トピックス

《☆トピック★ビルマ(ミャンマー)情勢☆》

アーカイブ

※こちらは2022年5月中旬以前のarchiveです。
最新はトップページへ

”NASA:FIAMS”
https://firms.modaps.eosdis.nasa.gov/
火災情報です。
これはウクライナより、
ミンアウンフライン率いるミャンマー軍事政権の悪行監視に大変便利!
領域が広い状態ではミャンマーはほぼ赤です。
彼らが居るネピドー周辺は全く何もない!
こんな国は他にありません。
村人達の家々が毎日焼かれていることが良くわかります。

4/4〜4/6日の3日間のデータ。
黄色は24時間以上発火しているので火災以外の要因か。
赤は6~12時間の発火、ミャンマーの場合、この辺りが軍事政権による市民家屋への放火、空爆による火災、戦闘による砲弾による発火等の確率が高い。

拡大:左から何もないインド ミゾラム州、
国境を越えるとチン州、赤が点在。サガイン管区中南部、マグウェ管区北部、
チンの山奥は戦闘、砲撃、空爆、放火。 サガイン、マグウェは戦闘、村の焼き討ち民家の放火。
真ん中下のほうは何もないマンダレー管区、その右ネピドーに近い地域、その上はカチン南部、右はシャン州。当然戦闘中ですので赤が出てくる。

拡大:タイ国境の左側がカレンニー(カヤー)〜カイン(カレン)州。最近記事内容等、打ち込んでいないので判りづらいかもしれませんが、最近、この辺りの戦闘は激烈です。それを反映した赤です。戦闘による、砲撃、空爆、爆破等。
右の方のラオス領内の赤は何なのか?RFAのラオス版でもみてみるとヒントがあるかもしれません。

4/28(木)Sagaing’Yinmarbin TownSip ミャンマー軍の襲撃。翌日29日(金)の撮影。地元民。
毎日どこかの村でこの様な極悪非道行為が行われています。
上記の火災発生源衛星画像データはこうした軍事政権の行為を裏付けることが出来ます。

4/28日の画像。1ピクセル1k㎡。かなり正確な火災発生源が判ります。サガイン管区イェンマービン赤です。
カレンニーからカレンにかけて雲に隠れていますが、赤の日が多い。
5月の第一週は比較的小康状態だったが、第二週から再び激化の様相が画像で確認できます。

最近はなかなか時間がなく、きちんと載せられませんが、
ポイントとして、
○5/12日〜13日米国ASEAN首脳会議(ワシントンD.C.)は明確な米国の姿勢が示された。

同時に外相会議
NUG国民統一政府ZinMarAung外相はワシントンD.C.に招待され、
対面でシャーマン国務副長官と会談した。

写真はシャーマン国務副長官のTwitterから
 私もとても嬉しい。
以前の軍事政権タンシェ議長の時代の90年代中盤〜2000年代後半までインセインとマンダレー刑務所で政治囚として獄中の身だった彼女。
本当に苦難の道のり、この先も。
連邦民主主義への道のりはまだ長く険しい。
マレーシアの外相とも緊密な和やかな会談が出来た。

5/17日The Diplomat
Malaysian FM Meets With Counterpart from Myanmar Opposition Movement
The meeting could mark a turning-point in the bloc’s approach to the ongoing conflict in its errant member-state.
https://thediplomat.com/2022/05/malaysian-fm-meets-with-counterpart-from-myanmar-opposition-movement/
マレーシアのサイフディン・アブドラ外相は、ミャンマーの国民統一政府(NUG)のカウンターパートと直接会談しました。
これは、東南アジア当局者が、ミャンマーの野党影の政府と公に認められた会議を初めて開催したものです。
 NUGのジンマーアウン外相との「非公式」会合は、5月13日の2日間の米ASEAN特別首脳会談の終了後にワシントンDCで開催された。 ]マレーシアのミャンマー国民への支援と連帯」と述べ、マレーシア政府は「ミャンマーの平和と民主主義の回復に向けて努力する準備ができている」と述べた。
 二人はまた、「人道支援、技術訓練、ミャンマー難民への教育など」、NUGが直面している課題について話し合った。
 ジン・マー・アウンNUG外相は自身のツイッターアカウントで、この会議を「生産的」と表現し、「ミャンマーの悲惨な状況と、人道支援や支援を含め、NUGとマレーシアが協力してミャンマーの平和と民主主義を回復する方法について話し合った」と述べた。ミャンマー難民のために。
 略・・・
元駐ミャンマー米国大使のスコット・マルシエルが今週のインタビューでイラワジに語ったように、コンセンサスを進展させる上での主な障害は、「軍事政権が合理的であることをまったく拒否し、あらゆる種類の譲歩をすることを拒否している」という事実です。
彼はさらに、「将軍に反対する人々と会談するよう説得しようとすることは、物事を進める上で非常に有用な方法ではない」と付け加えた。

ASEANがNUGに関与することを求めるサイフディンの推進は、この事実に対する認識の高まりと、国の多中心的な紛争の片側だけに話しかけている間、ブロックが紛争を調停することを望むことができないという現実を反映しています。
彼のキャンペーンはある程度の勢いを増しているようです。
先週後半5/12~13日にワシントンで開催されたASEAN外相(首脳会議と並行)(ミャンマーを除く)の非公式会合で、現在のASEAN特別特使とカンボジアの外相Prak Sokhonnは、ASEANのミャンマー外交にNUGを含めるという考えを受け入れたと伝えられている。

マレーシア外相とNUG国民統一政府ジン・マー・アウン外相との会談は、
ミャンマー中部の大部分での軍事政権の支配を侵食することに明らかに成功したにもかかわらず、
正式な国際的認知を得るのに苦労しているNUGにとっても小さな勝利を示しています。
ミャンマーに本拠を置く擁護団体であるタンパディパ研究所の所長であるキン・ザウ・ウィン氏は、
電子メールでのコメントで、会議は「ほとんどの軍事クーデター反対勢力の腕の中で撃ち放たれた」と述べ、SAC(軍事政権の評議会)は「混乱して痛烈に反対した」と述べた。 」

サイフディンの次の課題は、彼のASEANコホートの残りを彼の計画と一緒にすることです。
マレーシアがミャンマー危機への新たなアプローチに必要なコンセンサスを集めることができるかどうか、そしてそれでも軍事政権を交渉の席に追いやることに成功するかどうかは、どちらも不確かです。
しかし、ASEANが危機の解決策を前進させる唯一の現実的な方法は、
ASEANブロックが1つとして立ち、軍事政権がその関与の条件を決定することをやめることです。
クアラルンプールのベイトアルアマナ研究所の外交部長であるFikryA.Rahmanが今週5/16、ニューストレーツタイムズで述べたように、
成功への唯一の道は、ASEANが
「軍事政権の協力を要求する際に、政治的意思を行使することです。 」
・・・・・略

写真はジンマーアウンNUG外相Twitterから

強力な米ASEANパートナーシップはミャンマーから始まる
TheIrrawaddy5/17日ゲストコラム
https://www.irrawaddy.com/opinion/a-strong-us-asean-partnership-starts-with-myanmar.html   
・・・・・略
3月21日、米国務長官のアントニーブリンケンは、2017年以降、ミャンマー軍がロヒンギャの人々に対して
虐殺および人道に対する罪として犯した犯罪
を宣言しました。
これは説明責任と正義への道の重要なステップですが、それだけでは十分ではありません。
 昨年、米国政府は、ミャンマー軍のミン・アウン・ライン最高司令官とその部下に的を絞った制裁を課し、ニューヨーク連邦準備銀行が保有する10億米ドルを撤退することを阻止しました。
欧州連合、英国、およびカナダも、独自の制裁および武器禁輸を課しています。
 一方、ASEANは、ミン・アウン・ラインを年次首脳会議に招待することを拒否するという前例のない措置を講じ、2021年4月に、すべての当事者間の暴力と対話の終結の要求を含む5つの合意に合意しました。
ミャンマーへの特使、そして人道援助の提供。
 しかし、そのどれもが軍事政権を阻止していません。
ミャンマーの状況は悪化の一途をたどっており、国際的および地域的な対応をエスカレートする必要があります。
私たちが推奨するものは次のとおりです。
米国は、ウクライナでの侵略戦争のためにロシアに対して展開したスマートプレイブックから、
制裁措置を2倍にすること、コングロマリットであるミャンマー石油ガス企業(MOGE)を含める必要があります。
 軍は推定15億米ドルのガス収入を獲得し、これらの資金を使って非民主的な権力の掌握を強化しています。
米国は重要な役割を果たすことができますが、ASEANはミャンマーの危機を解決し、民主的に選出されたミャンマー政府を復活させるための道を切り開く必要があります。
 軍事政権が5点合意に完全に準拠しなかったことは明らかであり、これは結果を伴うはずです。
今こそ、ASEANは、ミャンマーのASEAN加盟の停止、この地域での渡航禁止令、クーデターの指導者に対する的を絞った制裁など、はるかに強力な措置を採用する時です。
 ASEAN加盟国と米国の両方が、ミャンマー国民統一政府(NUG)の正当性を強化する必要があります。
それは民主的に選出された政府を代表し、ミャンマー国民の大多数からの支援を受けています。
バイデンの上級行政官はNUGの職員と会談し、最近、マレーシアの外務大臣は彼がNUGの職員と非公式の会話を行ったと発表した。これらは励みになるステップですが、NUGとのより多くの関与が必要です。
 最後に、米国とASEANは、緊急の人道援助を提供するために協力しなければなりません。
国際NGOは、ミャンマーでは1,400万人以上が支援を必要としていると推定しています。
この援助は、それを最も必要としている人々に効果的に到達するために、
《地元で信頼されているコミュニティベースの市民社会組織を通じて提供されるべきです。》
 米国、ASEAN加盟国、そしてタイのような近隣諸国は、
ミャンマーでの迫害と暴力から逃れる難民に門戸を開くべきです。
私たちは、ミャンマーで起こった危機と同じ懸念を共有しているため、
地球の反対側の議員たちと一緒に参加しました。
 ミャンマーの人々は人道に対する罪の犠牲者であり、私たちの共通の人道を汚すほど深刻です。
彼らは私たち全員に関係しています。
米国、ASEAN、およびEU、英国、日本、オーストラリア、インドなどのパートナーは、そのような残虐行為に直面して行動する責任があります。
 ASEANは、近隣のミャンマーで軍事政権が犯している犯罪を阻止し、指導者に責任を負わせ、ひどく苦しんでいるミャンマーの人々を保護するために、これらの世界的な取り組みを先導する必要があります。
 米国は、これらの努力を後押しすることにより、
世界のリーダーとしての地位を永久に利用すべきである。
これは、強力な米ASEANパートナーシップの次の章が達成できることです。
 チャールズ・サンティアゴはマレーシアの国会議員であり、
ASEAN人権国会議員の議長を務めています。
エド・マーキーはアメリカ合衆国上院議員(民主党-マサチューセッツ州)です。
 この解説は、ジャカルタポストに最初に登場しました。

 ○ミャンマー軍は消耗戦です。
5月に入ってAAとミャンマー軍はついに衝突しました(全面ではない)。
最近NUG側はAA(アラカン軍)と接触しました。
これから徐々にミャンマー軍は負けます。
四方八方の戦闘で全て。
ミャンマー軍は近くカチン独立軍KIAと大規模な戦闘になるでしょう。
KIOカチン独立機構は先日声明を出しました。
雨季が明けて乾季の今年年末頃
ミャンマー軍と軍事政権は深刻な兵力不足へ。

◎5/8日にはglobalなデモ(日本は新宿で)韓国、オーストラリアなど
ありました。
 主にMOGEミャンマー石油ガス公社に対して
 アメリカが制裁をするように訴えるデモです。
 ミャンマー軍の最も大きな資金源ですから。
これまで(撤退した企業も含め)資源開発メジャーのお金はここに流れているので。

東京新宿
韓国(ミャンマーデモとウクライナの人たちが連帯してます。)  
写真はBloodMoneyCampaing

アメリカは軍事クーデターに対するビルマ法案が下院では先月初旬全会一致で可決、
上院待ち。通るとバイデン大統領の署名で発効。
これにより、MOGEに対して制裁が可能になります。
ですから、上院で通るように働きかける訳です。

☆Republic of the Union of Myanmar

“NUG” National Unity Government
国民統一政府 挙国一致内閣
写真は店主 名古屋2021年5/2日

写真は店主 国連大学2021年9/12日

写真は店主 名古屋2021年10/31日 

写真は店主 2022年2/1日ミャンマー大使館前

※ミャンマー(ビルマ)国内避難民IDP、市民負傷者に対する医薬品、食料等支援のための募金活動中です。
※ミャンマーの人達は国連の活動に失望しています。
 肝心な所に行かない!行けない!届かない!

タイ国境付近では比較的国際支援が入り易いようですが、
離れた地域、チンやサガインなどでは厳しいようです。
これらの地域では軍政が国際機関の立ち入りを禁止しています。
当然非常に危険地域です。
切実な援助が求められている人々はこれらの地域に多く、
在日ミャンマー人組織からNUG国民統一政府管轄各組織へ直接送られます。
管轄地元民組織→避難民、負傷者。
 ※状況がある程度落ち着くまで。

2022年2月初頭のチン州タントランの町。
昨年9月初頭から始まり20数回を数えるタントランの町(人口1万人強だが10月には無人になった。)に対するSAC軍事政権による焼き討ちにより、ほとんどの建物が灰になった。(奴らは町の人々が戻ってこられないようにやっている。)撮影はCNF傘下のドローンとみられる

チン州 Kanpetlet Town Camthaa村で軍事政権の砲撃により家屋が焼失し逃げた人たち。3/19日付TheChindwinより

☆名古屋では
名古屋駅のどこか(土曜、日曜のどちらか)
最近は一時的に停止中でしたが、
5/29(日)は15:00~18:00名古屋駅のどこかであります。

※悪天候時は中止

在日ミャンマーの方々による募金活動がおこなわれています。
見かけたらご協力いただけると幸いです。
※ミャンマー募金はNUG国民統一政府傘下ミャンマーコミュニティへ
写真はMyanmarYouthCommunity(Nagoya)の皆様

◎寄付金について
※NUG国民統一政府健康保健省へお願い致します。
https://moh.nugmyanmar.org/donate/?fbclid=IwAR1CEEMZody3Ro6mGgER4ff5w6mCYEttOK_w6PccGo4yUaRazXyQWJKHF1E

《☆ミャンマー軍事政権の残忍卑劣さ》の例

2022年2月前半
Magway管区GangawタウンシップSanmyo村は
Myanmar juntaの『torch-and-burnall』作戦
により3回の攻撃を受け廃墟となった。
解説写真はthe chindwinから


2/16(水)RFAラジオフリーアジア
◎クーデター以後これまでに4,500以上の家々が軍によって破壊、燃やされた。

ミャンマー軍がクーデターで権力を掌握して以来、
ジュンタ軍は少なくとも4,571の民間人の家を破壊しました。
その半分以上はサガイン地域です。
最大はサガイン管区で2,567戸、
次にチン州で976戸、マグウェ管区で626戸、カヤー州で310戸、
その他数十戸をマンダレー管区、南シャン州、タニンダーリ地方、バゴー地域でした。

サガイン管区MinginタウンシップMauktet、Moktha村、2022年2月15日。
どちらの村も建物、家屋が消滅している。
RFAが引用:PlanetLabs

https://www.thechindwin.com/the-juntas-reign-of-terror-continues-in-the-northwest-region-myanmar/
2/5~6日ミャンマー地元メディア多数
ミャンマー北西部サガイン管区 Minmo Township Badataing村での大虐殺は、
ミャンマーの軍事政権が地元の反乱軍を根絶するための戦争の武器として虐殺を展開したことを証明しました。

2022年1月31日、地元住民は、殺害される前に複数回レイプされたと伝えられている13歳の少女を含む、少なくとも20人の民間人を軍事政権が殺害したと報告した。
 人々のグループの焦げた残骸が北西部の町で2月3日に発見されました。
地元の人々はそれがミャンマーの軍事政権の手に渡ったと伝えられています。

レイプされた13歳の少女を含む一部の遺体は、火にかけられる前に解体された。

軍事作戦が続いたため、村から逃げ出した村人全員が当分の間村に戻ることができなかった。

一部の遺体は細かく切り刻まれて焼かれています。
これにより、村人は殺害された人物を特定するのが困難になります。
これには時間がかかる可能性があり、誰が殺害されたのかわからないと考えられています。


KhitThitMediaのYouTubeチャンネルが最近登場しました。
これまでFBwatchでしたので日本人には分かり難かったですが、これでチャンネル登録よろしくです。

②チン州でミャンマーの軍事政権に拉致され、
人間の盾として使用され、
残酷に殺害された10人の民間人のうち2人は未成年者
https://www.thechindwin.com/two-minors-among-10-civilians-abducted-used-as-human-shield-and-brutally-killed-by-myanmars-junta-army-in-chin-state/
1/9日TheChindwin
マチュピ郡区のKihlung村の13歳の少年とNga Laiの16歳の少女を含む、合計10人の民間人が、
1月7日に拉致され、人間の盾として使用され、殺害された。
8人の民間人のグループが、焼畑耕作農場に行っている間に、キルン村から4マイル近くで誘拐されました。
伝えられるところによると、他の2人は、Matupi Boi Thia村への移動中に、KihlungとBoiThiaの間の場所で誘拐された。
8人のグループは1月6日に拉致され、他の2人は2022年1月7日に拉致されたと言われています。
 チンドウィンは、ミャンマーの軍事政権の誘拐に関して3人の地元住民と広範囲に話し合い、Pa Le Nangという名前の13歳の少年と、彼のいとこの兄弟である29歳のStevenと、16歳の少女とTuiDimが残酷な目に遭った人物の1人であることを確認しました。
殺害され、彼らの体は捨てられました。


地元住民によると、これまでのところ、地元住民は10人の拉致被害者のうち4人を避難させることができ、キルン村と肺フラウ村の間の軍事政権によって2人の遺体が細かく切り刻まれていると伝えられています。
地元の人々は殺害された人々の時間を確認できませんでしたが、10人全員が同じ日に拉致されたことを確認しました– 2022年1月10日。


Chinland Defense Force – Matupi(CDF – Matupi)は、撃たれて殺される前に、人間の盾として使用されていることを確認しました。
 地元の人々が他の6つの遺体を見つけようとしている間、CDF – Matupiは、軍事政権の軍隊から受け取った情報により、軍事政権の軍隊がすべてを殺害したと確信を持って言っています。

ミャンマーの軍事政権が最近町での活動を強化したため、何百人もの村人が村を離れ、インドの国境に近い村に向かって走っています。
チンドウィンに電話をかけている地元の人は、キルン村はマトゥピから19マイルの距離にあり、肺の法則はマトゥピから約30マイルの距離にあり、ボイチアはマトゥピから約30マイルの距離にあると言います。
その間、多くの村人はボイチア村の側に逃げました。
ミャンマーの軍事政権によって殺害された人々は次のとおりです。
Pa Le Mang aged 13
Mama pa (nick name) aged 60
Slai Tin San
Pu Tui Dim
Pu Va Htoo
Phupa Sali
Pu Lian Ngai
Slai Steven
Pu Thak Lung
Sai Za Yar Aung


☆アメリカはタイに対してタイ側から国境を越えた援助を働きかけております。
2021/10/19~20日バンコク
https://www.rfa.org/english/news/myanmar/us-thailand-aid-10202021181827.html
タイ首相がビルマでビルマCIAの安全保障および人道支援副長官と会談
2021/11/20日バンコク バンコクポストは、プラユットチャンオチャ首相とCIA副長官のデイビッドコーエンが11/19金曜日の午前9時30分にタイ政府庁舎で事前の通知なしに45分間会ったと述べたと情報筋を引用した。
https://burmese.voanews.com/a/cia-deputy-director-thai-pm/6321067.html
11/21日 CIA副長官とタイ首相との会談に関する意見
https://burmese.voanews.com/a/react-us-thai-discuss-myanmar-issue/6321418.html
少し趣旨が違うが
◎New US Diplomatic Complex in Thailand Aimed at China and Myanmar
1/24日 2022年TheIrrawaddy
https://www.irrawaddy.com/news/burma/new-us-diplomatic-complex-in-thailand-aimed-at-china-and-myanmar.html

写真は1/6日KNLA(カレン民族解放軍)第5旅団、
Mu Traw地区でIDP(国内避難民)に旅団の食料を共有し彼らに提供している様子。
ミャンマー軍事政権SACによる(部隊名LIB408,410)重迫撃砲によって
IDPとなったTweeTheeU村民への
緊急の人道的ニーズに対応している姿!Twitterから

KNU 7290AB32-1A13-46C2-9702-61924310D79C
KNUカレン民族同盟の軍事部門がKNLAカレン民族解放軍です。
[2008年の映画『ランボー4最後の戦場』の後半最終局面でミャンマー軍を蹴散らしたのがKNLAです。]

EAOとは、こうした民族武装組織、民族軍のことです。

KNDF B-03カレンニー民族防衛隊第3大隊
同志MaungYarawwZarは1/9日、偶発的な地雷の爆発で亡くなった。1/12日、丁重に葬儀が行われた。
PDF(People’s Defence Force)人民防衛隊は亡くなられた人民兵士同志を丁重に弔う。

