人の医学生がこのクーデターで逮捕されました。
クーデター以来、合計7人の医療従事者が軍事フンタによって殺害されました。
これは、AAPPによって確認された人数です。

一部の医療専門家はAAPPから連絡が取れず、彼らの状態は不明のままです。以下は、軍事フンタのテロの影響を受けた医療専門家のいくつかの事例です。

7月13日の夜、軍事フンタ軍がキャウ・テット博士の家を襲撃した。
彼はいわゆる警察と軍事政権の兵士に殴打され逮捕された。
彼は現在、マンダレー王宮の軍事基地尋問センターに拘留されており、尋問で拷問に直面している。
Kyaw Kyaw Thetは、Thiha Tin Tun博士と親しい友人でもあり、3月27日に軍事フンタに射殺されました。
彼はまた、慈善クリニックでボランティアをし、医学生に教えました。
7月16日、チャリティークリニックと病院で働いていたマンダレーの有名な外科医であるDr. Thet Htayは、患者の治療から帰る途中で拘束され、殴打されました
。Thet Htay博士は、軍事フンタの残忍な取り締まりで負傷した民間人の治療に積極的に取り組んできた医師です。
軍事フンタはまた、人質の家族や医療専門家の友人を連れて行っています。
6月10日、国家免疫プログラムの責任者であるHtar Htar Lin博士が、夫、息子、友人、および友人の娘とともに逮捕されました。
Htar Htar Linは、NLD政府の民間COVID-19ワクチン接種プログラムで重要な役割を果たしました。
拘留中に、彼女はCOVID-19に感染しました。
 7月19日、殉教者の日、ラングーン管区のノースダゴンタウンシップで、パンデミックの影響を受けた人々を治療していることが知られている医師を呼んだ、COVID-19に苦しむ患者を装った軍事フンタ軍。
その後、彼らはこれらの医師を逮捕し、診療所を襲撃しました。
軍事フンタテロリストグループは合計5人の医療専門家を逮捕しました。
彼らは、オンラインで患者に医療アドバイスを提供する2人の医師と、民間人を治療するために地域社会に行く3人のボランティア医師でした。
これに加えて、診療所の襲撃中に、民間人から寄贈された5つの40リットル酸素タンク、18の15リットル酸素タンク、1セットの酸素装置、薬、およびすべての医師のPPE機器は、
それが違法な材料であると主張した軍事政権によって盗まれました。
国に関係なく、民間人は緊急の医療にアクセスできる必要があります。
軍事フンタは、COVID-19パンデミックを武器として使用して、人々をさらに拷問し、民間人の命を危険にさらしています。医療専門家の違法な逮捕、起訴、拷問は、明らかに大量虐殺であり、人道に対する罪です。医師、看護師、医学生を標的にすることは、国際法の重大な違反です。
国際社会は、テロリストグループによって組織的に拘留され、誘拐され、殺害されている医療従事者を保護するという特定の責任を負っています。
2016年国連安全保障理事会は2016年に決議2286を可決し、医療関係者、病院、および医薬品への攻撃を断固として非難し、「責任者が免責されないように行動し、裁判にかけられることを保証する州」を維持しました。

1949年のジュネーブ条約の第24条では、国際法の頂点にある医療関係者、
特に「負傷者や病人の輸送や治療、または病気の予防に関与する者は、あらゆる状況で尊重され保護されなければならない」と述べられています。
国連事務総長はまた、COVID-19の発生時に、「武力紛争を封鎖し、私たちの生活の真の戦いに集中する時が来た」との声明を発表しました。
停戦を開始する代わりに、軍事フンタは、民間人にさらなる暴力を与えるためのツールとして、方法論的にcovidを使用しています。
グローバルコミュニティは、ビルマの医療提供者を保護するために行われたこれらの公約を遵守し、人道に対するこれらの露骨な犯罪をもはや無視してはなりません。

ビルマ政治囚支援協会(AAPP)

7/21 VOAより
国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は本日、チン州ミンダットの戦争難民への物資の配布を開始しました。ミンダットの難民キャンプの難民は支援を受けていますが、帰国した難民は町の外の村では支援を受けていません。ラングーンの全貌をお話ししましょう。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、7月20日、チン州ミンダットの難民にKovis保護機器と物資の配布を開始しました。
ミンダット難民キャンプの修道院長は、UNHCRは当初、町の難民と停戦中に帰国した難民に支援を提供することを計画していたが、地元の許可なしにキャンプに避難している人々にのみ支援を提供できたと述べた。当局。

現在そこにいる人は初日に配布があり、2日目にはキャンプに登録して帰国した家族に渡されます。私たちが来た後、私たちは手配をしました。
今日、それは現在、教会、宗派、修道院のキャンプに住んでいる人々にのみ与えられるべきであるというニュースが出ました。
彼らは、家に帰った家族にはそれを与えることができないだろうと私に言いました。
彼らは申し訳ありません。全部あげたいです。
しかし、彼は、彼ら全員に与えることはできず、現在のキャンプにいる人々だけに与えることができると言い、
申し訳ないと言った。
私は他に何も言えなかった。
 しかし町の外の人々や他のキャンプの人々に与える精神があります。
ただし、当局からのセキュリティ許可はありません

個人用保護具を含むCOVID-19保護; 非食品には防水シートが含まれます、蚊帳 、毛布付き 台所用品; UNHCRは昨日、ソーラーランタンの配布を支援すると発表しました。1,000世帯; 声明はそれが5,000人まで助けることができると言った。

7月の第1週に、ミャンマー赤十字社は難民にいくつかの物資を提供しました。当時、赤十字は市外に避難している難民に救援物資を提供しようとしたが、
治安上の懸念から軍事評議会によって阻止されたとキャンプ当局者は述べた。

ミンダットには10​​の国内避難民キャンプがあり、1,000近くの家族が避難しました。
CDF(チン州人民防衛隊)と軍事評議会の間の停戦後、一部は現在自宅に戻っており、都市部のキャンプには約500家族しか残っていません。

しかし、ミンダットの外に何万人もの難民が隠れており、彼らは切実に助けを必要としています。
Mindatの僧侶は、これについて申し訳ないと言いました。

「彼らが助けることができる人々を助けることができて、
そして軍事評議会がそれを許可すならば、我々は幸せです」と彼は言いました。
しかし、村や遠隔地の人々にはまだ援助が届いていないことを残念に思います。」

Mindatへの援助物資は7月19日にMindatに到着し、配布され始めました。
ミンダットの何万人もの難民が国連の支援を望んでいます。
国連は、ビルマでのCOVID-19の流行が深刻な懸念がある現在、
COVID-19を制御するために必要な酸素やその他の機器を入手するために懸命に取り組んでいると述べています。

要するに軍事フンタ評議会は今回国連の援助物資が入った1箇所しか許可を出していないのです。
写真を撮らせてアピールしただけ。
状況はほとんど変わらない深刻なまま!
米国務省もちとフンタに利用されたか・・

写真はミンダット村に到着した国連物資7/19 国務省関係者のツイートから
ミンダット国連886042CC-19CC-46C5-895A-A2A7CDCFC22A

https://burmese.voanews.com/a/min-dat-chin-state-un/5972544.html

そして、約1ヶ月続いた停戦は破られた。

イラワジ紙7/21
水曜日、チン州の山頂の町ミンダットで、ミャンマー軍と地元の民間人のレジスタンス運動家の間で約1か月にわたる停戦が発生した後、新たな戦闘が勃発した。

衝突は水曜日の朝6時40分頃にシュエツイントゥ村の近くで始まり、「午後まで激しく続いた」とミンダットの住民はイラワジに語った。

ミンダットの町は5月と6月に激しい銃撃戦を経験し、家から逃げることを余儀なくされ、他の村、教会、修道院の一時的な避難所へ10,000人以上の住民がミンダットを出た。

民主的に選出された国民民主連盟政府を追放した2月1日のクーデターを拒否した平和的な反体制抗議者に対するフンタの残忍な弾圧を受けて、ミンダットの住民は5月に軍に対する武力抵抗に加わった。

Mindat People’s Defense Force(PDF)は、通常は狩猟に使用される伝統的な自家製の銃で軍の洗練された武器と戦った。

一時的な2週間の停戦は、6月23日にMindat PDF、町の長老、軍によって合意され、その後さらに10日間延長されました。

ミンダ郡区の国内避難民(IDP)キャンプ管理委員会のメンバーであるコ・ローレンスは、次のように述べています。

委員会は、チン州とマグウェ地域を結ぶミンダット-パッコック道路沿いの検問所で薬を押収した軍事フンタ軍にもかかわらず、食糧と医療援助を必要としている人々に配布している。委員会によると、国内避難民のためのキャンプにはまだ約5,000人が住んでいる。

「私たちは頻繁に逃げなければならなかったので、私たちは米と薬が必要です。薬に関しては、軍事フンタが薬を運ぶ人々を逮捕するケースがあったので、それはより困難です」とコ・ローレンスは言いました。

シュエツイントゥ村はダウンタウンから30マイル以上離れているため、ミンダットの農村地域の人々は新たな戦いのために新たな困難に直面していると彼は付け加えた。

地元の人々は、過去3か月間、戦闘のために家から逃げることを余儀なくされてきました。

月曜日に、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、火曜日から最大5,000人に人道支援を配布するためにその車輌がミンダットに到着したと述べた。1,000世帯から5,000人が「切望されている支援の恩恵を受けることが期待されている」と述べた。

補助用品には、ターポリン、蚊帳、スリーピングマット、毛布、キッチンセット、ソーラーランプ、COVID-19予防用の個人用保護具などの非食料品が含まれます。
 しかし、ミンダットの住民とタウンシップIDPキャンプ管理委員会は、
軍事政権は、軍事政権によって承認された一時的なIDPキャンプに避難している人々への援助供給を制限しており、農村地域のIDPの避難所には制限していないと述べた。

「UNHCRと世界食糧計画の輸送車輌団がミンダットに到着しましたが、彼らの援助は、国内避難民の数が地方よりもはるかに少ない町の避難民にのみ提供することが許可されています。
軍の[州行政]評議会は、村のIDPに援助を提供することを許可していません」とKoLawrenceは述べています。

「ミンダットの人口の約70〜80%は、親戚や村の国内避難民キャンプのいずれかで、まだ農村地域に滞在しています。UNHCRの援助は、町にいる国内避難民のみを対象としていると聞きました」と、ミンダットのルクセ村のカトリック司祭であるニコラス神父は付け加えました。彼は1か月以上にわたって1,500人以上の避難民に避難所を提供するのを手伝ってきましたが、彼らの大多数は最近帰国しました。

住民は、ミンダットのダウンタウンにある約50家族に援助を分配した後、UNHCRトラックが援助物資を取り戻すとさえ聞いていると述べた。
 神父 ニコラス氏によると、最近家に戻った人々は水曜日に再び彼に連絡を取り、一時的に再び避難所を探すことができるかどうか尋ねたという。

「村の近くで戦闘が再開されたため、再び逃げなければならないかもしれないと言う人もいます。COVID-19感染の数が増加しているので、私たちは大勢の人々が集まるのを心配しています」と司祭は言いました。

