新着情報

☆年末年始のお休み

※お昼の営業時間は暫くの間、
ランチ11:30〜16:00
終了時刻は日によって前後します。

悪天候等集客の見込みがない日には早く閉めることもあります。

☆『11月のお休み』は

※24(木)は臨時お休みにします。
※29(火)は13:10迄営業します。

☆『12月〜2023年1月のお休み』は
12/28(水)です。
※12/13(火)は14:00迄の短縮営業です。

◎年末年始は、営業です。
2023年1月は未定。(中旬のどこかでお休みします。)

☆夜のディナーにつきましては事前に要予約⭐︎

お休み日以外の営業日時で受付ております。 
17:30~22:00close
※人数制限に関しては1グループ12名様迄。

ボルシチ ランチ

ジョージア(グルジア)ナチュラルワイン

旧ソ連関連ドキュメンタリー映画『ミスター・ランズベルギス』

ヴィオラで奏でる祖国ジョージアの旋律 Zaza Gogua Viola Concert

《☆トピック★ビルマ(ミャンマー)情勢☆》

頼山陽石碑について

ご友人 ご家族での会食、ディナーのご案内 

ロシアの政権が始めた戦争により
亡くなられた全ての方々に
(無益な戦争に動員され亡くなった多くのロシア兵含む)
哀悼の意を表します。

☆『11月のお休み』は

※24(木)は臨時お休みにします。
※29(火)は13:10迄営業します。

☆『12月〜2023年1月のお休み』は
12/28(水)です。
※12/13(火)は14:00迄の短縮営業です。

◎年末年始は、営業です。
2023年1月は未定。(中旬のどこかでお休みします。)

※悪天候等集客の見込みがない日には早く閉めることもあります。

※時折、お休み日に変更があります。
新着情報
お休みのお知らせ、
又はお休みカレンダー
スマートフォンでは(トップページ一番上まで戻してメニュータブを押して下へ スクロール)で随時ご確認ください。

お昼のランチは 御来店がお決まりのお客様は御予約をお願い致します。
座席は御予約のお客様を優先いたします。

あいスタ 7AF440D4-7BE5-4514-9EAB-07E90DAE2350_1_201_a

《当店はCOVID-19感染対策 第三者認証制度の認証店です。》
※営業時間を変更しました。
 
《暫くの間、営業時間は》
ランチ
11:30~16:00
※終了時刻はその日の状況により前後します。

☆夜のディナーは全日要予約です。☆

コロナウイルス感染対策の観点から
アルコールは入口ドア開けてすぐ右側に手をかざすだけの自動アルコールスプレーと押すタイプの両方が置いてあります。
各自アルコール消毒をお願い致します。
また、顔認識非接触検知器で検温をお願い致します。

尚、COVID-19感染者状況の変化により営業時間等、変更する場合がございます。
(事前のご予約には対応いたします。)
メニューは多少限定したメニューとなります。 (食材管理、維持の面から)

☆夜のディナーにつきましては事前に要予約⭐︎
17:30~22:00迄
お休み日以外の日時で受付ております。 

御予約、ご要望等はお電話で承ります。
ホームページメールフォームからメールでも結構です。

※(お休み日は電話に出られない時間帯がございます。
必要事項ご記入の上、ホームページメールフォームからメールでお願い致します。)

※ロシア製品は戦争以前に確保済みの物が無くなり次第、当面の間取り扱いが無くなります。

※スマートフォンのお客様は
トップページのいちばん最初のところまで戻してから
左上のメニュータブをクリックして下さい。
営業日カレンダー、各種メニュー、御予約メール、Instagram等はタブから出てきます。

『ジョージア(グルジア)コース』と『おまかせコース』を改定しました。
※詳しくはメニュータブからコースメニューをクリックしてください。

ツェッペリナイC2A811F8-D504-43D7-90B1-306ECDB820E0ハチャプリ7FADDA5C-A353-422F-84D1-D0EB91CDBAEF_1_201_aドルマE5607A50-9F2D-492D-BEC1-B1B7172888D4
.

また、少しずつですがアラカルトのジョージア(グルジア)料理も改良していきます。
クリスマスや新年、
家族でのお食事、仲間内でのパーティー、送別会等には
アラカルトメニューにあります 『タバカ』や『米燻嫩鶏』をメニューに取り入れたお任せコースも良いかと思います。
また単品アラカルトとして、条件付きでお持ち帰りも可です。
(例として大皿持参、お車でお越しの事前に御予約を頂きましたお客様)

 
鶏タバカ65E04DC3-3F06-4407-B35F-0BC206741690鶏燻製tempImageZLAcGtタバカE0EAB137-5CBC-4201-89AB-C33ABD3A667D

☆お昼のランチは
9/14日〜 2023年3月中旬 まで(日時は食材状況により前後します)
『ボルシチ』ランチです。
寒い日には『ボルシチ』で温まりましょう。


ボルシチランチ2022〜2023一部料金改定(ドラッグされました)
ボルシチランチ2022〜2023(ドラッグされました)
ボルシチランチ2022〜2023(ドラッグされました) 2

ユーラシア食堂さらび では夕方以降の会食承っております。
 旧東海道のひっそりとしたプライベートな空間で

美味しい中国料理、ロシア料理、中央アジアの料理をお楽しみ下さい。

小さな食堂ですが造り手と接することのできるお店です。お一人様から20名様位迄で対応しております。

当店は特殊な場所に位置しておりますので集客の見込みの無い日には早めに閉める事があります。また、小さなお店ですのでせっかくお越し頂いてもご予約のお客様でいっぱいで入店出来ない場合もございます。

ご予約の程よろしくお願い致します。

 料理内容等はアラカルトから選んで頂いても結構です。

☆お勧めは お客様のご要望と御予算をお聞きした上で内容を決める

『おまかせコース』プランです。

普段お出ししていない料理は こちらの『おまかせコース』プランからです。

パンペリメニ

キエフA79D9AF7-9F19-4E33-A8EC-AD43A56DC89C ニジマス

ご予算ご要望等、お気軽にご相談ください。

ご友人 ご家族でのお食事、ご宴会等、ランチ時間での婦人会等、お待ちしております。

土鍋D3852D50-035E-4E2A-B0B1-A59A1EC3B285

肉tempImagenXmsWK


ワイン造り8000年の歴史を持つワイン発祥の地ジョージア(グルジア)

8000年前からの造り方《タンクや樽ではなく、“クヴェヴリ(甕)”》
 で造られた自然派の造り手たち、

伝統製法継承者たちの
『ジョージア(グルジア)ナチュラルワイン』
も入荷しています。

クヴェヴリ絵6CA013E2-B008-4DEE-A402-44834A6AA1BF_1_201_a

【クヴェヴリ は世界文化遺産です】

※新入荷の自然派ジョージアワインがリストに加わりました。
リストの変更、更新を定期的に行っております。
今季も年末シーズンを前に新入荷しました。
ドリンクメニューからご確認ください。


ジョージア(グルジア)自然派の造り手による
クヴェヴリ醸造ナチュラルワインを
メインに取り揃えておりますが、

一部、ジョージアワインメーカー(自然派ではない)工場生産ワインも
白と赤1〜2種ご用意しております。
私のお勧めは“自然派”ですが、
一部、ジョージアワインメーカー(自然派ではない工場生産ワイン)も
白と赤1〜2種ご用意しております。
よく知られた地区の名を冠するメーカー生産ワインも少しだけ用意しようと思いました。
 白、ツィナンダリ 
 赤、キンズマラウリ
どちらも飲み易く工場生産ワインですからお手頃価格です。
東京のロシア料理店より断然お値打ちです。

また、『南ロシア 黒海沿岸のワイン』も入荷。
南ロシアの代表的ブランドメーカーワインも良いと思います。

[※ウクライナ戦争の影響によりロシア製品は確保分限り。]

元々、古くから葡萄が育つのに適した環境で
自然のままに近い環境で育てられた葡萄のワインは
最近、世界でも注目されています。
旧ソ連圏ではジョージア(グルジア)を筆頭にすぐ隣のアルメニア、黒海沿岸のウクライナ、南ロシアも古くからのワインの産地です。

詳しくはドリンクメニューでご確認ください。
※一番上まで戻してから左側のタブからドリンクメニューをクリック

林檎89E39172-391E-4139-A9D7-9CCADECFD3EDピローグ

お客様のご予算、料理の希望内容等、柔軟に対応させて頂きます。

前日、当日のご予約でご利用いただけるコースもございます。

ハチャプリ焼く前

973B647C-9D9C-4453-A772-FEF2013E04E0カニハチャプリ
テーブルDD5350C9-77BD-47B9-A493-9767F2016421

サラダtempImage2P4Vix

ご依頼、ご相談は店主までお気軽にどうぞ。

サザエ781ABF04-EA9F-4711-BECC-3C90DD1B218D_1_201_a
IMG_3506

※詳しくはコースメニューでご確認ください。
スマートフォンの場合
一番上まで戻してから左上のメニュータブをタップ

2021秋〜ディナーのご案内(ドラッグされました)

★旧ソビエト連邦関連ドキュメンタリー映画★
『Mr.LANDS BERGIS ミスター・ランズベルギス』
ソビエト連邦末期1989年〜1991年にかけてのリトアニア独立運動の中心人物、
リトアニア最高会議ランズベルギス議長のソ連からの独立闘争ドキュメンタリー映画



◎ヴィオラで奏でる祖国ジョージアの旋律
Zaza Gogua Viola Concert
12/13(火)13:00開場 13:30開演

ミャンマーチャリティー

◎6/4(土)〜5(日)『有松絞まつり』開催時に行った
『ミャンマー(ビルマ)人道支援チャリティー』
は収益分として計24万円を
NUG国民統一政府傘下在日ミャンマーコミュニティ組織を通じて
ミャンマー(ビルマ)国内避難民(サガイン管区方面)支援のために、
ミャンマー本国NUG傘下コミュニティ組織へ直接送ることが出来ました。
期間中、御来店いただいたお客様

ありがとうございました。
※関連記事及び私の指摘はトピックスのアーカイブ2022年5月へ移動。
インフォメーション→トピックス→下方へスクロール

※名古屋でも主に日曜日の夕方に
名古屋駅、又は栄方面で
在日ミャンマー人の若者達(Myanmar Youth Community と Nagoya Youth Association For Myanmar)が募金活動を行なっております。
見かけることがございましたら
ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

写真はMYCの皆様8/12日

◎店主の友人、Minさん夫妻のお店
美味しいミャンマー料理とミャンマーカラオケ

土曜、日曜日は昼も夜もミャンマーの方達でいっぱいです。
平日のお昼時に事前連絡の上、行かれることをお勧めします。
何を食べても美味しいですよ。
ラぺッ・トウッ(お茶の葉と揚げたニンニクや豆類、干しエビなどを混ぜて食べるサラダ)
サモサ(三角の揚げ物スナック)
ダンバウ(カレー風味の骨つき鶏もも肉の炊き込みご飯)
モヒンガー(ミャンマーを代表する魚ベースのスープの麺料理)
焼き鴨、
ミャンマー式ビーフカレー、
バナナのケーキ、
蟹と春雨の少し辛い煮込み、
豚足煮込み、
他無数にあります。

東京にあるミャンマー料理店よりも美味しいですよ!
ミャンマーのことも聞いてみてね。
ミンさんの故郷の村(ザガイン管区)も軍事政権軍による攻撃で今は無人の村。

私のリンゴケーキと双璧を成す彼女のバナナケーキ。
これぞミャンマーのデザート!


◎証拠隠滅で母と弟は焼かれた 普通の女の子だった私が変わった日:朝日新聞デジタル
Nagoya Youth Association For Myanmarエイミィミィさん

https://www.asahi.com/articles/ASQBL6R95QBDOIPE010.html?fbclid=IwAR0VXLHIHCzb4jFUIHXAHqSJCx_P4DeMR3wX_zNoWNo0Pvo2M4VN7nHytSo

OCHA国連人道問題調整事務所
◎ミャンマー人道支援アップデート No. 22 | 2022 年 10 月 1 日
https://reliefweb.int/report/myanmar/myanmar-humanitarian-update-no-22-1-october-2022

UNHCR国連難民高等弁務官事務所
◎ミャンマーの緊急事態の最新情報 (2022 年 10 月 3 日現在)
https://reporting.unhcr.org/document/3316

☆☆ミャンマーで戦争犯罪を助長するサプライ チェーンを暴く
Exposing the Supply Chain that Fuels War Crimes in Myanmar
調査により、戦争犯罪に関連する航空燃料サプライチェーンが明らかになる。
OCHA国連人道問題調整事務所11/3日 

Source: Amnesty Internationalアムネスティインターナショナル
※English&Burmese pdf file available

詳しくはリンクにアクセスpdfファイルから英語、ビルマ語
https://reliefweb.int/report/myanmar/deadly-cargo-exposing-supply-chain-fuels-war-crimes-myanmar-enmy

ASA1661472022BURMESE(ドラッグされました)

アムネスティは州と企業に対し、ミャンマーへの航空燃料の輸出を停止するよう要請
・プーマ エナジーはサプライ チェーンを通じて、ミャンマー軍による戦争犯罪に関与している。
・石油ガス会社のエクソンモービル、タイ・オイル、ペトロチャイナ、ロスネフチを特定。
・漏洩した会社文書、業界情報源、ミャンマー空軍からの離脱者へのインタビューに基づく調査は、
 これまでのサプライチェーンの最も完全な全体像を提供します。
・空爆の壊滅的な結果についての証言
国際社会は航空燃料の輸送がミャンマー軍に届くのを緊急に阻止しなければならない、
とアムネスティ・インターナショナルは本日述べ、サプライチェーンに関与する企業への調査を発表し、民間人への致命的な空爆の衝撃的な新しい報告を発表した。

致命的な貨物:
ミャンマーの戦争犯罪を煽るサプライ チェーンの暴露は、2021 年のクーデターで軍が権力を掌握して以来、燃料が遠い港から最初に出発してから、その間のすべてのステップ、民間人を殺害した不法な空爆まで、航空燃料に関する最も詳細な調査を提供します。  
「これらの空爆は家族を荒廃させ、民間人を恐怖に陥れ、犠牲者を殺し、不具にしました。
しかし、飛行機が燃料を補給できなければ、飛び立って大混乱を引き起こすことはできません。
今日、我々はサプライヤー、船舶代理店、船舶所有者、海運保険会社に対し、ミャンマー空軍に利益をもたらしているサプライチェーンから撤退するよう呼びかけている」と、アムネスティ・インターナショナル事務総長のアニエス・カラマールは述べた。

「人権に対する目に余る侮辱を持ち、戦争犯罪、人道に対する罪、およびその他の重大な人権侵害を犯したとして繰り返し非難されてきた軍隊への航空燃料の供給に参加することを正当化することはできません。」
アムネスティ インターナショナルの調査は、Justice For Myanmar と協力し、ビルマ キャンペーン UK などの他の市民社会組織の支援を受けて行われました。
この報告書は、漏洩した企業文書、企業ファイリング、船舶追跡データ、衛星画像、公的記録、ミャンマー空軍からの亡命者との独占インタビュー、プーマ・エナジーに近い情報源など、幅広い情報源を利用しています。
また、空爆の生存者の証言も取り上げており、悲惨な経験を共有して、
これらの違法な攻撃による人的被害に光を当てています。