経済を回して『市民生活の持続可能な状況』にしておく事は
 2年のスパンで見た場合、良い兆候ではあるが、
最近の衝突の激化、それに伴う避難民の急増、
不当逮捕急増に伴う都市部での治安悪化、
 ビルマ独立以後の
分断と暴力の歴史の中で、
軍事クーデター後の
”最大のピンチの中から”
ようやく
 ”真の連邦制”
『連邦民主主義』 への見込みが
 今年後半以降出てくるのではないでしょうか。
大義の無い軍事フンタ、一般兵士家族を人質として維持することにより
離反を防いできたやり方には時間が経てば経つほど
ほころびが、体制維持は次第に難しくなってゆくでしょう。
 どこかの段階でTatmadaw(ミャンマー国軍のこと)の分裂、
 シャンの幾つか、ワ州連合軍を除く 
 (AAについては今後重要な要素になります。)
 EAOとPDFとの統合と分裂Tatmadawの合流(彼らが市民側に付く、傘下に入る)が
やがて真の連邦軍への道のりとなろう。

(シャンの幾つかは連邦軍が形成された後)

写真はTheIrrawaddyから
クーデター以前の仲の良い国家顧問と内務大臣(中将 旧シェマン派)。両者とも軟禁状態と解任左遷退役。

市民達にとっては長い闘いですが、より直向きに人々を強くするでしょう。
皆それぞれに出来る事をする。
ただ明日へと・・・

 ◎今は
チン、
サガイン、
マグウェ北部、
カヤー(カレンニー)、
カレン(カイン)は特に!
及び、カチンの一部、
シャン北東部(MNDAA VS 軍事政権SAC)及び地域EAO同士の衝突地域
及びタニンダーリは

 大変厳しい状況です。


2/12日連邦記念日(パンロン合意の日)のMyanmarNow
:現在ラカイン州の町の75%を実効支配しているAA(アラカン軍)はあらゆる意味において(連邦形成、ロヒンギャ帰還問題など)重要な位置を占めるようになる。
 ☆AAについて面白い記事がいくつか・・
https://thediplomat.com/tag/arakan-army/

※ミャンマーにおける暴力の増加に関する共同声明2021/11/26
 アメリカ合衆国国務省
以下は、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、ノルウェー、大韓民国、英国、米国の政府によって署名された共同声明のテキストです。


https://www.state.gov/joint-statement-on-increasing-violence-in-myanmar/

※米国と同盟国はビルマの軍事政権に追加の制裁を課します
 アメリカ合衆国国務省
 2022年3月25日
アントニー・J・ブリンケン国務長官
https://www.state.gov/united-states-and-allies-impose-additional-sanctions-on-the-burmese-military-regime/

◎制裁の詳細について
 アメリカ合衆国財務省
https://home.treasury.gov/news/press-releases/jy0679

※残念な事に日本政府は含まれません。
(日本が関与していて米国にとって日本が正反対の立場をとっていて
当の日本政府にその認識が気薄で
都合の悪さから話したくない
外務大臣の発言からも判る通り無知であり
米側が日本を相手にしていない部分)
ビルマ問題では明確に立ち位置を変えることが望ましい。
 4/6日、米国下院でビルマ法案が全会一致で可決!
 上院で可決されると大統領署名。
最近、オーストラリアはミャンマー軍離脱者の保護を引き受けることにした。
 地域問題のキー。
日本は良い位置にあるのに良いことをしない。
今年も防衛大学校はミャンマー軍から
幹部士官候補生訓練として留学を受け入れている。
受け入れ中止を求める署名も日本政府に渡されたが、
おそらく何も変化しないだろう。
2015年頃から始まっているこの枠組み、プログラム。
 なぜ中止しないのか?
ミャンマークーデターリーダーのゴッドファーザーである
笹川氏が作った枠組みであるから
政府関係者は誰も口出ししないのだ。
彼らは中国に対する地政学的取り組みの一貫として
ミャンマー軍との交流を継続して行く立場。
モン州での開発も軍政側と日本側は密かに進めている。
問題は完全にミンアウンフライン軍事政権の維持に役立っていること。
日本ミャンマー協会渡邊秀央会長と日本財団笹川陽平会長は
共にクーデターリーダーとミャンマービジネス権益確保と対中国地政学的対抗策として
持ちつ持たれつ今に至る。
 これまでは
 これでやってこられたのだが、
最近米国が新たにインド太平洋地域に対して提案しているIPEFは非常に重要だ。
詳しくは触れないが、これが基軸になる。
クーデターリーダーから頼りにされているこれらの日本人達の行いは
これに相反する。
潮時。引き際だろうと思いますが・・・

2/1日、日本外務省前にて日本政府外務省と日本の皆様に
「日本政府は本当に遅いよ!!!」
国民統一政府NUGを認めてください。
そして
『連邦民主主義』への決意をのべる
ロヒンギャの日本代表者。店主動画からスクリーンショット

2020年6/24日「難民鎖国」は今:
難民認定はごく一部 日本で暮らすロヒンギャの状況は – 毎日新聞

https://mainichi.jp/articles/20200624/k00/00m/040/001000c

◎1/31日、NUG国民統一政府外務大臣から

NUG国民統一政府の日本代表に任命されたカレン民族出身Saw Ba Hla Thein氏

アジア福祉教育財団理事長、藤原正寛氏とSaw Ba Hla Thein氏
「第 41 回日本定住難民とのつどい」2020年11 月 15 日(日)アジア福祉教育財団
http://www.fweap.or.jp/2020/11/17/%E3%80%8C%E7%AC%AC-41-%E5%9B%9E%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%AE%9A%E4%BD%8F%E9%9B%A3%E6%B0%91%E3%81%A8%E3%81%AE%E3%81%A4%E3%81%A9%E3%81%84%E3%80%8D%E3%81%AE%E9%96%8B%E5%82%AC/

2010年より開始された第三国定住難民受け入れ計画の第1陣として初めてカレン難民が来日した際に、自らもカレン民族であり、在日歴の長い先輩難民として手伝いたいと志願し、通訳兼アドバイザーとして活躍した。難民事業本部が充分承知していなかったカレン難民の文化、習慣などを補い、また、カレン難民5世帯27名が6か月間の定住支援プログラムを無事に終了することの手助けを行った。 第1陣が三重県や千葉県に移転した後も、就労面では雇用事業所、生活面では市役所、子供の教育面では学校や教育委員会と連携し、無償で通訳に協力するなど支援を継続してきた。 特に、三重県に定住した家族が、遠隔地のため教会に通えないということを知り、休みを返上し、自費で足を運び、カレン語による聖書の朗読や賛美歌を歌う活動を6年に亘り行い、当該家族の心の支えとなった。 現在も、在日カレン民族連盟(KNL)の幹部として、カレンニューイヤーなどの開催や様々な催しに携わり、新たに来日した第三国定住難民を行事に招待して交流に尽力しているほか、NPO法人PEACE(ミャンマー少数民族支援団体)の副理事長として在日ミャンマー難民全体の福利と自立のための活動に取り組んでいる。

2009年、平成21年5月15日、
外務省・国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所の共催により、
国連大学ビル3階(ウ・タントホール)において、
シンポジウム「日本における庇護:難民の保護、支援、定住をめぐって」が開催されました。
同シンポジウムは、難民政策に関わる実務者、研究者、元難民の方々等を基調講演者、パネリストとして迎え、
「日本における庇護と支援」「日本における第三国定住と定住」の2つのセッションで構成し、200名を超える聴衆が参加し、活発な議論が展開されました。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/nanmin/symp_gai.html
Saw Ba Hla Thein カレン・インフォメーションスペース・コーディネーター
自分はカレン族であり、1992年10月に来日し、2006年に難民認定された経験から現在所属する団体では申請者の支援やカレン族の文化広報活動を行っており、自身が日本へ定住するまでの経験から第三国定住プログラムで懸念される言語や長年キャンプ生活を送ってきた人々の日本の生活への適応問題を指摘した。

※昨年のクーデター以来
日本政府はミャンマー軍事政権を擁護している。
2011年以降これまでミャンマー軍トップ(クーデター首謀者)と築き上げてきた
ビジネス利権とミャンマー軍との交流を
壊したくないのである。
(ビルマの縁故資本主義の一端(恐ろしいほどの格差)は
 こうした関係が元凶。
結果、その一端を担ってしまった訳だ。罪。)
また、彼らは対中国という地政学的ベクトルで軍事政権を擁護しているようだが、間違った解釈だ。
軍事政権と歩調を合わせる様にその立場に陰りが出てくる。
放っておけばこの件では自滅する。
ミンアウンフラインのゴッドファーザーであるあの財団会長も
米国のビルマ法案が大統領署名されると
影響力に陰りが出てくるのではないだろうか。
日本政府もぼんやりしすぎて、
立場悪くなります。
見切った。
時が解決してくれる。

《日本政府に対してあの人権団体は・・》

◎日本政府はミャンマー国軍の軍事訓練をやめるべき
HRWヒューマンライツウォッチ2022/1月19日
https://www.hrw.org/ja/news/2022/01/19/380983
日本政府は、ミャンマー国軍が2021年2月1日にクーデターを起こした直後、いち早くクーデターを非難。
 クーデター発生当日、日本政府は「重大な懸念」を表明し、軍により拘束されたウィンミン首相とアウン・サン・スー・チー国家最高顧問を含む関係者の解放を求めた。
 迅速な非難声明に続き、日本政府は、既存のODA案件は継続したものの、人道支援を除く新規の政府開発援助(ODA)を停止。
 そして2021年3月28日、防衛省統合幕僚長の山崎幸二氏は、他11か国と「ミャンマー国軍と関連する治安機関による非武装の民間人に対する軍事力の行使」を非難する共同声明を発表。さらに、2017年以降、棄権表明し続けてきたミャンマーに関する国連決議も、2021年6月の国連総会で賛成を表明。
 以上を踏まえると、なぜ日本政府はいまだにミャンマー国軍を訓練しているのか不思議である。
クーデター発生以来、ミャンマー国軍及び治安部隊は、1400人以上を殺害、1万人以上を拘束。
また、少数民族地域での軍事的弾圧を強めてきた。
 日本政府とミャンマー国軍の関係維持は、クーデターに対する非難と矛盾する他、国軍幹部を「人道に対する罪」を含む人権侵害で責任追及している国際社会の努力を弱体化させる。
 2015年以来、ミャンマー国軍の士官候補生は、日本の防衛大学校に留学し、学問と軍事訓練の両方を受けてきた。同留学プログラムは、防衛省所管施設で外国人の訓練を可能にする自衛隊法100条に基づき、防衛大臣の許可を得て行われている。
 2021年12月、防衛省の担当者は、ヒューマン・ライツ・ウォッチの問い合わせに対して、8名の士官候補生が防衛大学校に留学中であり、その内少なくとも2名はクーデター後に入学したことを認めた。
なお、防衛大学校のカリキュラムには、戦闘や武器の使用方法の訓練などが含まれる。
 また、ヒューマン・ライツ・ウォッチが入手した防衛省の資料によると、現在ミャンマー国軍の現役軍人2名が、陸上自衛隊教育訓練研究本部と航空自衛隊幹部学校で訓練を受けている。
 前別の防衛省担当は、日本政府は同プログラムを通じて、士官候補生に自衛隊が厳しいシビリアンコントロールの下で活動している様子を見せ、ミャンマー国軍の変化を内部から促そうとしていると主張。
しかし、防衛省は留学後の士官候補生のキャリア状況を把握していないため、実際に「変化」が実現できたかに関して、モニタリングや調査をしていない。
日本政府は、ミャンマー国軍による人権侵害や文民当局への干渉をしてきた歴史から、自らが望んでいる「変化」は望めないと認識すべきである。
 防衛省の留学プログラムが開始して2年後の2017年8月、現「軍事政権」指導者であるミンアウンフライン最高司令官が率いるミャンマー国軍は、ラカイン州の少数民族ロヒンギャに対して、「人道に対する罪」や民族浄化(ジェノサイド)の可能性がある軍事作戦を展開し、74万人以上がバングラデシュに避難した。
 ミャンマー国内に留まった少なくとも60万人のロヒンギャは、常に現地当局や治安部隊に監視のもと、キャンプや村などに閉じ込められている。この状況は、アパルトヘイトにおける「人道に対する罪」に相当する。
 また、ミャンマー国軍は2017年以前から、超法規的処刑、レイプ、無差別爆撃、拷問、放火などを含む人権侵害を、長年にわたり処罰を受けずに行ってきた。

 そして、防衛省による訓練が始まり6年が経つが、現在ミャンマーは国軍によるクーデターにより混乱状態に陥っている。
 日本政府は、同盟国であるニュージーランドやオーストラリアのように、直ちにミャンマーとの防衛関係を絶ち、同プログラムを停止するべきである。防衛関係の維持は、日本がミャンマー国軍による残虐行為に加担するリスクを高める。

◎日本:ミャンマー国軍との防衛関係を断つべき
防衛大学校がミャンマー国軍の士官候補生を訓練
 HRWヒューマンライツウォッチ12/20日
https://www.hrw.org/ja/news/2021/12/20/380783
(東京)日本政府はミャンマー国軍との関係を断絶し、ミャンマーの士官候補生が参加する軍事留学プログラムを直ちに中止すべきであると、ヒューマン・ライツ・ウォッチは本日述べた。
2021年2月1日、ミャンマー国軍(通称タッマドー)はクーデターを起こし、民政を転覆させ軍政を発足させた。
防衛省担当者によると、防衛省管轄下の防衛大学校では、12月10日時点でミャンマーから士官候補生8人を留学生として受け入れている。
このプログラムでは、留学生が座学とともに、戦闘や武器の使用法などの軍事訓練を含めた幅広いカリキュラムを受講する。
「ミャンマー国軍が自国民に人道に対する罪を行っているまさにその時に、日本がミャンマーからの士官候補生に軍事訓練を提供していることには唖然とする」と、ヒューマン・ライツ・ウォッチのアジア・プログラム・オフィサーの笠井哲平は述べた。
「日本政府は、このプログラムをはじめ、ミャンマー国軍とのあらゆる関係を直ちに断ち切るべきである。」
12月14日の衆議院外務委員会で、防衛省の川崎方啓氏は、防衛大学校などで留学生の教育訓練の実施を認める自衛隊法第100条の2の規定に基づき、2015年からミャンマーの留学生を受け入れていると回答した。
このプログラムは、日本における「厳格なシビリアンコントロール」の下で活動する自衛隊のあり方を留学生に示し、自衛隊員と留学生との「人的関係」を構築し、日本と留学生派遣国との「相互理解、信頼関係」を増進する意義があると、川崎氏は説明した。
そして、日本はミャンマー情勢の推移を注意深く見守りながら、今後の防衛協力を検討していくと同氏は述べた。
2月のクーデターにより、ミャンマーでは、アウンサンスーチー氏をはじめ連邦および州政府の文民指導者が逮捕され、1年間の「非常事態」が布告された。それ以来 、国軍と警察は1,300人以上を殺害し、10,000人以上を拘束している。政治囚支援協会によると、「軍政」の統制下にある裁判所は、数百人に実刑判決を下し、未成年者2人を含む75人に死刑判決を下した。
広範かつ組織的に行われている殺害・拷問・性暴力は、人道に対する罪に相当する。
日本がミャンマー国軍から留学生を受け入れるようになった2年後の2017年8月、ミンアウンフライン総司令官が率いるミャンマー国軍は、ラカイン州のロヒンギャに大規模な残虐行為を行い、74万人以上が避難を余儀なくされた。ミャンマーに残る少なくとも60万人のロヒンギャは、現地当局や治安部隊に監視されて、避難民キャンプや村落に閉じ込められているなど、アパルトヘイトに相当する人道に対する罪の被害に遭っている。
また、民族武装集団との長年の武力紛争で、ミャンマー国軍は超法規的処刑、レイプ、無差別砲撃、拷問、放火などの戦争犯罪を行ってきた。
クーデター発生以来、日本政府は暴力行為の停止と、アウンサンスーチー氏ら民政高官の釈放を求めている。3月28日、防衛省統合幕僚監部は山崎幸二統合幕僚長の名で11カ国との共同声明を発表し、ミャンマー国軍による「非武装の民間人」への軍事力の行使を非難した。
日本政府は2021年初頭に、人道支援以外の政府開発援助(ODA)の新規計画を中断させたが、既存の援助計画の継続は認めた。6月には、国会で「ミャンマーにおける軍事クーデターを非難し、民主的な政治体制の早期回復を求める」決議が可決された。
日本の主要な同盟国であるオーストラリアは3月、国軍がクーデターへの抗議行動を弾圧し、デモ参加者を殺害していることを理由として、ミャンマーとの軍事協力を停止した。
同国の防衛協力プログラムは英語教育など非戦闘分野に限定されていた。
「日本はオーストラリアにならい、ミャンマー国軍との関係を直ちに断つべきである」と前出の笠井は述べた。

「日本がミャンマー国軍の士官候補生の訓練を通じて、苛烈な人権侵害を行う軍隊を支援及び支持している現状は許されるものではない。」

◎ミャンマー人権問題に対する日本の「二枚舌」外交
HRWヒューマンライツウォッチ12/3日
https://www.hrw.org/ja/news/2021/12/03/380567
ミャンマー治安部隊は、2021年2月1日の軍事クーデター実行後、1,300人近くを殺害した。逮捕者は1万人を超え、現在も7,400人程度が身柄を拘束されている。「軍事政権」の支配下にある裁判所は、未成年者2人を含む65人に死刑を宣告している。
 このような暴力を受けて、全国各地で反軍政の民兵組織が結成された。この組織は治安部隊だけでなく、「軍政」支持者と見なされた民間人も標的にしている。
 日本はミャンマーの親密な同盟国であるため、一定の措置を講じてきた。
日本政府はクーデターを非難し、暴力行為の停止と、アウンサンスーチー国家最高顧問を含む民選政府高官の釈放を要求した。2021年の初めには、人道支援以外の政府開発援助(ODA)の新規案件を中止したが、既存案件の継続は認めている。
 また、日本政府は東南アジア諸国連合(ASEAN)の動きにも協力的だ。ASEANは特使を派遣し、「軍政」に対して人権侵害行為への対処を強く求めている。6月には、「ミャンマーにおける軍事クーデターを非難し、民主的な政治体制の早期回復を求める」決議が国会で可決された。
 しかし、日本政府の対応を他の民主主義諸国のものと比べると、いまだ十分ではないことがわかる。
各国政府は国軍高官と軍政関係者、及び軍の経済権益に対する対象限定型制裁を実施しているが、日本はいまだに制裁を課していないのだ。
 そして今、クーデターから一年の節目を目前に、日本政府は二枚舌外交を展開しているようだ。
公式にはクーデターを批判する各国政府と連携する一方で、「軍政」との外交関係の正常化を加速させている。
このような行為は、ミャンマー軍の「人道に対する罪」について責任追及に励んでいる国際社会の取り組みを覆すリスクがある。
 共同通信によると、外務省は今年5月に「軍政」が任命した外交官5人を受け入れた。
ミャンマーに在留する日本人を危険から守るため、政権との「実務的なつながり」が必要だと説明した。
しかし、これは大きな政策転換であった。
日本政府はクーデター発生以来、民主的に行われた選挙の結果を覆して「軍事政権」を発足させた国軍の動きを正当化するとして、国軍が任命した外交官の受け入れを拒否していたのである。
 11月には、「ミャンマー国民和解担当日本政府代表」に任命された日本財団の笹川陽平会長が、軍政トップのミンアウンフライン上級大将・国軍最高司令官を訪問し、「現在の情勢とミャンマーの和平プロセス、また日本の対ミャンマー支援」について会談した。
笹川氏は以前、国軍への対象限定型制裁措置について懸念を示し、実施されれば「中国の影響力が増大する」と主張してきた。
林芳正外務大臣は、笹川氏のミャンマー訪問は個人的なものだと釈明したが、ミャンマー国内の独立系メディアは笹川氏を「日本の特使」と報じた。
 ヒューマン・ライツ・ウォッチが入手した日本ミャンマー協会の会員限定協会誌によると、元郵政相で日本ミャンマー協会理事の渡邉秀央氏も、クーデター後にミン・アウン・フライン最高司令官と2度面会している。
同氏は、日本企業の対ミャンマー投資、特にティラワ経済特区への投資の代表的な旗振り役だ。
 同誌によると、渡邉氏が9月にミャンマーでミンアウンフライン氏と面会した際、最高司令官は6月の国会決議に「大きなショック」を受けていた。渡邉氏はミンアウンフライン氏に同情する形で、同決議を「内政干渉にも値する」とした上、「極めて残念かつ情けない」ことだと批判。
茂木敏充外務大臣(当時)はこの訪問を私的なものと説明したが、ミンアウンフライン氏がそう捉えたと考えるのはナイーブである。
 渡邉氏は同誌で、ミンアウンフライン氏は渡邉氏を「日本のミャンマー国軍との窓口」として信頼していると述べた。さらに、クーデター前に日本政府とミャンマー政府が協議していたモン州の新規経済特区に関する日本政府の立場を「再度」ミンアウンフライン氏に伝えたとも記している。
同誌によると、ミンアウンフライン氏はこの案件に改めて「賛同」した。
 ミャンマー国軍や政府内に強力なコネがある日本人の有力者が、私的な立場で行動しているという日本政府の主張は今に始まったことではない。
 元外交官の大島賢三氏は、2018年にラカイン州のロヒンギャに対する国軍の民族浄化作戦を調査するミャンマーの国内委員会に参加した。
日本の外務省は委員会の設置を歓迎。
ヒューマン・ライツ・ウォッチは外務省に資料を提示した上で、ミャンマー政府は2012年以降、同様の調査委員会を8回設置しているが、重大な人権侵害の責任追及を実現したものは一つもないと指摘した。
しかし、外務省は、大島氏の参加は個人的なものであり、省としては無関係であると主張した。
 外務省は、笹川氏や渡邉氏に促され、ミンアウンフライン氏による恐怖支配を対話だけで封じ込めることができると信じているようだ。
 このような認知的不協和は、日本がミャンマーに巨額の投資を行っていることや、中国の影響力をどう封じ込めるかに重大な懸念を向けていることからすると、無理からぬことだろう。
 皮肉にも、何よりも外務省が耳を傾けるべきなのは、自分たちの同僚だったある人物の言葉である。
樋口建史前駐ミャンマー大使は、2014年から2018年までの在任期間中、ミンアウンフライン氏の本質を見抜けなかったことを「恥じている」と日経新聞のインタビューで発言。
同氏は日本政府に対し「甘い見通しや客観性を欠いた思い込みを捨てる」べきと忠告した。
さらに、ミャンマーの人びとの命を救い、苦しみを軽減することを優先すべきだと主張し、国軍への制裁を提言している。
 また樋口氏は、外務省や笹川氏の「中国が…」という決まり文句を退けて、「それほど単純な構図ではない」「国軍自身が、中国以外の選択肢がない状況に戻りたいとは考えてはいない」などと指摘した。
 日本はこうした二枚舌外交をやめて、各国政府と協力した上、国軍とその経済権益に対して対象限定型制裁を速やかに実施するべきだ。
同時に、進行中の人道目的以外のODA案件も停止すべきである。
また、笹川氏と渡邉氏は、ミンアウンフライン氏の機嫌取りではなく、ミャンマーの人々に対する暴力行為の停止、人権の尊重、そして破壊された民主主義体制の回復を最高司令官に求めるべきだ。