写真は「殉教者の日」の前日の18日の抗議、東京や名古屋でもあった。
私もミャンマーの方々と共にあった。

こびす4C5521F0-E9FE-4F23-B475-64ACCBF8B2CF
東京727C5072-21F1-46CA-8392-19EF5BDA6BF6
名古屋98BC2BAD-7F0E-42DE-8906-FC2474271360
名古屋42E156D0-37BF-486B-B7DA-C9B5B12E8924
下の2枚が名古屋


※日本の企業側からミャンマー人実習生に対し、
抗議活動に参加しないように企業側から通達があったと聞いている。
立場の弱い実習生達は
実際誰も行くことが出来なかった。
ミャンマーの方々は嘆いていた。
実に悲しい!
私、怒りが込み上げてきた。
日本は技能実習生制度いつまでやっているのか?
日本政府の人権軽視の姿勢には
呆れるばかり

7/19日、ミャンマー本国は『殉教者の日』でした。
 BURMA’S MARTYR DAY 殉教者の日とは
1947年7月19日、ビルマの完全独立に向けイギリスとの激しい交渉や、何度にも渡る会議で国内対立の解消と国家統一への道を模索し続けていたアウンサン将軍と閣僚等が暗殺された日である。
本国ではこの日、大事な式典がある。
 軍事フンタによって勾留中のドウ アウンサンスーチー国家顧問はこの日の式典に出席できなかった。
軍事フンタ代表ミンアウンフラインは出席しなかった。 
宗教文化大臣のU KoKoが彼に代わって出席しました。

式典80803286-44AA-46D9-880F-5C071164D49D式典7327D528-E38B-45FF-A595-0DBB97428FF1

勾留中のドウ アウンサンスーチー国家顧問は、
以前の軍事政権時代、ソーマウン〜タンシェ1989年〜2010年の間に以前の軍事政権によって自宅軟禁されていた間、タンシェは殉教者の日の式典に彼女が出席することを許可していた。

昨年はフンタのミンアウンフラインもスーチー国家顧問も出席していた。
66959AE1-63A0-46C7-9B59-7E3FD3765F4B国家顧問フライン0356222B-E8E2-43E9-BCFB-D832F4AFD7BE

最終的に、ミャンマーのNLD政治家と一部のアナリストは、中国がクーデターメーカーとDaw Aung San SuuKyiを含む拘束されたNLD指導者との間の調停と何らかの形の交渉を依然として望んでいると確信している。
 (この辺りが潮時!北京はクーデターメーカーを信頼していない!
そう、以前から。
心配なのは日本のミャンマービジネス関連議員。)

https://www.irrawaddy.com/opinion/analysis/the-coup-china-saw-coming-in-myanmar-and-failed-to-stop.html

COVID-19感染による呼吸困難者への酸素不足が深刻、写真は市民提供
酸素0B276623-9D97-4F2B-8772-D383766D3249

ミャンマーは前例のない3つの悲劇に直面しています。
致命的な暴力、
制御不能なCOVID-19のパンデミック、
そして経済の崩壊です。
命を救うための費用は莫大になります。
COVIDを封じ込めるコストは莫大になります。
経済を修復するためのコストは莫大になります。

7/9イラワジ紙コラムより、一部私のコメント

 ◎ミャンマー軍はこれらの危機の原因であり、それらを安定させたり、悪化を防ぐ意図はないようです。
これは、国民民主連盟(NLD)、連邦議会代表委員会、国民統一政府(NUG)が、
民族指導者や市民社会との集団指導を実現するために取り組む機会を提供します。
多くの民族グループは、差し迫った人道的危機に対処するためのシステムを備えた統治構造または当局を持っています。
これらの民族指導者と協力することにより、彼らは連立を深めることができ、軍隊が去った後、新しい持続可能な政治的解決をもたらすことができます。
人道支援組織と開発組織の両方である国際的なアクターは、現在の状況の中でその任務を遂行し、責任を持って行動するために、これらのアクターを介して取り組む必要があります。
KDHWとして知られるカレン民族同盟の保健部門や教育部門(KED)などの民族統治機関は、引き続き地域社会の世話をしたいと考えています。

これは、連邦制度における自治の表れです。彼らは一時的な解決策として見られることを望んでいません。それらはミャンマーの長期的な解決策の一部です。

 ◎容赦ない暴力

伝えられるところによると、政権に対する組織的な抵抗の1,100以上の暴力行為により、約1,200人のフンタ軍隊が殺害された。
6月中旬、中心部の主要都市であるマンダレーで、軍事フンタ政権軍と地元のゲリラグループとの間で最初の銃撃戦が勃発しました。
現時点では、この衝突が国内の市街戦の最初の戦いであったかどうかは不明ですが、
NUGは、すべての地元の抵抗勢力が軍事フンタに対し戦争を開始する
「D-Day」を発表する予定であると述べました。
(市民のFB上でも確認できる 私は確認した)

 軍事フンタはそのような事件への対応においてより速くそしてより積極的になりました、そしてこれは続くでしょう。
ソーシャルメディアの議論は、マンダレーでの衝突の余波によって支配されてきました。
発生したさまざまな人民防衛軍グループ(PDF)には、中心的なコマンド(NUGなど)がないが、地域の状況に適応しようとしていることが明らかになりました。
一部のPDFは集団武装蜂起の日を楽しみにしているかもしれませんが、
他のPDFはゲリラ戦に傾いているようです。武装していない親軍の文民行政官と軍事代理連合連帯開発党のメンバーの暗殺が増加しているため、ゲリラとテロの戦術の間の微妙な境界線を踏みにじっている人もいます。

先週(6月下旬)、Demoso Townshipの住民は、Tatmadaw(ミャンマー軍)と地元の武装グループとの間で停戦が合意された後、この地域に戻った後、少なくとも20人の遺体を回収した。
伝えられるところによると、一部の遺体は超法規的処刑の兆候を示した。
伝えられるところによると、サガイン地域での民間抵抗軍による2回の銃撃戦で、少なくとも30人の軍事フンタ軍が殺害された。

国連人道問題調整事務所は先週、2月1日のクーデター以降、ミャンマーでの暴力と戦闘により避難した人々の数が約23万人に増加したと述べ、支援が必要であると強調した報告書を発表した。
一方、軍事フンタとその支持者を標的とした攻撃は、武器と弾薬の供給が都市を拠点とするPDFメンバーの手に渡ったように見えるため、国の一部で続いています。
(私はFB,Twitter上にあがる彼らの所有している自動小銃等の種類等に注目している。つまりどこから入手出来たか)

したがって、ミャンマー国民は、今後数ヶ月でより多くの暴力を経験する可能性が非常に高いです。

 ◎パンデミックの悪化

 ミャンマー政権は、6月末に1,580人の新規症例(19.9%の陽性率)と14人のCOVID-19による死亡を報告しましたが、政権が正確なデータを提供していないという懸念の兆候があります。一方、米国政府の疾病対策センター(CDC)は、ミャンマーのCOVID-19の状況を最高レベルの深刻度と評価しています。現在の蔓延率のため、CDCは、完全に予防接種を受けた旅行者でさえ、COVID-19変異体に感染して蔓延するリスクがある可能性があると述べています。

医師と看護師が市民的不服従運動を主導しているため、クーデター以降、医療への一般のアクセスは急激に減少しています。私立病院と慈善病院はいくつかのニーズを満たすことができますが、政権による免疫化プログラムの停止は、すでに貧弱な医療制度を麻痺させるでしょう。

ロイターは、クーデター前のNLD政府が昨年行った​​ワクチンプログラムは、
(それにより今年1月27日から全国的なワクチン接種プログラムが始まった。
医療スタッフとボランティア医療労働者は、インドから寄贈されたアストラゼネカワクチンのショットを最初に受け取った。)
約300万回のCOVIDワクチンを投与したと報告した。
(その後、中国製シノバック等とロシア製スプートニク。)
すべての人が2回の接種を必要とすると仮定すると、それは国の人口の約2.8%分のワクチン接種。
(また、中国は国境を接する民族武装グループに対し、無料のコロナウイルスワクチンを供給した。クーデター発生後の2月、KIAカチン独立軍はワクチンプログラムを実施)

 ところが、クーデター後、ミャンマーのCOVID-19免疫化プログラムの元責任者は、
一部の主要な医師とともに、NUG支持、軍政との衝突の疑いで反逆罪で拘束されたため、
軍事政権がパンデミックを封じ込めることができるかどうかは疑わしい。
(7月に入って酷い状態になってから軍事フンタ政権はロシアから購入した200万回分のワクチンの最初のバッジを提供することを計画、中国から500万回分のワクチンを購入することで合意、
ロシアの技術支援を受けてミャンマー製薬産業がワクチンを製造するよう手配、(実際の製造は当分先!))

(7月以降の事例を参照すると中国製シノバック、シノファーム、のワクチンはデルタ株に対し効果がそれほど良くはない、タイ政府は一回目接種シノバック、二回目接種アストラゼネカ に切り替えました。)

一般市民の軍に対する不信と恐れを考えると、軍が全国的なワクチンプログラムを主導できないことは明らかです。
軍はすでに服従と引き換えに賄賂としてワクチンを使おうとしましたが、国民は協力を拒否しました。

 ◎景気低迷

主要都市からの逸話は、消費者の非循環部門の売上高でさえ、クーデター以来50パーセント以上減少していることを示しています。チャットは米ドルに対してその価値の20パーセントを失いました。

ミャンマーの独立エコノミスト(IEM)は最近、家計の購買力が急激に低下すると、
人口の25%が貧困ラインに陥り、企業と家計の両方に深刻な影響を与えると報告しました。
国連開発計画によると、COVID-19と2月1日の軍事クーデター後の政治的暴力は、ミャンマーの人口の半分を貧困に陥れる可能性があります。

IEMはまた、食糧供給の減少と世帯収入の減少の影響により、多くの世帯が貧困ラインをはるかに下回り、基本的な消費と栄養のニーズを満たすことができなくなると報告しました。

 現在の状況では、国際的な関係者が軍事管理機関を通じて直接人道援助を提供することは不可能ですが、
”過去30年間国境を越えたプログラムを実施してきた民族市民社会グループは、提供する上で重要な役割を果たすことができます。”

緊急に必要な人々への援助。
たとえば、エスニックヘルス組織は、大規模なCOVID予防プログラムを実施するために、切望されているシステム、スキル、およびコミュニティの信頼を持っています。
国際社会の支援により、EHOは国の広い地域にCOVIDワクチンを提供することができます。

要約すると、軍事フンタまたは平行NUGがそれぞれの固定位置から立ち下がっている兆候はありません。
現在の行き詰まりは、実現可能性にかかわらず、国際的な対応と反応がミャンマーの国内の期待を刺激しているため、少なくとも第76回国連総会が9月に始まるまで続く可能性があります。

この状況はまた、NLD、CRPH、NUGが民族指導者や市民社会と協力して、
連邦レベルでの政治交渉に必要となる信頼を築くことにより、
現場の人々を支援する機会を提供します。

https://www.irrawaddy.com/opinion/guest-column/public-facing-an-unprecedented-threefold-tragedy-myanmars-shadow-govt-must-work-with-ethnic-civil-groups.html

コロナDF5F35BB-04D4-4EC7-BB01-39E784445581

《非常に悲しいが、7/2(金)にザガイン管区タバインタウンシップで多くの民間人が軍事フンタによって殺害されたがその規模はより大きいことが判明した。》

7/5イラワジ紙

 金曜日にサガイン地域のタバイン(デパイインとしても知られる)タウンシップの村を襲撃した際、数人の子供を含む約41人の民間人がミャンマーの軍事フンタによって殺害された。