サプライチェーンの露出

企業は、どこで事業を行っていても人権を尊重する責任があります。しかし、本日発表されたアムネスティ・インターナショナルの証拠は、ミャンマーへの航空燃料の供給に関与している一部の企業の行動が、ミャンマー軍の戦争犯罪委員会に関連していることを示しています。

2015年以来、ミャンマーでの航空燃料の取り扱い、保管、流通に関与する主な外国企業は、世界的な商品取引の巨人であるTrafiguraが大部分を所有するPuma Energyでした。
ミャンマーでは、子会社のプーマ エナジー アジア サン (PEAS) と合弁会社のナショナル エナジー プーマ アビエーション サービス (NEPAS) を通じて運営されています。
Puma Energy によると、2021 年 2 月から 2022 年 10 月 5 日まで、業務を民間目的の航空燃料の提供に限定していました。
ただし、このレポートは別のことを示しています。
私たちの調査結果は、航空燃料 (Jet A-1) は、主に PEAS が管理するティラワ港のターミナルを通じてミャンマーに入ることを示しています。
アムネスティ インターナショナルは、2021 年 2 月から 2022 年 9 月中旬までの間にターミナルで荷降ろしされた航空燃料の 8 つの別々の積荷を特定しました。
その後、燃料は、タンカー トラックで全国の NEPAS 貯蔵施設と軍の航空基地に輸送されるまで、
PEAS ターミナルに貯蔵されました。
2021 年 12 月から 2022 年 8 月までに得られたデータに基づくと、一部の NEPAS 貯蔵施設は軍の航空基地に関連付けられており、航空燃料の民間および軍事利用が密接に関連していることを示しています。
プーマ エナジーは、ミャンマー軍の航空燃料へのアクセスを容易にすることで、ミャンマー軍による人権侵害に貢献しました。
プーマ・エナジー自体は、アムネスティ・インターナショナルに対し、
「軍が特定の NEPAS 空港施設で強制的に燃料を要求しているという報告に気付いた。
これらの報告されたインシデントにより、導入された制御を維持する NEPAS の能力に対する信頼が損なわれました」と Puma Energy は述べています。

9 月 26 日、アムネスティ インターナショナルは、このレポートの証拠を Puma Energy に提出しました。
10日後、同社は国を離れ、ミャンマーでの事業を売却すると発表した。

「プーマ・エナジーがミャンマーから撤退する決定を下したことは認めますが、
非公開の『現地所有の民間企業』への売却の発表は、
責任を持って透明性を持って撤退し、
航空燃料インフラストラクチャーを政府の手に委ねないようにする必要性について、
まったく新しい懸念を引き起こします。
アムネスティ・インターナショナルのビジネスと人権の研究者であるモンセ・フェラーは、次のように述べています。

「プーマ エナジーは、責任を持って撤退し、損害の修復に貢献しなければなりません。
これは、適切な補償措置を見つけるために、不法な空爆の影響を受けたミャンマーのコミュニティの代表者と協議することから始めるべきです」とフェレール氏は述べた。

明らかになった出荷

しかし、プーマだけではありません。
他の企業は、ミャンマーの航空燃料のサプライチェーンで重要な役割を果たしており、それらを同じ人権侵害に結び付けています。

2021 年 2 月から 2022 年 9 月 17 日までの間に、商業首都ヤンゴンのティラワにあるプーマ エナジーの子会社 PEAS が管理する港湾ターミナルで、少なくとも 7 隻の石油タンカーが航空燃料の 8 つの積荷を降ろしました。
アムネスティ・インターナショナルは、4 つの出荷の供給者と日付を確認した
:PetroChina の完全所有の Singapore Petroleum Company (SPC) (2021 年 12 月)、
ロシアの Rosneft (2021 年 12 月)、
Chevron Singapore (2022 年 2 月)、
Thai Oil (2022 年 6 月)。
また、ExxonMobil は 2022 年 6 月の出荷にリンクされています。

アムネスティ インターナショナルが入手した文書によると、タイ石油とペトロチャイナの SPC からの貨物は、ミャンマー空軍が使用することを意図していた。

ロスネフチ、シェブロン、タイ・オイルの代表者は、アムネスティ・インターナショナルに対し、貨物は民間目的のみであるという保証を受けたと語った。
ペトロチャイナの SPC はコメントの要請に応じなかった。
アムネスティ・インターナショナルの書簡に応えて、タイ・オイルは、「そのような問題がなくなるまで」ミャンマーへのジェットA-1航空燃料の販売を一時停止すると述べた。

「人権デューデリジェンスを実施している企業は、軍が統治している国に居住する顧客に航空燃料を販売することは、少なくとも人権侵害の記録が残されていることを認識する必要があります」と Ferrer 氏は述べています。
 韓国の船舶所有者であるパン・オーシャンとノルウェーの海運会社ウィルヘルムセンも、
多くの航空燃料の輸送に関与していることが判明した。
パン・オーシャンはアムネスティに反応しなかった。
ウィルヘルムセン氏は、貨物は民間目的であると信じていると述べたが、「ミャンマーの港でジェットA-1航空燃料を排出する船舶または貨物の所有者に対するあらゆる種類の代理サービスの提供を直ちに停止する」と述べた。

空爆の記録

この調査の過程で、アムネスティ インターナショナルは、2021 年 3 月から 2022 年 8 月の間に、カヤー州、カイン州、チン州、およびザガイン地域で行われた 16 件の違法な空爆を記録しました。
 懸念される新たな展開として、アムネスティ・インターナショナルは、そのような 2 つのストライキで、ミャンマー軍によるクラスター弾の使用を記録した。クラスター弾は本質的に無差別であるため、国際的に禁止されている。

アムネスティは、Hmawbi, Magway, Tada-U and Taungoo の 4 つの空軍基地を、戦争犯罪に相当する攻撃に直接結び付けることができました。
空爆により、少なくとも 15 人の民間人が集団で死亡し、少なくとも 36 人の民間人が負傷し、家屋、宗教施設、学校、医療施設、避難民キャンプが破壊されました。
空爆による死者数は、一貫した目撃者の証言や犠牲者の名前などの直接的な証拠を通じてアムネスティが確認できたものに基づいており、多くの場合、攻撃の写真やビデオ素材によって裏付けられています。

メディアの報道と別の人権に関する文書に基づくと、
ミャンマー全土で民間人を死傷させた違法な空爆のパターンがはるかに広く、
実際の死者数ははるかに多いことを意味します。

これらの文書化された事例の大部分では、攻撃時にストライキの場所にいたのは民間人だけのようです。
2022 年 1 月 17 日、タイと国境を接するカヤー州の Ree Khee Bu IDP で、15 歳と 12 歳くらいのマリアとキャロラインの 10 代の姉妹が深夜の空爆で死亡しました。
50代のヌヌも死亡した。その夜、別の村に滞在していた50歳の少女たちの父親であるKaw Rehが翌朝到着すると、彼らの体が布で覆われているのを見つけました。
「彼らは私の娘たちと男性の遺体を教会に安置しました。死体を見てそこに座りたかっただけです」と彼は言い、
爆撃現場の家族の持ち物は破片で破壊されたか、「いたるところに臓器と血」があったため、他の住民によって焼かれたと付け加えた。
彼の生き残った娘は、かつて社交的で活動的だったが、もはや他の子供たちと遊ぶことはなくなった。
2022 年 7 月、2 人のアムネスティ インターナショナルの研究者が攻撃の現場を訪れ、爆弾によるクレーターと残っている損傷を調査しました。
攻撃時に戦闘機やその他の軍事目標が近くになかったことを考えると、
これは民間人に対する直接攻撃であり、戦争犯罪を構成する可能性があります。
「多くの企業によって供給、輸入、保管、配布された航空燃料は、ミャンマー軍がこの種の恐ろしい空爆を実行する上で不可欠なものでした。
ミャンマー空軍への航空燃料のサプライチェーンを断ち切る時が来た」とフェレール氏は語った。

※過去記事の大部分は
『トピックス』のコーナーへ移しました。
トップページ一番上のメニュータブから
→『インフォメーション』→『トピックス』



ミャンマーの主要ERO(民族組織)EAO(民族軍)である
KIO Kachin Independence Group は、
カチン民族武装グループ(カチン独立軍) KIA の第 9 旅団が10/23日、日曜日の夜、
KIO カチン独立機構が創立 62 周年を記念するコンサートを開催しているときに、ミャンマー軍が空爆を開始したとつたえられています。
軍事政権が空爆を開始したときに、一部のカチン アーティストを含む少なくとも 50 人以上の民間人が死亡したと述べた。
空爆が行われたPhakant地域のアナンパ村の住民は、60人が死亡し、100人以上が負傷したと述べた。
KIAカチン独立軍の第 9 旅団は、Phakantタウンシップのロンベングの上流にあるウル川の先端に位置しています。攻撃は日曜日の午後 8 時頃、第 6 大隊の拠点であるアナンパ村の近くで発生しました。
事件現場近くのロンベワの地元住民は、ビルマ軍がカチン独立組織 KIO の設立 62 周年を記念するコンサート中に空爆したと語った。
カチン独立機構KIO は 1960 年 10 月 25 日に結成され、
カチン独立軍KIA は 1961 年 2 月 5 日に結成されました。


非難声明:KIOカチン独立機構KIAカチン独立軍と同意血判の
MNDAA(ミャンマー民族民主同盟)、P.S.L.F(Palaung State Liberation Front/Ta’ang National Liberation Army)、AA(アラカン軍)と
NUGミャンマー国民統一政府

空爆の犠牲者のカチン アーティスト
※下方に関連記事転載

ミャンマー(ビルマ)の人々
強固な団結心、
連邦意識、
自分を犠牲にしても勝ち取る権利、
強い意思、
逞しい人々、

尊敬と敬意の念をこめて

☆トピック☆
 《ビルマ(ミャンマー)情勢》
デモ787585AD-74A5-4E12-A494-35850A1F7304_4_5005_c

☆毎日のビルマ(ミャンマー)情勢については
外交官もよく引用する媒体として
◎MyanmarNow(ミャンマーナウ)
https://myanmar-now.org/en
◎TheIrrawaddy(イラワジ紙)
https://www.irrawaddy.com/
でご確認ください。
ビルマ語エディションに切り替えると
より細かい所まで判りますがミャンマー人向け、English版は寄り対外向け。
知りたい内容で切り替えると良いでしょう。

その他ミャンマー媒体につきましては
下方、ガカーリンの食事写真の手前付近に
簡単なメディア表を表記しましたので
そちらを参考に検索してください。

◎ミャンマー軍事政権軍の人々に対する残虐性を示す写真
11/16日ラカイン州マウンドーTspグレイクチョン村、マウンドー北側ギークチャウグ村で軍事評議会軍と傘下の大隊による銃撃による市民犠牲者。
SNSではボカシ又は閲覧禁止になった。
MyanmarNowにも載っている。
こうしたことはMyanmarでは毎日何処かで起こる。

 これから乾季の季節になるので=空爆と放火の季節。

多くのミャンマー市民が(在外ミャンマー人も)、やりきれない心の闇。

◎ブルドーザーで軍事政権に家を破壊された人々
Kanthar Zeyone street in Ward3 of Yangon’s Mayangone tsp
#2022Nov19Coup

〈暫くの間、TOPのTOPに固定〉
VOAボイスオブアメリカ10/15(土)
ミャンマーの活動家は、
軍の主要な支持者である MOGE(ミャンマー石油ガス公社) に対する即時の行動を促す

ミャンマーの活動家はVOAに対し、
米国がミャンマー軍事評議会のために武器を扱う人々に課した対象を絞った制裁を歓迎すると語ったが、
軍の主な収入源であるミャンマー石油天然ガス産業(MOGE)は、できるだけ早く制裁法認可する必要があります。
米国政府が MOGE への制裁を遅らせているのはなぜですか?
Main Kyin Naing は、米国を拠点とするミャンマーの活動家の見解を紹介します。

米国財務省が追加の個別制裁を発表した 10 月 6 日付の声明の中で、ミャンマー軍に航空機部品を含む武器を提供する Dynasty International Company Limited と、同社の所有者である U Aung Moe Myint 氏。
同社の共同創設者である U Hlaing Moe Myint と会社の取締役である U Myo Nye は 3 と表現されています。
 ビルマ軍将校の息子であるアウン モー ミン氏は、ビルマ軍の航空機だけでなく、ミサイルを含むさまざまな軍事兵器を輸入しています。
弟の U Hlaing Moe Myint もこの会社の責任者であり、会社の取締役である U Myo Nye は、外国軍の武器商人との武器取引の窓口となっています。

ワシントン DC に本拠を置くミャンマーの米国擁護連合のスポークスマンであるマイク・ハーク氏は、VOA に対し、ミャンマー軍に武器を販売する人々を標的にすることは歓迎されるが、その有効性については疑問があると語った。

「私たちの見解では、ビルマ軍、特に武器を扱う人々を標的にすることは良いことです。
名前を挙げて標的にされた人々から、このような制裁によって被害を受けたと言っています。
米国はこれらの武器商人に制裁を課すつもりですか? ロシアに対する制裁を見てみると、武器を扱う人々を標的にすることにどれほど成功しているかはわかりません。」

サンフランシスコ地域のビルマ・アメリカン・アライアンスのユン・タン代表はVOAに、
バイデン大統領の政府は、2021年2月にミャンマーの文民政府を打倒したビルマ軍に対して即時の対抗措置を講じたが、しかし米国政府は軍の主な収入源はまだ制裁認可されていません。
「バイデン大統領はできる限りのことを行ったが、まだMOGEを認可していない。
それについてはあまり期待できない。
したがって、ビルマ法案(ミャンマー法法案)でMOGEを制裁する。
他に何が行われても、 MOGE は制裁を受けており、
数百万ドルがビルマ軍事評議会の手に渡っている限り、軍は人々を抑圧し殺し続けます。
彼らは”私たちは権力を放棄しない”と何度も言ってきました。」

マイク・ハーク氏は、2022 年 2 月に欧州連合がミャンマーの石油および天然ガス産業を認可したように、米国政府は行動すべきだと述べた。

「米国ができる最も効果的な方法は、ミャンマーの石油および天然ガス産業であるMOGEを制裁することです。
その理由は、ドルの役割が非常に重要だからです。
石油と天然ガスを購入するためにドルで支払うことが重要な要素です。
したがって、 、MOGEを制裁することは、軍の収入を損なう最も効果的な方法であることがわかります。
MOGEに対する欧州連合の制裁により、中国の銀行とPOSCOやKOGASなどの韓国の石油および天然ガスの巨人は、軍に資金を流用しています。止められたものを見ると、本当に効果的です。
したがって、米国が軍事兵器を扱っている人たちを監視して行動を起こすことは良いことですが、
MOGEに対する制裁はより効果的です。」