◎今年もミャンマー軍から士官候補生として留学受け入れしました。
そして、2016~17年にこの枠組みプログラムからミャンマー空軍将校となった人物が、
マグウェ地域での空爆を行った。
この件は
Justice For MyanmarとHRWヒューマンライツウォッチが報道。
その後、引用記事多数。
止めはTheDiplomatに載ったこと。
https://thediplomat.com/2022/05/japan-trained-myanmar-air-force-officer-took-part-in-bombing-raids-activists/
笹川氏の作った枠組み。
引き際では・・・

ミャンマー(ビルマ)の人々
強固な団結心、
連邦意識、
自分を犠牲にしても勝ち取る権利、
強い意思、
逞しい人々、

尊敬と敬意の念をこめて

☆トピック☆
 《ビルマ(ミャンマー)情勢》
デモ787585AD-74A5-4E12-A494-35850A1F7304_4_5005_c

☆ミャンマー人道支援アップデートNo.17
 4/19日
https://reliefweb.int/report/myanmar/myanmar-humanitarian-update-no-17-19-april-2022
OCHA Myanmar - Humanitarian Update No.17_Final(ドラッグされました)
OCHA Myanmar - Humanitarian Update No.17_Final(ドラッグされました) 2
以下リンク先からダウンロード

ハイライトと重要なメッセージ

•ミャンマー全土で、4月11日の時点で、912,700人の男性、女性、子供が避難を余儀なくされています。これには、昨年2月の軍事クーデター以来の紛争と不安によって避難した566,100人が含まれます。
北西部の避難民は初めて30万人を超えました。
•人道主義者は、深刻なアクセスの制約に直面している地元のパートナーを含め、可能な限り避難民やホストコミュニティに重要な救命支援を提供し続けています。
•障害物やチェックポイント周辺のクラスター、物資の輸送、いくつかの紛争地域の地元パートナーによる不完全なカバレッジによって、ますます多くの課題が報告されています。
•アクセスの課題と資金不足にもかかわらず、食料安全保障パートナーは、命を救う支援を受けた方は140万人に達しました。これは、2022年のクラスターの目標支援の4分の1です。
•紛争地域での地雷や爆発物による危険の増大の中で、クラスターはすべてのセクターにわたるリスク教育の主流化を拡大することに合意しました。
•一部の地域では、乾季のピーク時に、
ラカインの長引くIDPキャンプで、水様性下痢(AWD)が感染するリスクが高く、
WASHのギャップが大きく、水上トラックやボート遊びに依存している可能性があります。
•ラカインのIDPキャンプにおける避難所の修理のギャップは、
モンスーンシーズンに向けての重大な懸念事項であり、構造的不安定550以上の長屋があり、28,000以上のIDPを保護し緊急に家屋再建が必要であると考えられています。
•リスクの高い地域で緊急事態が発生した場合にタイムリーかつ効率的に対応できるように、
雨季に先立って準備計画が更新されています。
•救命支援を必要としている620万人に到達するために8億2600万米ドルを要求する2022年の人道支援計画(HRP)への資金提供は重要です。
2022年の第1四半期( FTS )の終わりに、必要な資金の5%(3,720万ドル)しか受け取っていません。
すべてのクラスターは資金が不足しているため、増大するニーズとそれに対応するギャップに対応する能力が妨げられています。

キー数値

ミャンマー全土で国内避難民912K人
2021年2月以降、衝突と不安により現在56万6千人が避難している
2021年2月以前の紛争により、主にラカイン、カチン、チン、シャンで国内避難民が346K人
2021年2月以降、 8Kの民間人の資産が焼失または破壊されたと推定されています。
変位の数値は、特定の月の間に変動します。
これらの数字は、現在避難している人々の数を表しています。

状況の概要

国の東部と北西部で進行中の戦闘は、人道的および避難の状況を悪化させた。
空爆や砲撃などの重火器の使用、地雷、爆発的な戦争の残骸(ERW)の存在は、命を奪い続け、民間人、特に国内避難民(IDP)の安全とセキュリティにリスクをもたらします。 )。
軍事クーデター以来、100人以上の子供を含む少なくとも1,600人が殺害され、人権高等弁務官事務所(OHCHR)によると、数千人が負傷または負傷した。22022年の最初の2か月間に、ユニセフは地雷とERWだけによる死傷者53人を記録した。(詳細については、このアップデートの5ページを参照してください)
昨年2月の軍事クーデター以来、数十万人の男性、女性、少年、少女が安全のために家を追われ、その多くは何度も移動を余儀なくされ、人々を重大な保護リスクにさらしました。
国連の統計によると、2022年4月11日の時点で、2021年の軍事クーデター以降の新しい国内避難民の数は566,100人であり、全国の国内避難民の総数は912,700人になっています。
さらに、ミャンマーからの36,100人が現在近隣諸国で避難していると推定されています。
これには、インドの34,500、タイの1,600が含まれます。
伝えられるところによると、主にサガイン州とマグウェ州、チン州とカヤ州で、少なくとも8,262戸の家屋と、教会の僧院、学校、市場を含むその他の民間の資産が全焼または破壊されました。(詳細については、このアップデートの3ページを参照してください)
COVID-19と最近の紛争の後、すでに多くの脆弱な家族が直面しているストレスの多い財政状況は、世界的な供給に影響を与えたウクライナでの紛争の開始以来、特に燃料の新たな価格上昇によってさらに緊張状態に置かれています。WFPの価格監視によると、燃料の価格は2022年2月から3月にかけて18%上昇し、2021.3年2月と比較して2倍以上(133%上昇)になっています。
これは、食料やその他の必需品を購入する人々の能力に深刻な影響を及ぼし、それが長引くと、2022年の人道的活動のコストにも影響を及ぼします。
 この紛争を背景に、モンスーンの季節が近づいており、
リスクの高い地域の脆弱で避難民の生活に新たな負担をかけ、
避難所とNFIの資金不足に対処するための新たな緊急問題。
シーズンの最初の嵐は3月末に限定的な影響でラカイン海岸に到達しましたが、気象システムは準備計画を更新するタイムリーな機会でした。嵐の前に、事実上のラカイン州当局は、約300人をGwaタウンシップのYone Ka Htoe村の小学校に避難させ、高齢者や障害者を含む少なくとも90人の脆弱なIDPをサイクロンシェルターに移した。
シットウェで。
事実上の当局は、すぐにそれぞれのタウンシップレベルの災害管理委員会(DMC)を活性化しました。
ヴィレッジトラクトの指導者に、シットウェのロヒンギャIDPを収容するためにキャンプエリアの周りにサイクロンシェルターを準備し、必要に応じてポークトータウンシップのIDPを高台に移転する計画を立てるように指示しました。災害管理局の各地区事務所は、最初の対応の一環として、1,000家族をカバーするために非食料品を保管しました。
ラカインの運用上の人道的パートナーは、すぐにサブナショナルレベルで準備活動を行い、シットウェとポークトーの町のキャンプでロヒンギャ語でサイクロン、洪水、地滑りのリスクに関する災害準備メッセージを広めました。
クラスター間調整グループ(ICCG)もヤンゴンで緊急会議を招集し、暴風雨が発生する前に準備措置を検討しました。
全体として、人道的関係者は、地元のパートナーと緊密に連携して、最も影響を受けた人々に重要な命を救う支援を提供し続けますが、アクセスの制約と資金不足のために緊急のニーズに対処するという継続的な課題に直面しています。困窮している人々への義務を果たすために、国連、国際的および国内のNGOを含む人道的関係者は、より速く、より単純で、より予測可能なアクセスプロセスを必要としています。
Visa、銀行、登録、およびMOUの妨害は、効果的な対応の大きな障害であり、緊急に解決する必要があります。
中央銀行が外貨取引に関して導入した新しい銀行規則が、人道的組織が救命活動のための資金にアクセスする能力を妨げないことが重要です。
2022年までの4分の1の期間、かなりの資金ギャップが続いています。現在のところ、わずか5%(37ドル)です。2022年の人道的対応計画で要求された8億2600万ドルのうち100万ドルが受領されました(FTS)。
この規模の資金不足が続くと、2022年には何百万人もの人々に生命を脅かす結果がもたらされます。
それで、寄付者と資金提供者はまた、資金の流れを最新かつ完全に報告することの重要性を認識しています。ミャンマーの人々と連帯して、命を救い、懸命に戦った開発の利益を保護する一方で、そうするための窓はまだあります。寄付者と資金提供者はまた、資金の流れを最新かつ完全に報告することの重要性を認識しています。ミャンマーの人々と連帯して、命を救い、懸命に戦った開発の利益を保護する一方で、そうするための窓はまだあります。寄付者と資金提供者はまた、資金の流れを最新かつ完全に報告することの重要性を認識しています。

AAPPビルマ政治囚支援協会(ビルマ)は、タイのメーソートに本拠を置く非営利の人権団体です。AAPPは、タイとビルマの国境に亡命している元政治犯によって2000年に設立されました。AAPPは、残りの政治犯の釈放と釈放後の政治犯の生活の改善を支持し、ロビー活動を行っています。


5月17日の時点で、(1844)人がこの軍事政権のクーデターによって殺害されたことが確認されています。
5月217日の時点で、合計(10661)人が現在拘留されています。(1069)人々は直接刑を宣告され、そのうち68人は死刑を宣告された(2人の子供を含む)。1977回の逮捕状。120人が欠席判決を受け、そのうち41人が欠席裁判で死刑判決を受けました。合計109人が死刑を宣告されました。
正確な身元と総数はまだ確認されていませんが、最近リリースされたものを引き続き確認します。

※※これはAAPPによって検証された数であり、
※※実際の死亡者数はおそらくはるかに多いでしょう。

[例として、2021/12/13~20までの一週間でAAPPが身元検証できた死亡者数19名。
この間、身元検証のない死亡者は
軍事政権レジーム側、市民側双方合わせて少なくとも最低70名以上。
100名を超えているかもしれません。]
※さらにこの月の1ヶ月の間に “軍事政権レジーム軍事フンタSACテロリスト”
に拉致され拷問センターでの拷問で亡くなる方が急増しました。
拉致された方は数字に全くカウントされていない!

※繰り返しになりますが、私たちは軍事フンタに、アウンサンスーチー国家顧問とウィンミン大統領を含む
すべての政治犯を即座に無条件に釈放するよう呼びかけます。
私たちは、軍事フンタに圧力をかけ、恣意的拘禁やその他すべての非人道的な行為に責任を負わせるために、国際社会の支援を要請します。

https://myanmar-now.org/en/news/cruelty-for-its-own-sake-how-myanmars-junta-uses-torture-as-a-tool-of-oppression 
ミャンマーの軍事政権が抑圧の道具として拷問をどのように使用しているか
2021/12/31 MyanmarNow

やつらは
神々の罰を受ける運命にある。

 

☆国民統一政府国防省によると、2月中旬の時点で、全国の戦闘で合計8,354人のミャンマー軍兵士が殺害され、2,896人が負傷した。
伝えられるところによると、昨年2月のクーデター以来、約2,000人の軍隊が軍から亡命した。
以前軍から亡命したCDMのメンバーであるCpt Lin HtetAungが1月下旬にMyanmarNowに語った。
 Lin Htet Aungは、軍の脱北者を支援する組織である「People’sEmbrace」を意味するPyi Thu YinKhwinを監督しています。
「2022年には、地上の革命軍の軍事力が大幅に向上したため、
より多くの兵士が抵抗に加わり、武器を持ち込むことを期待しています」と彼は付け加えました。
より多くの兵士が抵抗に加わるでしょう。」
 一方、軍事評議会の情報相MaungMaung Ohnは2/24木曜日に、軍事政権の新聞で、脱走軍の数はごくわずかであると述べた。

上記からも判るように2月の時点で
死亡者8300人以上は軍事フンタ側で出ていると見るべき。
NUGの3月の発表では
軍事政権側の死者は9000人を超えている。
また、PDF(人民防衛隊(国民防衛隊))側、レジスタンスファイターも最近の巧妙な軍事フンタによる掃討作戦により罠にはまり捕らえられ
連行され撲殺された方、射殺された方等は
検証できないためこのAAPP死亡者数字には含まれません。
未検証のため、身元不明のため、
カウントされない(できない)方々が十数倍の数で存在。
私の推測ですが、
※死亡者数の実際は市民側、軍事政権側双方合わせると
4月中の時点で
プラス25000~35000人の間と見るべき。
(ビルマ独立後の70年以上の内戦の歴史で空前絶後、
ほぼ全ての人民が何らかの形で
悪しき軍事フンタSACと戦っている。)
さらに避難民の死者を含めればさらに多い数字になると思われます。

今後も随時追加していきます。

カヤー(カレンニー)州、サガイン管区では
これまで幾度となく軍事フンタSACによる虐殺事件が繰り返されている。


写真はKNDF(KarenniNationalitiesDefenseForce)
2021/12/24日カヤー(カレンニー)州 Hpruso TownshipのMoso村の近くで、女性と子供を含む約35人の民間人が、7台の車両で殺害され、7台の車両で軍事フンタ政権SACに焼かれました。
25日翌朝確認された。

こうした事例は身元検証身元確認が出来ない為、
AAPPの死亡者数にカウントされません。

実際の死亡者数はAAPPがそう伝える徹り、
”おそらく遥かに多いでしょう。”
因みに軍事フンタ政権はサガインでの死傷者は無いと伝えられています。

※2021年12月30日、
国家顧問Daw Aung San SuuKyiの献身的な女性ボディーガードであるCherryHtet警察の第二副官は、
警察裁判所によってミャンマー警察の懲戒維持法に基づいて3年の懲役を宣告されました。
その後、彼女はネピドー刑務所からヤメティン刑務所に移送されました。

2月、サガイン管区市民の至近距離を飛ぶミャンマー軍Mil-35P攻撃ヘリ
スマホカメラ目線だから実際は目と鼻の先。かなり危険。
昨年11月以降、サガイン管区内ならこうした光景は毎日どこかで市民に銃口が・・

◎暫く静観して観察しています。

更新は週1程度になります。
(みなさん地元媒体を観察してみてください。
これまで幾つかの媒体から引用しましたので、そこから現下の情勢が判るでしょう。)

真実をねじ曲げる不当な輩、事実に基づかない言動をする者たちは
結局その行為が報われることは無い。
そう、はるか昔から また未来も



写真はCDF-Mindat撮影
チン州ミンダット周辺での衝突前2021/11/7日 ChindwinNewsから11/7日
(軍事フンタ軍の車列)

TheIrrawaddy5/28(土)から
シャン、モンのリーダーはジュンタと一緒に座り、怒りをかき立てる
https://www.irrawaddy.com/factiva/junta-watch-cops-told-to-brace-for-front-line-duty-peace-talks-attendees-draw-flak-and-more.html
ジュンタのリーダー、ミン・アウン・ラインと副議長のナイ・アウン・ミンが率いる新しいモン州党の代表団が、2022年5月23日にネピドーで会合する。/ Cncds・・・略
ミン・アウン・ラインのいわゆる和平交渉が5月20日に始まったとき、最初に現れた招待者の1人は、シャン州/シャン州陸軍南軍修復評議会(RCSS / SSA-S)の議長であるYawdSerk将軍でした。
彼のすぐ後ろには、モン族の武装グループである新しいモン州党(NMSP)の副議長であるナイアウンミンがいた。
 イベントへの熱心な抱擁は別として、国の主要な民族武装グループのほとんどは、主要なプレーヤーを除外する茶番劇として避けてきましたが、これら2人のリーダーには、他の共通点があります。
彼らは、政権と戦っていないグループを率いています。
それに加えて、彼らが軍事政権の会談に出席したことは、彼ら自身の民族コミュニティからさえも怒りを引き寄せた。
昨年、Yawd Serkが政権について行った「ミャンマー軍を信頼する人はいない」、「軍事政権は違法で違憲である」というコメントが戻ってきて、彼を悩ませ、広く嘲笑されてきた。
もし彼が彼らを意味するのなら、多くの人が不思議に思うが、なぜ彼は2021年3月にネピドーに飛んで軍事政権と話をするのか?
 NMSPに関しては、モン族の女性は、党がモン族だけでなく全国を放棄したと述べた。
「月の政治家は巨大な自我で彼ら自身の利益に奉仕しています」と彼女は言いました。

両党は同じ弁護を提供した:連邦連合を構築するために、政治的手段を通じて政治的問題を解決するために、軍事政権との会合が必要であった。
 しかし、ミャンマーの和平プロセスに従う人なら誰でも、連邦連合の結成を妨げたのは軍隊であることを知っており、これまたはその理由を次の和平会議で確立できない理由として提示しています。
軍隊が彼らに与えることをいとわない何かを民族指導者が期待することは賢明ではないでしょう。

農場を焦がし、食料安全保障を約束する

4月の軍事政権襲撃後のサガインのミンムタウンシップの村の焼け跡。

略・・・・たとえば慢性的な電力不足の国で電気自動車を運転することは、彼の兵士が彼の政権に対する抵抗が存在するミャンマーの中心部の農村を執拗に襲撃しているため、すぐに別のファンタジーになるでしょう。
 通常、この地域はゴマ、ピーナッツ、豆、その他の季節の作物の収穫量が多いことで知られています。しかし、昨年のクーデター以来、サガインとマグウェ地域の一部の農民は、政権と戦うために彼らの農具を自家製の銃に交換しました。ミン・アウン・ラインは、超法規的殺人、恣意的な逮捕、彼らの財産の焼却は言うまでもなく、そこでの民間人に対する空爆と大砲のストライキで手際よく対応してきました。
1年以上もの間、人々が家や農場から逃げ出し、国の食糧安全保障を危険にさらしているため、
フンタの残虐行為はこの地域からの着実な脱出を促しました。
 ミン・アウン・ラインの兵士たちは今月、彼らの残虐行為を強化し、遭遇するすべての村で毎日放火を犯しました。UNHCRは、サガインがクーデター以来240,600人の国内避難民でこれまでで最も高い避難民数を持っており、5月の時点でマグウェ地域で50,500人が続いていると推定している。政権の絶え間ない残虐行為を考えると、その数は月末までに確実に増えるでしょう。
これは、軍事クーデターによってすでに荒廃しているミャンマーでのもう1つの人為的な大惨事です。

「ミャンマー軍をTatmadawと呼ばない様に!」
◎Now, we Burmese are not using the term ‘Tatmadaw’ and are just referring to the armed forces as ‘Sit-tat’, or military, with no reference to glory. Some people are also referring to the military as ‘Sit-kwe’, or dog soldiers, a reference to the military being dogs who only obey their masters.
5/25日(木)TheIrrawaddy ゲストコラム
https://www.irrawaddy.com/news/burma/please-dont-call-myanmar-military-tatmadaw.html

私は軍の専門家ではなく、私の国の軍隊を嫌う人です。
ですから、私が現在のミャンマー軍に使用する正しい名前を思い付くのに苦労しているのは当然のことです。
 レポートの作成、定期的な分析、国際的なドナーや聴衆のためのブリーフの作成を含む私の仕事では、何百もの軍事用語を学ぶ必要があります。
英語を母国語とする上司は私を大いに助けてくれましたが、
クーデターのリーダーであるミン・アウン・ライン上級将軍の軍隊にどの用語を使用するかについては、
まだ大きな意見の相違があります。
 私にとって、軍隊を説明するために使用される2つの特に厄介な用語があります。
1つ目は「タッマドゥ」で、ビルマ語で「王立軍」を意味し、
植民地時代以前にビルマが君主制に支配されていたときにビルマの軍隊に使用された名前でした。
「ロイヤル」はビルマの文化では栄光であると理解されています。
「ミャンマー軍、別名タッマドゥ」というフレーズを使用することは、
多くのアナリストやいわゆるビルマの専門家の標準となりました。
しかし、多くの外部アナリストによる「Tatmadaw」の悪用は私たちの心を傷つけます。
この言葉は、ミン・アウン・ラインの軍隊にとってはあまりにも良い言葉です。
ミン・アウン・ラインの軍隊は、自分たちの民を殺している武装した男たちのグループにすぎません。
現在のミャンマー軍の行動については何も「王室」はありません。