暴力の詳細が明らかになるにつれ、攻撃による当初の死亡者数25人から増加しました。

7/4月曜日、現地からの報告で20の遺体が特定され、15人の民間人が負傷し、約50人が行方不明になっていることが判った。

金曜日の朝、民間の抵抗戦闘員が自家製の銃を使って村を襲撃した数百人の軍事フンタ軍を撃退したとき、銃撃戦はボケ・イワル村とサトピアキン村の近くで発生した。

関与した村人によると、長期にわたる銃撃戦の間に、軍隊に抵抗した約6人の学童と5人の大学生が殺された。

村人は少なくとも15人の軍の死傷者があったと言った。

ジュンタ軍は民間人の標的に対して多数の砲弾を使用し、逃げる村人に発砲したと伝えられている。

「それは本当の銃撃戦ではありませんでした。
この地域には強力な人民防衛軍(PDF)がいないため、一方的なものでした。
若い村人たちは自衛のために自家製の銃を使用しました。彼らはよく訓練されていません」と居住者はイラワジに語った。

村人たちは、軍事フンタ軍は見つけた民間人に発砲していると言った。
退却する民間戦闘員によって置き去りにされた6人の負傷したレジスタンス戦闘員が、軍事フンタ軍に捕らえられた後、軍事フンタ兵によって頭を撃たれた。

死者と負傷者を探すために戻った他のレジスタンスファイターと村人は
土曜日にフンタ軍隊によって射殺された。

先週の金曜日以来、タバインタウンシップのサガイン地域の10以上の村から約6,000人が家を追われました。

住民は、フンタ治安部隊が村人を求めて森を捜索し、見つけた民間人を射殺していると言います。

森に避難していた50歳の女性村人は、有毒なヘビに噛まれた後、月曜日に亡くなりました。

「村人の家を略奪し、逃げる民間人を射殺することは、軍事政権の人権侵害の一部です」と村人はイラワジに語った。

6月中旬、Satpyarkyinは軍事フンタと抵抗の間の衝突を見ました。
https://www.irrawaddy.com/news/burma/myanmar-civilian-death-toll-rises-from-sagaing-fighting.html

《毎日軍事フンタに対する抗議は続くんです。軍事フンタが倒されるまで》
7/2マンダレーで軍事フンタに対する抗議の僧侶
91A29459-0D0B-446E-9F3F-C736F86E6BEE僧侶AEB74E5C-FB3B-46EA-B13F-1E99B67892BF

https://www.irrawaddy.com/news/burma/myanmar-coup-makers-birthday-greeted-with-curses-nationwide-condemnation.html

https://burmese.voanews.com/a/myanmar-protests/5952065.html

7/3軍事フンタ指導者ミンアウンフラインは65歳の誕生日を迎えた。
ビルマ(ミャンマー)の人々は抗議をもってこれを迎えた。
人々は怒りと憎しみと怨念を抱いている。

https://youtu.be/K09lWyHE9IM?t=10

7/3イラワジ紙 一部省略
国民民主連盟(NLD)のメンバーであった夫婦は、金曜日の夜、マンダレー地域のミンジャン郡区の自宅で身元不明の銃撃者に射殺された。

金曜日の午後7時頃、有名な家庭教師であり、ミンジャンのNLDの幹部である、U Moe Heinが、妻のMa Su SuHlaingと一緒に自宅で射殺されました。

暗殺は、6月26日に軍事フンタが結成したPyu Saw Hteeグループが、夫婦を含む38人のミンジャンNLDメンバーのリストを発表した後、
政府機関、学校、政府職員、病院などへの攻撃があった場合、彼らに対して厳しい行動を取ると述べた。

《つまり、クーデターによって身を隠すことを余儀無くされたNLD国民民主連盟の方たちを
放火、破壊等の罪を着せ、炙り出し、見つけ次第、殺害する。》極悪非道!!!

地元の人はイラワジに、NLD夫婦が隠れていて町の3区の家に戻ってからわずか1日か2日で殺されたと語った。軍事フンタの軍隊が町のすべてのNLDメンバーを狩っていたので、カップルは隠れていました

地元筋によると、未知の武装集団も家を捜索し、NLDメンバーが所有する携帯電話を殺害した後に押収した。

地元住民によると、数分後、軍事フンタ軍が現場に到着し、近くの家で民間人を逮捕した。

土曜日の朝、夫婦のために葬式が行われました。

その反対に
憎き軍事フンタと軍事フンタが結成したPyu Saw Hteeグループに対し、
いくつかの区と村の管理者、および軍事フンタの情報提供者を含む軍事フンタの職員が、町の未知の襲撃者によって攻撃されました。
セブンピープルディフェンスフォースとゼロゲリラフォースの民間抵抗戦闘員は、町での攻撃のいくつかの責任を主張しました。

6月中旬、国民民主連盟(NLD)のメンバーの息子を含む、拘束された2人の民間人が、マンダレー地域のミンジャンで軍事フンタの情報提供者とされる人物をナイフで攻撃した後、軍事フンタ軍によって射殺された。

地元住民は、軍事政権はまた、町の反体制運動に対抗するために、軍事政権支持者と一緒にピューソーティーグループを結成したと述べた。

Pyu Saw Hteeグループのメンバーは、軍によって訓練され、銃で武装しています。

Pyu Saw Hteeグループのメンバーは、民間の抵抗勢力の名を黒く汚すために(濡れ衣を着せ追い落とすために)、学校の建物や私有財産に対して意図的に犯罪、爆撃、放火攻撃を行っている。

https://www.irrawaddy.com/news/burma/married-couple-belonging-to-myanmars-nld-slain-in-their-home.html

 6/19日(土)はドオ アウンサンスーチー誕生日でした。
この日、ミャンマー本国の都市、町や村、至る所で
ドオ アウンサンスーチーの76歳の誕生日を祝い、
   同時に、
抗議が全国でおこなわれた。
その名は“花のボイコット!”
 「軍事フンタがどれほど暴力的であっても、私たちの人々のためのものです。
残酷でどれだけ殺されても。
私たち国民は、これからも軍事独裁政権と全力で戦い続けます。
私たちは独裁者と向き合い続けます。
私たち国民は、ヴェーダフライが使い果たされたというメッセージを送っています。
 もう1つは、6月19日に生まれたアウンサンスーチーを含む4,000人以上の
軍事フンタによって
拘束中の人々に対し、敬意を表することです。」
覚えておいてください“花のボイコット”


赤い薔薇は勇気の印です。

VOA関連記事
https://burmese.voanews.com/a/daw-aung-san-suu-kyi-brithday-protests/5935111.html

76歳B0422859-AE49-4B1B-A586-72C8A7758D0E

 日本では愛知県東海市にある聚楽園の大仏で、大雨の中、行われました。
   写真は店主

76歳1C7C0A8D-925B-4709-8959-2F025C70BC67

6/23のRFAラジオフリーアジアビルマ映像簡易解説
〔22日朝のマンダレーで起きた
PDFマンダレーの拠点を国軍軍事フンタが襲撃した事件 
で冒頭RPGを拠点に向け発射する国軍軍事フンタ、
 〜7分 マンダレー関連(フンタに追われ追突して亡くなった Mandalayの若者)、
火曜日の夜、マンダレー地域のナグゾンタウンシップの警察前哨基地への襲撃中に、2人の軍事フンタ警察官が民間人の抵抗ゼロゲリラ軍によって殺害された。
7〜10分 6/22(火)にサガイン地方のバントブウェイ村の近くで軍事フンタ軍によって全焼した後の家
10~20分 6/20(日)〜 ロシアへ出発したミンアウンフライン軍事フンタリーダー(映像に出てくるMDWは国営TVミャワディ)、
〜22分 フンタに連行される市民
22分〜 PDFに入る前はギターを弾く普通の若者
24分〜 市民の抗議〕

PDFマンダレーの拠点を国軍軍事フンタが襲撃した事件
では軍事フンタ側も3名が死亡の内、軍の将校アウンミョーキョウ中佐も含まれる。(情報筋)

軍事評議会国軍フンタは既に外国に駐留する占領軍の様相!

革命8BC9F891-B7A0-4296-A183-94F9D58EF3C8
彼らは革命をやっている。

6/23イラワジ紙より抜擢
私のつけた題目《当然の歓待!!!》
一般的に言って、あなたが国家公務員である場合、外国訪問中に受入国からどのように扱われるかは、あなたが誰であるかについて多くを物語っています。
あなたが出会うファンファーレの程度が重要です。
空港に到着したときに誰があなたを迎えるためにそこにいるのかは、
あなたがどのように認識されているかを示しています。
滞在中に誰に会うかは、訪問中の重要性の象徴です。
そこでの報道があなたをどのように定義するかはあなたのステータスを反映しています。

ミャンマーのクーデターリーダーであるミン・アウン・ライン上級将軍は、国防相の招待を受けて現在ロシアにおり、モスクワ国際安全保障会議に出席するよう求められています。

軍事クーデターで国の指導者アウンサンスーチーと民主的に選出されたUウィンミン大統領から権力を奪い、今日のミャンマーで上級将軍が最大限の権威を行使しているのは現実である。
ですから、彼を国家指導者と呼ぶかどうかは、
正当性の問題を提起する外国にとって厄介な問題かもしれませんが、彼は国内で最も強力な人物です。

しかし、彼の飛行機が日曜日の午後にモスクワのシェレメーチエヴォ国際空港に着陸したとき、ロシアのアレクサンダーV.フォミン准将は、駐機場でミンアウンフラインに挨拶するための最高位の役人であることが判明しました。
名誉あるゲストのための伝統的なロシアのパンと塩の歓迎式典はどこにも見られませんでした。
クーデターのリーダーが滞在しているモスクワの中心部にあるメトロポールホテルへのミャンマー代表団の護送車両団も同様に印象的ではありませんでした。
それの写真がオンラインで口コミで広まったとき、それは
ミャンマーの人々に配達用バンを思い出させました。

6/22火曜日に、クレムリンのスポークスマンは記者団に、
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領とミン・アウン・ラインの間で会合はないだろうと語り、彼の訪問についての質問はロシア国防省に向けられるべきだと付け加えた。
ロシア最大の通信社であるタス通信の報道では、
ミン・アウン・ラインは「ミャンマーの軍事首長」または「ミャンマーの最高司令官」と呼ばれていましたが、
国家元首とは呼ばれていませんでした。

ミャンマーのクーデター指導者が、会談がないというクレムリンの確認にどのように反応したかを知ることは興味深いでしょう。
 2016年当時、国民民主連盟NLD政府のミャンマー大統領ティンチョーが2016年のロシア・ASEAN首脳会議に出席するためにソチに到着したとき、

彼は空港でパンと塩の儀式で歓迎された。
翌日、 プーチン大統領は 、U Htin Kyawとの会談で、ソチの相手(ASEAN各国首脳)を歓迎出来てとてもうれしいと語った。

写真:ミャンマーの当時のティンチョー大統領は、2016年にソチ国際空港に到着すると、
ロシアの伝統的な“パンと塩”の歓待を受けました。/ASEAN-ロシアサミット