では、なぜ米国政府は MOGE に対する制裁を遅らせているのでしょうか? U Nyun Than の意見は次のとおりです。

なぜ彼らが認可しないのかを考えると、2 つのことがわかります。
一つには、彼らはタイを傷つけることを心配していると思います。
一方、共和党は、シェルブロンのような石油会社に影響を与えるのであれば、経済に関しては好まない。
しかし、共和党側はかなり明確になりました。
Mitch McConnell は、ASEAN の 5 項目合意が機能しなかったため、過去 4、5 か月で MOGE を制裁したいと考えています。
近隣諸国が何か決定的なことをしなければ、MOGE は制裁を受ける必要があり、共和党の指導者が笛を吹いたので、問題は解決しました。
しかし、アメリカ側はこのガスパイプラインの停止がタイに影響を与えることを懸念しているようです。
タイ側では、アメリカ政府、国会で大活躍 私は彼らがロビー活動をしていることを知っています。
それに関して、私たちが話しているのは、このガスパイプラインを止めることではありません。
彼らは銀行に制裁を課して、軍事評議会に寄付しているお金を払えないようにしたいと考えています。
戦争評議会に資金を提供する企業は、米国によって制裁を​​受けるだろうと言いたい。

米国財務省が先週発表した声明では、具体的に標的にされた人々の米国内の資産は、名前で制裁を受けた人々に関するものです。
すべての利益がブロックされると述べられています。
さらに、これらの人々の資産を所有または保管している米国内の人物も起訴されます。
また、そのような関連財産がある場合は、OFAC US Office of Foreign Assets Control への報告が義務付けられているとも述べられています。
さらに、これらの人々が所有する会社、または制裁対象の人々と 50% 以上の経済的合弁事業を行っている会社は、制裁対象となります。

OFAC はまた、OFAC が発行する一般的または特定のライセンスによって許可されている場合、またはその他の方法で免除されている場合を除き、ブロックされた人物の所有権の譲渡をすべて禁止しています。
その他の禁止事項には次のようなものがあります。
制裁を受けた個人からの資金提供。
これには、商品やサービスを受け取らないことも含まれます。

米財務省次官補のブライアン・ネルソン氏は、取り締まりはネットワークと、ビルマ国民に対して暴力と残虐行為を行っているビルマ軍の武器から利益を得ている人々を標的にしていると述べた。

16

ザガインの人々

☆軍事クーデター後、2022年8月までの
軍事政権の邪悪な軍(Sit-Tat(軽蔑をこめて、現在は軍にとって少なくとも栄光あるTatmadawを使わない!))
による放火焦土の犠牲になった地域のデータ。

特に酷いサガイン管区とマグウェ管区北部、図はサガイン管区の大雑把な被害図。

〈※Topに固定 1〉
◎To Build a Unified Resistance and Democratic Myanmar, Discrimination Must End
統一されたレジスタンスと民主的なミャンマーを構築するには、差別を終わらせなければなりません。
ミャンマーのレジスタンスが国際的な支持を獲得し、民主主義を構築するためには、
何十年にもわたる構造的差別に対処する必要があります。
9/8(木)アメリカ合衆国平和研究所USIP
https://www.usip.org/publications/2022/09/build-unified-resistance-and-democratic-myanmar-discrimination-must-end
・・・・略(リンクにアクセスして本文を読む)

変化する規範
クーデター以降に浮かび上がってきた明るい兆しの 1 つは、所属に関する社会規範の変化です。
構造的な差別は根強く残っており、レジスタンス内の多くの人は依然としてマイノリティに対して排他的な見解を持っていますが、進歩の兆しがあります。
著名人、活動家、学生組合、そして退陣させられた国民民主連盟の一部の指導者でさえ、ロヒンギャをミャンマーの一部と認めており、ミャンマー軍によるロヒンギャ虐殺を支持したことを公然と謝罪している。
主に退位した文民政府で構成され、レジスタンスの中心にある NUGは、人権省にイスラム教徒の顧問を任命し、ロヒンギャに対する包括的な政策を発表した。
これには賠償の約束が含まれており、ロヒンギャがミャンマーに属していることを公然と認めている。

それにもかかわらず、認識されていないマイノリティは、
ミャンマーの将来に関するレジスタンス内のほとんどの議論の対象外のままであり、これらの対話は依然として恣意的で差別的な民族階層に基づいていることがあまりにも多い。
たとえば、レジ​​スタンス活動家が将来のミャンマーのビジョンについて話し合うためのプラットフォームである全国統一諮問評議会 (NUCC)、準国家連邦単位(州)の構成について深く分かれています。
一部のメンバーは、各州が1つの主要な民族グループにちなんで名付けられた8つの州モデルを支持していますが、他のメンバーは、バマールが多数を占める地域を複数の州に分割し、
他のメンバーはその地域の多数派の民族グループにちなんで名付けられた14州モデルを維持したいと考えています。
ただし、どちらのオプションも、認識されている民族グループの場所に基づいて設計されているため、
認識されていない少数派は代表されず、疎外されています。

さらに、レジスタンスの連邦民主憲章は、ミャンマーの歴史の中で最も包括的な文書であり、レジスタンスの大きな勝利である。
それはミャンマーが世俗国家であることを要求し、階層化された市民権と民族的ヒエラルキーは未解決のままであるが、非差別への一般的なコミットメントを概説している。
憲章は、権利を帰属させる際に、” Taingyintharタインインダー”または民族的国籍 (英語版) という用語を一貫して使用しており、そのような権利が差別的な民族分類に左右されるという懸念を引き起こしています。
たとえば、第 25 条、第 43 条、第 45 条、および第 46 条は、個人的、文化的、社会経済的権利を
”Taingyintharタインインダー”のみに帰属させています。

国民の対話プロセスにより有意義に参加する機会がなければ、
認識されていないマイノリティの歴史的な不満や経験は対処されず、民族的および宗教的ヒエラルキーのシステムが存続することになります。
このヒエラルキーは、暴力を維持し、開発を弱体化させ、基本的人権を裏切ります。
2015 年から 2020 年にかけて、イスラム教徒やその他の認識されていないマイノリティーは、政府やNLD 主導の「和平プロセス」から組織的に排除されました。
レジスタンスは、この排他的規範を放棄し、変化する社会規範を利用し、認識されていないマイノリティの声を進行中の国家対話プロセスにさらに完全に統合しなければなりません。

平等のための構成要素
事実上すべてのレジスタンス活動家は軍事政権への憎悪を共有しているが、
レジスタンスは完全に団結することができなかった。
その理由の1つはBamar仏教徒によるマイノリティ、
特に認識されていないマイノリティに対する構造的差別の歴史である。
国際社会の一部の人々は、レジスタンスの成功が、
ジェノサイドが容認され、民族間および宗教間の暴力が優勢だったクーデター前の差別的な現状に戻ることを意味する場合、レジスタンスへの支援を強化することに消極的です。
レジスタンスが、その勝利がより包括的な未来を意味することを証明できれば、
国内外で支持を拡大する可能性があります。

1 つのステップは、非差別の方針にコミットすることです。
これは、世界人権宣言、市民的および政治的権利に関する国際規約に基づいている可能性があります。
この政策は、階層化された市民権を排除し、民族、宗教、性別、またはその他の保護された階級に関係なく、
法の下で平等な保護を義務付けるべきです。
基本的に、個人がミャンマーの政治的および社会的システムに参加することを許可されているかどうかの主な決定要因であった民族性から権利を分離する必要があります。
それは、ミャンマーの政治コミュニティを大幅に拡大し、
対等な立場で競争することを決して許されなかった認識されていない少数派コミュニティの経済的可能性を解き放つ可能性があります。

現在の運動にとって最も重要なことは、
NUGを含むレジスタンスの指導者から、激しいレジスタンスの間で信頼を築き、
持続可能な平和の舞台を設定するのに役立つ
無差別へのコミットメントを表すことです。

Aung Ko Ko は、ブランダイス大学の社会政策と管理のためのヘラー スクールのリンカーン奨学生です。
彼は、平和構築と教育の組織である Mosaic Myanmar の共同設立者兼事務局長です。

〈※Topに固定 2〉
◎ミャンマーの国民統合政府は統治する準備ができていますか?
はい、NUG は、団結と一貫性を維持し、外部からより多くの支援を受ければ、統治できます。
9/6(水)TheDiplomat
https://thediplomat.com/2022/09/is-myanmars-national-unity-government-ready-to-govern/

略・・・・・・
NUG は現在、重要な領土を支配し、圧倒的多数の人々の忠誠を指揮し、その支配下にある地域に安全と正義を提供しています。
NUG は、ミャンマーの民主的な暫定機関の執行政府であり、全国的な政治および軍事関係者の連合を代表しています。これらの機関には、2020 年に選出された組合議会、または Pyidaungsu Hluttaw と、NUG の全体的な目的と戦略を定義する一種の連合評議会である National Unity Consultative Council (NUCC) が含まれます。

NUG が「領土を支配している」と言うとき、それはこの領土を効果的に統治し、取り締まり、住民の協力を得ているという意味であり、その人員が圧倒的な力で入ってきたときに軍隊を締め出すことができるという意味ではありません。
NUG は現在、ミャンマーの多くの地域を統治するための地方行政政策と統一された構造を持っています。
この行政は混成的なものです。
NUG に忠実な地方行政が中心部を統治し、同盟する民族抵抗組織が、何十年にもわたる独自の構造を通じて、国境地域の伝統的な領土を支配しています。
センターと国境地域の間の調整は、NUCC を通じて行われます。
ここには、ミャンマーの将来の連邦構造の核となるものがあります。

センターでは、地方行政から NUG 内務省への報告と説明責任があります。
リソースはセンターによって承認され、提供されることもあります。
NUG はまた、主要な犯罪の防止と捜査に重点を置いた警察部隊を構築しています。
NUG の法務省の指示の下、地域裁判所制度が確立されつつあります。
NUG の軍事力とは別に、地元の治安および防衛グループは、軍事政権による殺人的な襲撃から地域社会を守るためにできることを行っています。

NUG は、NUG が管理する領域とそれを超えた領域でサービスを提供します。

NUG とその民族同盟は、対面教育と遠隔教育、対面医療と移動医療、電力、避難民コミュニティへの人道支援などのサービスを提供しています。
サービスの提供は、NUG の関連省庁によって、センターから計画および調整されます。
たとえば、NUG の教育省は、NUCC とともに、連邦教育政策を作成しました。このポリシーは、NUG が管理する学校および民族国籍組織が管理する学校での学校教育をガイドします。
NUG の学校の教師は、NUG に忠実な公務員であり、教育省によって管理されています。
省が動員できる限られたリソースは、これらの教師の生活手当を支払うために使用されます。
NUG が管理する学校は、定期的に教育省に報告します。

NUG は効果的な中央調整を実施し、公的資源を管理し、外交政策を実施します。

これはより技術的ですが、同様に重要です。
メンバーがミャンマーの内外にいる NUG の内閣は、週に 1 度、また事実上、閣僚会議を開催しています。
NUG は、政策を策定し、プログラムに資金を割り当て、NUG 省庁からの説明と財務報告を受け取る首相と大統領のオフィスの周りに政府の中心を持っています。
NUG はこの情報を分析し、それに応じてポリシーを見直して適応させます。
NUG の計画、財務、投資省は、自発的な事業税である税金を徴収し、国債を発行しています。歳入の徴収と支出は分散化されており、金融システムが依然として軍事政権によって厳しく管理されている国では必要です。

しかし、すべての収入と支出は NUG の予算で計画され、毎月の財務報告を通じて計画、財務、投資省に報告されます。
同省は、承認が近づくとすぐに使用できるようになる海外の財務口座を含む、公的財政管理構造を確立しました。

NUG は、独自の外交政策、外務省、および戦略的に重要な約 12 の第三国に駐在員事務所を持っています。
いくつかの友好国、特にヨーロッパでは、NUG の外務省がミャンマー市民の領事業務を管理しています。
認定が行われるまで、これらのオフィスは暫定的に関係を処理します。

何が行われ、費やされ、提供されるかについては、説明責任があります。

現在の状況では、説明責任は完璧ではありませんが、NUG は努力しています。
会計検査院長は初歩的な財務監査を開始しました。
ほぼ四半期ごとに開催される議会である Pyidaungsu Hluttaw は、NUG の活動報告を受け取り、その委員会は省庁の業績を調査し始めています。
初歩的な地方司法制度は、現在の移行期間中、独立していませんが、少なくとも文民司法があります。

もちろん、NUG には課題がたくさんあります。
レポートの品質はまちまちです。サービスの提供は全国的に統一されておらず、もちろんその数も少なすぎます。
NUG は資金不足です。
その課税ベースは非常に小さく、NUG はディアスポラからの資金提供に依存しています。
閣僚は、給与も手当も受け取らない。
NUG 省庁のスタッフは基本的にボランティアです。
トップの政治的任命者と数十万人の忠実な公務員の両方です。
スタッフは、彼らを受け入れて養うために、進んでいるが貧しいコミュニティに依存しています。
各省庁は、公務員を維持するために資金を調達しています。
妊娠中の女性と若い家族は、奨学金の対象として優先されます。
ほとんどの場合、サポートなしで進みます。
予測可能で安定した適度な財政支援は、これらすべてに対処するのに大いに役立ちます。

NUG は、成功のチャンスがある連邦民主主義への困難な移行を進めています。

世界が動揺する中、ミャンマーの未来が形作られています。
NUG と NUCC は、ミャンマーを権限の分離と基本的権利と自由の保証を備えた高度に分権化された自由民主主義に変える道を築く暫定的な連邦憲法を策定しています。
道の終わりには、制憲議会によって策定された新しい連邦憲法が立ちはだかります。

新しい連邦政府は、国防、金融政策、外交関係など、必要なことだけを行い、ほとんどの権限を地方レベルに任せます。
これは、ミャンマーのすでに事実上独立している州の多く(ワ州とコカン、そしてますますラカイン州南西部)がスペースを見つけることができる憲法モデルです。

もちろん、この移行は完全にスムーズではありません。
暫定的な「連邦政府」としての NUG の役割と、
サブナショナル ガバナンスにおける限られた役割と、
ミャンマー中部の地方行政を監督するという
NUG のパフォーマンスとの間には緊張関係があります。
民族的国籍の同盟者は、NUG の「集権化傾向」に不平を言っています。
NUG は、最も効果的な方法で統治する必要があると主張しています。
これらの緊張は、NUCC を通じて連合内で解決する必要があり、そのプロセスは改善される可能性があります。

要約すると、NUG は統治する準備ができていますが、世界はそれを受け入れる準備ができていますか?