2番目の厄介な用語は、「軍隊」という言葉の前にミャンマーまたはビルマ語を使用することです。
ミャンマーに精通している人は、ミャンマーまたはビルマの両方が、
国内最大の民族グループであるビルマを指します。
しかし、1988年以降、軍事政権は全ての民族グループを表す包括的な用語として「ミャンマー」という言葉を意図的に広めました。
それは完全に捏造された試みでした。
一部には独自の軍隊を持っている少数民族は、それを決して受け入れませんでした。
何十年にもわたって軍事政権と戦ってきた民族軍は、「ビルマ軍」という用語を使用します。
これは、ビルマ人またはビルマ人のために戦う軍隊を意味します。

しかし、私は軍隊がビルマの人々や国を代表しているとは感じたことがありません。
軍隊は彼ら自身の利己的なグループであり、国を代表するものとして軍隊を提示するのはその宣伝機だけです。
同時に、それは60年間国家を支配し、
軍隊がほとんどビルマ人によって配置されていることは否定できないので、
ビルマ仏教のイデオロギーを推し進めています。
 ビルマ人として、私の民族の友人が「ビルマ軍」に言及したとき、
私はいつも恥ずかしい思いをしました。
彼らは私の軍が民族地域でそれらすべての残虐行為を犯していると言っていたからです。
しかし、私は名前を変えることができませんでした。
私の仲間のビルマ人の多くも、その名前を素朴に受け入れています。
しかし、昨年のクーデター以来、多くのビルマの人々は軍隊の真の邪悪な顔を見るという歓迎されない機会を与えられており、彼らの何人かは現在軍隊と戦っています。

現在、私たちビルマ人は「タッマドゥ」という用語を使用しておらず、
栄光に言及することなく、
軍隊を「シットタット」または軍隊と呼んでいます。
一部の人々はまた、軍隊を「シットクウェ」または犬の兵士と呼んでいます。
これは、軍隊が主人にのみ従う犬であることを意味します。
蔑称ですが、彼らにとって最も正しい言葉だと思います。
多くのビルマ人は、私たちには今、私たち自身の軍隊、
国民統一政府が率いる国民防衛隊PDFがあると言っています。
古い軍隊に代わる代替軍隊を見つけました。
しかし、ミン・アウン・ラインの残忍な軍隊の背景についてほとんど知識がないかもしれない国際的な聴衆のためのニュースレポートを読んで、何人かはまだ「Tatmadaw」を使用しています。
軍の優先用語を使用することは、
彼らをミャンマーの栄光ある代表的な俳優として無意識に受け入れることによって、
軍事政権の宣伝を助けることであることに注意する価値があります。
中立的なレポーターになりたい場合は、 「 Sit-tat 」を使用する方がはるかに優れています。

「ミャンマー軍」という用語の代わりに、
最も適切な用語は「殺人軍」であり、
これはミン・アウン・ラインの軍隊の本質を捉えています。
記者が、軍がどのようにクーデターを開始し、選挙で選ばれた政府を解任したか、
そしてどのように国民に対して戦争犯罪を犯しているかを説明する説明を追加することも重要です。
海外の読者の皆様には、現状を理解するよう努力していただきたいと思います。
そしてそれを行うための最初のステップは、軍隊に正しい用語を使用することです。

:デズモンドは、和平プロセスと移行問題に焦点を当てて国際開発を研究しています。

◎ミャンマー軍エリートの中で高まる恐怖
5/3(火)TheIrrawaddy  ゲストコラムZAWTUSENG著
https://www.irrawaddy.com/news/burma/fear-rising-among-myanmar-military-elite.html


故ネ・ウィン将軍の下で1962年に最初のクーデターを開始して以来、ミャンマー軍の間でそのような恐れを見た人は誰もいません。
不合理な恐怖と不安を持って力を行使した独裁者とその信者の通常の心理学ですが、ミャンマーの軍事エリートとその家族の間で現在増大している恐怖は非常に現実的で合理的です。
反クーデターレジスタンス運動が定着するにつれて、軍とその追随者は国の支配を失うことを恐れる非常に正当な理由があります。
重要なことに、2021年2月1日の軍のクーデターは、1947年のパンロン協定以来誰も見たことがない人々の間に政治的収束点を作り出しました。
全国的な平和的な反クーデター抗議に対する軍の暴力的な反応は、それが自国民に対して戦争を繰り広げ、恐怖と混乱を引き起こした結果となった。

以前は、ミャンマー内陸部の仏教徒のビルマ人は、国境地帯の少数民族に対する軍事政権の残虐行為についてしか聞いていませんでした。
しかし、現在、ビルマの民間人に対する軍の虐殺は、議会の全議席の4分の1を保持しているおかげで、軍が効果的な憲法上の拒否権を保持していたクーデター前の年に戻りたくない人々を形成した。
国民統一政府(NUG)と国民統一協議会(NUCC)の利害関係者を集めて、全国的な政治同盟を形成する政治的収束点に到達しました。
同盟はまだ初期段階にありますが、
軍事政権は近い将来、政治的に取り囲まれる可能性があります。
同時に、軍は国中の増加する武力抵抗に対処するのに苦労しています。

武装抵抗グループに脅かされたジュンタ

1990年代初頭、民主化運動の軍隊がビルマ北西部のチンドウィン川沿いの軍事戦線を開くことができれば、それは軍事独裁政権の終わりの始まりになるでしょう。
西はチン州、北東はカチン州と国境を接するサガイン地方にあるという予言があった。
 私は予言を信じました。当時の軍事政権が1990年の選挙の結果を尊重することを拒否し、民主化運動に参加したために逮捕されることを恐れた直後、私はミャンマーとインドの国境に逃げ、武力抵抗のために人々を訓練する学生主導のキャンプに参加しました。
30年以上経った今、1990年代初頭の予言が実現するかもしれません。


 2021年にミャンマー南東部のカヤー州のデモソ近くの検問所でカレンニー国防軍とカレンニー軍の戦闘員。/AFP

3月、ミャンマー戦略政策研究所は、2021年7月から2022年3月まで、サガイン地域でNUGの国民防衛隊(PDF)とミャンマー軍との間で約300回の衝突を報告しました。アーソン攻撃。
 学生軍に加わってから5年後、私は通信局に配属され、全ビルマ学生民主戦線(ABSDF)大隊を下の地域から移送することを担当した数人の司令官を[暗号化された電子メールメッセージで]支援しました。
サガイン地域のミャンマーとインドの国境へのカチン独立軍の支配。
成功すれば、移管は私たちが予言の領域に切望されていた武器を密輸することを可能にしたかもしれません。
現在、ローカルPDFによって夢が実現しました。

極北のプータオから極南のコータウンまで、政権は前例のないレベルの武力反対に直面している。同時に、カヤ、カレン、カチン、チンの各州では、民族武装組織との衝突が増加しています。
違法なミャンマー軍に対する武力抵抗が全国的に高まっている。

レジームの死傷者数の増加とネピドーへの軍事政権の家族の移転

4月22日、Myanmar Nowは、ヤンゴンで都市抵抗勢力による攻撃が増加するにつれて、国家行政評議会(SAC)で働く人々の家族がネピドーの軍事要塞に移転していると報告した。
報告書は、ヤンゴンを拠点とする軍事政権の家族の間で、SACが市内のゲリラグループの増加から彼らを保護できないかもしれないという恐怖がどのように高まっているかを述べた。

ヤンゴンのミャンマー軍家族に近い筋によると、500人以上の軍人の家族がタイで長期滞在ビザを申請しました。
一方、元独裁者ネ・ウィンの孫であるエイ・ネ・ウィンなどのエリート軍支持者は、ミャンマーよりもドバイで多くの時間を過ごしているようだ。
 ミャンマーの軍事政権が管理する中央銀行の副総裁であるタン・シュエの最近の銃撃は​​、ヤンゴンのレジスタンスグループによって標的にされた1,000人を超える軍事政権の職員の最も有名な例です。
軍が所有するMytelTelecommunicationsCoの最高財務責任者である元海軍少佐のTheinAungは、2021年後半にヤンゴンで撃墜され、全国の80を超えるMytelタワーがPDFによって爆撃されました。
 軍のエリートの間での死傷者の増加は軍に亀裂を引き起こしましたが、軍事業所の著名なメンバーであるキン・シュエのような大物のSACの継続的な浄化は、体制内の緊張を浮き彫りにします。

レジスタンス運動の資金と技術

1990年の終わりに、私は国境で反対勢力に加わるための1か月の長い旅行の資金を調達するために、自転車を売らなければなりませんでした。対照的に、現在の反クーデター活動家は、NUGのために働くために1日でタイに飛ぶためにミャンマーのディアスポラによって資金を供給されています。
 1990年代にABSDFが50万米ドルを調達するのに約4年から5年かかりました。
しかし、2022年3月のレポートでNUGの防衛省は、NUGがPDFをサポートするために3000万米ドルを費やしたことを明らかにしました。
これは、2022年から23年にかけてのSACの約30億米ドルの軍事予算と比較するとわずかですが、レジスタンス運動には、ミャンマーで独裁政権を終わらせることができると信じる技術と国民の持続的な支持があります。
これらは、軍事政権との戦いにおいて重要な要素です。
 Helping Hands for Burmaが主催した、米国ニュージャージー州のミャンマーのディアスポラは、今年4月24日だけで、NUG債の売却と資金調達フェアから15万ドル近くを調達しました。
 短期間に資金が調達されるだけでなく、抵抗は独自の武器を生産する上で革新的です。
一部のPDFで作成された自家製ライフルの価格は100ドル未満です。
レジスタンスファイターは、3Dプリンターで作られた銃を持った彼らの写真を投稿しています。
他のPDFは、ドローンや遠隔操作爆弾などの最先端技術を使用しています。

結論

1988年以降に生まれたビルマの若者が主導する春の革命は、1970年代の元首相UNuが主導した反独裁運動や1988年の学生主導の蜂起とそれに続く1990年代の武力抵抗運動とはまったく異なります。
以前のレジスタンス運動は、私たちが現在ミャンマーで見ている助長的な環境を欠いていました。
NUGとNUCCによってカプセル化された政治的進歩がさらに好ましい環境を作り出すことができれば、ミャンマーの新しい連邦構造へのコミットメントが浮かび上がる可能性があります。
野党勢力が軍事独裁政権に終止符を打つ前に多くの課題が残っていますが、軍事政権は確実に弱体化しています。
ミャンマー軍のエリートとその家族には、怖がる非常に正当な理由があります。

元民主主義活動家のZawTusengは、ミャンマー政策イニシアチブ(MPI)の創設者兼トップです。
MPIは最近、ミャンマーの研究者を動員して政策を策定し、ミャンマーの政策決定プロセスを制度化するために設立されました。
彼は、コロンビア大学の国際公共問題学部で行政学の修士号を取得しています。

TheIrrawaddy4/30日(土)
◎バンコク—タイの石油とガスのコングロマリットPTTEPとマレーシアのペトロナスは4/29金曜日、クーデターに見舞われたミャンマーのイエタグンガスプロジェクトから撤退すると発表した。
https://www.irrawaddy.com/news/burma/thai-malaysian-firms-pull-out-of-myanmar-gasfield-project.html

ペトロナスの子会社であるカリガリは、イエタグンプロジェクトの約41%の株式を保有しており、PTTEPは19.31株を保有しています。
PTTEPの最高経営責任者であるMontriRawanchaikul氏は金曜日の声明で、「撤退は、国のエネルギー安全保障を支援するプロジェクトに再び焦点を合わせるための同社のポートフォリオ管理の一部である」と述べた。
PTTEPは、規制当局の承認があれば、その株式は商業的価値のない残りの株主に比例して再配分されると述べた。
2003年からプロジェクトを運営しているペトロナスは声明の中で、決定はレビューに続き、「変化する産業環境と加速するエネルギー転換」に適応するための「資産合理化戦略」の一部であると述べた。
モアタマ湾の24,130平方キロメートルのフィールドは、天然ガスとコンデンセートを生成します。

日本の日本石油ガス探査とミャンマーの軍事政権にリンクされたミャンマー石油ガス企業は、プロジェクトの残りの利害関係を持っています。
PTTEPの決定は、ミャンマーとの関わりの終わりではありません。
3月、PTTEPは、1月にシェブロンとトタルエナジーズが撤退した後、
ミャンマーの重要なヤダナガス田の運営を引き継ぐと発表しました。
アメリカとフランスの企業は、人権団体からの国際的な圧力が高まり、軍事政権との財政的関係を断ち切ることで、ミャンマーから撤退すると述べた。
アンダマン海のヤダナガス田は、ミャンマーとタイに電力を供給しています。
これは、ヒューマン・ライツ・ウォッチがネピドーの最大の外貨収入源であり、年間10億ドル以上を生み出していると述べているガスプロジェクトの1つです。
ミャンマーの軍隊は、石油やガスを含む国の経済の広い範囲に関心を持っています。

ブリティッシュ・アメリカン・タバコやフランスの再生可能エネルギー会社であるボルタリアを含む他の国際企業も、昨年2月からミャンマーから撤退しました。
ジャスティス・フォー・ミャンマーのスポークスパーソンは、イエタグンガスプロジェクトに関与する企業に軍との関係を完全に断ち切るよう求めた。
「この分野は枯渇の危機に瀕しており、ペトロナスとその国際的なパートナーに対し、環境のベストプラクティスに従ってこの分野を廃止し、責任を持って撤退するよう呼びかけています」とYadanarMaung氏は述べています。

「ペトロナスとそのパートナーは、ミャンマーの軍事政権にこれ以上の収入が流れないようにする必要があります。」

KhitThitMedia4/8(金)

Ko Shwe ThinはAyadaw Shaukkha村で軍に射殺された。
遺体は軍によって燃やされ破壊された。 軍隊はまた遺体と軍が所有する家を3軒燃やした。
ヤンゴン、4月7日
テロリスト軍事評議会部隊は4月5日午前、サガイン地域のアヤドウ郡区のシャウカ村で重い武器で撃たれた。
村人のKo Shwe Thinは撃たれて死亡した。
軍が遺体を燃やし、一般市民はショックを受けた。
Ayar Taw Township True News Reportチームは、6軒の家が全焼したと知らされました。
テロ軍が重い武器で発砲した後、軍が遺体を燃やし家と共に遺体を破壊したことは知られている。
テロ軍は村の民家6軒を全焼し、作物倉庫、バイク、トラクター、給水機、農機具を含む全焼し、
一般人が育てた牛、鶏、豚を破壊した。 彼らも殺され食べられたことが知られている。
さらに、Ayadaw Township True News Reportチームは、Ko Myo Minを含む一部の村人を人間の盾として取り上げ、残りは確認できません。

写真 - Ayadaw Township True News 報道チーム

◎ミャンマーJuntaは1か月で700以上の民間住宅を燃やす
TheIrrawaddy4/8(金)
https://www.irrawaddy.com/news/burma/myanmar-junta-burns-13-villages-in-one-sagaing-region-township.html

3月5日以降、13の村の約750戸の家屋が、ミャンマーの軍事政権によって
サガイン地方のKhin-Uタウンシップで焼失しました。
 タウンシップは、ほぼ1年間抵抗の拠点となっています。
Khin-Uゲリラ軍のスポークスマンは、レジーム軍が大砲で村を攻撃し家を燃やしていると言いました。
 独立した監視グループであるミャンマーのデータによると、昨年からサガイン地域全体で4,954戸の家屋が焼失した。
Khin-Uでは、3月408戸の家屋が焼失したとのことです。
4月初旬には、放火攻撃の数が増加しました。
タウンシップには60以上の村があり、そのうちのいくつかは親政権です。
多くの軍事政権軍隊が抵抗市民側の地雷の待ち伏せで死亡しました。
伝えられるところによると、10月には、約60人の軍事政権の兵士と政権と同盟関係のPyuSawHtee民兵が市民レジスタンスの待ち伏せで殺害された。
 「レジーム軍は、村人たちが家を燃やすことで抵抗を支持しないように脅迫しています。
彼らは彼らの村が抵抗レジスタンスを支持するので彼らが苦しむと言いました。
しかし、村人たちは何があっても私たちを支えてくれます」とゲリラ軍の代表は言いました。
彼は、抵抗攻撃に近接しているにもかかわらず、村は全焼していると述べた。
 町の民間服を着たレジーム部隊は、3月5日に43戸の家屋を燃やし、ダンコーン村で放火攻撃を開始した。
Khin-Uゲリラ部隊によると、激しい戦闘が3月8日に報告され、約11人のレジスタンス戦闘員が死亡し、政権の因果関係は不明であった。
Ngar Tin Gyi村は最近焼失し、4月4日に250から300戸の家屋を失った。
3月以来約7,000人のKhin-U住民が家を失い、30,000人以上が避難している。レジスタンスグループによると、彼らは食料、避難所、薬を欠いています。

◎ミャンマー軍の軍事政権はカレン民族解放軍(KNLA)の特殊作戦部隊に対する空爆を行なった。
TheChindwin4/4(月)
https://www.thechindwin.com/civilians-run-for-hiding-as-myanmar-junta-pounds-the-village-and-raids-the-airstrike-in-karen-state/
カレン民族同盟(KNU)は、ミャンマー軍の軍事政権と3月初旬に軍事政権下で活動する人々に対して、
3月末までにKNUの武装部門であるKNLAの第6旅団が支配する領土を離れるという指令を出していた。
しかし、軍事政権軍は、KNUの旅団6によって支配されている領土に倍の新しい援軍を送る。
 今日、何百人もの通行者は、カレン州を経由してタイの国境に接続するワレイ-コーカレイ-ミャワディアジアハイウェイの真ん中で戦闘のために先へ行くことができません。
私たちの情報筋によると、ミャンマー軍の軍事政権がKNLAの旅団6によって発行された指令に反して、過去5日間に巨大な援軍を送ったため、今後戦闘は激化すると予想されています。
カレン州のKyaInnSaik KyiTownshipにあるKyaikKyi村をヘリコプターが襲撃した空爆は、すべての村人が安全のために逃げたため、一部の民間人に損害を与え、負傷させたと伝えられています。

UWinTinの死から8周年を迎えるブルーシャツキャンペーン
 2022年4月21日
今日は、元政治犯、国民民主連盟NLDの創設メンバー、
ハンタルワディのジャーナリストUWinTinの死から8周年を迎えます。
ビルマの人々を軍事独裁政権から解放するという彼の恐れを知らない行動のために、
U Win Tinは当時の軍事政権によって虚偽の告発を受け、広範な懲役刑を言い渡されました。
刑務所にいる間、ジャーナリストは精神的にも肉体的にも多くの方法でそして絶えず苦しめられました。
彼はアパートから追い出された。彼は年金を受け取る権利を取り消された。
彼はまた、激しい尋問セッションのためにすべての歯を失いました。
彼は歯のない口のために固い米と生のスープで栄養を与えられなかった。
U Win Tinは胃の問題を発症し、5年間治療できなかった。
刑務所は、慢​​性的な問題となり、最終的に彼の死に至った心臓の問題の治療を彼に受けさせることが出来なかった。
彼は、刑務所内で20年近く経験したことすべてを記録しましたが、誰も連絡を取り合うことはなく、
独房内での隔離に耐えました。
彼の自伝的な本「“What’s that? A Human Hell”」の中で読者はUWinTinが耐えた地獄のような経験を理解しています。
 刑務所から釈放された後、彼は刑務所の制服(青いシャツとロンジー)を着て死ぬまで声明を出し、
すべての政治犯の釈放を求めた。
 ビルマの民主主義運動の国内および国際的な支持者はすべて、4月21日に青いシャツを象徴的に飾り、ビルマ内にまだいる政治犯の釈放を訴えています。
軍事政権がクーデターで不法に権力を掌握しようとしてから1年以上が経ちました。
人々の抵抗は、さまざまな形や形で、1年以上続いています。10,271人の政治犯(うち996人は裁判を待っている間に刑を宣告された)は、春の革命以来、不法に拘留されたままである。テロリストグループは、反体制派を恣意的に拘留し、拷問し、投獄しているので、彼らは権力を持つことができます。
すべての政治犯の無条件かつ即時の釈放は、ビルマを連邦民主主義へと前進させるための第一歩です。我々は、国連、EU、ASEAN、米国、日本、韓国などの国際的指導者に、すべての政治犯を釈放するよう軍事政権にさらに圧力をかけるよう要請する。
 また、ビルマの人々に、政治犯が刑務所の後ろに留まり、軍事政権による残忍な弾圧に苦しんでいることを覚えておいてください。
厳しい課題に直面している彼らやその家族を忘れないでください。
できる限り彼らを助けてください。