Insert_230621_6_1

「私は[あなたの]選挙であなたを個人的に祝福する絶好の機会があります」と彼(プーチン大統領)は言いました。「ミャンマー大統領が初めてロシアを訪問したことを非常にうれしく思います」とプーチン大統領は語った。

プーチンが個人的に会ったもう一人のミャンマーの指導者は、アウンサンスーチーでした。

Insert_230621_6_2
2019年に北京で開催された一帯一路フォーラムで、
ロシア大統領 は「お会いできてとてもうれしい」、「ミャンマーは東南アジアにおけるロシアの長年の信頼できるパートナーである」などと述べた。

ミン・アウン・ラインにとって、民主的に選出された政府から権力を奪った彼の政権の非嫡出のために、そのような公式の関与はまだ問題外です。
しかし、現在、中国に次ぐミャンマーへの軍事輸出国である
ロシアからの軍事ハードウェアに対する継続的な支援を考えると、この認識の欠如は彼にとって苦痛であるに違いありません。
しかし、ロシアはすべての国連会議で中国とともに
彼の軍事政権の後ろにしっかりと立っていたので、彼は文句を言う余裕がありません。

これまでのところ、ミャンマーのクーデター指導者がロシアで会った最高位の役人は、ロシア連邦安全保障会議の書記官です。
ミャンマーのマスメディア(軍政配下の)は、「両国間および両軍間の既存の協力の強化と多部門における協力」について話し合ったと述べた。

2番目に高いのはロシア国防大臣のセルゲイ・ショイグで、ミン・アウン・ラインにレッドカーペットで歓迎し、火曜日にロシアは「二国間関係を強化するためにさらなる努力をするつもりである」と語った。

 タス通信は、ミン・アウン・ラインがロシアに感謝したと報告しました。
その援助がミャンマー軍をアジア太平洋地域で最も強力なものの1つにするのに役立ったからです。
その後、2人の軍関係者は密室で交渉を続けた。

彼はまた、軍事およびデュアルユースの製品、サービス、テクノロジーを輸出するロシアの国家組織であるRosoboronexportCompanyの局長とも会談しました。
Insert_230621_6_3

6/22火曜日に、彼は会社を訪問し、いくつかの質問をしました。
このことから、武器の調達と軍事関係の深化が進行中であり、安全保障会議に出席するのではなく、
それらが旅行の主な理由である可能性が高いと推測できます。

6/22火曜日に、ミャンマー軍が運営するMyawady TVは、
ミンアウンフラインと彼の代表団がヨーロッパで最も高い自立構造である
モスクワのオスタンキノタワーを訪れた様子を映し出しました。
ビデオでは、クーデターのリーダーがタワーの展望台からモスクワの景色を楽しんでいるので、

彼らは遠足の高校生の束のように見えます。
通りすがりの地元の人は誰も、外国の高官がいることに気づいていないようでした。
これは、通常、国の訪問者に割り当てられている警備員がいないためです。

写真はGoogle上のもの、オスタンキノタワー
オスタンキノタワー5EC6AD9A-5B46-4EF2-BBD0-E713DD3D397A

イラワジ紙から6/16

犠牲者と地元住民の親戚によると、
”ミャンマーの軍事フンタ軍”(軍事評議会(SACテロリスト))
がマグウェ管区のポークタウンシップで
村に火を放った後、15日(火)に2人の高齢の民間人が死亡した。

軍事政権は火曜日の午後、村の近くで民間の抵抗戦闘員(PDF)との銃撃戦中に多数の犠牲者を出した後、キンマ村の家を燃やした。

地元住民は16日水曜日の午前10時に民間の抵抗戦闘員(PDF)によって約70人の軍事フンタ軍がキンマ村の近くで待ち伏せされた後、7人から15人の軍事フンタ兵士が地雷によって殺されたと伝えられている。
民間人の抵抗(PDF)による死傷者は報告されていません。

目撃者によると、その戦闘の2時間後、約150人の軍事フンタの援軍がキンマ村の家に火を放った。
村人の多くはすでに逃げていました。

しかし、脳卒中後の麻痺に苦しんでいる95歳の男性であるU MyaMaungと彼の妻であるDawGyi Meinは、火事で亡くなりました、と村人と犠牲者の親戚は言いました。

軍事フンタ軍(SACテロリスト)はまた、火を消して持ち物を救おうとしている村人に発砲した。
村人によると、1人の居住者が彼の足を撃たれた。

240戸の村のほぼ全体が火事で全焼しました。
現在、1,000人以上の村の住民が森と近くの村に避難しています。

逃亡した村人は言った、軍事フンタの兵士は食糧のために牛を殺した。

「私たちは、無実の民間人に対してさえ暴力を使用しているので、
全国のすべての人々が軍事フンタ軍に抵抗することを望んでいます」と地元住民は言いました。

Pauk Townshipの民間抵抗戦闘員(PDF)は、以前5月31日にKinMa村の近くで国軍軍事フンタ軍(SACテロリスト)と衝突した。

https://www.irrawaddy.com/news/burma/senior-citizens-die-after-myanmar-junta-soldiers-set-village-on-fire.html

キンマ村から離脱後情報提供者ツイート、SACテロリスト軍事フンタ軍によって村は全て焼き払われた後の映像16日夜(現地夕方)送信された。音声クリックしてください。
https://twitter.com/2021revtweets/status/1405117406314328067?s=27
その後、映像はAP通信、VOA(ボイスオブアメリカ)で使用されている。

Paukタウンシップ。点線から左がチン州、右がマグウウェイ管区。
チン州側に少し入った山のほうに あのミンダット村がある。軍事フンタ軍はこのラインからチン州奥深くまで続く道路沿いの村々を徹底的に掃討している。

3621FF81-BE38-4D59-99A4-6401243836B9

その為、ミンダット村からさらに道路沿いに北へ行った村々からは人々が国境を越えインド側ミゾラム州へ越境避難している。チン州行政トップもミゾラム州へ逃れた。
インドメディアが報じたとある。VOA。
インドミゾラム州行政トップはビルマ難民に財政援助を提供する発表があった。

473185D9-ED48-4CE1-B1B6-CAA705E8C636

 写真はビルマ市民より
弾圧4F096C26-0D7D-4612-A2EB-7F32CED1CF69

『PyuSaw Htee』
(国軍軍事フンタ評議会が新たにつくり出した卑劣な民兵組織?自警団?)
6/11イラワジ紙から引用一部解説

2月1日のクーデター後、ミャンマー国軍に対する組織化された国民の抵抗に対して、不服従運動反体制運動に対抗するために、軍の支援を受けて、『ピューソーティー』グループ(軍が組織化した、武器を持った民兵組織、自警団)が全国に結成された。

最初の『PyuSaw Htee』グループは、
並行政府である国民統一政府(NUG)が軍事政権の弾圧から人々を守るために人民防衛軍(PDF)の結成を要求した後、それに対抗する形で5月中旬に結成されました。
これらのグループは、軍が任命した区の管理者と区の管理事務所への攻撃が国内で勃発していたときに出現しました。

全国のPyuSaw Hteeグループへのリークされた手紙の中で、ピューソーティーの指導者は、攻撃がNUG国民統一政府によって行われたと主張して、全国の学校を爆撃(砲撃)(放火)し、ソーシャルメディアやティーショップ、市場、銀行などで”誤った情報”を広めるようにグループに指示しました。

「彼らはNUG国民統一政府とCRPH連邦議会評議会を汚すつもりです」とNUG副国防相のDawKhin Ma MaMyoは言いました。NUGは、2月1日クーデターのために議席をとることができなかった
2020年の総選挙で選出された正統な議員を代表する委員会であるCRPHによって形成されました。

カチン州のHpakantの元村の管理者で国民民主連盟NLDのメンバーであるUTin Soeは、6月2日に暗殺された。
地元住民は彼が『Pyu SawHtee』によって殺害されたと述べた。
Pyu Saw Hteeは、ヤンゴンやその他の場所で学校を燃やしている疑いもあります。

 そのような疑惑には理由があります。
火事の前に街灯は消された。
通常、街灯は区の行政機関によって管理されています。
校長たちは、学校での火災について知らされたとき、耳が聞こえなくなった。
学校が燃えたので、夜警は助けを求めませんでした。
そして、区の行政機関は火を消すために努力しませんでした(消火活動をしなかった)。

軍の手先として広く見られている『PyuSaw Htee』は、総務部の町レベルの事務所によって結成されたと伝えられています。
このグループは、現役および退職した軍人、公務員、
軍の代理人である連邦団結発展党のメンバー、超国家主義者、
および1日あたり5,000チャット(約3米ドル)の賃金で雇用された人々(犯罪者)で構成されています。

『Pyu Saw Htee』の本部がメンバーに偽のアカウントを使用してソーシャルメディアで誤った情報を広め、
反体制グループに侵入し、治安部隊に情報を提供させるように誘導する偽コメントを投稿 がソーシャルメディアに出回っています。

 Pyu Saw Hteeグループの情報責任者であると述べたKo Thuraは
独立系メディアのMizzimaとのインタビューで次のように述べています。
「私たちは戦闘チームを結成しましたが、緊急時に最前線の軍の人々を保護するためだけです。しかし、私たちは単独で行動することはありません。州の指導者の承認を得て、彼らが私たちを必要とするならば、私たちはその補助力としてタッマドゥ[ミャンマーの軍隊]に援助を提供するつもりです。」

Pyu Saw Hteeは、警察、兵士、消防士、下位レベルの管理者、
およびUSDPの前身である連邦団結発展協会によって形成された自警団であるSwan ArrShinを多くの人々に思い出させます。したがって、『Pyu Saw Htee』は、Swan ArrShinの新しいバージョンと呼ばれています。

◎その名の由来
 「PyuSawHtee」という名前が、軍の自警団に関連付けられたのはこれが初めてではありません。
その昔、反ファシスト人民自由連盟(AFPFL)政権時代の不安定と反乱の中で、1955年9月14日にミャンマー軍が開催した会議で、法と秩序の回復を支援する自警団を結成するという考えが発表された。

このアイデアは、バガン時代の半伝説の王にちなんで名付けられ、当時のUNuウーヌー首相が議長を務めた国防評議会の承認を得て開始されたPyuSawHteeスキームにつながりました。

しかし、グループは人々を保護する代わりに銃でいじめたため、悪い印象を植え付けました。
AFPFLの手先として広く見られているこのグループは、誘拐や強盗から強姦や殺人に至るまで、この本のあらゆる犯罪を犯しました。もちろん、野党の政治家を白昼に暗殺しました。
 

 AFPFLの政治的ライバルを追い払うためにその時代のPyuSaw Hteeによって犯された最も悪名高い犯罪のいくつかには、1956年のミンラ町、バゴーのタリヤワディ地区での4人殺害、およびSiTaung村での大量殺戮が含まれていました。 1957年にミェイク地区でイーイング。レイプされることを恐れて、女性が修道院に隠れなければならない場合もあった。

国民連合戦線を含む野党や国民は、ピューソー・ティーの解散を繰り返し求めたが、AFPFL政府と軍は彼らの要求に耳を貸さなかった。1958年にAFPLFが2つに分割されて初めて、UNuウーヌー首相はPyuSawHteeの規模を縮小することについて軍と会談しました。グループの数は半分になり、最終的には解散することが合意されました。

しかし、軍と内務省は、その悪名高い名前にもかかわらず、グループが公序良俗を維持するのに役立っていたので、ピューソーティーを解散することをいとわなかった。
最後に、高位の軍と警察官はそれを予備警察に変えることに同意しました。
そしてしばらくの間その能力で長続きしました。
しかしその役目は政治的には終わっていた。

今日のグループは同じ名前を持っていますが、それらと1950年代に形成されたグループとの間に直接的なつながりはありません。

https://www.irrawaddy.com/specials/in-myanmar-pro-junta-vigilante-groups-wage-campaign-of-violence-disinformation.html

最近の抗議抵抗運動
誇り高きミャンマー市民の鉄の意志はやつらの暴力にも怯まない!