NUG はすでに政府として機能しており、ミャンマーの領土の一部の管理、正当性、サービスの提供、セキュリティなど、国際社会が政府に求めるすべての基準を満たしています。
なぜ世界は動かないのか?ウクライナでの戦争は一つの要因ですが、私はそれが主なものではないと思います。
むしろ、それは米国と中国の間の対立の構築です。
これは障害になる必要はありません。
ミャンマーの民主的な国民民主連盟 (NLD) 主導の政府は、中国の友好国であり、西側の手先ではありませんでした。
NUG は、NLD の独立した外交政策を再確認しました。
中国は NLD との関係を維持しているが、NUG との取引を拒否している。
米国と中国が、
安定した統一されたミャンマーを誰にも依存しないことが万人の利益になるという
何らかの合意に達することができれば、
状況は変わる可能性があります。

NUG の承認がまだ一歩進んでいない国にとっては、
現実的な財政的および実際的な支援が選択肢の 1 つです。
各国は、必要に応じて 1 回限りのプロジェクトから始めて、サービスの提供に資金を提供するために、NUG または関連組織との共同開発イニシアチブを設定できます。
NUG は喜んでそれを行うことができます。
開発パートナーがほんのわずかな柔軟性しか示さない場合、
受託者リスクを軽減するために必要な管理および制御メカニズムがあります。
NUG は、すべての国際的な政府間会議および協議に招待されるべきであり、
スタッフの専門能力開発を含む大規模な財政的および能力構築支援を受けるべきです。
国際調停者および特使は、
軍事政権を正当化していると見なされることを避けるために、NUG および NUCC に積極的に関与する必要があります。

NUG がますますミャンマー政府としての役割を果たし、ミャンマーのバルカン化を防ぐことができる十分な正当性と実行可能な計画を持つ唯一のアクターとして、世界はそれを認めない言い訳を急速に使い果たしています(認めなければならない)。

著者
ゲストオーサー
フィリップ・アナウィット
Philipp Annawitt は、民主的ガバナンスの専門家です。彼は、2021年の軍事クーデターの前に、ミャンマー政府と議会に助言しました。

〈写真と本文は別です〉
写真はあるPDFの特殊部隊の食事風景、同部隊ソーシャルメディアから。

〈※Topに固定 3〉
☆It’s Time to Help Myanmar’s Resistance Prevail
ミャンマーのレジスタンスが勝利するのを助ける時が来ました。

ミャンマーの残忍なクーデター政権は、政治的妥協の候補ではありません。
8/22(月)アメリカ合衆国平和研究所USIP
https://www.usip.org/publications/2022/08/its-time-help-myanmars-resistance-prevail
国際社会は、ミャンマーの残忍なクーデター政権に対処する上で、現在3つの陣営に分けることができます。
 ◉一つ目は、軍事政権を支持するロシア、中国、インドを含む恥知らずなグループで構成されており、ロシアと中国の場合、彼ら自身の狭い国益を促進するために武器を供給しています。
 ◉2つ目は、分裂した ASEANで、1 年以上前に到着した時点で機能していなかった一貫性のないイニシアチブである、いわゆる「5 項目の合意」を推進し続けています。
 ◉第三は、制裁を課し、人道支援を提供し、クーデターに反対する強力な修辞的立場をとった西側諸国であるが、武力抵抗を批判し、大胆な行動を避け、代わりにASEANの失敗した計画を支持するという慎重で効果のない道を支持している。

これは、ミャンマーの軍事政権が、権力を維持するための必死の試みで、自国民に対して無制限の戦争を繰り広げている国際的な状況です。
ミャンマーの人々は、なぜ国際社会が自分たちを助けるためにもっと何もしてくれないのか、
不満を募らせながら尋ねます。
軍隊の残虐行為、権力への渇望、経済的無能さが、何千人もの死と逮捕、広範囲にわたる破壊の原因となっている恐ろしい状況です。
言うまでもなく、大規模な不安定性、崖っぷちの経済、恐ろしい人道危機は言うまでもありません。

終わりが見えません。

A poster of Senior Gen. Min Aung Hlaing, who led the coup, on the street during a protest in Yangon, Myanmar. February 19, 2021. (The New York Times)

ミャンマーの将来は、主に国内で何が起こるかによって決まるが、国際的な反応は重要であり、軍事政権がその支配を正当化することを望んでいる来年の不正選挙への準備段階で重要になる可能性がある。
その期間中、ミャンマー軍は無差別の暴力と恐怖で住民を服従させようとし続け、殺人ではないにしても政敵を起訴することが予想されます。
国民統一政府(NUG)と多様なミャンマーの抵抗勢力は、間違いなく闘争を続け、より多くの国際的支持を獲得し、軍事政権を十分に弱体化させて出口を探すことを望んでいる。

全体として、これまでの国際社会の努力の正味の影響は中立的でした。
軍事政権に対する中国、インド、ロシアの武器を含む支持の内容は、
軍事政権に対するレトリック、道徳的怒り、およびミャンマーの人々に対する世界の他の多くの国民の支持とのバランスをとっています。
この傾向が続けば、可能性は低いにせよ、政権は来年の偽選挙を利用して国際的な正当性を獲得し、残虐行為の支配を拡大する可能性があります。
いずれにせよ、ミャンマーの人々は苦しみ続け、
なぜ世界、特に西側諸国は、ウクライナを支援する意思があるのに、
プーチンの侵略軍のように残忍で邪悪な力に対してミャンマの人々を支援しないのかを問うでしょう。

:国民蜂起を支持する必要性
米国に率いられ、理想的には軍事政権の行動にうんざりしている少なくとも少数の ASEAN 加盟国が加わった西側が、抵抗運動の勝利を支援するという明確な目標を掲げて、
その貢献を強化する時が来ました。
 この取り組みは、国内の状況を明確に分析し理解することから始める必要があります。
これは、対立する 2 つの政治コミュニティ間の典型的な権力闘争ではありません。
これは、何十年にもわたって少数民族コミュニティに対して戦争を繰り広げ、
ロヒンギャ人口に対してジェノサイドを犯し、
現在、東南アジアではクメール・ルージュ以来見られない残虐行為と残虐行為で活動している、
憎まれ、腐敗し、血に飢えたミャンマーの軍隊に対する全国的な蜂起です。

対話を促進し、暴力を終わらせるための ASEAN の 5 項目のコンセンサスは、この現実を反映できなかったため、失敗する運命にありました。
軍が人民に対する暴力行為をやめる可能性はまったくなかったし、ASEAN 特使 (または他の誰か) がミンアウンフライン将軍と彼の同胞に道理をわきまえるよう説得する望みもなかった。
軍が劇的な譲歩を強いられるほどの圧力にさらされていると感じない限り、ミャンマーの人々に受け入れられる政治的妥協を生み出す対話を想像することさえ不可能だった.。
7月25日に野党4人を処刑する軍事政権の決定— ASEAN の嘆願を明確に拒否する —
15 か月の失敗の後、ASEAN の 5 項目コンセンサスは死んでおり、適切な葬式を与えられるべきであることをすべての関係者に明確に示す必要があります。

ミャンマーが平和と安定の希望を持ってこの危機から脱却する唯一の方法は、
軍隊が権力の座から追い出されるか、
少なくとも権力を維持するために軍自体の面目を保つために、
権力からの離脱を求めるほど弱い立場に置かれることです。
 他に道はありません。
2023年に計画されている軍の偽の選挙は、ミャンマーを一党独裁国家、または軍事政権が「規律ある民主主義」と呼ぶものに変えることのみを目的としています。

:より大胆な政策がレジスタンスを助けることができる
ミャンマーの人々を気遣っている国際社会のメンバー、または少なくとも国が安定と進歩の希望に戻るのを見たいと思っている国際社会のメンバーは、
一歩下がって、アプローチを再考し、
レジスタンスの成功の可能性を高めるより大胆な政策を追求する必要があります。
 具体的には、次の点を考慮する必要があります。

マレーシアが提案したように、ASEAN の 5 項目コンセンサスを正式に廃棄すること。
この時点で、軍事政権にある程度の正当性を与える、実行可能な政治プロセスが存在するという幻想を永続させることによって、利益よりも害を及ぼしている。
 非常に重要な民族武装組織(EAO)や市民的不服従運動の指導者など、軍事政権に反対して活動しているNUGやその他の主要アクターとの公的および私的な関与を大幅に増やす。
 NUG、全国統一諮問評議会、州レベルの諮問評議会、地方自治体のアクター、民族武装グループの民間部門、ストライキ委員会、市民的不服従運動グループなど、
中核となるレジスタンス グループを支援する市民社会組織への支援額を少なくとも 2 倍にします。
とりわけ軍からの亡命を奨励することを目的とした資金を含む、
NUG および同盟グループに資金を提供するための創造的な方法を見つけてください。
米国内のレジスタンス活動家のためのフェローシップやその他の機会を大幅に拡大し、
タイ、インド、その他の場所でミャンマーの学生の教育への資金提供を強化します (オンラインまたは NUG または EAO が支援する学校を介して)。
 クーデターに反対する国の政府による対象を絞った制裁を調整し、
軍事政権への資金の流れを特定し、
可能であればブロックまたは凍結するために必要なリソースを投入します。
 米国は、軍事政権の歳入の大部分を占めるミャンマー石油・ガス企業に対する EU 制裁への参加を再考すべきである。
このような制裁は米国の同盟国であるタイに物資供給の問題をもたらしますが、
専門のチームがこの問題に対処するための創造的な方法を模索する必要があります。

 軍事政権を通過するすべての人道支援を停止します。
代わりに、国連事務総長は、タイとインドを経由する人道支援回廊を作るための
国際キャンペーンを主導すべきです。

 ロヒンギャに対するジェノサイドでミャンマーを非難する国際司法裁判所でのガンビアの訴訟に参加することを含め、軍事政権に対する国際的な法的措置を追求する努力を倍加する。
 最後に、デレク・トンキン駐ミャンマー元英国大使が示唆したように、
NUG オフィスをホストする国は調整と協力を強化する必要があります。

 これらの措置を追求するにあたり、国際社会は、レジスタンスが軍隊を権力の座から追い出すのを助けることが緊急の課題である一方で、それだけでは十分ではないことを認識する必要があります。
 ミャンマーは、過去 18 か月の荒廃から再建し、
現在および過去の虐待に対する説明責任を獲得し、
おそらくより重要なこととして、国内の多くの少数民族グループ (ロヒンギャを含む) と大多数の人々(ビルマ族)との間の信頼を構築するために、依然として記念碑的な闘いに直面しています。

 抵抗と再建を支援するこのようなプログラムが機能するという保証はありません。
多くのことがうまくいかない可能性があります。
しかし、それは少なくとも成功の可能性を提供します。
軍が政権を維持している限り、ミャンマーに希望はありません。

Scot Marciel は、2016 年から 2020 年まで駐ミャンマー米国大使を務めました。
彼は、スタンフォード大学の Walter H. Shorenstein アジア太平洋研究センターの Oksenberg-Rohlen フェローであり、BowerGroupAsia の上級顧問です。

8月のDiplomat magazine
”ミャンマー春の革命への資金提供” 

◎久保田徹さん解放…ミャンマー国軍の狙いは? 民主派への弾圧は継続、なお1万3000人拘束
東京新聞WEB 2022年11月19日 12時00分
https://www.tokyo-np.co.jp/article/214805

結局、一連のASEAN会合終了に合わせたタイミングで拘束中の外国人を開放(国外追放)して人権に配慮したポーズを取るのに利用された。
そして厄介者はMyannmarから追放された。
これで暫くの間、
来年8月の総選挙に向けて軍事政権は思う存分弾圧掃討作戦を行う。
これからの激烈な弾圧掃討作戦を前に!
書きっぷりが甘いと思う。
まあ、日本のマスメディアではほとんど触れないだろうけれど・・・

☆Myanmar’s Criminal Zones: A Growing Threat to Global Security
New forms of human trafficking, slavery and international fraud are rife in lawless Myanmar.

11/9(水)アメリカ合衆国平和研究所(USIP)The United States Institute of Peace
https://www.usip.org/publications/2022/11/myanmars-criminal-zones-growing-threat-global-security
・・・・・省略(詳しくはリンク先本文を読む)
◎犯罪を引き寄せるミャンマー
この地域のいくつかの国がこの新しい形態の犯罪活動に対処するのに苦労しているため、
ミャンマーは、犯罪グループが人身売買や詐欺活動の拠点として好んで使用する場所として浮上しています。

◎ミャンマー軍にとって、腐敗したBGF国境警備隊による組織犯罪からの収入は、
生存戦略の重要な柱となっています。
Bo Chit Thu が率いる Karen BGF は、国境沿いのこれらすべてのゾーンにセキュリティを提供し、現在、成長する犯罪帝国から莫大な利益を上げています。

カンボジアやラオスでは組織犯罪の本格的な取り締まりにはかなりの障害があるが、
ミャンマーでは現状、いかなる削減も不可能です。
今年初めに国の警察の6つの主要部隊を解体した
現在の軍事政権が権力を保持している限り、
組織犯罪は国の新しい地域に広がり、世界的な安全保障上の脅威をますます増大させている。
中国の警察でさえ、ミャワディを「恐ろしい」と公言し、中国国民にそこに旅行しないよう警告した。
残念なことに、毎日、世界中から何十人もの無防備な被害者がミャンマーに人身売買されています。

◎グローバルなセキュリティの脅威
この人身売買の危機は、ビルマの違法な軍事政権が近隣諸国だけでなく、
東南アジアでの有利な技術職の広告が最近出始めた米国カリフォルニア州のような遠く離れた
国の安全保障上の利益をどのように損なうかの一例にすぎません。

この規模での悪意のある活動は、世界的なセキュリティの脅威を表しています。
それは終わらせなければなりません。
最初のステップは、米国と、タイやインドなどの志を同じくする地域パートナーが、これらの無法地帯がそれらの間のガバナンスのギャップをどのように悪用しているかを評価し、
そのような隙間が生み出す犯罪の機会を遮断するための措置を講じることです。
世界の安全保障に対するこれらの増大する課題に対処しなければ、
組織犯罪が抑制されずに広がり、さらに邪悪な形態に変化することを助長するだけです。

※PDF はほとんどのアナリストや国際政策立案者にとって謎のままです。
NUGから強力な公的支援の恩恵を受けて、(店主加筆:その資金を支えているのは一人一人の在外と国内のミャンマー市民達。)
これらの反乱グループは現在、戦闘に強くなり、より調整されており、
ミャンマーの将来の安全保障情勢において重要な、
そしておそらく決定的な役割を果たしています。

☆Understanding the People’s Defense Forces in Myanmar
The junta is losing control in the face of a strengthening armed resistance. 強まる武力抵抗により、軍事政権は制御を失いつつある。

11/3(木)アメリカ合衆国平和研究所USIP The United States Institute of Peace
https://www.usip.org/publications/2022/11/understanding-peoples-defense-forces-myanmar

Rebel militia fighters of the People’s Defense Forces patrol a front line area near government military positions in the Kayin State of Myanmar. March 9, 2022. (Adam Dean/The New York Times)