今すぐすべての政治犯を釈放せよ!
We must win this revolution
AAPP(Assistance Association for Political Prisoners)
ビルマ政治囚支援協会

https://aappb.org/?p=21195

ミャンマーの影の政府は、より多くの軍の亡命を奨励するために巨額の現金報酬を提供しています
4/8(金)TheIrrawaddy, その他、NUG
https://www.irrawaddy.com/news/burma/myanmars-shadow-govt-offers-huge-cash-rewards-to-encourage-more-army-defections.html
より多くの亡命を奨励し、民間人を軍事政権の空爆と砲撃から保護するという前例のない動きで、ミャンマーの影の政府は現在、同胞と戦ってきたレジーム兵士に最大50万米ドルの巨額の金銭的インセンティブを提供しています去年から。
国民統一政府(NUG)は4/7木曜日に、軍用機または海軍艦艇で部隊から脱出した空軍兵または船員に50万米ドルを支払うと発表した。
車両1台あたり300,000ドルの報酬は、駐車中のジェット戦闘機、軍用ヘリコプター、ロジスティクス飛行機、または軍艦に深刻な損害を与えた人、または軍の任務で使用されている間に破壊できる人に支払われます。
他のインセンティブの中には、ジェット燃料予備タンクを妨害したり、レジームの兵器や兵器工場を爆破したり、タンクや装甲兵員輸送車で欠陥を犯したりできる人には、100,000ドルの報酬があります。
ミャンマー軍は昨年以来、国の多くの地域で空爆、大砲、戦車攻撃でその支配に対する一般的な抵抗に対応してきました。2021年2月の与党国民民主連盟(NLD)政府に対するクーデター以来、政権は国の多くの地域で武力抵抗の高まりに直面してきました。
国内外での軍事政権の正当性に異議を唱えるために、NUGは同年4月にNLDとその民族同盟国から選出された議員によって設立されました。
ミャンマーの多くの人々はNUGを合法的な政府と見なしており、多くの西側諸国はNUGを支持しているが、公式の承認を得るには至っていない。
NUGの金銭的申し出は、兵士が反体制運動の残忍な抑圧に対する大衆の憎しみに直面しているため、体制がますます多くの脱北者と戦っているときに発表された。
これまでに3,000人近くの兵士が軍から亡命しました。
これには、これまでに亡命した兵士の中で最も高い位置にある大隊の司令官も含まれます。
軍にとってさらに悪いことに、

※オーストラリアは 軍の離脱者を受け入れました!
https://www.irrawaddy.com/news/burma/australias-embrace-of-defectors-sends-shockwaves-through-myanmar-military.html(略・・・
ストライキ中の元陸軍大尉であり、現在FacebookページのPeople'sEmbraceで兵士の脱走を支援しているLinHtet Aungは、オーストラリアが陸軍脱北者に亡命を許可したことで、ミャンマーの軍事界に衝撃波が送られていると語った。上級将校からでさえ、ニュースの数日以内に、「それは本当ですか?」を含む何百もの問い合わせがありました。
略・・・ハワイのダニエル・K・イノウエアジア太平洋安全保障研究センター(APCSS)の教授であるミエミー・ウィン・バード博士は、特に軍が無敵であるミャンマーの場合、軍事的亡命は抵抗を成功させるための本当に重要な戦略であると述べた。
「背後に人間がいない場合、武器は立ち上がって自分自身を撃ちません。トリガープラーを奪うことができます。
抵抗側には火力がありませんが、兵士を奪うことで別の視点から取り組むことができます」と彼女は言いました。
 軍隊には改革志向で、組織のイメージの悪化にうんざりしている人がたくさんいることは古くから知られています。現実には、個々のメンバーの移動の自由を含む軍の制限、および宿泊施設や亡命後の生計手段などの困難により、CDMへの参加を熱望している人々でさえ躊躇しています。
 元キャプテンのNyiThutaは、彼らの幸福に対する保証の欠如は、CDMに参加したい兵士にとって大きな障害であると述べました。彼は、国民統一政府(NUG)が9月に政権に対する全国的な武力闘争を要求した後、昨年の亡命調査の増加を想起した。
「当時、私は何百ものメッセージを受け取りましたが、その後にかなりの数の亡命はありませんでした」と彼は言いました。
   しかし、今回は違うようです。
バード博士は、以前の研究によれば、第三国のインセンティブは亡命において非常に重要であり、オーストラリア政府が亡命者に亡命を提供することは、軍を去りたい人々にとって素晴らしいことだと述べた。
「これは人民側にとっては大きな進展であり、軍側にとっては大きなマイナスです。
オーストラリアが自分たちを開くとき、他のヨーロッパ諸国を含む他の国も同様に開くかもしれません」と彼女は付け加えました。
 NUGの外相であるDawZinMar Aungは、第三国のインセンティブも体制との戦いにおいて効果的なツールであることに同意した。
彼女はNUGの限られた予算が軍の亡命に対して金銭的インセンティブを提供できないことを意味したことを認めたが、影の政府は亡命者に亡命を提供するためにいくつかの国と協力した。
「私たちは彼らに、武器で私たちを助けることができないなら、それが別の方法で革命を支えているので、亡命者を受け入れてくださいと尋ねました。
そのため、一部の国はすでに亡命者を歓迎しているが、公には歓迎していない」と述べた。
「亡命者の可能性がある国への私のメッセージは、国には毎年の受け入れに限界があるということです(予算が足らない)。
だから、早く離脱すればするほど、早く第三国に行くだろう」と外相は付け加えた。
 その間、軍事政権はその部下を保持するのに苦労しています。
元キャプテンのLinHtetAungは、オーストラリアの亡命ニュースが報じられて以来、軍事政権は軍の制限を強化したと述べた。
「彼らは、携帯電話やソーシャルメディアの使用、および移動の自由に制限を課しながら、ピアツーピアの精査システムを立ち上げました」と彼は言いました。
 大隊司令官のミョー・ミン・トゥンの最近の亡命は、彼がこれまでのところ亡命した最高位の将校だったので、軍事政権にとって大きな打撃でした。
Nyi Thutaによると、中佐は2月にカレン州の最前線に部隊を残し、これまでに亡命した大隊司令官の数は5人近くに増えたと付け加えた。
 当然のことながら、軍事政権の第2の男、ソウ・ウイン副上級将軍は、軍の脱走兵を規則に違反し、罰を恐れて部隊から逃亡した「脱走兵」と名付けました。
彼はまた、「脱走兵を民主主義の英雄として称賛する」ことによって軍の団結を破壊したことで、
いくつかの国、地元の抵抗グループ、メディアを非難した。
偶然にも、彼のコメントはオーストラリアの亡命ニュースが報じられたのと同じ日に来ました。
 Nyi Thutaは、大隊司令官の亡命は、軍内の状況がどれほどひどく悪化したかを反映していると述べた。
 「中佐の亡命を見た後、もっと多くの、あるいはもっと高いレベルからの何人かがいたとしても、私は驚かないだろう」と彼は言った。)

昨年からレジームに対してストライキを行っている元陸軍大尉のリン・ヘット・アウン氏は、NUGの申し出はレジームに戦略的な打撃を与えるだろうと述べた。
現在、People's Embrace Facebookページを介して政権の兵士が脱走するのを支援している元キャプテンは、新しいインセンティブは、戦車を操作する軍人、装甲兵員輸送車、大砲、航空機に直接アピールしたため、非常に影響力がある可能性があると説明しました。
爆撃と砲撃は、地上の抵抗戦闘員にそのような深刻な脅威をもたらします。

「[レジスタンスファイター]は、レジームの歩兵部隊との戦いに問題はありません。
しかし、彼らは政権の空爆や戦車と競争することはできません。戦車や装甲車を持ったパイロットや兵士がインセンティブを獲得すれば、それは革命に非常に良い影響を与えるだろう」と彼は述べた。


NUGのドゥワ・ラシ・ラ大統領代行は声明の中で、上記のような妨害行為または亡命の証拠を提出できるチームまたは個人は、金銭的報酬を受ける権利があると述べた。
「この命令によって指示されたように実行され、報酬を獲得するいかなる行動も、公有財産法の下で罰せられないものとします」と通知は読みます。

◎NUG国民統一政府のアウンミョーミン人権大臣と米国国際開発庁(USAID)のUSAID副最高経営責任者であるIsobel Colemanは、ビルマで民主主義の回復について話し合った。
VOA4/9(土)
https://burmese.voanews.com/a/bug-human-rights-minister-usaid/6521597.html
UGNUGの人権大臣であるAungMyoMinとUSAIDの副事務局長であるIsobelColemanが4/8金曜日に米国で会合した。USAIDは、ビルマにおける現在の紛争を解決し、民主主義を回復する方法について双方が話し合ったと述べています。
USAID副首席補佐官 彼はビルマの民主主義運動とビルマの人々と共に立つことへの支持を表明した。
彼はまた、ロヒンギャと平和的に民主化反対派に対する大量虐殺と「テロ攻撃」のためにビルマ軍に対して行動を起こすよう求めた。
「米国政府とNUGの関係は人権に基づいており、ビルマのすべての民族的および宗教的人々の人権への取り組みを称賛している」と、USAIDのミッション副チーフであるIsobelColemanは述べた。
彼らはまた、NUG政府を含むビルマの民主化推進グループへのさらなる支援についても話し合った。
昨年2月にビルマで軍事クーデターが発生した後に結成されたNUGは、軍事評議会によってテロ組織として分類されました。
しかし、西側諸国や米国を含む他の多くの国々は、ビルマ問題を解決するためにNUGと協議を行っています。

◎米国上院のリーダーであるミッチ・マコーネルは、4月6日の声明で、軍事クーデター以来ビルマの人々を米国が支援しているビルマ・トーマス・ヴァイダ駐米大使との会談に感謝していると述べた。https://burmese.voanews.com/a/mitch-mc-connell-us-embassdor/6518287.html 声明は、ビルマ軍が軍事クーデター以来反対派を取り締まっていると付け加えた。
スーチーの経済顧問であるオーストラリアのショーンターネルと他の政治犯は引き続き拘留されている。
 彼はまた、軍事評議会に制裁を課したNDAAが
国民統一政府(NUG)と国民統一諮問委員会(NUCC)を支援したことを喜んでいると述べた。
 彼は、この動きは軍事評議会を迂回し、ビルマの人々に人道支援を提供したと述べた。「私たちは大使と、米国とその地域の友人たちがもっと一生懸命働くべきだと話し合った。」
 彼は、民主主義と自治のために長い間戦ってきたビルマの人々は彼らの人々の支持に値すると言った。
彼は、ビルマの民主主義のために戦うために、彼の構成員であるケンタッキー州のビルマの人々と協力し続けると述べた。

☆☆☆米国下院は4月6日に2021年のビルマ法を可決した。
下院は、軍事評議会に対する制裁を強化するために、2021年ビルマ法案を承認しました。
https://burmese.voanews.com/a/burma-act-of-2021/6518281.html
米国下院は4月6日に2021年のビルマ法を承認しました。この法案は、ビルマの民主主義を支持し、クーデター政権に圧力をかけることを目指しています。法案のキャンペーンを支援したメリーランド州チン国籍協会の常務理事であるPuZoThonHmungへのインタビュー。

2021年のビルマ法は、民主党と共和党の両方の支持を得て、4月6日に米国下院によって承認されました。
この法案は、2021年10月に米国下院で提出されました。民主党と共和党の間の交渉が承認されました。
この法案 米国メリーランド州のチン国籍運動の常​​務理事であるPuZoThon Hmoneは、法律が制定されれば、ビルマの民主化運動に非常に役立つ可能性があると述べています。

「それは政治的にも外交的にも非常に役立つだろう」と彼は言った。
第一は、外務省に新しいコーディネーターの地位を置くことです。
とても良い。
もう一つは説明責任です。現在、軍による違反(人権侵害)がたくさんあります。
それに対しても行動を起こします。そして別のこと。
人道支援 また、市民社会に2億2,000万ドルを提供します。
とても励みになります。

Zaw Moe Kyaw :Q:法案が承認されたので、それを法律にするためにあなたは何をしなければなりませんか?

Pu Zo Thon Hmung :Q:残り2つのステップがあります。
次のステップは上院から承認を得ることです。
メリーランド州上院議員のバン・カルダン・ケネディが動議を主導した。
これまでのところ、誰も完璧な解決策を送ることができませんでしたが、それは奇妙なことではありません。
それで、主要なインディアナ、ビルマ人が多いところ。
テキサス オハイオのような場所では、多くの擁護が必要です。」
 草案は上院に提出されます。
大統領が署名すれば法律になる。
 チンとビルマの人口が多いメリーランド州の上院議員であるバン・カーディンは、すでに上院に承認を求める請願書に署名しています。
上院外交委員会のメンバーであるインディアナ州の共和党員であるトッド・ヤング氏は、合意はまだ署名されておらず、さらなる要請が必要であると述べた。
したがって、彼はビルマで過半数を占めるインディアナを含む共和党上院議員の採用のためにキャンペーンを行っています。
この法案は、上院の25人の民主党員によってすでに承認されています。
共和党の誰もまだ彼らの支持を与えていません。
 ビルマの人権状況を監視しているグローバル・ウィットネスも、下院による法案の可決を歓迎した。
現在のビルマ法案、2021年は、クーデター軍事政権の主な収入源である石油とガスを含む、より効果的な制裁を求めています。
グローバル・ウィットネスは声明の中で、ビルマへの5年間の民主主義と人道支援にも4億5000万ドルを提供すると述べた。
 可決された場合、米国政府は軍事政権に対して効果的な行動を取る必要があります。
さらに、米国政府はビルマを調整するための職員を任命する必要があり、
それによりプロセスがスピードアップします。
ロヒンギャを含む; メリーランド州のチン国籍協会の事務局長であるPuZoThon Hmoneは、政府はチン州およびビルマ全土のクーデター政権によって犯された残忍な人権侵害に対しても行動を起こすことができると述べた。

ベテランの民主主義活動家ミン・コー・ナインは、資金を生み出すための新しい計画が並行する民間の国民統一政府(NUG)によって開始されるため、ミャンマーの軍事政権を倒すために革命を財政的に支援することの重要性についてメッセージを伝えました。TheIrrawaddy3/11(金)
https://www.irrawaddy.com/news/burma/funding-revolution-important-for-the-victory-prominent-myanmar-activist.html

3/10木曜日のビデオメッセージで、NUGの政治諮問機関である国民統一諮問評議会の主要人物でもある有名な活動家は、革命軍に不可欠な武器に資金を提供する計画が進行中であり、公表されると述べた。
ストライキを行う公務員やラッフルや債券の販売を支援するための宝くじの発売など、NUGによるこれまでの募金活動は、数百万ドルを調達しました。
しかし、体制を崩壊させるためのコストはかなりのものです。

「革命の勝利は財政にかかっている」とミン・コー・ナインは言った。

1988年の蜂起指導者は、革命の進展について国民を更新し、軍事政権は地上で奮闘しているため、国民の注意をそらす試みをエスカレートさせていると述べた。
彼は人々に、政権の宣伝を信じないように、そして可能な限り革命を助けるように注意を促した。

「彼らは同じ攻撃を受けるかもしれないと恐れている他の人々を脅かすために村全体を燃やしている」と活動家は抵抗拠点の民間人標的に対する放火攻撃の数の増加について述べた。
ミン・コー・ナインは、脅威や暴力に関係なく、
ミャンマーの人々は、軍によって訓練され武装しているジュンタの支配下で生活し
ピューソー・ヒティー民兵の支配下に下ることで終わることを知っているので、
降伏しないだろうと述べた。

「人々は、革命が軍隊を航空支援なしではあえて戦わない段階に追いやったことを理解している」とミン・コー・ナインは言った。
 革命軍に亡命して参加する上級士官の数の増加と、革命に資金を提供するためのNUG債券の売却の成功は、前向きな進展であると彼は述べた。

国民は軍事政権を拒否し、軍事政権はフラッシュモブの抗議、武力抵抗、経済的圧力、擁護など、さまざまな形で反対に直面しています。

3/9(水)TheIrrawaddy
Guest Column
◎取り締まりにもかかわらず、ミャンマーからの麻薬は依然としてインドの北東部に流入している
https://www.irrawaddy.com/opinion/narcotics-from-myanmar-still-flowing-into-indias-northeast-despite-crackdown.html

ミャンマーからの麻薬は、過去数ヶ月にわたる取り締まりにもかかわらず、
インドのフロンティア北東地域に密輸され続けています。
この地域の中心に位置する州であるアッサムでの取り締まりは、昨年5月から勢いを増しています。
これは、麻薬の影響を最も受けているインドの州の1つです。
昨年5月から12月にかけて、ヘロイン13 kg、大麻265 kg、ヤバ(メタンフェタミン)を含む260,000錠、咳止めシロップ(前駆体化学物質を含む)16,000本が押収され、368人が逮捕された156人の刑事事件が登録されました。
多くの場合、警察による作戦は、州のさまざまな地域で、粗悪品のヘロインの一種であるブラウンシュガーの押収にもつながっています。
「ミャンマーからの麻薬の流れはわずかに減少しています。
アッサム警察は、最も多産だったインパール-ディマプル-ヌマリガル動脈をなんとか窒息させましたが、州を横断する脆弱なルートはまだたくさんあります」とアッサム警察長官のバスカー・ジョティ・マハンタは述べています。
 北東部で押収された品目の中で、ヘロイン、ブラウンシュガー、ヤバはミャンマーの研究所で発生し、咳止めシロップの委託品はインド北部のヒマーチャルプラデーシュ州とウッタラーカンド州のセンターで生産されたと考えられています。
 一部の当局者は、ミャンマーからのヘロインとブラウンシュガーのほとんどがインドの大都市で消費されており、委託品の一部が他の国に密輸されていると信じています。
2019年、マニプールから入ってきた14kgのヘロインがニューデリーで没収されました。
調査の結果、キングピンは、ネパール、ミャンマー、バングラデシュから麻薬を調達し、シリグリの連絡先に届けていたディディと特定された女性であることが明らかになりました。
 ヤバと別の合成変種である「WorldIsYours」(WY)として知られる鮮やかな色の錠剤は、ヘロインやブラウンシュガーよりも安価で簡単に製造できます。
それらは、喫煙、吸入、摂取、または注射することができるカフェインを含むメタンフェタミン錠剤です。
 他の品目とは異なり、ミャンマーからのメタンフェタミンの委託品のほとんどは、
インド北東部のメガラヤ、アッサム、西ベンガルの特定のゾーンを経由してバングラデシュに密輸されています。
いくつかの推定によれば、バングラデシュでは毎日約200万のヤーバータブレットが消費されています。


 インドのアッサム州のカルビ・アンロンで没収されたヘロイン/特別な取り決めによる TheIrrawaddy
 当局は、ミャンマーからインドへの麻薬の絶え間ない流れを引き起こす3つの要因を特定しました。
1,643 kmのインドとミャンマーの国境の広大な範囲は、多孔質で、未発達で、丘陵地帯です。
さらに、近隣諸国間の「自由な国境制度」により、ある国の市民が他の国に最大16km移動することができます。
したがって、国境を越えた麻薬密売を効果的に監視することは、
国境のインド側に沿って配備されたアッサムライフルにとって困難な作業です。
 アルナーチャルプラデーシュ州、ナガランド州、マニプール州の境界州でのアヘンの栽培は、過去10年ほどで急増しています。
「これは収益性の高いベンチャーであり、農産物の大部分は、国境からそれほど遠くない場所で発生した[ミャンマーの]研究所に輸送されます。
そして、これらの施設のいくつかは、[ミャンマー]軍と反政府勢力の一部の暗黙の支持を持っています。
それは彼らにとって余分な収入を意味するからです」と当局者は言いました。

これらの境界州の中で、マニプールはこの現象の影響を最も受けています。
警察や麻薬対策機関は、ポピー(ケシの実)栽培地域を破壊するための活動を日常的に行っています。
2017-19年、警察は1,156ヘクタールの面積にまたがるポピー植物を根こそぎにしました。
 インド北東部のマニプールとミゾラムの双子の州に隣接するミャンマーのチン州では、
国連薬物犯罪事務所(UNODC)が発行したミャンマーアヘン調査2018によると、ケシの栽培面積が増加しています。
 当局は、チン州とサガイン地域の研究所で麻薬を製造することは、ゴールデントライアングルのシャン州よりも麻薬カルテルにとって経済的であると信じています。

アッサム州警察署長のマハンタ氏は、インドの麻薬取締局がアッサム州と西ベンガル州の国境近くのゴサイガオンにスキャナーを設置することに同意したと述べた。
目的は、北東からインドの他の州まで長距離を移動するすべての車両、特にトラックをスキャンすることです。

Rajeev Bhattacharyyaは、インドのアッサムに住むシニアジャーナリストです。

 
 

https://www.myanmar-now.org/en/news/telenor-sale-to-military-linked-consortium-to-be-complete-in-mid-february
◎TelenorGroupとノルウェー政府は
-軍事関連のInvestcomへのTelenorミャンマーの売却を直ちに停止してください。
Norwegian Telenorは、2月15日までにTelenor Romaniaを売却することを計画しており
これにより、ミャンマーの1,800万人を超えるTelenorの顧客のユーザーデータが
ミャンマーの軍事関連のInvestcomの手に渡ることになります。
Telenor Groupは、売却計画を完全に停止し、
ユーザーのデータを保護してユーザーの生命を保護する必要があります。

殺人を含む予測できない暴力のリスクが高いです。

ユーザーは、SIMカードの登録、通話記録、インターネットログ、位置データ、モバイルマネーの使用状況、過去の活動記録など、機密性の高い情報をTelenorに委託しています。
Telenorのすべてのユーザーとその家族を含むその関連会社は危険にさらされており、
Telenorが新しい所有者と軍隊にプロキシによって共有したユーザーデータに基づいて逮捕または殺害される可能性があります。

Investcomには強力な軍事的つながりがあります

Investcomの大株主は、宝石採掘に携わる軍事関連企業であるShwe Byain Phyuであり、国営企業であるミャンマーエコノミックホールディングスリミテッド(MEHL)の燃料輸入を含む、多くの事業の運営が
米国、EU、および英国で許可されています。
 その子会社の1つであるMaharYoma Public Companyは、
軍事政権SACテロリスト軍が過半数を所有するMyTelTelecommunicationsの株式を所有しています。

Investcomの残りの株式は、
脱税に関連してSACテロリスト軍と関係しているレバノンを拠点とするM1グループが所有しています。

売却による収入は、軍事政権と残虐行為の犯罪を支援します

SACテロリスト軍の利益を支持する企業グループへのテレノールミャンマーの売却は、
ジェノサイドや人道に対する罪を含む多くの犯罪で国際法廷で起訴された軍事政権を助ける事になるでしょう。

新たに獲得した電気通信事業の所有者が人権を尊重し、
ユーザーを保護するという保証はありません。
収益は今後も軍事政権の残虐行為に資金を提供し続けます。

Telenorは、ユーザーと従業員を保護するために、国際人権規範と法的枠組みに従わなければなりません。
 Telenorは、経済協力開発機構(OECD)とグローバルネットワークイニシアチブ(GNI)の両方のメンバーとして、ビジネスと人権のガイドライン、および欧州連合のプライバシー規則(GDPR)に取り組んでいます。
 Telenorは、ミャンマーでのユーザーのデータのセキュリティについて単独で責任を負います。
 Telenorはまた、セキュリティ違反の結果としての人命の損失を含む、ユーザーが被る可能性のあるあらゆる危害、およびユーザーから要求された場合の情報の削除についても責任を負います。

※Telenorは次のことを行う必要があります。

●軍事関連のInvestcomへの売却を直ちに停止すること。

●再ライセンス、すべてのユーザーデータの完全な削除、
通信インフラストラクチャのシャットダウンなど、
Investcomへの売却に代わるすべての方法を検討しなければならない。

●いかなる状況においても、いかなる理由においても、
ユーザーデータを他人に譲渡または販売してはいけない。

ノルウェー政府はTelenorGroupの53.97%の株式を保有しているため、TelenorGroupの主要株主になっています。

これは、ノルウェー政府がTelenor Groupに支配権を持っており、
この売却を停止する権限の範囲内にあることを意味します。
ノルウェー政府は、ノルウェーの価値を支持し、
Telenor Groupのこれらの1,830万人のユーザーに対する欧州連合のプライバシー規則(GDPR)を支持し、
ノルウェー政府とJonasGahrStøre首相は、
主要株主としてTelenorグループの顧客であるミャンマーの1,830万人のユーザーのデータをミャンマー軍事政権から保護する義務があります。
この売却を止めないと、1830万人の命が危険にさらされ、
民主主義運動を弱体化させ、軍事政権がさらに残虐行為を続け、
人権侵害を深刻にし、
数十年とまではいかなくても数年間、
人道に深刻な影響を与えることになります。

関連:
◎Telenor sale to military-linked consortium to be complete in mid-February

・・・・・略
Investcomの所有者は誰ですか?