在日の方々の抗議、東京ミャンマー大使館前6/5日

DVB TVnews ビルマの声 
軍事政権はDVBを含む5つの報道機関を閉鎖している。
(いずれも秘密の場所から活動を続けている。)

☆カヤー州では更なる危機が近づいている!(6月 6/15以降停戦中)→→
→→→8/15の時点では激しい戦闘中!(下方に少し表記)
→→→8/30戦闘中
雨季が終わると激戦が予想される地域
6/9イラワジ紙より
カヤー州では、国軍軍事政権と、
カレンニー民族防衛軍 (KNDF) &人民防衛軍 (PDF) の統合 との間で
軍事的緊張が高まっている。

Demoso、Loikaw、Hpruso の各タウンシップでは現在も激しい戦闘が継続的に行われています。
軍事政権軍事フンタは、民間の抵抗戦闘員(PDF)に対して空爆を実施し、民間人居住地域では迫撃砲を使用した。

軍当局は、デモソ、ロイコー、プルソの総行政部門に、さらなる攻撃が計画されているため、民間人は家を出るように通知しました。

州の武装グループには、結成60年以上のカレンニー民族進歩党 (KNPP) が含まれる。市民の抵抗を後押ししている。

写真は軍事政権による迫撃砲で破壊されたディモソの民家 市民の撮影 イラワジ紙より
P-5-1536x1024-2

※◎KNPP のスポークスマンである Khu Daniel 氏とのThe Irrawaddyのインタビュー。

※KNPP はカヤー州の武力紛争にどのように関与していますか?

 ○KNPP 本部は、そのメンバーに戦うように指示していません。しかし、人々の側に立つことは、長い間私たちのスタンスでした。人々が攻撃されたとき、私たちは人々を助けています。それが全てです。

※政権がカヤー州の町や村を砲撃したことについて、KNPPはどのように考えていますか?

 ○私たちは攻撃に反対します。彼らは、戦闘に関係のない民間人を攻撃してはなりません。

※KNPP は戦場でどのように機能していますか?

 ○彼ら(軍事政権)が私たちの訓練場を探しに来たとき、私たちは彼らに二度直面しました。それだけです。私たちは自分たちの領土にとどまり、彼らは距離を置いています。
彼らは町や村を攻撃しているだけで、私たちのキャンプは攻撃していません。

※地上では、軍事政権とKNPPの間に軍事的緊張はないのですか?

 ○私たちの間に軍事的緊張はありません。しかし、私たちは人々の側に立っています。人々を傷つけることは、私たちを傷つけることになります。

※KNPP 部隊は地上のレジスタンスを支援していますか?

 ○私たちは人々の側に立っています。

※PDFとKNPPの関係はどうですか?

 ○PDFは人々によって形成されます。全国で起こっています。
市民運動です。私たちはそれに反対しません。
交戦規定の下で、双方は無実の民間人が危害を加えられないようにしなければなりません。
軍隊は学校、病院、教会を攻撃してはなりません。
これらは国際的な交戦規定です。しかし、彼らはそのルールに従わず、教会、修道院、学校、病院に無差別に発砲しました。
私たちはそれを受け入れることができません。

※軍事政権は、クーデター後、民族武装グループに和平交渉を行うよう求めた。軍事政権との関係はどうですか?

 ○クーデター以来、私たちはほとんどコミュニケーションをとっていません。
彼らは私たちの政治部門に連絡するかもしれません。しかし、私たちの政治部門と武装部門のいずれとも、公式の会談はありませんでした。

 ○下位レベルでは、一部の軍将校から非公式に Karenni PDF の制御を支援するよう求められています。しかし、彼らは公式の手紙ではなく、個人的に質問しただけです。

※軍事政権がデモソ、ロイコー、プルソの民間人に逃げるように言ったのを聞いた。また、PDF を攻撃するために増援が来ていると聞いています。
KNPP にはこれ以上の情報がありますか?

 ○国軍軍事評議会軍の配備が増加している。
最近の戦闘で、100 から 200 人の増援がシャン州から来ました。他の人は空路で到着しました。
国軍はまた、タウングーから 100 人以上の部隊を派遣した。
しかし、私たちは人々に焦点を当てています。
彼らは本当に困っています。
私たちは彼らのために食事の手配をしています。

※軍は若いレジスタンス戦闘員に対してどのように戦っていますか?

 ○国軍は彼らを全滅させたい。
過去の民族武装勢力との戦闘では航空機を使用しませんでした。
しかし、現在、それは人々に対して航空機を多用しています。
それはすべきではありません。
また、宗教施設や診療所を無差別に攻撃しています。
非武装の民間人を攻撃しています。

 ○軍事的反応は、以前の私たちへの攻撃よりも激しいものです。
対応が不公平です。私たちは訓練を受け、経験を積んでいます。
しかし、人々は適切な訓練も武器も持っていません。剣だけを使う人もいます。
彼らが持っている最高の武器は初歩的なライフルです。
彼らに対して近代的な兵器を使用することは公正ではありません。
軍は完全なコントロールを取り、すべての武力抵抗を排除したいと考えています。

※戦闘が続けば、カヤー州はどうなりますか?

 ○人々はもっと苦しむでしょう。彼らは必死になり、緊張が高まります。双方が苦しむだろう。

 ○現在、人々はカヤー州外からの食料の寄付に依存しており、州内の避難民全員が食料を受け取っているかどうかはわかりません。
人々は深刻な食糧不足を抱えていると聞きますが、私たちは人々とのコミュニケーションに苦労しています。
通信は不安定で、人道支援団体は治安上の懸念から被災地に行くことができません。

※衝突が激化した場合、KNPPは何をしますか?

 ○私たちは軍事政権に反対します。KNPP は国民の側に立つ。

https://www.irrawaddy.com/in-person/interview/kayah-rebel-army-backs-civilian-resistance-against-regime.html

Demosoは主要幹線道路が交差分岐する要衝。ここを巡る戦いが続いている。
国軍軍事フンタはここを抑えたい。

6/15以降一時的な戦闘停止中(地元民の要望を受けPDF側が停止。軍事フンタ側は体制を整えた模様。地元民の多くは森の中に避難したまま戻って来ない。)
 今後、大規模な掃討作戦と激しい抵抗が予想される地域。

その後・・・・
8/15日 戦闘中
イラワジ紙  
地元PDFによると、この地域では軍事フンタの増援が重く見られました。
8月14日、カヤー州のPekon、Demoso、Moe ByeからのPDFと、KNDFおよびKarenni National ProgressivePartyの武装組織であるKarenniArmyの職員が、
軍事フンタ政権とPa-Oを攻撃したとき、町で激しい銃撃戦が発生しました。 PekonでのPDFの襲撃疑惑に先立つ国家組織(PNO)に対し。
銃撃戦では、11人の軍事フンタとPNOの軍隊が殺害されたと伝えられている。

8月15日、PDFがカヤー州ロイコーから町に到着した約400の軍事フンタ援軍を待ち伏せしたとき、激しい銃撃戦が発生しました。
PDFによると、戦闘は多くの軍の死傷者をもたらし、民間の戦闘員が負傷した。

デモソCF678591-7145-42F7-A677-46550F709F0E

03347439-6535-49AA-B4CF-9A79F24803CE

 ◎重慶でのASEAN中国外相会談について
 
  王毅外相と軍事フンタ外相の会談後の
コメントについての今後の中緬関係についてイラワジ記事から

 現在の状況を考えると、王の最新のコメントは、中国の投資家が彼らの西洋の対応者によって残された空白を埋めるために準備をしているかもしれないという憶測を促しました。

ミャンマーの国営新聞によると、両外相は、両国間の関係を前進させる方法や「ミャンマーと中国の二国間プロジェクトの継続的な実施」などの問題についても話し合った。

ヤンゴンの中緬関係のオブザーバーは、「もちろん、彼らは喜んで参加するだろう」と述べ、軍事政権は現在、外部投資に必死であると付け加えた。

「彼ら(軍事政権)はプロジェクト承認の要求に非常に敏感だ」と彼は言った。つまり、ミャンマーのNLD国民民主連盟主導の政府と中国の間で以前に合意されたプロジェクトは間もなく開始されるだろう。

中国の習近平国家主席が昨年ミャンマーを訪問した際、北京とNLD 政府は 、チャウクピュー経済特別区、ミャンマーの商業首都である新ヤンゴン市の開発、
中国の国境近くのシャン州とカチン州の経済圏を含む二国間経済回廊プロジェクトを加速することに合意。

習近平主席訪問中に署名された合意にもかかわらず、どのプロジェクトもNLD政府の下で実際の実施段階に移行していませんでした。文民政府は、すべてのプロジェクト、特にそれらの商業的実行可能性、およびそれらがミャンマーの国家開発計画に沿っているかどうかを注意深く検討していると述べた。

しかし、クーデターを受けて、軍事政権は、中国の一帯一路イニシアチブ(BRI)の重要な部分であるミャンマーで巨大なインフラプロジェクトを実施する計画を推進するため、3つの重要な委員会を再編成しました。委員会は、主要プロジェクトの決定、覚書への署名、政府間の交渉の実施など、BRI関連の二国間経済開発プロジェクトの実施に関して北京と協力する上で重要な役割を果たします。

https://www.irrawaddy.com/news/burma/myanmar-junta-to-reopen-russian-backed-steel-plant.html
https://www.irrawaddy.com/news/burma/myanmar-junta-charges-detained-leader-daw-aung-san-suu-kyi-with-corruption.html

この数日国軍軍事評議会は 各地の市民人民防衛隊(PDF)に対する執拗な攻撃を行なっています。

6/7日、地元紙イラワジ(日本の朝日新聞に相当)(国軍軍事評議会によるメディア弾圧により秘密の場所から報道)
が伝えています。
 チン州ミンダットで、国軍軍事評議会とチン州国防軍(CDF(PDF))の間で戦闘が激化し、空爆を呼びかけたため、日曜日に約50人の軍事評議会の兵士が殺された。レジスタンス(PDF)の戦闘員は、軍事評議会軍が空爆、砲撃で化学兵器を使用したと主張した。

6/6日曜日の午前 10 時頃、チン州防衛軍は、ミンダット北東部の Phayar Sakhan と他の村を襲撃するために軍行する約 100 人の国軍兵士に対して防御行動を開始しました。

Chinland Defense Force-Mindat のスポークスマンは、月曜日に Irrawaddy に、民間のレジスタンス戦闘員が、マグウェ地域の Kyaukhtu を拠点とする国軍砲兵部隊によって、Magwe Region から東に 33 キロ離れたところにあるミンダットで攻撃されたと語った。

民間レジスタンス戦闘員(チン州国防軍CDF(PDF))はミンダットと近隣の村に拠点を置く国軍部隊によって重砲弾で攻撃されました。
銃撃戦では、約 40 人の軍事政権の兵士が死亡した。ミンダットの民間レジスタンス戦闘員(CDF) 2 人が死亡し、6 人が負傷した。

CDFミンダットの声明によると、国軍軍事評議会の部隊は銃撃戦で多数の兵士を失った後、軍事評議会は戦闘機を使用して民間レジスタンス戦闘員を 2 回爆撃した。

CDFミンダット防衛軍のスポークスマンによると、レジスタンス戦闘員のほとんどは、昔ながらの手作りの狩猟用ライフルで武装しており、一部は自家製の単銃身の散弾銃で武装していた。
軍事政権は、重爆薬、大砲、自動小火器、戦闘機を使用した。

広報担当者はまた、軍事評議会軍が民間レジスタンス戦闘員を攻撃する際に化学兵器を使用したと主張し、国軍の爆発物の一部には榴散弾が含まれていなかったが、民間戦闘員は意識を失ったり、目がくらんだりした.