クーデター後、人民防衛軍 (PDF) が 2021 年春にミャンマーで初めて結成したとき、多くの人は彼らを若い自警団の急いで組織されたグループと見なし、Sit-Tatシットタットとして知られる軍事政権の軍隊によってすぐに制圧されるだろう。と多くの国際政治アナリスト達は見做していた。
(※店主一部補足している。 私はこの頃、在日ミャンマー人たちの抗議集会に参加していたこともあり、皮膚感覚で奴ら軍政は負ける。彼ら市民たちは最終的にはミャンマーを連邦国家としてBurmaの歴史上初めてのことをやってのけるだろうと感じた。そしてこよなく愛しい。)
 しかし、PDF はこの 1 年半で規模、組織、機能が拡大し、軍事政権の存続に大きな脅威をもたらしています。
重装備、高度なコマンド構造、国際的な支援は不足していますが、
増殖する PDF は驚くべき戦術的創意工夫と回復力を示しています。
彼らが指揮系統と兵器を改善すれば、
レジスタンスの支配下にある領土を拡大し、
軍事政権の終焉を早めることができます。

2021 年 2 月のクーデター後、平和的な抗議活動を数日間容認した後、
Sit-Tat(:ミャンマー軍のこと。 先にも説明した通り、軽蔑と非難の意味合いでシット-タットを最近では用いる。) は抗議者に対して恐ろしい残虐行為を行ってきました。
代わりに、それは革命的なエネルギーを解き放ち、すぐにPDFの出現につながり、特にシットタットが歴史的に新兵と政治的支援を集めてきた仏教バマルが多数派を占める国の地域で、軍事政権の残虐行為から人々を保護しました。
 これにより軍の支配に戻ることを望まない住民が、
 軍は彼らPDFに征服されることを期待しています。

People’s Defence Force は、クーデター以降に出現した 3 種類の武装グループの総称です。PDF、 
Local Defence Forces (LDF)、
People’s Defence Teams (PaKhaPha/PDT)
です。
PDF は一般に、主に民主的に選出された議員によって形成された影の文民政府である国民統一政府 (NUG) によって形成または承認された、より大きな武装部隊です。
PDF は主に、NUG といくつかの民族武装組織 (EAO) によって確立された共同指揮システムの下で活動しており、その多くは何十年にもわたってシット タットと戦ってきました。
NUG とは別のミッションのPDT は、地域の防衛とセキュリティの目的で編成された地域限定のゲリラ ユニットです。

筆者Ye Myo Hein氏の最近の分析
https://www.wilsoncenter.org/sites/default/files/media/uploads/documents/ASIA_220519_1YearOn-BRIEF_V1r2.pdf

ASIA_220519_1YearOn-BRIEF_V1r2(ドラッグされました)
ASIA_220519_1YearOn-BRIEF_V1r2(ドラッグされました) 2

人民防衛軍PDF
この分析のために行われたインタビューによると、およそ 65,000 の総 PDF 部隊が存在します。PDF 部隊の約 20% は軍用レベルの武器を装備しており、
他の 40% は自家製の武器を持っています。
2022 年 10 月の時点で、それぞれ 200 から 500 の軍隊を持つ約 300 の PDF 大隊がありました。
さらに 63 個大隊が NUG の承認を待っています。
PDF は、NUG とその EAO 同盟国によって設立された
中央指揮調整委員会 (C3C) と
統合指揮調整委員会 (J2C) の指揮下で活動しています。

ほとんどの PDF は主に NUG に忠実であるか、または NUG によって形成されたものです。
強力なチンランド国防軍 (CDF)、カレンニ国防軍 (KNDF)、カチン人民国防軍 (KPDF) などのその他の部隊は C3C の下で活動してNUGと合わせていますが、それ以外の場合はそうではありません。
国レベルの所属に関係なく、PDF は、C3C および J2C の半自律的に動作する軍事師団コマンド (MDC) と最も緊密に連携します。
最近の PDF の展開と操作は、MDC が PDF の操作戦略により深く関与するようになっていることを示しています。

現在、3 つの MDC があります。現在、約 200 の PDF 部隊が MDC 1 の指揮下で運営されており、カチン、アニャール (ミャンマー中部)、およびチンの各戦場を担当しています。
約 50 の PDF が MDC 2 と 3 のエリアで運営されており、それぞれカレン戦場とカレンニ戦場での運営を管理しています。
民族地域の PDF は、EAO によって運営されているか、EAO と提携しています。
たとえば、KPDF はカチン独立軍 (KIA) の指揮下にあり、CDF はチンランド合同防衛委員会 (CJDC) の指揮下にあり、KNDF はカレンニー民族進歩主義者党(KNPP)のカレンニー軍 (KA) と緊密に連携しています。

PDF は、NUG とその同盟の EAO によって組織的に形成され、訓練され、主要な戦闘部隊として装備されています。
各 PDF ユニットは、それぞれ 3 つの分隊、小隊、中隊、大隊で三角形に構成されています。
たとえば、3 つの分隊を 1 つの小隊に、3 つの小隊を 1 つの中隊に、3 つの中隊を 1 つの大隊に。

地方防衛隊LDF
NUGは、2022 年 4 月の時点で 401 の LDF があったと推定しています。
LDF は PDT や PDF よりも自律的に動作し、C3C または J2C と直接やり取りしませんが、現在 354 が NUG と非公式にリンクされています。
この強化された調整は、LDF をより広範なコマンド システムに統合するための最初のステップです。
100 個の LDF が PDF に変換され、数十個が PDT に変換されました。
最近の分析によると、少なくとも 30,000 人の LDF 要員がいると推定されています。
LDF の規模は、10 人から数千人までさまざまです。
過去 6 か月間に LDF ファイターの約 25% が PDF または PDT に変換されたことを考えると、この見積もりは非常に流動的です。
抗議者を保護するために 2021 年 3 月中旬に大部分が結成された LDF は、多くの場合活動家が率いる町を拠点とする民兵組織として活動を続けています。
LDF は、主にコミュニティやディアスポラの寄付を通じて自己資金で運営されています。
一部の LDF はトレーニングと装備を提供する大規模な EAO に接続されていますが、ほとんどは自家製の武器に依存しています。
運用上、LDF は、地雷、小競り合い、妨害行為、および標的を絞った殺害を通じて、不規則な戦争に従事しています。
彼らの主な目的は、農村地域に対する軍事政権の行政統制を否定することです。

人民防衛隊PDT
PaKaPha としても知られる PDT は、NUG によって形成され、都市ゲリラ戦、新しいレジスタンス戦士の基礎訓練、兵站、一般動員、PDF サポートを専門としています。
NUG によると、PDT は 330 のタウンシップのうち 250 で形成されています。
過去 6 か月間で、彼らは村レベルでの養成を大幅に拡大しました。
PDT は、ミャンマー中部、特にザガインとマグウェ地域で最も活発に活動しています。
PDT は村レベルで運営されていますが、多くはタウンシップ レベルで調整を行っています。
したがって、1 つのタウンシップには 2,000 人もの PDT メンバーが調整することができます。
ほとんどの PDT は、主に自家製の小型武器を装備しています。
PDT は基本的な抵抗勢力であり、コミュニティをより広範な抵抗運動と結びつけています。

PDF の継続的な開発
Sit-Tatシットタットの取り締まりにより、非暴力的な抵抗方法が多くの人にとって非常に危険なものになったため、
PDF、LDF、PDT が抵抗運動の中心となっています。
強力な国民の支持と EAO とのさらなる緊密な連携により、
残虐行為を犯すことに何の良心の呵責もない何十年にもわたる戦闘経験を持つ軍事政権軍、
ロシアと中国が支援する大量虐殺軍事政権に直面しているにもかかわらず、
EAO は急速に拡大している。

クーデターから 18 か月が経ち、PDF、LDF、PDT は分権化され、
局地化された困難な抵抗勢力から、
より組織化され、より装備の整った軍事力へと変貌を遂げつつあります。

コマンドシステム
レジスタンス軍は、水平にネットワーク化された細胞のゲリラ軍の形で確立されました。
軍事政権のより攻撃的で残忍な攻撃キャンペーンに直面した NUG は、異なる市民抵抗勢力を統合し、中央集権的な指揮システムの下で同盟国の EAO と軍事作戦を調整しようとしました。

2021 年 10 月、NUG は C3C の編成を発表しました。
これは、NUG とその EAO の同盟国が共同で主導する集中型の軍事指揮構造です。
C3C には、NUG、KIA、KNPP、チン国民戦線、全ビルマ学生民主戦線が含まれます。
NUG はまた、C3C のメンバーではない Karen National Union (KNU) と交渉して、KNU 地域の全軍の作戦を監督する J2C を結成した。
C3C と J2C は別個のコマンドですが、NUG はこれら 2 つの構造間の重要なリンクです。

指揮システムはまだ発展途上にあるが、全体的な指揮はよりまとまりがあり、調整された指揮ユニットになりつつあり、それは軍事バランスをレジスタンスに有利な方向にさらにシフトさせるのに役立つ可能性がある。
重要なことに、C3C と J2C の操作は、より多くの PDF、LDF、および PDT がその指揮下に置かれるにつれて改善されています。
NUG は現在、一般参謀、副官、補給官の 3 つの部署を持つ戦争事務所を設立する過程にあります。
参謀本部は軍事作戦を監督し、副官と補給官は統合指揮管理を監督する。
現在の主要な課題は、C3C、J2C、および LDF を単一のシステムに統合することです。

レジスタンスの武装
武装抵抗は、伝統的な銃、ガスライフル、手製の銃器など、その場しのぎの武器で始まり、
軍事政権の指導者たちは、これらのバラバラの武装した反政府勢力が簡単に打ち負かされると誤って期待していました。
ウクライナとは異なり、ミャンマーの武装反乱は国際社会から致命的な支援を受けておらず、
代わりに同情的な EAO から供給され、闇市場で購入される武器に依存している。

抵抗勢力は自己資金と公的寄付を使って、EAO などから武器を購入しています。
この記事のために実施された NUG の国防省の役人へのインタビューによると、革新的な資金調達戦術を通じて、レジスタンスは 5,500 万ドル以上を調達しており、そのほとんどは武装したレジスタンス部隊への資金提供に使用されています。
これは必要なもののほんの一部にすぎませんが、当初の予想をはるかに上回り、武力抵抗を維持するのに役立ちました。

中国との国境沿いの EAO や武器の闇市場から遠く離れたミャンマー中部では、武器の価格が特に高く、その地域の PDF、LDF、PDT が制約されています。
これに対応して抵抗勢力は、
ミャンマーの近代史において前例のない活発な戦争中に独自の武器を生産しました。
2022 年 4 月の著者の調査によると、全国に 70 を超えるワークショップがあり、
現地の武器要件の約 30% に対応する基本的な武器を製造しています。

PDF の 60% は武装していますが、
全レジスタンス部隊のわずか約 50% しか武装しておらず、ほとんどが地元で生産された低品質の武器を使用しています。
大砲、対空、対装甲兵器などの戦略兵器は、ほとんどのレジスタンス部隊が利用できません。
より高度な武器、特に防空兵器がなければ、レジスタンス軍は限定的な戦争しか行えないでしょう。
さらに、地方のゲリラ戦術である程度の成功を収めたにもかかわらず、主要な都市部の軍事政権の治安管理に異議を唱えることは依然として困難です。
Sit-Tat の歩兵が PDF から深刻な攻撃を受けると、彼らは空爆、砲兵、装甲部隊を呼び寄せ、装備の整っていない民主化勢力は撤退します。

公的支援
レジスタンス部隊に対する国民の幅広い支持は、現在全国に薄く広がっているシタットの軽歩兵部隊よりも大きな利点を提供します。
これまでのところ、レジスタンス部隊は損失を埋めて勢力を拡大するための徴兵に問題はありませんでしたが、シットタットは亡命と徴兵の困難に直面しています。
 しかし、有意義な国際的支援がなければ、
抵抗勢力は地元の支援に完全に依存し続け、シットタットが支持者や資金提供者を殺害することで抵抗運動と大衆の間にくさびを打ち込むことに成功した場合、
公共の善意を維持することが困難になる可能性があります。
 レジスタンスを支援すると認識された村を焼き払う。

レジスタンス軍の次は?
PDF、LDF、および PDT は、
士気が低く、過度に引き伸ばされたシットタットに重大な因果関係を与える能力を実証しました。
その結果、軍事政権は、特に農村地域で、広い範囲の領土を支配できなくなっています。
さらに、レジスタンス軍は、指揮統制と武器の弱点を克服する方向に進んでいます。

毛沢東はかつて、
「革命的なゲリラ運動が最初の段階を生き延び、人口のかなりの部分 (15 ~ 25%) の同情的な支持を得た場合、それを撃破出来る見込みはほとんどない」と述べました。

深刻で凶悪な取り締まりに直面しているにもかかわらず、
ミャンマーの革命的ゲリラ運動は第 1 段階を生き延び、幅広い国民の支持を獲得しています。
戦術的な創意工夫により、
それは現在、その初歩的な始まりから戦略的規模で活動する力へと発展しています。

軍事政権は、国を安定させ、これらのアクターの戦略的資産と投資を保護できる唯一の機関であると主張することで、中国を含む地域のアクターから支持を集めています。
この主張は、シットタットが国のほとんどの支配を失っただけでなく、
国内および地域を不安定にする主要な要因であることを示しているため、
ここ数か月で信頼性が低下しています。
宗教間の暴力を扇動し、難民の大規模な流出に拍車をかける恐ろしい残虐行為を犯しています。
軍事政権がその前にある程度の支配権を取り戻そうと必死に試みているので、
来年の夏に提案された偽の選挙では、
これまで以上に洗練され、調整された抵抗勢力に直面することになるでしょう。

Ye Myo Hein は、米国平和研究所の客員研究員であり、ウィルソン センターのグローバル フェローです。

Interview
◎Death from Above: How to Combat Myanmar Junta’s Escalating Air Campaign?
11/3(木)TheIrrawaddy:(一部、店主加筆)
https://www.irrawaddy.com/in-person/interview/death-from-above-how-to-combat-myanmar-juntas-escalating-air-campaign.html

Burmese-American security expert Dr. Miemie Winn Byrd, left, and Myanmar Air Force defector Zay Thu Aung
レジスタンスの拠点へのミャンマー軍事政権の致命的な空爆キャンペーンは、ここ数週間で急激にエスカレートし、
毎日の攻撃が市民レジスタンス部隊、各民族の同盟組織統治機構、一般民間人に大きな犠牲者を出している。
The Irrawaddy との独占インタビューで、
ハワイのアジア太平洋安全保障研究センターのビルマ系アメリカ人教授で元米陸軍中佐の Miemie Winn Byrd 博士と、ミャンマー空軍からの離脱者 Zay Thu Aung が、
今後数か月の軍事政権の航空作戦と、ますます致命的な空爆の脅威に抵抗勢力がどのように対抗できるか。

イラワジ:ミャンマーの抵抗勢力と同盟民族武装グループは、先月カチン、サガイン、カヤ、カレンで激化した致命的な軍事政権の空爆に直面している。
空襲は乾季にエスカレートすると予想される。今後数か月で何を予測しますか?