ミャンマーナウはミャンマーの会社登記簿にInvestcomの記録を見つけることができませんでしたが、Investcom Pte Ltdという会社が、TelenorGroupの販売発表から3週間後の昨年7月29日にシンガポールに設立されました。
 取締役には、M1グループのCEOであるAzmi Mikatiと、M1EnterprisesのCEOであるJamalRamadanが含まれます。
 アズミ・ミカティは、現在のレバノン首相、ナジブ・ミカティの甥です。
当初、Investcomのシンガポール事業の株式は、
オフショアのタックスヘイブンとして知られるケイマン諸島に登録されているシェル会社であるM1インフラストラクチャによって所有されていました。
 しかし、会社のデータによると、1月20日にInvestcom Pte Ltdの株式の約49%がShwe Byain Phyu Telecom Co Ltdに譲渡され、残りの51%はケイマン諸島の登録企業が保有していました。
 Shwe Byain Phyu Telecomは、ミャンマーの登録企業です。
以前はShweByain Phyu Manufacturing Co Ltdとして登録されていましたが、2021年11月3日に名前が変更されました。
InvestcomPteLtdの49%を獲得したにもかかわらず、Shwe ByainPhyuは取締役を任命しませんでした。
 ケイマン諸島のシェル会社の関与は、
Telenor Romaniaの購入者の所有権を隠蔽し、透明性の懸念を引き起こします。
 非営利のTaxJustice Networkは、ケイマン諸島を財務秘密指数で1位、
法人税の避難所の 指数で2位にランク付けしています。

MyanmarNowは、Telenorに対してInvestcom Romaniaの受益者を開示するとともに、
Telenorがミャンマーの会社を売却している法人、およびケイマン諸島に登録されている会社の関与について懸念があるかどうかを明確にするよう求めました。
 「Telenorは、TelenorMyanmarのM1Groupへの売却の規制当局の承認を待っています」
とTelenorのコミュニケーションディレクターであるCathrineStangLund氏は述べています。
 1982年にM1グループの所有者によって設立されたInvestcomは、
2006年に南アフリカの通信会社MTNに55億ドルで売却されたM1の通信事業の名前でもあります。

M1は、残忍な軍事政権とのビジネスの物議を醸す歴史と
ミャンマーの軍事関連の通信塔会社IrrawaddyGreenTowersへの投資を持っています。

Shwe Byain Phyu、将軍に仕える

2000年に設立されたShweByain Phyuは、宝石の採掘、ガソリン、ロジスティクス、製造に関心を持つ企業グループです。
グループの下に9つの子会社があり、2000年代以来、ビルマのUPaingとしてよく知られている軍所有のMyanmaEconomic Holdings Limited(MEHL)にサービスを提供してきた長い歴史があります。
 同社は、ネピドーの宝石および宝飾品市場を主要な事業所として挙げています。
ミャンマーの日本系調査会社であるFWPResearchの会長への以前のインタビューによると、
Shwe ByainPhyuは当時MEHLの名前で石油を輸入していました。
合意は、利益が両当事者間で共有されるというものだった、と報告書は述べた。

Shwe Byain Phyu Groupは、59歳のThein WinZawによって所有および設立されました。
彼は1996年に元独裁者タンシュエの支配下でマナウティダールと呼ばれる会社を設立し、
後にシュエバイアンピューの下で子会社になりました。
企業データによると、Thein Win Zawは、軍が所有する通信事業者Mytelにも出資しているコンソーシアムの一部であるMahar Yoma PublicCompanyの取締役でもあります。


Shwe Byain Phyu Group of Companies(FRW Research)の創設者兼議長であるThein Win Zaw

彼の妻であるTinLatt Minは、グループの取締役会に常務取締役として座っています。
彼女はまた、欧州連合によって認可されているthe Forest Product Joint Venture Corporationの株主でもあります。
 Thein Win Zawと彼の家族は、1,000人近くの株主のうち、Global Treasure Bankの株式の7%も保有しています。彼はthe Ministry of Agricultureと強い関係を持っており、
テインセイン前大統領の政権時代の民営化に向けた同省の推進中に複数のプロジェクト契約を交わされました。

市民社会の圧力

市民社会グループがノルウェー政府とTelenorグループにミャンマーからの責任ある倫理的な撤退を実行するように促しているときに
 M1と軍関係のShwe ByainPhyuとの間のパートナーシップへの売却の
 軍事フンタの承認は
Telenorの離脱に関するさらなる批判を引きつけるでしょう。

アドボカシーグループの
ジャスティスフォーミャンマー(JFM)のスポークスマンYadanar Maungは、
Telenorの売却は、国内の何百万人もの人々のプライバシー権の重大な侵害に相当し、
生命を危険にさらすだろうと述べた。
彼女はノルウェー政府に対し、「重大な人権侵害」を防ぐために売却プロセスに「緊急に介入」するよう求めた。

「Telenorは、この取引の実質的所有者が誰であるかをミャンマーの人々に説明し、
1800万人の個人データがテロリストのミャンマー軍事政権に渡されないようにする必要があります」
と彼女は2/4金曜日にMyanmarNOWに語った。

MyanmarNOW2/4日(金)
https://www.myanmar-now.org/en/news/telenor-sale-to-military-linked-consortium-to-be-complete-in-mid-february

その後
MyanmarNOW2/14日(月)
インタビュー

 ◎Telenorの取締役会メンバーとノルウェー当局は、
ミャンマーで「人道に対する罪を助長し、幇助している」可能性があると最高裁判事は述べています。
ハンネ・ソフィー・グレーブ氏は、
Telenor電気通信会社はノルウェーの最高検察官に
売却の合法性について意見を求めるべきだと述べています。
https://myanmar-now.org/en/news/telenor-board-members-and-norwegian-authorities-may-be-aiding-and-abetting-crimes-against

その後
MyanmarNOW2/17(木)
◎ノルウェー産業大臣は昨日(2月16日)議会に、テレノールミャンマーの顧客に関する情報のビルマ軍への転送を止めることはできないと語った。

ノルウェー政府は、投資家や人権活動家から、テレノールミャンマーの1800万人以上のネットワークユーザーのプライバシーを保護するよう圧力をかけられています。
 ロイター通信は、
「電気通信会社の所有者として、情報が軍事政権の手に渡るのを防ぐことはできない」と語った。
 ノルウェー政府はTelenorの過半数の株式を所有しており、国有株式は工業省が責任を負っています。
ロイター通信によると、昨年、軍事クーデターにより、
Telenorは監視装置を設置するという軍事政権からの絶え間ない圧力の中で
EUの制裁を回避するためにビルマを離れ会社を売却することを余儀なくされた。
 Telenorは、データを新しい所有者に譲渡する前に、
データを破棄したり、操作を一時停止したりする可能性があると述べていますが、
これは不可能です。

「これは、Telenorの従業員を危険にさらすことなく行うことはできません」と彼は言いました。ミャンマーの法律や規制に従わないと、
容認できない結果を招く可能性があります」
とTelenorGroupはロイターに語った。

MyanmarNOWは
軍事評議会がレバノンの億万長者M1グループと地元のShwe Vyin Phyuとの合弁事業を承認し、
テレノールミャンマーを買収した後、
売却プロセスが完了に近づいていると報告しています。
 ビルマの人々を危険にさらす可能性のある情報の転送を防ぐために、
2人のノルウェーの議員がテレノールミャンマーの販売を停止する提案を提出した後、
ノルウェー政府当局者は議会で報告しました。

Telenor Romaniaが公開されるにつれ、
ノルウェーを拠点とするTelenor Groupは、
地元および国際的な活動家からの反対に直面し続けています。
 ノルウェーの市民社会グループは、2月11日にノルウェーの警察に苦情を申し立て、
TelenorMyanmarの売却で人道に対する罪の可能性を調査しました。
 50の市民社会組織のグループであるノルウェー開発環境フォーラム(ForUM)も、
Telenorの電話記録などの情報違反について、
Telenorの幹部を調査するよう警察と検事総長に苦情を申し立てました。

TelenorGroupの最高経営責任者であるSigveBrekkeと
取締役会会長のGunnWaerstedを調査する必要があります。
TelenorMyanmarは戦争犯罪を売ります。
ForUMは、人道に対する罪と大量虐殺について、ノルウェー刑法第16条に違反する可能性があると述べた。

ノルウェーのハンネ・ソフィー・グレーブ裁判官は2月11日、
いかなる状況においても人道に対する罪が犯されないようにするために
会社に投資するのはTelenorの幹部と政府の責任であるとMyanmarNowに語った。

「Telenorは、購入者が受け入れ可能であることを証明できなければなりません。
あなたはミャンマーの1800万人以上のユーザーの個人情報の誰もが認める購入者でなければなりません」と彼は言いました。

https://myanmar-now.org/mm/news/10479

その後
Telenorミャンマーの顧客データを管理するクロニー
軍事関係と陰気な商慣行により、テインウィンザウはミャンマーで最も裕福な男の1人になりました
MyanmarNOW3/4(金)
https://myanmar-now.org/en/news/the-crony-who-will-control-telenor-myanmars-customer-data

◎「和平」への不誠実な呼びかけ、レジームボスは神の助けを求めるなど・・
2/12(土)TheIrrawaddy
https://www.irrawaddy.com/news/burma/junta-watch-a-disingenuous-call-for-peace-regime-boss-seeks-divine-help-and-more.html
ジュンタはEAOとの「和平交渉」が圧力を和らげる(諸外国の軍事政権への圧力)ことを望んでいる

2/6日曜日に、軍事政権は、ミャンマーの第75回連邦記念の日(独立前の1947年多数派のビルマ民族と少数民族が自治権や連邦制の樹立に合意したパンロン会議での協定締結75周年(27日パンロン合意発表の後、同年7/19日独立建国の父アウンサン将軍はじめ6人の閣僚ともに暗殺されてしまったために後のビルマの混迷と暴力の歴史へ))である2/12土曜日に開催される予備的な和平交渉に参加するために民族武装組織(EAO)を招待しました。

全国停戦協定(NCA)の署名者と非署名者の両方が会談に招待されましたが、
並行する国民統一政府(NUG)とその議会機関、連邦議会代表委員会(CRPH)、およびその武装勢力ウィング、国民防衛隊(PDF)
-軍事政権がテロ組織としてラベルを付けた全ての勢力は計画された会談から除外されます。

NCAの署名者であるカレン民族同盟の外交部長であるPadohSaw Taw Neeは、軍事政権の提案に対して強い反応を示した。
「私たちはもはやNCAを考えていません。彼ら(軍事政権)はすでにNCAに違反しているので、私たちは彼らとの関係を断ち切りました。」

[関連:KarennNews2/10日
KNUは「予備的和平交渉」への軍事政権の招待を拒否する
 https://karennews.org/2022/02/knu-refuse-military-regimes-invitation-to-preliminary-peace-talks/ ]

・・・→続き
レジームは、参加者は会談でどんなトピックについても自由に話し合うことができると述べたが、ほとんどのEAOは、彼らがイベントに参加するかどうかわからないとイラワジに語った。
イラワジはまた、軍事政権が北部同盟(アラカン軍、カチン独立軍、ミャンマー民族民主同盟軍、タアン民族解放軍からなる軍事連立)をイベントに参加させるために中国からの支援を求めていることを知りました。

和平交渉は、1つの石で2羽の鳥を殺そうとする政権の試みにすぎません。
ユニオンデーのイベントにEAOが存在することで、
政権にある程度の正当性がもたらされるか、少なくとも宣伝を広めることができます。
同時に、EAOだけでなく、多数のレジスタンスグループと戦争をしている政権が
EAOに停戦に入るよう説得できれば、それ自体にいくらかの呼吸スペースが得られるでしょう。

オーストラリアの被拘禁者が「釈放」した後、カンボジアの首相は赤面した

オーストラリアの教授SeanTurnellとDawAung San Suu Kyi

軍事政権は、カンボジアが解放されたと述べた後、拘束されたオーストラリアの経済学教授ショーン・ターネルの釈放を否定した。
 カンボジアのフンセン首相は2/7月曜日に、
オーストラリア政府からの要請を受けた後the developmentが行われたと主張して、前日にターネル教授が釈放されたと述べた。
しかし、その夜までに、彼は誤った情報を受け取ったと言ってFacebookで撤回を表明することを余儀なくされていました。
フン・セン氏は、昨年のクーデター以来初めて外国政府首脳が1月にミャンマーを訪問した際に、
ミン・アウン・ライン氏に問題を提起した。
 ジュンタのスポークスマン、ゾー・ミン・トゥン少将は、
フン・センがクーデターのリーダーであるミン・アウン・ラインの声明を、
国家顧問の訴訟が終わった後にターネルの釈放を考えると誤解したとAFPに語った。
 ターネル氏は、昨年2月のクーデター直後に拘束されたとき、民間指導者のアウンサンスーチー氏の経済顧問として働いていた。
彼は公務秘密法に違反した罪で起訴されており、
有罪とされた場合、最高14年の懲役に処せられます。
 2/7月曜日、オーストラリアのマライズ・ペイン外相は、経済学者を釈放するよう政権に呼びかけ、オーストラリアの当局者は彼の訴訟手続きを監視できるはずだと述べた。

新たなCOVID-19の発生にもかかわらず、旗のリレーが開催されました


群衆は、ユニオンデーのお祝いの一環として2月8日にヤンゴンからネピドーに運ばれる国旗を歓迎します。

2/8火曜日に、軍事政権は、行政首都での土曜日の第75回ユニオンデーのお祝いの一環として、ヤンゴンからネピドーに国旗が運ばれるリレーを開催しました。
リレーは、商業首都でのコロナウイルス症例の大幅な急増の中で行われました。
 旗がヤンゴン市庁舎からヤンゴン国際空港に運ばれたとき、
軍人とその家族、政権の従業員と軍の共感者を含む何百人もの人々が旗の中継に関与しました。
そこから軍用機でネピドーに運ばれ、次にネピドー市庁舎に運ばれました。
生徒たちは、ルートに沿って旗を応援するために思わず連れてこられました。
 旗は12人以上の覆面をした政権の役人によって運ばれました。
そして、誰も手袋を着用しませんでした。
2020年の総選挙に先立つ選挙運動中にNLD政権指導者が党の選挙候補者の1人に挨拶したため、災害管理法に基づいてDaw Aung San Suu Kyiを起訴した後、軍事政権当局はCOVID-19規制を無視しています。
 偽善的に、政権がユニオンフラッグと呼ぶ国旗に敬礼しているときでさえ、
その軍隊は数十人の民間人を殺し、民族国家でさらに数万人を追放した空中および砲撃を続けています。

Junta顧問のLt-GenYarPyaeがSACに昇格

2/8火曜日に、連邦政府大臣(1)と国家安全保障顧問のヤール・ピャエ中将が軍事政権の統治機関である国家行政評議会(SAC)のメンバーに昇進した。
防衛サービスアカデミーの22回目の入学を卒業したヤール・ピャエ中将は、ソウ・ウイン副上級将軍の同級生でした。彼は国民民主連盟政府の下で軍の平和交渉チームの長であり、
昨年の軍事クーデターの後、軍事政権に任命された全国連帯平和交渉委員会(NSPNC)の議長になった。
NSPNCは、昨年10月に和平交渉を行うという口実でいくつかの政党に会った。
委員会のウィン・ボー・シェイン中将が会議で比例代表選挙制度への切り替えを提案したとき、委員会は批判を受けた。
 ヤール・ピャエ中将は、防衛サービス医学アカデミーの司令官、東部司令部長、司令官、軍隊訓練長、特殊作戦局長を務めてきました。
彼はクーデターの4か月後に連邦政府大臣に任命され、その後まもなく国家安全保障顧問になりました。

大使は大臣をかわし、ブリーフィングをかわす


外交官は、2月8日にヤンゴンで軍事政権が管理する外務省が開催した外交ブリーフィングに出席します。
ジュンタ外相のUWunna Maung Lwinは、火曜日にヤンゴンでミャンマーの最近の動向について外交ブリーフィングを行った。
 軍事政権の困惑は
ヤンゴンには40以上の大使館がありますが、3人の大使だけがブリーフィングに出席しました。
 ブリーフィングは、ミャンマーの外国人外交官と国連機関の長を対象としていました。

しかし、ブリーフィングには、ロシアと日本の大使を含む3人の大使だけが出席し、
当局は、軍事政権によるクーデターの物語を繰り返した。
 ASEAN諸国は下位レベルの代表者のみを派遣した。
軍事政権外相は、UNCTED、ACCT、ASEANPOL、インターポールに対し、
並行する国民統一政府、その議会機関であるCRPH、武装勢力のPDFの「テロ」行為を非難するよう要請し、
テロ対策活動への協力を求めた。

しかし、誰もその要求を真剣に受け止めていないようでした。
世界的な警察機関であるインターポールは、
ミャンマー軍が支援を求めたと発表してから2日後、
国内政治が関与する状況では国々に支援を提供しないと述べた。

ミン・アウン・ラインの顧問であるドー・イン・イン・ヌエ博士、サライ・ングン・クン・リアン博士、ドー・イン・イン・ウーもブリーフィングに出席しました。
故軍事独裁者ネ・ウィンの元義理の娘であり、
元大統領Uテインセインのかつての教育顧問であるDaw Yin Yin Nweは、
2020年の総選挙での不正選挙とPDFによって犯されたとされる暴力について話しました。
彼女はNUG、CRPH、PDF、そして印象的な公務員に強く批判的でした。

Salai Ngun Cung Lian博士は軍事政権を擁護し続け、軍事政権は軍が起草した2008年憲法に沿ったものであるという彼の主張を繰り返した。
彼は、2012年から2015年まで、テインセイン大統領政権下で、廃止されたミャンマー平和センターおよびラカイン州調査委員会の法律顧問を務めました。
NeWinの弟子であるMaungMaung博士の長女であるDawYin Yin Ooが出席しましたが、外交官に説明しませんでした。

長いルールを期待して、juntaのボスは魔法を呼び起こす

クーデターのリーダーであるミン・アウン・ラインと彼の息子のアウン・ピャエ・ソネは、
2月10日にセトキアル・パンダン・パゴダの上にダイヤモンドのオーブを置きます。
 ミン・アウン・ラインの昨年の言葉と行動は、
彼がどのような人物であるかを明らかにしています。
クーデターから1年後、人々は彼の性格についてもっと知っています。
彼がパワークレイジーであることは世界に知られています。
しかし、一揆の1年後に国を支配することができなかったことを考えると、彼はまだ全体主義の指導者になるにはほど遠い。
そして、たとえば、頻繁な停電に長い間苦しんできた国で電気バスを運行するという彼の計画に見られるように、彼は明らかに現実から切り離されています。