日曜日の午前 10 時ごろ、ミンダット北西部のシャット ビレッジ近くで、軍とミンダット防衛軍の間で別の銃撃が発生しました。
 銃撃戦は、ミンダットからの国内避難民を避難させている村で襲撃を行うために旅行している軍事政権の兵士 80 人に対して、民間の戦闘員が防衛行動をとったときに発生した。

銃撃戦の間、CDF民間レジスタンス戦闘員は
山の頂上にあるミンダットの町を占領する軍事評議会国軍第 271 大隊の砲兵によって攻撃された。

銃撃戦で約 10 人の軍事評議会兵士が死亡した。
一方、軍事評議会の砲弾により、CDF民間レジスタンス戦闘員が死亡し、15 人が負傷した。

CDF ミンダットB18B0AD6-2D2B-49C5-A052-4698E1B8F0E3
CDFミンダット防衛軍のメンバーによると、銃撃戦は月曜日の朝まで続いた。

CDFミンダット防衛軍の広報担当者は、軍政が大砲、爆発物、自動小銃、航空機などの強力な武器を使用して、昔ながらの自家製火器で武装した民間レジスタンス戦闘員を攻撃しているため、
軍事政権は人々に対して戦争犯罪を犯していると述べた。
広報担当者は、軍事評議会の兵士が麻薬を使用していると付け加えた。

「国際社会とミャンマーは、
軍事政権がどのような制度であるかをすでに知っています。
軍事政権の劣悪な地位と残忍さを説明する言葉はありません。
したがって、我々は彼らと戦い続けます」と広報担当者は語った。

銃撃戦Mindat国防軍から軍部隊と民間レジスタンス戦士の間では、4月下旬に合意された停戦が決裂した5月12日以来、継続的に発生しています。
銃撃戦により、ミンダットの人口 25,000 人の 90% が町から逃げ出しました。現在、ほとんどの住民は、タウンシップの村に開設されたキャンプに避難しています。

https://www.irrawaddy.com/news/burma/resistance-fighters-inflict-heavy-losses-on-junta-forces-in-myanmars-chin-state.html   
写真は地元チンワールド→AFP通信に提供 5/20 ミンダット避難民
避難民4BACE2D5-EC87-43B1-ABEE-3348333F3C34

以下「チン州ミンダットの危機」へ

※国軍軍事フンタは抗議者の取り締まりに関連して、一部の死者の遺体は、白昼のうちに軍と警察によって持ち去られた。こうした映像は紹介する価値があります。

☆ビルマの難民に対する不十分な人道支援(UNHCR)
国連人道問題調整事務所(OCHA)は、ビルマ南東部の民族地域(カレン州、カヤー州)での戦闘により85,000人以上が避難したと述べています。

特にカヤー州では、5月末までに約37,000人の難民がおり、ビルマの紛争で荒廃した地域で100万人を支援するために約2億7000万$が必要でしたが、OCHAのビルマによれば、まだ15%しか受け入れられていません。木曜日(5月27日)に発表された人道的状況報告。
 4月と5月のビルマ南東部での戦闘により、約46,000人が避難しましたが、カヤー州では5月末までに37,000人に増加しました。

南東部以外の地域では、チン州では、軍用ヘリコプターと大砲が攻撃した5月12日に戦闘が激化して以来、ミンダットで何千人もの人々が避難を余儀なくされています。
チン州では他の村々からインド側ミゾラム州へ越境避難民20,000人を超えています。合計30,000人を超えていると思われます。

シャン州北部では、ビルマ軍と民族武装グループ間、および民族武装グループ間の戦闘により、5月に約2,800人が家を失い、年初以降の避難民の総数は8,400人となった。

4月24日から5月24日まで、カチン州の難民の数は増加しなかったが、軍とカチン独立軍(KIA)との戦闘により、3月以降約8,500人が家を追われた。

ラカイン州では、これ以上避難民はいないが、以前の戦闘により、ムラウク・ユーやシットウェなどのキャンプに難民が下痢に苦しんでいる。

 難民のために約2億7000万ドルの人道援助が要求されたが、これまでに受け取ったのはわずか15パーセントであると述べた。

NUG国民統一政府によるとラカイン州ロヒンギャ族難民を除く
クーデタ後に発生した避難民の合計は12万人を超えている。

※1948年のビルマ独立以降度重なる少数民族弾圧、1988年8888民主化運動鎮圧等、これまでに夥しい数の国内外避難民がこの国では発生(100万人をゆうに超える)、
苦難に満ちた歴史。
 
 皮肉にも今回のクーデター以後の国軍による市民への弾圧は
ビルマ族市民が少数民族のこれまでの苦難を理解する上で大いに役に立った。
 ミャンマーの90~98%の人々は国民統一政府NUGを支持している。

早期に国際社会はNUGを承認し、支援すべき。
承認第一号はチェコ政府でした。

https://burmese.voanews.com/a/myanmar-refugee-aid-ocha-/5907167.html

『ロヒンギャ族問題に関するNUG国民統一政府側の立場』
CRPH国際代表のHtinLin AungはVOAに、NUG政府はロヒンギャに対して強力な政策を持っていることを米国の議員に説明することができたと語った。先週、ワシントンDCに本拠を置くウィルソンセンターは、NUG国民統一政府と米国の上級議員を迎えました。NUGは一流の政治家との会談で、ロヒンギャの本国送還と市民権プログラムが最終決定されると述べた。完全な詳細が提供されます。

4月、一部の米国議員は、ロヒンギャ危機に関する明確な政策がないことでNUGを批判した。5/22土曜日(日本時間23日 日曜日)にワシントンD.C.で開催された集会で講演した連邦議会代表委員会(CRPH)の国際代表であるHtin Lin Aungは、先週の米国議員へのインタビューで、NUGの立場を説明できたと説明した。

「私たちがウィルソンセンターで最後に会ったとき、私たちはビルマについて知っていました。ビルマに興味のあるビルマ人が参加しました。上院議員が出席します。以前ビルマで奉仕したデレク・ミッチェルのような人々が出席した。それらはすべて、非常に強力なNUGを非常にサポートしています。私はますます興味を持つようになりました。彼らはもっとやらなければならないと言っています。ですから、過去のロヒンギャに対する彼らの疑惑は払拭されると私は信じています。」

5/20木曜日にワシントンD.C.のウィルソンセンターが主催したビルマでのビデオ会議に出席したHtinLin Aungは、ロヒンギャ危機に関する国際基準に従って、ビルマに関心のある米国のトップ政治家や議員に対処する立場にあるとNUGに語った。

NUGは、ロヒンギャを再定住させ、帰還者の市民権を確保することを目的としています。したがって、ロヒンギャコミュニティのリーダーは、私たちはすべての市民社会組織や活動家と協力して、持続可能な政策を策定します。」

しかし、Htin Lin Aungは会談で米国のトップ政治家に、
軍が国境移民を処理している限りロヒンギャ問題は解決できないと警告した。

Htin Lin Aungはまた、現在の軍事指導者は、ラングーンを含む都市でロヒンギャに対して武力を行使するという同じ戦術に訴え、軍の残虐行為を目撃した抗議者は国境の状況を理解するようになったと述べた。

「軍隊が彼らの故郷で定期的にそのような残虐行為を犯していることを誰もが見ている」と彼は言った。私はそれを同情と団結の全国的な目覚めとさえ呼ぶでしょう。」

挙国一致内閣の外相であるDawZin Mar Aungも、ウィルソンセンターでのビデオ会議に参加しました。

1990年の選挙で勝利し、現在は米国に住んでいる元国会議員のティント・スエ博士は、ロヒンギャ危機に関する政策に関するNUGの声明について意見を述べました。

「ご存知のように、私たちの国で軍事フンタが2回目に政権を握って以来、私たちは権力のために多くのことを行ってきました」と彼は言いました。
“ロヒンギャ”という名前の使用の否か から、権力のために。
宗教的になります。ですから、問題が大きくなるにつれて、分別を超えてしまう人もいます。
しかし、これを克服しなくては。
「NUGは、ビルマに対する見方がまったく異なるビルマのロヒンギャ問題を克服するという問題を解決するために大胆な一歩を踏み出したと思います。」
 主なものは国連、EU(英国含む)、米国です。

 ☆NUG挙国一致内閣は、ロヒンギャという用語を公式に使用しています。☆

軍事評議会の長であるミン アウン ライン上級将軍は、
クーデターでの最初の演説で、難民はバングラデシュに送還されると述べたが、
☆ロヒンギャという用語は使用しなかった。

☆ロヒンギャ問題はなぜ解決が難しいのか
根本敬 / 東南アジア近現代史2015年11月
 「アラカン王国期からのムスリム居住者を基盤に
英領期のベンガルからの流入移民がその上に重なり、
さらにアジア・太平洋戦争(第二次世界大戦)後の旧東パキスタンからの新規流入移民層が形成され、
三重の層からなるムスリムが
ラカイン州北西部に。
そしていかなる理由で“ロヒンギャ アイデンティティ”を主張するようになっていったのか・・・

 1948年独立後のビルマ政府は興味深いことに一時期ではあるがロヒンギャを自国の民族として受け入れようとしていた事実がある。(今では忘れ去られている)
1962年にビルマ国軍がクーデターで ウーヌ首相から権力を奪うまでは・・・

http://synodos.jp/international/15523

補足資料:Aling-Yaungビルマ語で『光』No.33
2007/4月 ビルマ市民フォーラム

http://www.burmainfo.org/files/e3_000120.pdf

新聞CBD4B3CB-E3DA-43C9-A71F-A5D3BAE55C26

西門9B50206F-DFA3-415D-8F43-F657B485B386

西門4B4E7FB0-5194-4884-91B0-8F7273084B49_1_201_a

日本の超党派議員連盟
「ミャンマーの民主化を支援する議員連盟主催 
ミャンマー国民統一政府NUGとの第一回オンライン会議5/26(水)」

7/6(火)には
ウェブ99DDFA10-48D2-492C-86CD-48B05BA35941
があった。これは私も拝見していた。
本来なら日本政府が直接すべきである。
今に至って頑なに接触を拒む姿勢は
(クーデター後は軍政側との接触に限られている。)
過去を遡ってじっくり検証してみると判ってきます。