Dr. Miemie Winn Byrd:
これは期待です – 政権は空爆を増やすだろうということです。
彼らはもはや地上では勝てないので、航空戦力しか残っていません。
しかし、空爆には費用がかかります。
出撃ごとに、使用する弾薬の種類に応じて 20 万ドルから 35 万ドルの費用がかかります。
政権の悲惨な財政的および経済的状況を考えると、そのような費用のかかる攻撃をいつまで維持できるかという疑問が生じます。

軍事政権のエスカレートする空からの攻撃は、
国民を守るための財政や対空兵器が不足している人民革命にどのような影響を与えるのだろうか。
防御のための他のオプションはありますか?

軍による残忍な攻撃と、人民防衛軍[PDF]と民間人の逮捕にもかかわらず、革命は続いている。
ミャンマー国民の大部分は軍に抵抗し、拒絶し続けている。
軍による攻撃の増加は、軍の支配に抵抗し拒否する人々のコミットメントと決意を増大させただけです。
攻撃は、人々の怒りと軍隊を拒否する動機を煽っているように見える。
ミャンマーの人々は、以前の攻撃で行ったように、この新しいやり方 [空爆] を克服する方法を見つけるでしょう。
 航空機を空から撃ち落とす以外にも、空爆を妨害する方法はたくさんあります。
航空機が飛行するには、パイロット、燃料、部品、車輪、滑走路などが必要です。
これらの要素のいずれかが乱されると、飛べなくなります。
 燃料と部品は、どこかから供給および輸送される必要があります。
いつ、どこであるかを知ることは、
サプライ チェーンの脆弱な領域への手がかりを提供します。
 レジスタンス連合は、対空ミサイルを待つ必要はありません。
慎重に計画すれば、抵抗によってこれらの航空機の飛行が妨げられる可能性があります。
私はミャンマーの人々の創意工夫と能力を信じています。

ビルマ系アメリカ人のセキュリティ専門家 Miemie Winn Byrd 博士 / APCSS
軍事政権のエスカレートする空爆を克服するために、
民間の国民統一政府、PDF、および同盟民族軍は何ができるでしょうか?

緊密な協力、共同作戦、共同指揮、優れた知性。

軍事政権の無差別空爆で、武装していない一般市民や子供たちが殺されるケースが増えている。
このような残虐行為をこれ以上防ぐために、国際社会は何ができるでしょうか。

武装していない民間人や子供たちに起こっていることは、悲痛なことです。
これらの戦争犯罪は、政権軍がもはやプロの軍事組織ではなく、過激な組織犯罪シンジケートになったことのさらなる証拠です。
国内外の人々は、このミャンマーの過激派組織犯罪シンジケートを容認することはできません。

 
NUG とミャンマーの海外ディアスポラ コミュニティは、国際的な聴衆に対してはっきりと話さなければなりません。
レジスタンス連合間の団結と緊密な協力のメッセージは、国際社会からより多くの支援を引き付ける上で重要です。

イラワジはまた、クーデター後に軍から離脱したミャンマー空軍の元大尉であるザイ・トゥ・アウンにも尋ねた。

来たる乾季の軍事政権の航空キャンペーンに人々は何を期待できますか?

Zay Thu Aung:
現在、軍事政権は抵抗勢力に対して継続的に空爆を行っています。
そして、これは悪化する一方です。
空中偵察任務のために空が晴れる乾季には、より多くの空中攻撃を実行します。
偵察の後、地元の抵抗勢力PDFのベースキャンプと民族的同盟国ERO(EAO)を空爆で標的にする。
最前線にいない民族的同盟国や PDF は不意を突かれる可能性があります。
私は、政権が予想外の時間、夜や早朝に爆撃すると信じています。

最近、致命的な空襲攻撃が急増しているのはなぜだと思いますか?

軍事政権の空軍は、緊密な支援を提供するか、歩兵部隊との共同作戦を実施します。
空軍のみを使用した攻撃は、排他的な航空任務と呼ばれます。
これらの任務は通常、敵の行政機構への支援経路を遮断することを目的としています。
この種の攻撃は、PDF や民族同盟のベース キャンプで開始されたことが確認できました。
[10 月 23 日] の KIO アニバーサリー コンサートへの攻撃を見ると、この種のイベントは伝統的に遠くの村からでも大勢の人が集まるため、この種のイベントは標的にされないだろうと多くの人が考えていました。
通常、アーティスト、飲み騒ぐ人、傍観者が登場します。
しかし、政権はそれらすべての人々を気にかけているわけではありません。
敵が集まっていると判断した場合、イベントを爆撃します。
彼らの頭の中では、戦争犯罪かどうかは考えていません。
敵を苦しめ、有利になることだけを考えているのです。

ミャンマー空軍の亡命者ザイ・トゥ・アウン。

軍事政権が新たに空軍力を重視することは、革命にどの程度影響すると思いますか?

主な要因は、PDF 司令官の軍事戦略と、彼らがどれだけ準備を整えているかです。
どんなに脅威的であっても、武器はその範囲と[ターゲット]エリアに制限があります。
収容所で人々を一緒に保つべきか、別々に保つべきか、そしてどのようにして[軍事]偵察を避けることができるかを考えることができます。
注意事項や安全対策など、現場で何をすべきかを考えることができます。
地上の司令官がこれらのことを考えて計画を立てると、政権の攻撃は有効になりにくいと思います。
しかし、軍隊の主な強みは依然として軍隊にあります。
陸軍が崩壊すると、空軍と海軍は何もできなくなります。

軍事政権の空爆に対する防御の選択肢はありますか?

前線も後方も空襲を意識する必要があります。
村も危険を認識していなければなりません。
また、予防措置は、反撃、安全対策、武器や弾薬の移動から、空襲中の個々の任務まで、すべてをカバーする必要があります。
そして、彼らがあなたを攻撃しないと思い込まないでください。
政権は、軍隊が不足しており、地雷攻撃と待ち伏せに直面しているため、
基地を占領するための地上攻撃を開始しません。
そのため、現在は空軍に重点を置いています。
ザガイン地域では、以前のように政権軍の列が行進しているのを見ることはめったにありません。
今日では、彼らは基地に配置され、
監視対象のターゲットに空輸され、
そこで攻撃を開始してから、
ヘリコプターによって再び拾われます。(ベトナム戦争時の米軍のヘリボーンと同じ)
これが、彼らが [10 月 25 日に] Pale People の管理ハブを襲撃した方法です。

政権軍の軽攻撃機Yak-130

政権の空中偵察について何を知っていますか?

UAV [無人航空機] ドローンと MPU 航空機を展開し、暗視と監視用の EOIR [電気光学および赤外線] システムを使用してターゲットを監視します。
これらを使用して、エリアを注意深く調査し、人数、待ち伏せパトロール、および場所を推定します。
このデータに基づいて、上級将校は計画を起草し、参謀長に報告します。
参謀長は、攻撃の詳細なスキームを作成します。
そうやって【空中】攻撃を繰り出す。
ですから、彼らがこの場所を知らないので、ここに攻撃しに来ないなどと考えてはなりません。
私たちはその考えを脇に置いておくべきです。
私たちのすべての NUG、エスニック アライアンス、および PDF に注意を促します。

多くの人々は、レジスタンスが政権の空爆に対して対空兵器を使用することを期待しています。
あなたの考えは何ですか?

どんな対空兵器を使っても止められない。
政権[指導部]は、個々のパイロットや軍隊の命をまったく気にかけず、
彼ら自身の命だけを気にします。
政権軍もまた、彼らが受けたどんな命令にもやみくもに従います。
ですので、対空兵器で政権の航空機を撃墜しても、
空襲を減らしたり止めたりすることはないと思います。
そして、対空兵器を入手するのは容易ではないため、
軍事政権の苦しみを最大化するための[さまざまな]方法について
戦略的に考える必要があります。

軍事政権は空中攻撃能力を拡大するか?

はい。
ロシアは最近、さらに 4機の Ka-28 サブマリン ハンター ヘリコプター(Helix-A Ka-27PL輸出バージョン)を贈呈しました。
政権はまた、新しく到着した 2 機の Su-30SME ジェット機を持っています。(ずいぶん前に6機発注済みの内の最初に納入された2機)
また軍事政権は 、訓練のために空軍パイロットのグループを中国に派遣した後、
中国に FTC-2000G 中距離戦闘機を発注した。
私は国際社会に対し、FTC-2000Gd や Su-30 ジェット戦闘機を含む新しい航空機のミャンマーへの納入を中止するよう支援するよう要請します。

TheIrrawaddy10/24日(月)
日曜日の夜、カチン独立機構 (KIO) の記念日を祝って約 50 人を殺害した軍事政権の空爆は、カチン独立軍 (KIA) によって戦争犯罪として非難された。

カチン州パカント近くの村で、KIO の 62 周年を記念して開催されていた音楽コンサートで、3 機の政権戦闘機が攻撃を開始した。
ジェット戦闘機は、第 9 旅団が管理するパカントから 3 キロ離れたギンシ村を攻撃しました。
https://www.irrawaddy.com/news/burma/myanmar-juntas-deadly-airstrike-on-kachin-concert-a-war-crime-kia.html

Kachin celebrities and musicians killed in the attack, from left, Aurali, Galau Yaw Lwi and keyboard player Ko King

殺害された人々の中には、KIA と KIO の高官、有名なカチン族の歌手、および民間人が含まれていた。
この攻撃により、約 100 人が負傷しました。
 1960 年 10 月 25 日に設立された KIO は強力なカチンの政治組織であり、
その武装部門である KIA は、国家の自治を拡大するためにミャンマー政府と軍と戦ってきました。
昨年のクーデターに続いて、KIA はカチン州で反政府勢力と共に軍事作戦を開始している。
KIO は今年、軍事政権の和平交渉への参加を拒否し、非合法であると烙印を押した。

KIA/KIO のスポークスパーソンである Naw Bu 大佐は、政権はそのような記念日が多数のカチン族によって祝われ、空爆が民間人の群衆を標的とすることを意図していたことを十分に承知していると述べた。
「彼らは敵ではなく民間人を撃っていた。これは悪行であり、戦争犯罪です。
私たちは国民の死を悲しんでいます」と彼は言いました。
 KIA/KIO はまだ死傷者数に関する公式声明を発表していないが、地元メディアと住民は、空爆で 50 人近くが死亡したと報告している。
 地元住民によると、有名なカチン歌手アウラリとガラウ ヨー ルウィがその場で殺され、他のカチン民族の有名人が負傷した。KIA は、第 9 旅団の指揮官も攻撃で死亡したことを確認した。

カチン州の住民と KIA/KIO 事務所の住民は、空爆で失われた命を悼むためにカチン国旗を半旗で掲げた。
Naw Bu大佐は、この攻撃により、KIA/KIOとミャンマー軍の間の和平への扉が閉ざされたと述べた。

「軍隊に対するカチンの人々の憎しみは急上昇しています。
したがって、革命はますます強まるでしょう。カチン族とKIAは、春の革命で軍事独裁政権を根絶するための努力を倍増させるだろう」とナウ・ブ大佐はイラワジに語った。

クーデター後に亡命した空軍パイロットのザイトゥアウン大尉はイラワジ紙に、攻撃に関与したジェット戦闘機はおそらくYak-130かMIG-29のどちらかであり、どちらも夜間攻撃が可能であると語った。
 彼は、これがパカントに最も近い政権空軍基地であるため、ジェット機はマンダレー地域のTada-Uからのものである可能性が高いと述べた。
「夜間であれば、目標に到達するのに最大 40 分しかかからなかったでしょう」と彼は付け加えました。

月曜日、ミャンマーの陰の国民統一政府 (NUG) とその議会部門である Pyihtaungsu Hluttaw 代表委員会 (CRPH) は攻撃を非難し、国連と国際社会に対し、軍事政権に対して迅速かつ効果的な行動をとるよう求めた。

☆ミャンマーからの難民はASEANからの保護を必要としている(HRWヒューマンライツウォッチ
VOA burmese ボイスオブアメリカ ビルマ局10/24日
https://burmese.voanews.com/a/asean-leaders-should-protect-people-fleeing-the-junta-s-atrocities-hr-watch/6802532.html

11月にASEAN首脳会議が開催される際、ヒューマン・ライツ・ウォッチはASEANの指導者と地方政府機関に対し、ミャンマーでの政治的迫害から逃れている人々を保護することを約束するよう呼びかけた。

人権団体は本日、ASEANの指導者に対し、
8月以降、マレーシアで亡命を求めているミャンマー市民が、身の安全が懸念される中、
さらに多くの人々が本国送還されていることを指摘するよう促した。

昨年 4 月以降、2,000 人以上がマレーシアからミャンマーに送還されました。
ヒューマン ライツ ウォッチは、送還された人々の中には亡命希望者と軍から逃れた 6 人の将校がいると指摘しました。

人権団体は、国際基準に従って帰国すれば迫害される可能性のある難民の保護を求めると同時に、マレーシア政府に対し、国連難民高等弁務官事務所による難民審査活動の実施を許可するよう求めています。
マレーシア政府内では、UNHCR 事務所の業務を閉鎖するという最近の提案があり、難民問題への外国の干渉を望んでいないと述べています。

ヒューマンライツオーガニゼーションの声明によると、マレーシアには約185,000人のミャンマーからの亡命希望者と難民がおり、その中にはミャンマーによって承認されていない約100,000人のロヒンギャ難民が含まれています。
マレーシア全土の 21箇所の拘置所で約 17,500 人のミャンマー国民が逮捕されており、
その中には約 1,500 人の子供が含まれています。

◎International Money Laundering Monitoring and Action Team (FATF) がミャンマーをブラックリストに載せて行動を起こしたとき、ミャンマー軍事評議会はそれが政治目的で行われたと答えました。

VOA burmese ボイスオブアメリカ ビルマ局10/22日
軍事評議会のスポークスマンである Zaw Min Tun 将軍は、FATF の決定について VOA から尋ねられたとき、このように述べました。
https://burmese.voanews.com/a/sac-reaction-on-fatf/6800897.html


◎全国に影響しそうなFATFのブラックリスト
https://burmese.voanews.com/a/money-laundering-fatf/6800673.html

◎ミャンマーを「ブラックリスト」指定 マネロン対策機関:日本経済新聞10/22日
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM19EBE0Z11C22A0000000/

☆NUGは「より有意義な同盟を形成するために信頼を築く必要がある」とTNLAのリーダーは言う
公的に委任された国民統一政府は、民族抵抗勢力とのより大きな関与を妨げる制限を克服する必要があるだろう、と Ta’ang 武装グループの代表は言う。

10/14(金)MyanmarNow
https://myanmar-now.org/en/news/nug-must-build-trust-to-form-more-meaningful-alliances-tnla-leader-says

2022年初頭に撮影されたシャン州北部のタニヤン郡区のTNLA軍(STR /ゲッティイメージズによるAFP

2021年2月のミャンマーのクーデター以来、何十年にもわたる内戦にさらされてきた地域であるシャン州北部の領土は、さらに争われている。
軍事政権に属する占領軍だけでなく、最近形成された反クーデター抵抗グループと並んで、さまざまな民族武装組織がこの地域で活動しています。
パラウン国家解放戦線 (PSLF) とその武装部門であるタアン民族解放軍 (TNLA) は、タアン族を含む多くの民族が居住するこの地域で活動している組織の 1 つです。
 ミャンマー・ナウは最近、
PSLF のター・ボーン・チョー事務総長と、シャン州北部の現場での彼の認識、ならびに彼の組織と軍事評議会、国民統合政府 (NUG)、および他の少数民族武装組織との関係について話しました。
シャン州復興評議会 (RCSS) とカチン独立軍 (KIA) を含む。

ミャンマーナウMN: シャン州北部のどの地域で、TNLA とミャンマー軍の間で最も多くの戦闘が行われていますか?