ミン・アウン・ラインは、
前任者の軍の独裁者と同様に、占星術、オカルト、数秘術、黒魔術、ヤダヤなどのさまざまな迷信を深く信じており、不幸を遅らせたり、中和したり、防いだりするために行われる魔法の儀式です。
 これは、ミンアウンフラインが家族と一緒に木曜日にマグウェ地方のプウィントビュタウンシップの塔の上に「Hti」傘を置いたときに証明されました。
傘は塔の最も重要な部分と見なされており、
宗教的建造物の最も高い部分の上に配置されています。
Htiは、ミャンマー王室の5つのアイテムの1つでもあり、主権を表しています。
 状態の良い塔に新しいHtiを置くのは珍しいことです。
通常、塔が損傷して改修されている場合にのみ、新しいHtiが配置されます。
ミンアウンフラインがHtiを置いた塔は、わずか18年前にドナーによって建てられました。
 塔の高さは元々わずか13.5フィート(約4メートル)でした。
しかし、ミンアウンフラインは高さを45フィートに上げました。
なぜ50フィートや60フィートではなく45フィートなのか尋ねないでください。
ミャンマーの将軍は、政権のお守りである9番に伝統的に執着しています。

ミン・アウン・ラインが国の無数の塔の中から地方の町にある小さな塔を選んだのも不思議です。物語を報道するとき、国営メディアはかつて塔が平和と繁栄をもたらすのを助けることができると言った僧侶についての地元の神話を引用しました。
たぶんそれがミン・アウン・ラインが未知の構造を選んだ理由です。
PDFグループとEAOによる彼の軍隊への絶え間ない攻撃のために、将軍はけいれんしているに違いありません。

Htiを塔の上に置いた後、ミンアウンフラインは息子のアウンピャエソネと彼の政権のメンバーの何人かと一緒に「アウンピ!」と3回叫びました。
しかし、ミン・アウン・ラインの口の中で、
ミャンマーの人々は、その叫び声が敵を征服することを期待して叫んだヤダヤとして意図されていることをよく知っています。
 2020年2月、ミンアウンフラインはバガンの古代の塔であるティロミンロ塔の上にティを配置しました
。昨年12月18日、彼は家族と一緒に、ヤンゴンのレグ郡区にある何世紀も前のKyaik DeviPagodaで同じことをしました。
ミャンマーの人々は、
彼がミャンマーでの彼の支配が長くなることを確実にすることだけを期待して
そうしたことを知っています。

◎内戦がエスカレートし続ける中、NUGへの支援を増やすよう呼びかける
TheChindwin2/6日
https://www.thechindwin.com/myanmar-calls-to-increase-support-for-nug-as-civil-war-continues-to-escalate/


Kachin Independence Organisation(KIO)は、市民がエスカレートし続ける中、NUGへのより大きな支援を求めるよう求めています。
三同盟軍(アラカン軍、パラウン州解放戦線、ミャンマー民族民主同盟軍)は、協力が必要な場合、三兄弟同盟は戦う準備ができていると述べた声明を発表した。
2022年2月5日、ヤンゴン–カチン独立機構(KIO)の議長であるンバンラ将軍は、内戦が本日行われた演説で新たなレベルのエスカレーションに向かっているため、革命のために結成されたすべての組織からの挙国一致内閣へのさらなる支援が必要であると述べたカチン革命61 周年を記念して。

注目すべき点として、ライザ本部での将軍の演説は3つのポイントを強調しました。

独裁政権には、脅迫と殺害だけの政治的対話はありません。
アウンサンスーチーでさえ、パンロンアコードを認識せず、少数民族のグループに耳を傾けることができませんでした。
革命が間もなく新たなレベルのエスカレーションに向かっているので、可能な限り国民統一政府を支援する時が来ました。
別のメモとして、将軍は、ミャンマーのすべての市民は、軍事政権に対してストライキをする機会が長くは続かないことを理解していると付け加えた。軍事政権が共有する機会を受け入れる人々は、最終的には常にそれを後悔するでしょう。

カチン独立軍は、カチン独立機構の武装組織であり、NUG挙国一致内閣の強力な支持者です。

アラカン軍(AA)、パラウン州解放戦線(PSLF)、ミャンマー民族民主同盟軍(MNDAA)の三兄弟同盟は、軍事政権に対するカチン革命の61周年を記念して、 KIO / KIAに記念書簡を送りました。
軍事的および政治的問題のための協力に必要なものがあれば準備ができています。

Guest Column
◎Junta’s Use of China as a Shield Aggravates the Conflict in Myanmar
TheIrrawaddy2/8(月)
https://www.irrawaddy.com/opinion/guest-column/juntas-use-of-china-as-a-shield-aggravates-the-conflict-in-myanmar.html

ミャンマー軍のクーデターは、紛争を激化させただけで
抵抗勢力に対する国家行政評議会(SAC)の軍隊による継続的な残忍で暴力的な取り締まりの中で、2月1日に1年になりました。
ミャンマーでの現在の紛争は、この地域の安定と平和を大切にしている隣国である中国とASEAN諸国に悪影響を及ぼし続けています。
この記念日はまた、紛争を緩和し、ミャンマーの安定と平和を回復することができなかった中国とASEANの現在の慎重なアプローチの欠点にスポットライトを当てています。
クーデターに対する国民の抵抗を残酷に取り締まり、いかなる犠牲を払っても権力を握る一方で、
SACは中国を
国連と西側に対する外交的および軍事的盾として使用し、
その外交的地位と軍事的地位を強化している。

中国の現在の立場

中国はクーデターに満足していませんが、主に進行中の投資プロジェクトを再開するために、昨年半ばにSACとの関係を正常化し始めました。
北京はミャンマーに対して慎重な政策を採用しているようであり、
SACまたは国民統一政府(NUG)のいずれかとの協力が紛争をさらに悪化させることを懸念している一方で、国有企業や地元企業からの圧力も受けているようです。
雲南省ではミャンマーの地元のクローンや国境地域のいくつかの民族武装組織と新旧両方の関係を持っている。

中国の主要な戦略的利益

アナリストとオブザーバーは、中国にはミャンマーに関して3つの重要な戦略的利益と懸念があると指摘している。
1)国境の安全と安定。2)中国企業とミャンマーへの投資。3)反中国感情。

1,国境の安全と安定:
欧米の外交官やアナリストは、ミャンマーにおける中国の主要な利益は地政学的な野心と経済的利益であるとよく言いますが、
中国のアナリストは、ミャンマーにおける中国の優先事項を純粋な経済よりも
国境の安全と安定に関するものと見なしています。
これは主に、北京が経済発展を通じて西部の州、特に中国で最も貧しい州の1つである雲南省の国境の安全と安定に近づいているためです。

2,中国のビジネスとミャンマーへの投資:
国境の安全と安定への関心は、ミャンマーでのビジネスと投資の保護にまで及びます。

3,反中国感情:
その政治的および経済的戦略に沿って、中国は反中国感情または中国または中国の投資に対するいかなる国民の怒りも望んでいません。

オプション、中国とミャンマーのシナリオ

ミャンマーでの紛争に対処する上で、中国には3つの非常に異なる選択肢があります。
2)ミャンマー国民とNUGの側。
または3)中立を維持します。
現在、中国はその立場を中立と見なす可能性があります。
国民民主連盟(NLD)との良好な関係を維持しながら、SACとの関係を正常化するという中国の慎重なアプローチと政策は、国民の代表として中国にとって安全で戦略的な動きに見えるかもしれません。
しかし、中国が中立を維持していることは、ミャンマー国内ではSACの側近であると解釈されています。

そして、時間の経過とともに、
現在の紛争はミャンマーの3つのシナリオの1つとして展開する可能性があります。
1)抵抗が勝つ。
2)SACが勝ちます。
または3)長期の停滞。
現在、シナリオ3が展開されています。

安定を回復するために中国は何ができるでしょうか?

中国の現在の立場とアプローチは、
ミャンマーの政治エリートと一般市民の大多数にとって明らかに受け入れがたいものです。
彼らはまた、ミャンマーの安定を迅速に回復することに成功していない。
SACとの関係を中立または正常化することにより、中国は軍の側近と見なされます。

SACの数少ない友人の一人と見なされることは、
最近の前向きな進展を覆し、以前NLD政府との間に中国がミャンマーと築いた苦労して得た相互理解と関係に深刻な打撃を与える可能性があります。
さらに悪いことに、現在の状況は、主にその支配下で何十年にもわたる貧困と迫害を経験したことから来る、軍に対するミャンマーの人々の根強い憎しみに根ざした、既存の反中国感情をすでに目覚めさせています。
中国の友情と支援を宣伝する軍事プロパガンダは言うまでもなく、
軍の頼りになる盾としての中国の役割は、
この感情を悪化させただけです。
SAC軍の残虐行為の増加と頻繁な残虐行為は、
ミャンマー国民と軍隊の間の信頼を壊しました。
これは、おそらく予見可能な将来において、不可逆的である可能性が最も高いでしょう。
 経済発展は中国の国境の安全と安定、そして中長期的にはミャンマーにとって重要ですが、
現在の紛争を緩和するために経済発展のためにSACに関与することは逆効果であり、
それを長引かせるだけです。経済問題は、政治情勢に対処せずに解決することはできません。
このような中国との経済関係は、
SACが状況を長引かせるために大胆になり、力を与えるだけです。
一方、ミャンマーの人々は、経済的または政治的に、短期的または長期的に苦しみ、利益をほとんどまたはまったく見ていません。
 中国はSACを支持するか、中立を維持するかを選択できます。
これらのオプションは両方とも、
中国とミャンマーに深刻な損害を与える結果をもたらすでしょう。

 これらの選択肢のいずれかで、抵抗側が勝った場合、
新しいミャンマーとその人々は、
中国を最も必要なときに背を向けた不誠実な友人として覚えているでしょう。
SACが勝った場合、それはさらに悪化します。
軍事政権の歴史的な暗黒時代と密接に関連している長期にわたる反中国感情は、
中緬関係の将来に深刻な打撃を与え、
安定と繁栄を必要とする地域での紛争を長引かせます。

中国は国民と抵抗を支持することを選ぶかもしれません。
中国がミャンマー国民を支援するかどうかにかかわらず、
紛争と分裂の原動力として、
貧困を犠牲にして経済を誤って管理した数十年にわたる国の失敗の記録のために、
人口の大多数の国民は軍隊を合法的な政治機関として受け入れません。
 昨年のクーデター以来、
無能であり非常に腐敗した軍隊が非武装市民を殺害している。
軍事政権下では、人々は非常に限られた選択肢しかありません。
中国は、いかなる強制措置も現在の紛争を悪化させると考えるかもしれないが、ミャンマー国民を支援するという選択肢をとることは、
中国に害を及ぼすよりも多くの利益をもたらし、
ミャンマーの安定と平和を迅速に回復するという点でより効果的である。

第一に、
70年にわたる内戦は、ミャンマー軍がミャンマーに安定や平和をもたらすことは決してできないことを示しています。これは、国境の安全と安定に対する中国の戦略的関心に深刻な影響を及ぼします。

第二に、
SACは、中国の知識の有無にかかわらず、中国を外交および軍事の盾として使用して、
国連およびより広い国際社会から自らを保護し、
その外交的地位および軍事的地位を強化しています。
中国の保護は、ミャンマー軍を大胆にすることによって現在の紛争を悪化させています。
SACの中国の盾が取り外されると、
ミャンマー軍は計り知れない圧力に直面し、
外交分野と軍事面の両方で単独で勝利することはできないことに気付くでしょう。
したがって、SACの保護を解除することは、SACを他のどの手段よりも交渉のテーブルに強制的に参加させるためのはるかに効果的な政治的ツールおよび戦略になります。

第三に、
中国の長期的な国境の安全と安定のためには、
ミャンマーの将来にとって重要な時期に、
ミャンマー国民および国民が支援する文民政府との良好な関係を確立することがこれまで以上に重要である。
このように、現在の状況は、
中国が軍の残忍な支配に対する抵抗を支持し
、安定を迅速に回復し、
より良い関係を維持するのを助けることによって、
ミャンマー国民との関係を強化する歴史的な機会を生み出しています。
中国の国境の安全と安定、そして野心的な中国とミャンマーの経済回廊と一帯一路構想計画は、
ミャンマーの安定が急速に回復することで大きな恩恵を受けるでしょう。
ミャンマー国民が真に望んでいることに対する中国からのそのような支援は、
ありがたいことに記憶され、
今後数年間で成功する経済的および外交的協力の種をまくでしょう。

Khin Ooは、ミャンマーの政治経済学に関する公共政策アナリストおよび研究者の仮名です。

※同様のことは
インドに対しても言える。
インド東部の治安安定と国境管理、
バングラデシュから西ベンガルのインド、ミャンマー ラカイン州
のベンガル湾一帯の
対温暖化対策と自然と調和した産業雇用の創造
は、抵抗が勝利し、連邦国家の安定が不可欠!
迫り来る気象変動の猛威と地域総失業状態の人口問題。
 この地域には時間がない。

Guest Column
UN Contributing to Myanmar’s Drug Problem
2/7(月)TheIrrawaddy
https://www.irrawaddy.com/opinion/un-contributing-to-myanmars-drug-problem.html

☆インド側
《インド側からミャンマー軍事政権軍をサポートしている敵 3》
Guest Column
◎インドの反政府勢力と
ミャンマーのチン州武装グループの争いは数十年前にさかのぼります
https://www.irrawaddy.com/opinion/myanmar-chin-armed-groups-rivalry-with-indian-rebel-outfits-dates-back-decades.html
TheIrrawaddy2/15(火)

チン国軍(CNA)とインド北東部の一部の反政府勢力との間の敵意は、
インド軍がバングラデシュからの大量の武器の積み替えを阻止するために
ゴールデンバード作戦を開始した約30年前のエピソードにまでさかのぼることができます。

https://www.thequint.com/news/india/before-myanmar-there-were-these-five-great-indian-military-ops#read-more
[1.ゴールデンバード作戦:
1995年半ばに開始されたオペレーションゴールデンバードは、バングラデシュのコックスバザールからマニプールに巨大な武器を輸送する数百人のナガ族、マニプリ族、アッサム族の反政府勢力を迎撃するために、
インド軍がミャンマー軍と協力して実施した45日間の作戦でした。
ゲリラとインド陸軍の第57山岳師団の編隊との数回の遭遇中に、38人の反政府勢力が殺害され、118人が逮捕された。
インドがアウンサンスーチーに賞を授与したというニュースが公表されると、ミャンマー軍は支援を撤回した。]

1995年の初め、インド北東部の3つの禁止された部隊(アッサム連合解放軍(ULFA)、人民解放軍(PLA)、および全トリプラタイガーフォース(ATTF))に所属する約170人の反政府勢力の分隊が
バングラデシュからマニプールに大量の武器を輸送するという危険な作戦に着手。
武器は、アサルトライフル、ピストル、ユニバーサルマシンガン、手榴弾、弾薬で構成されていました。
インド反政府勢力のルートは、主にミャンマーのチン州の険しい丘を通りました。
彼らの計画は、バングラデシュからミャンマーまで、両国を結ぶインドのミゾラム州を経由する経路を描くことでした。
インド反政府勢力グループによると、期間は3週間以内であると推定されたが、人民解放軍PLA(インド)に所属していたガイドは、ミャンマーに足を踏み入れた後、ルートについて混乱した(迷った)。
そこで、チン州の村で偶然見つけたCNAの上級メンバーの何人かに
マニプールに至る正確なルートを示すように求めた。
 2008年に結成されたCNAは、チン国民戦線の武装組織です。
主にミャンマーのチン州で活動しており、チン族の自決権の確保、民主主義の回復、
ミャンマーでの連邦連合の設立を目的としています。
 CNAは、委託品の一部が彼らに与えられた場合にのみ、インド北東部からの反政府勢力の様相を支援する用意がありました。
 インドのグループは要求を受け入れることを望まなかった。
彼らは武器輸送を前進させましたが、数日以内に悪影響を与えるという誤ったルートをたどりました。
インドのグループの傲慢なジェスチャーに腹を立てたCNAは、
ミャンマーでの彼らの動きについてインド軍と治安機関に通知しました。

 
ゴールデンバード作戦を任された2人のインド陸軍司令官の1人である准将(引退)のルメル・ダヒヤは、CNAが特定の場所での反乱グループの実際の動きとミャンマー軍の列との関与の確認に関する情報を提供したと述べた。
「そのような情報はほとんど遅れて受け取られたため、実用的ではありませんでした。
 CNAはまた、ミャンマーの領土を移動中に列の尾を捕まえたときに、6人の武装勢力を殺害し、6つの武器を捕獲したと主張していた。
CNAはまた、PLA主導のグループの残りの武装勢力がマニプールに渡った国境の一般的な地域を暗示した。」と説明したと述べた。
彼は、CNAが
「彼らの助けの見返りに武器とお金で報われることを望んでいたので、情報を提供したかもしれないと信じています。彼らがミャンマー軍からの圧力を受けたとき、彼らがミゾラムで安全な避難所を探していた可能性もあります。」
ブリッグ:(Retd)Dahiyaのバージョンは、旅に参加し、現在アッサムに拠点を置くULFAの地上の過激派2人によって与えられたアカウントと一致します。
ミャンマー軍との遭遇後に弾丸で手を刺されたディワカル・モランと、手術中に医療ユニットを担当したビジュ・デカは、合意に至らなかった後の反政府勢力グループの動きに
CNAがインド軍に詳細を提供したことは間違いありません。
ULFAでの経験についてアッサム語で本を書いたDekaは、CNAとの会合は、バングラデシュのChittagong HillTractsでの歩行軍が始まってから10日後の3月25日にミャンマー領内で開催されたと述べました。
彼は、ULFAとPLAは、マニプールの目的地に到着する前に、インドとミャンマーの軍隊によって繰り返し待ち伏せされた後、深刻な人的枯渇に苦しんだと指摘した。ゴールデンバード作戦は5月21日に正式に終了しました。

CNAは先月(2022年1月)、ミャンマーのサガイン地域のセナムにあるPLAキャンプを攻撃したとしてニュースになりました。
おそらく攻撃は、人民防衛軍(PDF)に対して
Tatmadawと協力していると信じられているインドのグループを攻撃する
CNAの意欲によって促されました。
 ミャンマーの軍事政権が、ミャンマーの民間人の抵抗グループに対して、
インド北東部からのいくつかの反乱グループをますます利用していると主張する報告
https://www.thehindu.com/news/national/myanmar-army-stint-beefed-up-manipur-pla-intelligence-report/article65017711.eceが相次いだ。
これらのインドの分離主義者グループの多くは、すでにミャンマーにキャンプと訓練施設を持っていました。
これらは、Tatmadaw(ミャンマー軍)の一部との暗黙の了解を通じて存在していました。

 推定によると、 1988年から2012年の間にミャンマー軍との戦闘中に少なくとも70人のCNA職員 が殺害された。CNAは2008年に制定された憲法に反対したが、2012年に政府と停戦協定に署名した。
 昨年のクーデター後、CNAのランクは、さまざまな場所の施設で訓練を受けている新入隊員で膨れ上がったと伝えられています。
チン州で活動している他のPDF(CDFなど)と協力して、タッマドゥに対して協調攻撃を行っています。

Rajeev Bhattacharyyaは、インドのアッサムに住むシニアジャーナリストです。

CNF
チン国民戦線
ချင်းအမျိုးသားတပ်ဦး

Chin National Frontの軍事部門がCNAチン国軍です。

《インド側からミャンマー軍事政権軍をサポートしている敵 2》
Interview
◎Junta Enlists Indian Insurgent Groups to Fight Resistance Forces in Western Myanmar
ミャンマー軍事フンタは
西部のレジスタンス勢力と戦うために
インドの反乱グループを参加させる。
TheIrrawaddy2/2日(水)
https://www.irrawaddy.com/in-person/interview/junta-enlists-indian-insurgent-groups-to-fight-resistance-forces-in-western-myanmar.html
チン州のレジスタンスグループは、
インド北東部の分離主義者の反乱グループが、
チン州と隣接するサガイン地域で
ミャンマー軍のために戦ってきたと長い間主張してきた。
ミャンマー国内で活動しているインド北東部のマニプール州のメイテイ族の武装グループも、軍事政権と手を組んでいます。
一方、インド政府との合意の一環として民兵として活動しているゾミ革命組織/ゾミ革命軍(ZRO / ZRA)は、チン州の抵抗グループの基地を襲撃した。
1月、ZRAは、軍事政権と戦う民族武装抵抗組織であるチン国民戦線/チン国軍(CNF / CNA)と衝突した。

地元の抵抗グループは、
ZRO / ZRAがミャンマー軍事政権との理解に達したと主張している。
 しかし、地元の抵抗グループは
軍隊や独裁政権のために働くことを否定しています。
 チン州と隣接するサガイン地域は、昨年の2月1日のクーデター以来、
ミャンマーで最も落ち着きのある地域でした。
人民防衛軍(PDF)と民族武装組織、特にCNAの組み合わせが、軍事政権軍と戦っています。
CNF / CNAは、2015年10月にUテインセインの準文民政府と全国停戦協定(NCA)に署名しました。
しかし、影の政府である国民統一政府(NUG)の設立以来、
CNF / CNAはNUGと手を組んでいます。
軍事政権に対する人々の革命のために

1月、ZRAは、チン州のテディム郡区でCNAとローカルPDFの合同部隊と衝突しました。
ZRAは衝突中に少なくとも4人の戦闘員を失いました。
 CNFのスポークスマンSalaiHtet Niは最近、ミャンマーでの過激派インド分離主義者グループの活動についてイラワジに話しました。

テディム郡区でのZRO / ZRAとの戦いについて教えてください。

ZRO / ZRAに関しては、それがインド政府に反抗するグループであることを私たちは知っていました。
彼らはインド政府と停戦協定を結んでおり、インドでは民兵として活動しています。
しかし、彼らはミャンマーでも活動しており、東部ZROとして知られています。
 ゾミ族はインドだけでなくテディムにも住んでいます。
彼らはミャンマーの東部ZROとして活動しているため、
私たちを拠点から撤退させるよう常に脅迫してきました。
私たちは彼らに何もしていません。
しかし、[テディムで]地元のレジスタンスグループとクリアランス活動を行ったとき、彼らに遭遇し、衝突を引き起こしました。

彼らは1995年から1996年にかけて、私たちの拠点から撤退することを脅かしてきました。
当時、彼らはまだ国境のミャンマー側に基づいていませんでした。
以前の軍事政権と合意に達した後、私たちはテディムを基地にしました。

しかし、彼ら[ZRO / ZRA]は2020年と2021年にさらに活発になりました。
彼らは私たちの軍隊の一部を誘拐し、しばらくの間彼らを拘束し、テディムに留まらないように彼らに言いました。これは私達に私達の地域と私達の軍隊を保護するためにクリアランス作戦を実施することを余儀なくさせました。

1月16日に東部ZROが大隊を結成したと聞いたが、これは彼らとの頻繁な衝突につながるのだろうか?