 :特別リポート:急接近する日本とミャンマー、投資加速の舞台裏 | Reuters 2012年10月
https://www.reuters.com/article/tk0523615-special-report-japan-myanmar-idJPTYE89404Y20121005

ついに地元住民に撮影される国軍軍事評議会のMi-35攻撃ヘリ
地元住民によると戦闘が続くカヤー州ディモソDemosoで5/31日、
ロイコー〜ディモソなどの町へ輸送に重要だった2つの橋が国軍軍事評議会によって破壊されました。
重砲撃とMi-35ガンシップ ヘリによって破壊されました。
夜間の銃撃の映像はKNDFカレーニン人民防衛軍による国軍軍事評議会への射撃5/31日

カヤー州ディモソ  
右下のメーホーンソーンは国境を越えたタイ。
国境沿いのタイ側には 建国以来の(特に60年代以後〜)国軍による少数民族弾圧によりカレン、カレーニンの人達がいくつかの難民キャンプに暮らす。
また、今回のクーデター後の戦闘でこの地域でも多くの避難民が山中に逃げている。また国境を越えた人もいる。

ディモソ486EE31F-5C20-4123-AD32-D6E3937169A4

内戦のダメージを最小限にするためには
国際社会が一刻も早くNUG政府を公式に承認し、
軍政中枢から権力を奪うことです。

だが、実際には真逆の状態です。

1、監禁されている多数の軍政にとっての人質、
人間の盾、
善良な市民の方々を解放する作戦すること。
国軍から兵士や将校が離反しやすい状況を作りだす。
少数民族武装組織と国民防衛隊(PDF)、レジスタンスファイターの連携を強化する。
フンタのドローンに対する妨害措置を講じること。
2、国軍軍事フンタからの離反者を加速させること。
3、ミンアウンフライン以下国軍幹部を捉え裁きにかけること。
4、国軍を改編、連邦軍に編成、少数民族武装組織も連邦軍編成に組み入れる。
(それぞれの武装組織がそのままそれぞれの地域を担当、別に中央に各地域選抜の即応コマンド)
(ワ州除く(歴史上国家の統治下に事実上入ったことがない)当地希望次第)

※70年に及ぶ少数民族弾圧の歴史の中でタイ側に逃れた人達が暮らすタイ側の難民キャンプ。
地図はgoogle上のものを引用


ミャンマーの革命歌、抵抗唄

5/14日以降、チン州ミンダットを追われたチン州ミンダット難民は逃げる。
近くの村に避難している人もいれば山の中に隠れた人もいる。
電話を含む全ての通信手段は国軍軍事フンタにより遮断された。
 そして、チン州の幾つかの村へ戦闘は拡大し、

戦闘が起こるたびに
チン州の幾つかの村々からインド国境へ逃げる!
5/20日インド北部のミゾラム州へ!国境を越える。
既に15000人以上の難民がそこにいます。☆
以下☆チン州ミンダットの危機☆から順に追っていってください。

チン州ミンダットの風景 写真はgoogleから
ミンダット町90F7D8EF-109E-445F-A1FD-D609DD3C2E7B

☆米国はミャンマー軍事独裁政権に対し追加の制裁を行う。
米国は5/17日『国家行政評議会(SAC)軍事評議会から任命された軍政府閣僚』を含む新たに16名を制裁に追加した。

 https://burmese.voanews.com/a/us-sanctions-on-myanmar/5893562.html

ミンダット51C8FA8D-92D6-4DBC-8C96-3AA3E25E6ACE

☆チン州ミンダットの危機☆
◎ここからは少し解説しましょう。
チン州ミンタット村での一連の衝突は終わった。5/15日に村は国軍の手に落ちた。現在はやつらが村を押さえている。
 4月上旬、国軍の市民への弾圧、狙撃、暴力が激しい中、チン州出身の若者達はミャンマー中央の各都市部から東のカレン族のカレン民族同盟(KNU)の訓練キャンプに集まっていた。基礎的な軍事訓練を受けて、下旬には密かにチン州に戻りチン州国防軍(CDF)(国民防衛隊発足に合わせ)を発足させる。
チン州国防軍といえど装備は貧弱! 猟銃である。自家製銃、中国製自動小銃が数える程度、地雷、RPG数える程、あとはナイフと素手だ。
 4月下旬〜で20名以上の国軍兵士を待ち伏せ攻撃でやっつける。ミンダットでは停戦交渉、2週間ほど続いたが国軍側が拘束した6名の釈放を拒否、交渉決裂5/12日。
13日このミンダットでも国軍とチン州ミンダット国防軍との間で戦闘状態となる。国軍第274大隊は元々このミンダット近郊に駐屯する部隊だ。外側から密かに、やつらの輸送トラック等6台ほどを待ち伏せ攻撃でこの時はやっつけた。
しかし、14日になると空からの度重なるやつらの空爆 JF-17戦闘機(中国パキスタン共同開発)と地上からの砲撃、上空にMi-35(Mi-24ハインド攻撃ヘリの改良型)が居ては歯が立たない。CDF側は村内での戦闘は民に犠牲者が多数出るので、ひとまず村の外へ退却(元々村の外側に潜伏区している)することにした。これでひとまず収まるかと思い気や、やつらは村民の民家に攻撃を加えたのである。村民4人死亡数十人が重症。村民少女のレイプ被害も報告されている。15日昼前には完全にミンダットは国軍軍事評議会側に落ちた。
そして住民の住居に入り、略奪を行なっている。

略奪2D5FE2B9-704F-46A2-957A-895AD819CD3C
略奪ーEE0B7AB8-0F79-47C5-9AF8-CDEDB9556EE9

写真はチン州地元メディア命がけの撮影後、
(チン州はネットに加え電話回線、全ての通信手段が国軍軍事フンタによって遮断中)
送信可能場所からツイート(WiFi、スマートフォン等モバイルは送信出来ない 国軍によって遮断中
有線回線は時間によってまちまち?衛星アンテナは市民からは全て国軍により撤去されました。他国の大使館くらいか)
米国務省関係者の22日ツイート。
撮影日時は16~17日と私の推測。

531C2090-17AE-45D5-9B52-230383A7A5E5ミンダット2

その後、
17日の情報によると軍は水道管を破壊しているようだ。
水道管AD2DB975-C621-47FE-9075-96DC485F3313イラスト956E9603-BDF5-4FC3-825A-A4CFCFAD040B

イラストは15日のミンダット。国務省関係者作。
(イラストから分かることは彼はCDF兵士の脇に隠れてそっと観察、写真など取れる状況に無い、上空にMi-35がいてはいつ発見されるかわからんし(発見=死)状況をつぶさに観察していたと思われる。彼が伝えたかったことはよくわかるし、その心も。)
裏を返せば本国にきちんと報告されているという証拠。
イラスト、センス良し。
国軍軍事フンタに連行される市民

:

:

:

市民がミャンマー イラワジー紙に伝えた。
市民は深刻な水不足に陥っている。
チン州での状況をイギリスBBCは伝えきれていないとのこと。記者が潜入できずにいる。
(チン州地元民ネットワークがない。アメリカはある。)
〔補足:イギリスは植民地時代のこともあり、そのことがマイナスに作用している。
一方、アメリカは19世紀のアメリカ人によるキリスト教(プロテスタント(パプテスト))(カトリック)布教と
ささやかな援助、地元民のアメリカへの移民(避難民)により独自のネットワークが存在〕

ミンダットからインド国境までは遠く、行手に険しい山脈や谷が存在し、女性や子供には無理!
地元住民の話ではミンダットから逃亡した住民は病院に行くことができないため、
亡くなった方が多数いることを情報提供者は伝えている。
山間の森の中に難民キャンプを即席で作っているとのことだ。
複数のIDFキャンプに8000人以上が避難してきている。
NUG(国民統一政府)が人道援助を送ろうとしていると伝えている。
 21日のVOAによるとミンダット難民は遠く離れた 幾つかの村の教会 に5つの一時的な国内避難民キャンプが設置された、しかし外部からの支援の手は何もない。

 人々の安全のために国際社会がNUG国民統一政府側と調整することを望んでいます。
仮設キャンプの関係者はVOAに次のように語った。
「数分後国連はそこにあると言われたが、WFPはすべてそこにあった」と彼は言った。
尋ねることは誰もが求めていることです。しかし、これまでのところ何も提供されていません。
私たちが望んでいる主なことは食料支援ではありません。

彼らに正直に言うと、私たちは米も油も必要ありません。
一日に二、三食食べなくても害はありません。
「私たちは、国連、国際社会 が問題の両側で
NUG国民統一政府を理解し統一政府と交渉することを望んでいます!」

https://burmese.voanews.com/a/mindat-local-people-fleeing-/5898495.html

その後、19日以降、国軍軍事フンタがチン州の幾つかの地区でCDF(チン州国防軍)を攻撃した。その後も昼夜とも継続中。
チン州のファラムとカレーミョの間で21日、軍事評議会とファラム地方防衛軍(CDF)の間で戦闘が勃発した。
ファラムCDFの1人のメンバーが殺され、もう1人が軍によって殺されたと彼らは言った。
チン州で戦闘が勃発した。軍隊はミンジャンのいくつかの村に駐留している。
  南のカレン州では4月初旬夜間の空爆にロシア製Yak-130軽攻撃機が使用されたが低高度での作戦には優れているので現在進行形のチン州各地での作戦に使用されている可能性高い。
2019年に6機引き渡されている。合計12機が契約済み。

また、チン州以外の他の複数の州で戦闘が再開、始まった。
 KNPPによると、カレンニー民族進歩党(KNPP)と国軍軍事フンタは、5月20日にカヤー州のバラケとパサウンの町の間で2回衝突した。国軍軍事フォンタがKNPP地域の青年訓練キャンプに侵入しようとしたとき、戦闘はほぼ2年ぶりに勃発した。VOAのナイクンインレポート。
 カレンニー民族進歩党(KNPP)と、NCA停戦協定にまだ署名していない国軍軍事フンタとの間の戦闘は、
これまでほぼ2年間停止していました。
 5月20日に国軍の侵入により再開された。

https://burmese.voanews.com/a/between-knpp-and-burmese-army-firing-kayah/5899216.html

☆今月初めの激しい戦闘の後、1週間静かだったカチン州MomaukTownshipのMyoThit。
20日9時から10時の間に、カチン独立軍(KIA)によると国軍とシハット村の近くのカチン独立軍(KIA)の間で戦闘が勃発した。
以後再び戦闘が激しくなってきている。

https://burmese.voanews.com/a/bomb-blast-and-firing-kachin-shan/5899502.html

写真中央辺りの線がインド、ミャンマー国境線。国境線の内側がインド ミゾラム州、
外側右はミャンマー チン州

インド ミゾラム国境2AEF4368-B627-4688-9526-50669E3155A1

チン州ではその後、軍事フンタがCDF側を厳しく追い立てた為、
5/20日、チン州からの幾つかの村の人々はインド北部国境のミゾラム州へ越境、
長い国境沿のそれぞれ5箇所から越境、
地元のミゾ族が助けている。(双方キリスト教徒)