Tar Bone Kyaw: 現在 Kutkai で戦闘が進行中で、Kyaukme でも時折戦闘が行われています。しかし、大規模な作戦については何も聞いたことがなく、たまに衝突があっただけです。

MN: 私たちは、TNLA がシャン州北部のナウンチョ (ナウンキオ) からマンダレー管区の隣接するピン ウー ルウィンまで活動していることを確認しました。
この地域での組織の存在は、TNLA 拡張の一部ですか、それとも軍事政権に対する攻撃ですか?

TBK: Nawngcho と、ピン ウー ルウィンとモゴック [マンダレー] を結ぶ道路は、第 2 旅団の領土内にあります。
それは、我々が自分の領土で活動しているという条件で、必ずしも攻撃を行っているという意味ではありません。
しかし、軍事政権とRCSSが占領していたため、その地域にステーションを設置することは非常に困難でした。
しかし、[2021 年 2 月] のクーデターの後、RCSS をナムトゥ川の東岸に追い出すことができたので、この地域でより多くの作戦を遂行することができました。
それだけです。

MN: TNLA と NUG との関係はどのようなものですか?

TBK: NUG との直接のコラボレーションはまだありません。
この件に関して、NUG にはいくつかの制限があると思いますが、まだどうなるかはわかりません。

2021 年 2 月のマンダレーでの抗議 (Myanmar Now)

MN: NUG は、軍事独裁政権を排除するために「民族同盟グループ」と協力すると主張しています。
これについてどう思いますか? TNLA はこの同盟の一部ですか?

TBK: NUG 内で働いている何人かの友人と関係があります。彼らの計画については、別のチャネルを通じても通知されています。
今年の NUG の計画は、クーデター直後の昨年の計画と比較して、戦略的に大幅に改善されました。しかし、NUG が少数民族武装組織にアプローチする方法にはいくつかの弱点があり、それを行う方法にいくつかの「制限」がある可能性さえあります。
それが、彼らのアプローチのいくつかが期待したほど効果的ではなかった理由だと思います。
私たちの組織を例にとると、軍事作戦に関してまだ NUG と協力することはできません。NUGと少数の軍隊だけが主導する革命は、国全体を巻き込む革命でもなければ、独裁政権を打倒できる革命でもないと思います。

MN: つまり、TNLA と NUG の間にはまだ強い同盟関係がないということですか?

TBK: その通りです。革命における NUG のリーダーシップは非常に積極的であり、NUG の役割は独裁政権の打倒に不可欠であることがわかります。
しかし、NUG は前進し、より有意義な同盟を形成するために、さらなる信頼を築き、より強力なつながりを築く必要があります。

MN: RCSS は、シャン州で活動している少数民族の武装組織を彼らと会うよう招待しました。
これに対するあなたの反応は何ですか?

TBK: 私たちはまだ RCSS の行動を監視して、その声明の背後にある意図を判断しています。
私たちが戦争をしていなかったとしても、RCSS はシャン州の国民を代表しようとする軍隊であり、同じことをしている組織でもあります。
戦争に行くよりも、会談をした方が私たちにとって有益だと思います。

MN: KIA は、NUG の人民防衛軍 (PDF) とともに、TNLA も領有権を主張している地域で軍事政権と戦ってきました。
これらの衝突で民間人の死傷者が出たと聞いています。これについて何を教えていただけますか?

TBK: KIA と PDF の両方が、私たちの領土内の軍事基地やオフィスを攻撃しようとしています。これらの戦いが終わると、KIA と PDF は撤退しますが、民間人に与えられた損害は永続的です。
KIAは、これに対する補償や説明を提供していません。
いつ戦闘が再開されるかはまだわかりませんが、[衝突が起こったパラウン自治区内の]マントン タウンシップからそれほど遠くない場所に撤退した場合、彼らは活動を再開しようとするだろうと思います。

AA、MNDAA、および TNLA 部隊 – Brotherhood Alliance のメンバー (Shwe Phee Myay News Agency)

MN: ミャンマー国民民主同盟軍 (MNDAA) やアラカン軍 (AA) と並んで、TNLA がメンバーである同胞同盟の構造や関係は、クーデター以降変化しましたか?
軍隊との衝突が増える中、メンバーは何を期待できるでしょうか?

TBK: 雨季が終わり、乾季が近づいています。
この時期に軍が通常、私たちに対して攻撃を開始することは周知の事実です。
このため、私たちは自分自身を守る方法をよく知っています。
やりたくなかったのに、いくつかの戦いをしなければなりませんでした。
たとえば、AA の領土内での軍隊との戦いを考えてみましょう。
アライアンスの 3 人のメンバーは定期的に会議を開いているので、私たちのリーダーは現在の問題に対処するためのより良い計画を考え出すことができると確信しています。
私たちは現在、そのような会議の準備を進めています。

NUG は、前進し、より有意義な同盟を形成するために、さらなる信頼を築き、より強力なつながりを築く必要があります。

MN: 軍は、一部の少数民族武装組織を説得して、彼らと同盟を結ぶよう説得しようとしてきました。これは、彼らが全国で従事している最前線の数を減らすための方法である可能性があります. 彼らはTNLAにそのような申し出をしましたか?

TBK: クーデター以来、過去 1 年間、Gen Yar Pyae [軍事政権の国家安全保障顧問] が率いる軍の代表団が、中国を通じて私たちと会おうとしました。
しかし、私たちはそのような会議に出席したことはありません。

MN: TNLA もメンバーである連邦政治交渉・諮問委員会のメンバーは、9月にWa領土の Panghsang で会議を開きました。
その会議ではどのようなことが話し合われましたか。

TBK: それは、実際の会議というよりも、新世代の指導者を歓迎する式典でした [編集者注: ワ州連合軍は最近、若いメンバーを指導者に任命しました]。
政治集会ではありませんでした。
しかし、民族革命を率いる人々が参加したので、彼らはいくつかの政治的問題について話し合ったかもしれませんが、それは意図的に政治的な会合ではありませんでした。

TNLA部隊 (TNLA)

MN: 少数民族の武装組織は、政治的話し合いを通じて軍に関与することを選択する者と、それを拒否し、それを抹殺しなければならないと主張する者との間で分裂しているようです。
TNLA はどこに立っていますか?

TBK: 人々と領土を保護できる強力な革命組織がなければ、グループが [軍と] 対話を行うことは不可能です。
武力抵抗のみで独裁政権に反旗を翻すことも不可能だ。
NUG と民族軍の両方、そして革命に参加するすべての人は、軍事面と政治面の両方で戦略的に準備しなければなりません。
私は、指導者たちがこれを一度に一歩ずつ、透明性をもって行おうとするだろうと信じています。

☆Insurgents in Myanmar’s Rakhine State Return to War on the Military
As a cease-fire collapses, the powerful Arakan Army emerges as a centerpiece of national resistance to the ruling generals’ junta.

10/3(月)アメリカ合衆国平和研究所 The United States Institute of Peace
https://www.usip.org/publications/2022/10/insurgents-myanmars-rakhine-state-return-war-military

昨年のクーデターの直前に軍が宣言した事実上の停戦が続いていたにもかかわらず、ミャンマーのラカイン州で深刻な戦闘が再開された。
局地的な内戦と見なすことができるラカイン州でのこれまでの一連の戦闘とは異なり、新たな暴力はクーデターによって引き起こされた全国的な内戦の文脈で起こっており、その結果は州の国境をはるかに超えて広がっています。
要するに、ラカイン州での戦争の再開は、レジスタンスが自称する「春の革命」の未来が変わる蝶番になる可能性がある。その進行には注意が必要です。

 Police stand in the shade as journalists are led by government officials on a tour of Inn Din, in Rakhine State, Myanmar, on May 29, 2019. (Adam Dean/The New York Times)
ラカイン州の反政府勢力は軍事政権の薄く引き伸ばされた地上部隊に大きな圧力をかけているため、支配する将軍たちは、広範囲に散らばる国内の敵に対して重火器、空爆、艦砲を使用することを余儀なくされています。
一方、ラカインの反乱軍であるアラカン軍は勢力を増し続けている。
州北部の多くのポストから軍隊を追放し、レジスタンス人民防衛軍を支援し、国の東部で伝統的な同盟国と戦うことで、支配権を獲得しようと奮闘しているミャンマーの支配将軍が直面する課題を急激に激化させた。

アラカン軍と国家抵抗運動との関係の拡大は、間違いなくラカイン州における軍の最も重要な関心事であり、ここ数か月でラカイン州での存在感が増し、その結果として緊張が高まっています。
伝えられるところによると、アラカン軍 (AA) は、全国の多数の武装レジスタンス グループに訓練を施し、技術支援と武器を提供してきたが、国民統一政府 (NUG) に対する以前の暗黙の支持は、軍事政権に対する敵意を宣言するとともに、公然の政策となった。

戦闘年表
6月初旬、AA はネピドーでの和平交渉への軍事政権の招待を拒否し、軍はラカイン州全体で部隊の増強を開始した。6月13日のラカイン州訪問で、政権の副長官は兵士たちに「いつでも戦う準備ができている」ように指示した。その後まもなく、軍事政権軍は、ムラウクー、シットウェ、チャウトー、ポンナギュンの都市で、
これらの町の門を封鎖し、ホテル、ゲストハウス、住居を定期的にチェックして、 AA とその政治部門であるユナイテッド リーグ オブ アラカン (ULA) のメンバーと関係があると思われる人々を逮捕し始めた。

ラカイン州で軍事的緊張が高まる中、軍事衝突は7月に再開され、軍事政権がカレン州のカレン民族同盟 (KNU) 領域にある AA 基地に空爆を開始した。攻撃で少なくとも 6人のAA 兵士が死亡し、さらに多くの人が負傷し、縫製工場と診療所も破壊されました。
12日後、AA はラカイン州北部のマウンドー タウンシップで軍事政権軍を攻撃し、少なくとも 4 人の兵士を殺害し、多くの人を負傷させ、少なくとも 14 人の兵士を捕らえました。
その後、一連の武力衝突がラカイン州、パレトワ市、およびチン州の他の場所で勃発しました。

8月23日、AAは人々に、軍事政権軍と国境警備隊の前哨基地や検問所に近づかないようにし、生命を脅かす緊急事態や健康上の緊急事態に対処するために移動する必要がある場合は、関連する AA と ULA の事務所に事前に通知するよう促しました。
9月14日、AA はさらに、ラカイン州の河川または高速道路を移動するすべての車両を検査すると発表しました。
その後まもなく、ラカイン州を横断するすべての公共輸送船が運行を停止しました。
ごく最近、軍はラカイン州北西部の Rathedaung 郡区に出入りするすべての陸上および河川交通を封鎖しました。

ラカイン州での戦争は新たな段階に入る
ラカイン州での戦争の再開は、紛争の状況、任務、士気レベル、および外因性要因の点で、2018 年から 2020 年の前回の紛争とは異なります。
 軍(現在はシットタットと呼ばれる)とAAとの間の以前の武力衝突は、ラカインの人々と地域にとってまったく新しいものであり、当時のミャンマーの兵士は、コカン、シャン州北部などでの過去の勝利により、高い士気を享受していました。
AA の軍事任務に対する支持はラカイン州の人々の間で高まっていましたが、他の多くの民族武装組織が全国停戦協定 (NCA) またはラカイン州の他の地域での二国間停戦に参加したため、AA 兵士は単独でシット タットと戦っていました。

外生的な要因は、当時 NLDが政府の首席に座り、AA に対する軍の戦いに協力したことでした。政府の事実上の指導者であるアウン サン スー チー氏は、現在投獄されておりますが、2020年4月にはシット タットの兵士たちを称賛するまでに至りました。
AA は、全国的な和平プロセスを含む国の民主化を弱体化させ、ラカイン州の発展を妨げる不安定性と紛争を引き起こしていることをほのめかした。

今日、軍はラカインの人々を以前よりもはるかに残忍で破壊的な攻撃にさらしており、民間人の中に隠れている対空戦闘機を標的にしていると主張している。
この一連の戦闘での軍事作戦は、重火器の使用、国の中心部と北西部の都市、町、村での放火、略奪、殺害を特徴としています。

国家統一のためのラカイン計画
ラカイン州の武装政治のダイナミクスは、国内の他の地域で起こったこととは大きく異なります。ラカイン州では、他の局地戦争とは異なり、ULA の指導者は、軍隊に対する幅広い反対を構築するために調整された独特の国家的政治目標を明確に示しました。
それは、「ラキタの道」哲学に導かれたミャンマー連合です。
一方、シット・タットの指導者は長い間、ラカイン州を他の政治運動とは別のものと見なしており、国内で発生した反乱だけでなく、バ​​ングラデシュに触発されたイスラム教徒のジハードの脅威ももたらしています。
そのため、支配を最大化するためにラカイン州を地理的に隔離しようとしています。

2018年〜2020 年にかけて武力衝突が発生したとき、ラカイン州はすでに厳重に取り締まり、隔離されていました。
反クーデター運動が2021年に国内の他の地域で形成されると、
軍事政権はラカイン州を孤立させ、野党との関与を阻止するためのさらなる措置を講じました。
クーデターの直前に AA との非公式停戦を締結し、
その後、ラカイン州の人々の支持を得て停戦を維持するために、18か月にわたるインターネットの遮断を終了し、アラカン国民党の党首に議席を提供しました。
政権はまた、2021年2月13日にラカイン州の民族主義者政治家エイ マウン博士とラカイン州の作家ワイ ハン アウン、2021年6月9日の首長の家族、およびアラカン軍を釈放した。
 どちらの側も公然と停戦の終了を宣言していませんが、
現在の一連の戦闘は、ラカイン州での以前の戦闘や、現在国内の他の多くの地域で行われている戦闘と同じくらい激しいものです。

合意なき停戦
軍事政権と ULA 指導部との間の事実上の停戦は、1990 年代に州法秩序回復評議会 (SLORC) とミャンマー国民民主同盟軍、国民民主同盟軍、連合軍などの北部民族武装グループとの間で締結されたものとは異なる。ワ州軍とカチン独立機構。

これらの協定は、当時の軍事政権と民族武装組織の両方に利益をもたらしました。
反乱グループは、さまざまな程度の自律性と、ビジネス チャンスと国境貿易を追求する権利を獲得しました。
その見返りに、彼らは中央バマルの人々の民主化運動に協力しないこと、戦闘員の訓練と軍隊への攻撃をやめることを約束した。
対照的に、ラカイン州での事実上の停戦は、相互の信頼の欠如のために正式化されることはなく、両国間の敵意を緩和するものではありませんでした。
実際、停戦にもかかわらず、AA と軍の間の散発的な対立と暴力的な報復は止むことがありませんでした。

今日のラカイン州で最も激しい戦闘は、バングラデシュとインドの国境地域とカラダン川上流で発生しており、ULA の指導部がこれらの戦略的地域を占領し、支配するために定めた「戦争任務」と一見一致しています。
ラカイン州で AAは、45日間で少なくとも 60人の軍事政権の兵士を殺害し、少なくとも 35の軍事基地とキャンプを占領して占拠している間に大量の武器を押収したと主張した。
Mrauk-U、Mye-Bone、Taunggoke などの他のタウンシップで引き起こされた紛争は、継続的な緊張と対立によって生み出された偶発的な関与でした。
Sit-Tat の作戦の大部分は防御的なものでした。その目的のために空軍力と重火器に依存しているが、通常は地上部隊が領土を占領し、支配するために使用される。

これらの分野での戦闘は、AA が目標を達成するか、ULA の指導部が十分に達成したと判断するまで激化する可能性があります。
さらに重要なことに、ULA の指導部は、より急進的な変化がより広範なミャンマーの政治地図をシフトするまで、軍事政権との交渉で「連合アラカン」の目的を達成できないことを完全に認識しています。

ラカイン紛争と春の革命
ラカイン州での戦争の再開は、ミャンマーの春の革命の政治的および軍事的展望に影響を与えるに違いない。
現在、国の多数派は、軍隊を民主主義と選出された政府の簒奪者と見なしている。
 今回の AA と Sit-Tat との戦いは、
より広範なレジスタンスの一部であり、
野党勢力と絡み合って自律性を達成する可能性があると考えています。

ミャンマーにとってのその変化の重要性は誇張することはできません。
AA は現在、ミャンマーの少数民族武装組織の中で最大かつ最も規律があり、
装備も充実しており、
実戦経験のある組織の1つです。
武装した国民的抵抗に利用された、それは軍事政権が恐れる正当な理由がある力です。

ラカイン州での停戦の崩壊と新たな紛争は、
シット・タットがクーデター後の期間にいかに権力を強化できなかったか、そしてそれがすぐにそうなる可能性がいかに低いかを示しています。
これが、ULAのリーダーシップが現時点で決定的に動くことを左右する理由かもしれません。
軍事施設や軍隊が国の両側で攻撃を受けることは軍事政権にとって劇的な打撃であり、PDFやその他の反体制勢力の信頼を強化する展開となる。

最後に、バングラデシュに迷い込んだラカイン州への攻撃は、ミャンマーの内部混乱が地域の安定を脅かしているという近隣諸国の懸念を高めており、一部の人々は国民統一政府NUGとの接触を開始し始めています。
 紛争によって引き裂かれ、民族的アイデンティティに沿って断片化された国で、
ラカイン州が軍事政権との戦争に戻ることは、
最終的に抵抗勢力がより民主的で永続的な平和をもたらすのに役立つ可能性があります。

Kyaw Hsan Hlaing はビルマのラカイン州出身の独立研究者兼ジャーナリストであり、人権、政治的移行、ビルマの内戦と軍事クーデターに関連する問題について執筆しています。

State_Map_VT_and_VL_Rakhine_MIMU1236v01_01Aug2016_36x60_inches_ENG_1 (1)

《メディア媒体について》

○国営新聞MyanmarAline (軍政プロパガンダ)(国内向け)
○国営英字新聞Global New Light of Myanmar(軍政プロパガンダ)(国外向け)
(逮捕された市民の氏名確認等に使う)
○MNAミャンマーニュースエージェンシー 国営通信者
○MRTVミャンマーラジオTV(軍政プロパガンダ)
○MWD TV MyawaddyTV 国営放送 (軍政プロパガンダ)

これら軍政プロパガンダはクーデター以降、現在、YouTube、FB、Twitter等から追放されています。

☆独立系媒体は軍事政権によって許可停止であるため、
地下に潜って活動中。(以前からタイ、インドに拠点がある。)

ミャンマーの真実を伝えるために必死で頑張っている!
運営資金はほぼ国内外市民からの寄付である。
◎Myanmar-Now(独自の情報網があり必!) 英、ビルマ語
◎Mizzima MizzimaTV(独自の情報網があり必!)英、ビルマ語
◎KhitThitMedia (情報が早い、Twitter→Telegram又はFB、 市民密着型、ただし全文ビルマ語。)
◎DVB Dvb Burmese 民主ビルマの声(一部ノルウェー政府資金支援 元々は同国へ避難民の方々が創設)ビルマ語、英語版もある。
◎The Irrawaddy イラワジ紙(日本の朝日新聞と毎日新聞に相当する。
外交にも強い。外交官寄稿文にもよく引用される。)英、ビルマ語(ビルマ語版はより細かい事例まで転載)
◎The Chindwin ( TwitterとFBは情報早い。WEBは他と違った角度で。)英語、ビルマ語
◎RFA Burmeseラジオフリーアジア ビルマ(アメリカ合衆国が資金援助)ビルマ語、一部英語
◎VOA Burmeseボイスオブアメリカ ビルマ(アメリカ合衆国が資金援助)ビルマ語
◎その他DMG・・・・・
他・・・・・
◎KachinNewsGroup カチン語、ビルマ語、英語
◎その他・・・
◎BBC Burmese BBCビルマ(英国)ビルマ語、英語

各PDF(人民防衛隊)等の映像はFBwatchから。
また、ミャンマー人はFBを主に活用している(ミャンマーメディア媒体もWEBとは別にFB,FBwatch)ので情報収集、コンタクトにFBは不可欠。

※以下、2022年10月中初旬以前の転載分は『トピックス』のコーナーにあります。
トップページ一番上のメニュータブから
『インフォメーション』→『トピックス』をクリックしてください。

 ミャンマー連邦共和国挙国一致内閣 国民統一政府NUG WEBサイト。
ビルマ語英語切り替え

https://www.nugmyanmar.org/en/

 ガガーリン8707D0D9-71D1-43AC-B9F8-AA07018B3F5F

有松絞会館前、ユーラシア食堂さらび店前にございます
『石碑』について。

石碑1
ユーラシア食堂さらび店前にあります石碑はどのような石碑かご存知でしょうか・・

この石碑は 江戸時代後期の歴史家、思想家、漢詩人、文人で

幕末、明治維新から昭和の戦前期まで広く影響を与えた『日本外史』(幕末から明治にかけてもっとも多く読まれた歴史書)などの著者、頼山陽(らい さんよう)が1813年11月、有松 井桁屋に一泊することになった時に見た当時の有松の街、絞り染めのすばらしい衣、桶狭間の古戦場、を 頼山陽の感性によて見事に描かれた『過 有松邨』(詩)であります。さらび店内に詩のリーフあります。
 山陽1
山陽2
  
歴史ファン必見!

とは言うものの戦前、戦中世代の方々には大変良く知られた人物なのですが、戦後世代以降にはほとんど知る人がいません。

簡単に補足しておきます。

山陽写真

頼山陽(らいさんよう)
1781〜1832 名は襄(のぼる)
主著『日本外史』は
幕末の尊王攘夷運動に影響を与え、日本史上のベストセラーとなった。
幕末から明治にかけてもっとも多く読まれた歴史書。
(外史とは民間による歴史書の意)伊藤博文(倒幕派)、近藤勇(佐幕派)の愛読書であったことでも知られる。

ただし江戸幕府の正当性を主張したとする山陽自身の説明があったにも関わらず、
この部分が世に出る事がなかったために幕末において「誤読」され続け、
山陽の随筆意図と無関係な尊王攘夷や
むしろ対極にある討幕論が生み出された。

また山陽の説明(「例言」第四則)がこの世に出た以降も討幕に否定的な歴史書であることが意図的に無視される。

そして明治以降は天皇制の権威付けに
昭和6年以降〜終戦までは思想統制に利用され、

こうした経緯があり戦後GHQの意向により意図的に知られなくなる。

山陽のことが戦後世代にあまり知られていないのは当然である。

では 日本外史の中でもっとも分かりやすい山陽の描写

『敵は本能寺にあり』これでおわかりですな・・・

本C5C52DE9-01B2-4BBF-B978-0981EE8A227D
店主の書評 『頼山陽と戦争国家』著 見延典子

 
没後の頼山陽の評価の変遷をまとめ上げた貴重な書。
巻末には貴重な関連資料集あり。

そもそも現代日本人のほとんどは頼山陽のことを知らないであろう。
昭和12〜3年生まれ以前の方々には ほぼ100%知られた存在。
何故なら『日本外史』の「桜井駅の訣別」は
当時の教育現場で読み継がれていた。
戦前の国定教科書である。

と云ったところで余程の昭和史通、又は「太平記」(楠正成だー)って分かる歴史通、
又は戦前世代にしか理解して頂けないのだが…

江戸時代後期の 歴史家、思想家、漢詩人
である頼山陽がまとめ上げた民間による日本の武家の歴史。

『日本外史』は平氏から徳川氏まで、
(この時代までの日本のこれまでの歴史をまとめ上げた 日本の歴史 なる書は一般人が目にすることはまだ無かった。
信長公記、甲陽軍鑑、太平記など各々の記録は沢山あるのだが)

これが『日本外史』で当時の老中首座 松平定信
に高く評価されるのだが、
  世の中に知られるようになるのは
  山陽の死後の話。

時が経ち、多方からこの「日本外史」が出版され(当時は著作権など無い)
幕末の大ベストセラー
(ある部分が削られた=誤読される)になる。=(尊皇攘夷に影響を与える)吉田松陰

幕末期、佐幕派(例として土佐藩主 山内容堂公、 天璋院篤姫、 新選組局長 近藤勇)にも
討幕派(例として吉田松陰  伊藤博文「日本政記」も)にも愛読される。

明治政府以降天皇の権威付けに利用させていく。
 何が? どのように?

本書には山陽が『日本外史』『日本政記』(神武天皇に始まる歴代天皇の事績をまとめ上げた書)をまとめ上げるにあたって
山陽が調べた、熟読した山陽以前の過去の書物、参考にしたであろう多くの書物、
研究者が注目する当時の太平記ネタ本=こちらのほうから世に太平記が知れ渡る など紹介しつつ再確認しながら

その後、明治から大正、昭和と時が経つにつれ、どのように曲解されていったか…

※主に南北朝時代→太平記→日本外史と日本政記→南朝正統論→南北朝正潤問題→楠正成→桜井駅の訣別
(つくられる「忠臣」楠正成像)→湊川神社
山陽漢詩の書換え「七生滅賊」が国益に沿うように「七生報国」
頼山陽先生百年祭昭和6年

紹介しつつ再確認し、
昭和初期の事件、出来事と照らし合わせながら
時の政治によって右傾化する頼山陽をじんわりと浮かび上がらせる。

進む軍国化思想統制→頼山陽の神格化→反論

戦後 消える頼山陽=GHQ

また、序盤の頼山陽をとりまく政治世界
では「日本外史引用書目」(259の参考文献)の中で『大日本史』(水戸光圀が編纂に着手)
と『大日本史賛藪』(水戸黄門の格さんの論賛)についての記実あり、山陽に影響を与えたことが分かる。

また水戸藩が編纂をはじめた『大日本史』は完成するのが二百数十年後の1906年。

安積澹泊(格さん  御老公の御前である 頭が高い 控えおろう)の論賛が削除されたり
=後期水戸学派によってつくられた「大義名分論」

削除を企た理由=いわゆる国体の概念。→大正、昭和天皇も認めていた“天皇機関説”の排除。

[本書に出てくる天皇機関説から本書の外へ時計の針を進めると、終戦を境に復権した(ヨハンセン)吉田茂は“天皇機関説事件”で野に下った金森徳次郎に自らの内閣で憲法問題専門の国務大臣ポストに就いていただき帝国憲法改正案(日本側の案とGHQが示した案を元に新たな憲法改正案を練っていた)を“現実の憲法”=今の日本国憲法
に仕立て上げるためにコンビを組むのである。吉田茂は憲法作りに政治生命を懸けた。(幣原や吉田は日本占領に口を挟むことの出来る極東委員会の中には日本の天皇制に批判的な国々から糾弾を受ける可能性があり、(天皇の戦争責任、天皇制の廃止)天皇を守るには時間との戦いであった。マッカーサーと吉田の気が合ったのも大きい。(例、昭和天皇とマッカーサーの写真))   こうした吉田や金森をはじめ、現在の日本国憲法を練って闘った政治家、関係者(例 白洲次郎)、昭和天皇側近たちの動きを無視して「占領軍の作った憲法、押しつけ憲法」と批判して改正を声高にするのは皮相的で批判する側の見識の無さが見て取れる。吉田が権力の座から降りた後、改正論者(例 鳩山一郎、岸信介)の言に反射的に反発する。(「当時の社会党などが主張する護憲派とは異質の政治姿勢であり、系譜であるように思うのである」作家で昭和史研究の保阪正康氏)  ] 

話を戻すと、『大日本史』に多くの編者が関わったりしたことで、
原点である徳川光圀(御老公様 先の副将軍 水戸光圀公)
の考えから離れていった。

水戸学は 前期水戸学派 後期水戸学派
と分かれ 系列が異なる。

筆者曰く 
水戸学の変質にあわせるように、
山陽も道連れにされた観がある。

 初志を貫徹しるため山陽は多くの書物を読み、
人の意見に耳を傾けた。
批判もしたが、なるほどと思うものは貪欲に吸収しようとした。
その上で自分なりの独自の視点を身につけ、思考を深めた。
山陽が書いたものが誰かの踏襲であったり
踏襲と踏襲が掛け合わさったりしているように思えるのも、だから必然である。
山陽や著作をありのままに受け入れて読むところから、
山陽の再評価の道は開けていくであろう。

新聞1 D6DF5543-EE99-4F15-9746-51DD120ADDB6 
新聞2 E1BA1081-456E-4724-B136-96367A659A72
新聞3  04BCC617-9FEE-4CB0-A186-6D570D5305B2
新聞4 BF4D46CC-018E-428B-8D5B-F1AAF4E0B8AC
※旧ソ連によるシベリア抑留と旧日本軍によるシベリア出兵 
による犠牲者追悼墓参を長年されてこられました横山周導氏率いる
NPO法人『ロシアとの友好・親善をすすめる会』が
会員の高齢化に伴う会員数減少により継続的な法人としての運営が困難となり
2020年7月、解散された。
非常に残念な思いです。

本 DDC4F21E-5073-449A-BD1B-0BA114FB66DD
厚生労働省(ロシア連邦政府等から提供された抑留者関係資料一覧)
https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/syakai/soren/itiran/index.html