チン州難民はミゾラムにそこに既に15000人以上!
インド政府はコロナウイルス感染悪化のため国境閉鎖していますが
州政府はインド国境警備隊は動かずできる限り助けたい。
だがニューデリーの方針がまだ変わっていない。
インド全土の援助グループは現在COVID-19の深刻な流行に直面しており、援助グループがミゾラムに到着することを困難にしています。
ミゾラムでの流行はチン州難民がコロナ感染にかかる危険にさらされている。
ミゾラムは現在5/20日、ロックダウンです。
国連UNHCR、アメリカ国務省にミゾラムに来てもらいたいがロックダウンでインド政府の許可が出ない。
ミゾラムの地元グループが難民支援を行なったいる。
地元のミゾ族が助けている。

アメリカ国務省はミンダットの状況を監視している。
インド国境を越えて逃げる難民の問題について関連機関と協力している。
 懸念はインド政府の政策です。
 インド政府によって保護される必要があります。
バチカン カトリック教徒と協議をしています。
彼らをビルマに送り返さないように助けを求めています。

インド ミゾラム州
23153956-E4B3-4963-BE74-0DE9A1959175ミゾラム

20日、在アメリカ メリーランド州 チン州協会の事務局長であるZoTurn Hmung氏は、VOAに語った。
”何万人もの難民がインド国境を越えミゾラムに逃げる”

https://burmese.voanews.com/a/chin-mizoram-local-flee-/5897482.html
※チン州はほとんどの方がキリスト教徒です。

現状を最も把握しているのは米国のようだ。
米国は在ミャンマー米国人に対し、19日、国外退去を促した。  
 一方、チン州のハカでは16日CDFハカチーム側が国軍補給輸送車両部隊を待ち伏せ攻撃、トラック4台炎上10台の車両が地雷で葬り去られた。国軍側は5/2日までにハカの60名以上の抗議市民を拘束、拷問を行っている模様。CDF側は釈放を強く求めてきたがついに衝突。
5/20日現在、ハカでの戦闘は続いている。

 写真はミャンマー チン州ハカ googleから
ハカA9117F41-DBA2-4D7A-9E7C-565193A57B82

☆チン州→インド ミゾラム州避難民その後
   ミゾラムには2万人の避難民がいます!
5/26日VOAより
ミゾラムに本拠を置くチン人権団体によると、現在のチン州での戦闘により、インドのミゾラムに逃げる人々の数が増加し、合計で約20,000人になりました。မင်းတပ်、ファラム Ko Ye Monは、多くの人々がTedimなどの都市からインドに逃げているというRangoonの話をします。

ミゾラムに本拠を置くチン市民社会グループによると、チン州の軍と地元民兵との間の最近の戦闘の結果として、何万人もの人々がチン州と国境を接するインドのミゾラムに逃げた。Chin Civil SocietyOrganizationの責任者であるSalaiKhin Maungは、ビルマでの軍事クーデター後に数千人がミゾラムに逃げたが、4月以来数万人がチン州での戦闘から逃げたと述べた。

「最初は、それが起こる前に約2,000でした」と彼は言いました。したがって、戦闘前には、約14人のMPがいました。それで、戦いの後、大衆は村から村へ逃げました。ミゾラム州政府のデータによると、15,400です。リストに載っていない人がたくさんいるかもしれません。」
 ミゾラムに本拠を置くチン人権団体(CHRO)の副所長であるSalai Zar Op Linは、難民の多くは若者であるとVOAに語った。
 現在、ミゾラムには少なくとも20,000人がいます。抑圧が大きければ大きいほど、人々はより恐れ、逃げる。新しい到着者は家族と多くの若者です。」

ファラム01381C63-D567-45E9-93A7-0245CE3342DE

チン州と国境を接するミゾラムへの初期の避難民には、チン州のファラムが含まれます。
いくつかの地元の報道機関によると、サガイン管区のテディムとカレミョには多くの武装警察官がいます。Chin Human Rights Organization(CHRO)は、合計で約500人の武装警察官がいると述べています。

インド、 一部のチングループは、マニプール(チン州の北のインドの州 旧日本軍のインパール作戦のインパールがある州)に逃げる人々がいるかもしれないと言いますが、その側の情報を入手するのは困難です。
しかし、ほとんどの人はビルマと500キロ以上国境を接するミゾラムに避難を求めています。

ビルマ難民を受け入れるため。インドの中央政府とミゾラム州政府は、それを受け入れるかどうかについて意見が分かれています。しかし、ミゾラム州政府はビルマからの難民を受け入れ続けています。

「彼らにインド中央政府は難民を受け入れないように指示した」と彼は言った。
彼らの州政府、ミゾラムまたはマニプールは、いかなる不正行為も否定しました。
私たちは避難民を受け入れるために、やって来る人々を止めません。
そして、サポートを提供します。
これまでのところ、インドの中央政府は指令を撤回していません。」
(新型コロナウイルスの酷い感染状況が続いている為ロックダウンしている為。)

Chin Human Rights Organization(CHRO)は次のように述べています。
州の首相であるZoramthamgaは中央政府に手紙を送り、軍事後のビルマでの暴力から逃れたビルマの人々にミゾラムでの亡命を求めるよう促した。
インドのミゾラムにあるビルマのコミュニティは、この病気のための食糧と避難所の提供にも取り組んでいる社会集団によって支援されています。

 チン州のミンダットでの戦闘により、ミンダットの住民の約90パーセントが逃亡を余儀なくされました。
山に隠れている人もいます。いくつかの近くの都市; 彼らはキリスト教の教会によって設立された一時的な難民キャンプに避難しています。
ミンダ郡区の仮設キャンプにいる7,000人以上の難民。
キャンプ関係者によると、サミタウンシップの仮設キャンプには3,000人以上が到着したという。

「ミンダットには少なくとも1つはあると思う」と彼は言った。
高齢者は取り残されます。全人口の10パーセントしか残っていないと思います。
より多くの人々が北部のインドに行くでしょう。」

ミンダットから逃れた国内避難民(IDP)の中には、近親者の家に避難している人もいます。

参考:ミンアウンフライン国軍軍政トップ 隣国タイとの関係について語る2018年2月

Ties forged in ‘brotherhood’: Min Aung Hlaing talks Burma-Thai relations

※ミャンマーの天然資源エネルギー、パイプライン
太い線が中国向け石油と天然ガスのパイプライン。中東からタンカーで運ばれ積み替えて中国の昆明まで送るのだ。
 下方のミャンマー沖からタイに向かうパイプラインはタイ石油公社(PTT)が30年以上関与。 ここからミャンマーオイルアンドガスエンタープライズにガス収益、税金、手数料等が支払われる。

ミャンマーの天然資源の地図

タイ政府がタイ石油公社PTTの30年以上続くタイ〜ミャンマー間の資源開発と輸送パイプライン事業の 支払いを一時的に停止(手数料、税金、収益分)することが国軍の収入源を断つのに最も効果があるようです。ミャンマー沖のガス田石油開発事業はミャンマー軍政の海外収入の40~50%に達すると伝えられております。

そのPTTとミャンマー軍事フンタの最近の動向《ミャンマー タイ国有企業が軍政に資金提供》
(主に土地利用料、賃料、税金について)収益については記載なし
Human Rights Watch (英語、フランス語、日本語、タイ語 切替えタブあり)

ヒューマンライツウオッチ

ミャンマーの地方図
ミャンマー地方の地図
 今更ではあるが日本のODAも一時的に全て停止して全ての支払いの一時的な停止をするべき。

 ◎ミャンマー外交の基本として 
国境を接する タイ、中国、インド、バングラデシュ,
これらの国とは仲良く、また何処かの国の利益に偏ることは宜しくない。
今後、インドの役割、ミャンマー・インド間の経済活動も発展させることがミャンマーにとって重要。
(インド、ミャンマー海軍の協力関係もより一層確かなものへ)

少数民族武装勢力図
武装勢力picture_pc_51994d3c58af998c3b1be9bbbd834933

https://www.jetro.go.jp/biz/areareports/2019/3e91532b8090ffff.html
参考資料:ジェトロ政策提言研究「中国の対ミャンマー政策」
https://www.ide.go.jp/Japanese/Publish/Reports/Seisaku/120802_kudo.html


ミャンマー市民の連帯感はかつてないものです。ミャンマー国内、多数の国内民族、在外のミャンマーの人々
在日のミャンマーの人達。彼ら彼女達の『これまでの軍事独裁を我々世代で終わらせ真の連邦国家(アメリカ型の連邦国家)建設(ワ州は難しい、現状維持?)への道は軍事独裁には止められません。

クーデターから7ヶ月が経とうとしておりますが
市民達の決意は時間が経てば経つほどより確かなものへ変化してゆく段階です。

長い闘いですが、
こうした経過を辿りながら市民達が成長してゆく。
これまでに既に強固な連隊コミュニティを形成してきました。
過去が凄惨であればあるほどその経験から学ぶことも多い。

長い闘いのそう遠くない時期に、国軍が自壊してゆくのです。
(連邦軍として再編されなければならない。)
ミャンマー市民の流された血(これまでの他民族弾圧、ロヒンギャ族虐殺含む)により。

ミャンマー連邦共和国挙国一致内閣 国民統一政府NUG WEBサイト立ち上がりました。ビルマ語英語切り替え
https://www.nugmyanmar.org/en/

忠告:良識のある国会議員の皆様へ

5月のForeign Affairs に現下の国際システムの問題点を指摘している非常に良い論文が転載されている。
専門家レベルの方は原文のままで良いが、そうでなければ日本語翻訳要約Foreign Affairs Reportで正しく理解すべき。
 論文原文タイトル「The Illiberal Tide: Why the International Order Is Tilting Toward Autocracy」
 日本語タイトルは「権威主義へ傾斜する国際システム  追い込まれたリベラルな秩序」
 この論文に現下の”ミャンマー問題の本質”が写し出されている。
この論文を理解すると、
これまで日本側がミャンマーで行ってきた経済協力?
(実際には軍政の指導者たちの体制を固める助けになっている。)
(貿易合意や投資合意同様に、開発援助は、民衆に物質的恩恵をもたらすことで、現地政府が政治的正統性を確保するのを助ける。
しかも政治腐敗にまみれた指導者たちにとって、開発援助は私腹を肥やしたり、自らの利益供与ネットワークに賄賂を送ったりして、不法な利益を得る機会を与えてくれる。)
正に日本のミャンマーに対するこれまでのODA(政府開発援助)や幾つかの大規模開発プロジェクトは
国軍系企業との合弁、仲介が常であった。
こうした背景から米国、英国などはミャンマービジネスに関与しないように近年舵をきったのだ。
 そこへ《ミャンマー開発後発組日本》はのこのこと進出していったのである。
 わかっていてもやめられない おいしいビジネス
 官民こぞって 
 ”最後のフロンティア”
 と名打って宣伝していました。
ここを正しく理解していないと、ミャンマー問題では情報共有はおろか 
ミャンマービジネスは革命後、
日本に代わり韓国
(今では何も動かない日本政府よりミャンマー人の間では韓国の人気が高まってきている)
(6/12~13日のG7サミットでもバイデン合衆国大統領とオブザーバーの韓国文在寅大統領の会談後の声明でミャンマー問題について触れている。他でもないオブザーバーの韓国です。)
が台頭するであろう。

ガガーリン8707D0D9-71D1-43AC-B9F8-AA07018B3F5F


*こちらもご覧ください*