それは主に彼らに依存します。
ZRAが軍事政権と一緒に軍事作戦を行っていることを非常に残念に思います。
私たちがZRAと衝突した理由の1つは、
衝突の前に、彼らがテディムに拠点を置くミャンマー軍部隊を
頻繁に訪問することを知ったからです。
彼らは、NCAに署名した後に開設されたCNFオフィスに対して2回の爆破攻撃を行いました。
彼らがそれを続ければ、私たちは自分自身を守り、彼らの攻撃を撃退します。
より多くの衝突があるかどうかはそれらに依存します。

CNFはZRAとの協議を行う予定ですか?

それは彼らのスタンスに依存します。
しかし、彼らが軍事政権について理解しているように見えることを考えると、彼らと話し合うことは非常に難しいでしょう。
現状では、協議の予定はありません。
しかし、衝突によって人々が危害を加えられた場合、私たちは悲しくなります。
私たちは人々のそばに立つために最善を尽くします。

1月中旬にトンザンタウンシップでメイテイ族の武装集団と衝突したと聞いた。それについて話してもらえますか?

トンザンには地元のレジスタンスグループがあります。
私たちは国家安全保障のために彼らと協力します。
私たちの土地で[アヘン]ポピーを栽培している外国の武装グループは受け入れません。
それを防ぐのは私たちの国の義務です。
一部のグループは、軍事政権との理解に達した後、麻薬ビジネスを行っています。
そこでセキュリティ操作を行ったときに衝突が発生しました。

CNFは、軍事政権がインドからの分離主義者グループを動員して、チンのレジスタンスグループを粉砕していると信じていますか?

はい、その通りです。
以前、軍事政権はケールとタム[インドと国境を接するサガイン地方の町]でも同じことをしました。
ミャンマー軍隊は麻薬取引に関与しています。
ZRAは、テディムでのレジスタンスファイターの軍事訓練を妨害しました。
彼らは抵抗基地を破壊し、彼らの指導者を拘束または殺害しました。
軍事政権によって犯されたものと同様の行動です。
彼らがそれを続ければ、それは私たちの人々と私たちの国家の安全に脅威をもたらすでしょう。
私たちCNFと地元のレジスタンスグループは協力し、それが起こらないように最善を尽くします。

私たちは、軍が他国の反政府勢力と協力しているのをただ待って見守るだけではありません。
私たちは国民を擁護し、国民の希望に応じて軍事独裁政権を排除するよう努めます。
国家安全保障上の義務として、軍事政権が外国の反政府勢力と協力することを阻止します。

《インド側からミャンマー軍事政権軍をサポートしている敵 1》

ゲストコラム
◎インドの反政府武装勢力は今やミャンマー軍と兄弟です
Indian rebels now brothers in arms with Myanmar military
1/27(木)TheIrrawaddy
https://www.irrawaddy.com/opinion/guest-column/indian-rebels-now-brothers-in-arms-with-myanmar-military.html
昨年2月1日のクーデターによって引き起こされたミャンマーで進行中の内戦は、何方かと言えば軍事政権の脆弱性を露呈させた。
優れた火力と軍隊の強さにもかかわらず、ミャンマー軍は、国のほとんどの人民防衛軍(PDF)や、さまざまな民族地域の民族武装組織(EAO)からの厳しい挑戦に直面しています。

何百もの民間の抵抗グループで構成されるPDFは、
軍事政権の正当性に異議を唱えるために形成された
並行する国民統一政府の武装部門です。

軍事政権によってテロリストグループとしてブランド化されたPDFは
軍事目標を爆破し、政権が任命した役人や協力者を殺害することに加えて、
軍事政権に対して多数の一撃離脱戦法を開始しました。
さらに、カチン独立軍KIA、カレンニー軍KA、チン国軍CNA、などのEAOは、
ミャンマーSACレジーム軍を頻繁に攻撃します。

PDF掃討に取り組むことで地獄に屈したミャンマー軍は、
現在、インド北東部の分離主義勢力を力の乗数として動員しています。
開発に詳しい人々によると、この動きは、ミャンマー国内で活動しているインド北東部のマニプール州からの少数の反政府勢力の衣装(認証)で、ミャンマー軍事政権が明らかに理解に達した後に起こります。

インドは、ミャンマーとの長さ1,643kmの多孔質の国境を共有しています。
国境を越えた反乱は、数十年の間、インドの北東地域に対する主要な安全上の脅威であり続けています。
起伏の激しい地形は、インドの反乱軍が彼らの陣営とフロンティアのインド側の待ち伏せ場所の間を行き来するのを容易にします。

ミャンマー軍の秘密協定

ミャンマー軍は最近、
少なくとも2つのマニプールを拠点とする反乱軍の部隊、
人民解放軍(PLA)とカンゲリヤウォルカンナルップ(KYKL)と
非公式の協定を結んだと考えられています。
PLAは1970年代からインドからの離脱を目指して戦ってきましたが、
KYKLは1990年代に設立された比較的新しい組織です。

クイドプロクォーの取り決めの一環として、これらのグループは、
チン州やサガイン地域などのいわゆる「解放されたゾーン」でのPDFに対する軍事政権の作戦を支援します。
情報筋によると、マニプリの武装勢力の一部はずっと前にチン州に移動していたという。

ちなみに、1月13日、インドの特殊部隊がチン州のセナム村にあるPLAキャンプに奇襲攻撃を仕掛け、2人のPLA過激派と1人のインド人兵士が殺害されたとの報道があった。
インド陸軍はそのような事件は起こらなかったと言ってこれらの報告を拒否したが、反政府勢力グループと地元の情報筋は疑惑の作戦の詳細を提供した。

https://eurasiantimes.com/indian-army-21-para-sf-linked-to-nagaland-anipuri-rebels-myanmar/

国境会議でのミャンマー軍とのアッサムライフル(AR)。ARはインドと隣国との国境を守っています。(AR写真)
(アッサムライフルはインド国境警備の準軍事組織。
ミャンマー軍事政権のBGFのような感じ)

それにもかかわらず、インド新聞によると、マニプリ反政府勢力とのミャンマー軍の秘密協定に関する報告は、ニューデリーのインドの首都で懸念を引き起こしました。
インド政府はこの件について公式のコメントをしていませんが、民主主義がミャンマーに回復するまでは通常のビジネスにはなり得ないというメッセージを送りたいと考えています。

インドのハーシュ・バルダン・シュリングラ外務次官が先月ミャンマーを訪問したことを考えると、インドの欲求不満は理解できます。省は声明で述べた。

Brothers in Arms

しかし、ミャンマー軍がインド北東部の武装勢力と理解を深めたのはこれが初めてではない。
たとえば、マニプル人民解放戦線は、ミャンマー軍との関係を長い間維持してきたと考えられており、これにより、ミャンマー軍の拡大、合宿、国のさまざまな地域への投資が容易になりました。

同様に、ミャンマー軍とナガランド民族社会主義評議会(Khaplang)またはNSCN(K)の間には、敵対行為を減らすために2012年に正式な停戦協定に署名するまで、非公式の協定が存在していました。
 このボノミーは、NSCN(K)だけでなく、アッサムからのボドランド民族民主戦線の解放戦線やマニプリの衣装など、インド北東部のさまざまな反乱軍の衣装にも恩恵をもたらしました。
ナガグループと一緒にキャンプを運営していた。

ニューデリーがインドの治安部隊への攻撃を受けてこれらのグループに対して行動を起こすようミャンマー軍に圧力をかけたとき、事態は南下し始めました。
2015年6月4日にマニプールで18人のインド軍兵士が死亡した。
インド陸軍の輸送車両団への待ち伏せ攻撃がターニングポイントでした。
これに応じて、インドの特殊部隊がミャンマーでサージカルストライキを実施した
と報じられているが、その結果は依然として謎に包まれている。

それにもかかわらず、ミャンマー軍はインドからの圧力に屈し、取り締まりを開始することに同意した。
サンライズ作戦は、2019年1月から5月にかけて、アッサム、マニプール、ナガランドのインド反政府勢力を対象とした国境地帯で、インド軍とミャンマー軍が共同で実施しました。
2018年まで、ミャンマーにはこれらの過激派グループに属する少なくとも50の反政府勢力キャンプがありました。
ヒンドゥー紙は治安当局者の言葉を引用したと報じました。

その後、これらのグループの一部は、サガインやパンミナガ族が住む地域など、他の地域に移動しました。

2021年のクーデターは、インドの反政府勢力グループにとって有利な状況になりました。
ミャンマー軍がPDFやEAOとの戦いに完全に専念しているため、
 これらの部隊の一部は再編成し、新しい幹部を雇用し始めています。
インド政府高官は、このことを外交官から確認しました。

ミャンマーの軍事政権は資源を最大限に活用しようとしているので、
彼ら(ミャンマー軍事政権)はインド北東部の反政府勢力に焦点を合わせた可能性があります。
PDFと戦うために展開できる友好的なマニプリ反乱グループとの非公式の協定。

その一部として、インドはこれらの進展を注意深く監視し、
国境地域でのインド反政府勢力の活動に対処するための新しい戦略を策定する可能性があります。
ミャンマーの状況は依然として流動的であり、
ミャンマー軍事政権は信頼できないように見えるため、
インド軍による奇襲攻撃の可能性も選択肢となる可能性があります。

Jayanta Kalitaは、ニューデリーを拠点とするシニアジャーナリスト兼作家です。
彼は、インドの北東部とそのすぐ近くに関連する問題について書いています。
表明された見解は彼自身のものです。

:関連記事
1日前のゲストコラム
1/26(水)TheIrrawaddy

◎India’s Ties With Myanmar Junta in Focus After Chin Group’s Attack on Manipur Rebels

https://www.irrawaddy.com/opinion/guest-column/indias-ties-with-myanmar-junta-in-focus-after-chin-groups-attack-on-manipur-rebels.html
・・・略
1月14日、チン国民戦線の武装勢力であるCNAの部隊が隣接するサガイン地域に移動し、
インドの武装勢力であるマニプリ人民解放軍(PLA)が運営する基地を攻撃しました。
PLAはTatmadawと協力するだけでなく、ミャンマーで起こっている危機の中で維持しようとしている繊細な軍事政権中心のバランスからインドを少しずつ動かすこともできます。

作戦に関する詳細な知識を備えた優れた民族情報筋は、夜明けの襲撃が人民解放軍の「総本部」を襲ったことをイラワジに明らかにしました。
そこから、グループはインドのマニプール州に国境を越えた襲撃を開始しました。
 PLAの推定120のゲリラと、少なくとも1つの他の連合国のマニプリ反乱派閥を収容する基地は、国境の町タムの南にあるミャンマー領内のセナム村の近くにありました。
CNAの現場報告にアクセスした情報筋によると、この交戦で10人から20人のマニプリの反乱軍が殺害され、数時間続き、1人のCNA戦闘員が死亡した。

先週インドのメディアで報道されたこの作戦は、少なくとも1つの出版物によって、CNAではなくインド陸軍の特殊部隊によって行われた国境を越えたストライキとして説明された。
1月17日、インド軍は関与したという憶測を正式に却下しました。
いずれにせよ、インド軍の能力と反乱軍に負わされた死傷者の数が比較的少ないことを考えると、これはありそうもないように見えました。
 対照的に、明らかにタッマドゥ(ミャンマー軍)の同意を得て、
ミャンマー国内で聖域を享受しているインドの武装勢力に対する標的型CNA作戦は、
チングループがインド当局をより寛容な関係に導くためにその立場を活用しようとしていることを強く示唆している。 このような関係の改善は、CNAと同盟のチンPDF(CDF)が抵抗を打ち砕くための激化するタッマドゥキャンペーンに直面しているチン州での戦争に潜在的に重大な影響を与えるでしょう。
昨年9月に始まった空爆に後押しされたミャンマー軍の作戦は
ここ数週間で急激に拡大している。


2021年12月下旬に非公開の場所で訓練卒業式の間にパレード中のチン国軍兵士。/チンランド情報センター

CNAのキャンプビクトリア本部は、タントランの町の西にあるミゾラムとのチン州の国境にあります。現在は、タッマドゥ軍によって略奪された後、ほとんど廃墟となっています。
キャンプビクトリアは、PDFトレーニングの中心として、またサガインとマグウェ地域から州に押し寄せるタッマドゥの列から逃げる民間人の避難所としての役割を果たしてきました。

しかし、今日までインドの国境部隊がインドの闇市場からチンの抵抗への軍需品の密輸に目をつぶることをいとわないという兆候はありませんでした。
確かに、準軍組織のアッサムライフル国境部隊は、明らかにミャンマーに向かっている国境のインド側で一連の弾薬の押収を発表した。
最大のものは、1月20日にミゾラムのサイハ地区で阻止された2,500kgの爆発物と4,500メートルの導爆線の大量の積荷の押収に関係していました。

ネピドー政権と中国との国境に沿った警戒は、
軍事政権との熱狂的な関係がなくなったとしても
正しい状態を維持するというニューデリーのクーデター後の政策の重要な要素の1つであります。

しかし、インドの治安機関にとって、
ミャンマー国内に、インドの激動する北東部全体からの反乱を起こした派閥のスモーガスボードのための聖域を提供する一連のキャンプの存在は、長年の欲求不満の源でした。
 最近の推定によると、ミャンマー国内には少なくとも3,000人、場合によってはその2倍の数のインド反政府勢力が収容されています。

ネピドーからの繰り返しの高レベルの保証にもかかわらず、
その方向への時折の化粧品のジェスチャーによって甘くなり、
すべてではないにしても多くの反乱軍の陣営が地元のタッマドゥの司令官に彼らを平和に残すために報いていると理解されています。
 最近では、関係は、インドのグループがタッマドゥ(ミャンマー軍)によって武器を提供され、
地元のPDFに対してミャンマー軍事政権と共に戦うか
またはそのために戦うことを含む作戦レベルにまで拡大し、
事実上別の政権民兵(ミャンマー軍の民兵)となったと伝えられています。

2021年11月、ミャンマーで活動しているPLAゲリラがマニプールのチュラチャンドプール地区でアッサムライフルの車両を待ち伏せし、大佐、彼の妻、4歳の息子、および他の4人の軍人を殺害したとき、
インドの欲求不満は
生の怒りに変わりました。

CNAチン国軍が、認識されているタッマドゥの重複に対するインドの不信と怒りの高まりをその利点に変えることにどれだけ成功するかはまだ分からない。
しかし、賭け金は間違いなく高いです。
インドの国境部隊と主力のチン州レジスタンスグループとの間の暗黙の了解は、
チン州全体、そして潜在的にはサガインとマグウェ地域を超えた紛争に
重大な影響を与える可能性があります。

少なくとも、インドの国境部隊は、闇市場の軍需品のまだ限られた流れを阻止する際に、これまでに示された警戒を緩和する傾向があるかもしれません。

インドはタイとともに、ミャンマー国内でますます悲惨な状況を緩和するために人道支援を提供する必要性について米国が主導する国際的な懸念の高まりの中で言及されています。

過去1年間、バンコクとニューデリーの両方が、タッマドゥに公然と敵対することを避けるために苦労してきました。援助回廊について。
しかし、ニューデリーでの苛立ちが
怒りに変わるにつれて、
インドは、すでに日米豪印戦略対話(QUAD)グループのメンバーであり、
米国との軍事関係の拡大を楽しんでいます。QUADは、米国、インド、日本、オーストラリアをグループ化しています。
 対照的に、タイの軍事政府は、中国の影響力の高まりとミャンマーの天然ガスへの依存に制約されており、
西側の国境を越えて展開する人道的災害を緩和するための米国主導の取り組みにさらに関与することに関心を示さなかった。

地政学的な現実を超えて、地元の抵抗勢力が広く団結しているチン州は、
混沌とした軍事的断片化と国境の衝突が日常茶飯事であるミャンマー東部国境のカレン州よりも、
援助回廊のためのより広くより安全な橋頭堡を提供していることは間違いありません。

軍事レベルでは、CNAのサガインへの進軍と1月14日のインドの反乱軍陣営への攻撃は、
拡大する戦争でほとんど見過ごされていた戦いでした。
ニューデリーがミャンマーの安全保障の崩壊への対応をどのように調整するかについてのそのより広い意味は、はるかに重要であることがわかるかもしれません。

Anthony Davisは、ジェーンディフェンスパブリッシンググループの地域セキュリティアナリスト兼コンサルタントです。

[これらの記事から察するに
どちらもCNAということなのか? ミャンマー領内に越境し特殊作戦用ヘリで
サガインのPLAを奇襲したのはインド陸軍 21Para Special Forcesで、
セムナ村近くのマニプール側へ越境攻撃したのがCNAチン国軍で
共同作戦かどうかは不明。
ミャンマー軍事政権軍&インド反政府武装組織
     VS
チン州民族軍とPDF連合&インド治安機関(+陸軍)]

サイレントストC0177D0B-9C54-4853-A2F3-D62A9B2CBEFC
FB1/22日、TheIrawaddy1/26日(水)、その他・・
2/1(火)~2(水)日同上、その他店主筆。

    人々が権利を取り戻し、
クーデター以来、逃げることを余儀無くされた人々が
今年、勝利を収めて家に帰る事ができるように誓いとして、

『Let's fight for the way home』と名付けられた
  ”サイレントストライキ”
軍事クーデターから1年が過ぎた2月1日、
ミャンマー時間 午前10時〜午後4時まで
ミャンマー全国の市民と反レジームグループは
サイレントストライキを行った。

前回は昨年12/10日に行われた。
市民一人一人の強い意志が今回も示された。

  大いなる力!
  大いなる輪!

https://www.irrawaddy.com/news/burma/despite-junta-threats-myanmar-people-mark-coup-anniversary-with-silent-strike.html
・・・略
抗議を思いとどまらせるために、レジームは 、2月1日に事業を閉鎖することを顧客に通知した12人以上の店主を逮捕しました。
市場のオーナーは、「レジームを恐れて店を出さなければならなかった。しかし、私たちは軍事政権を受け入れません。」
沈黙のストライキを妨害する他の試みでは、
軍事政権は買い物旅行を組織し、
人々をヤンゴンのスーパーマーケットに輸送し、
また、軍事政権が任命した村と区の管理者に、モビ郡区のヤンゴン-パイ高速道路で車やバイクの乗り物を組織するように依頼しました。
ストライキの時間帯に道路に人がいたことを確認してください。
 軍事政権はまた、マンダレーでのストライキの時間中にすべてのモーターサイクリストに1リットルの無料ガスを与えながら、サイレントストライキを妨害するためにバゴーとマンダレーの親軍支持者の間でマラソンと自転車レースを開催しました。

ネピドーの市場は、火曜日の全国的なサイレントストライキ中に
軍事政権によって開かれることを余儀なくされたにもかかわらず、
顧客を見ませんでした。/ネピドー評議会


DVBビルマの声2/1日サイレントストライキ最中

軍事政権SACは1/25火曜日に
「抗議に参加したり、抗議に関する情報を共有したりする人は、テロ対策法に基づくテログループの支援、刑法および電子取引法に基づくその他の犯罪を含む既存の法律に基づいて起訴される」と発表していた。


警告は、前回12/10日のサイレントストライキで全国で5400万人以上が視界から外れ、毎日お金を稼ぐ必要のある道端の業者でさえ事業を開くことを拒否した後の抗議を防ぐための試みです。
それは、「正常」が国に戻ってきていると主張する軍事政権にとって大きな恥ずかしさでした。

今回のサイレントストライキは第3回目となります。
1回目は昨年3月24日
2回目は12月10日に行われた。

Interview
◎CDM Strikers Will Fight Myanmar Junta Until the End
CDMストライカーたちは
ミャンマー軍事フンタに
最後まで(勝利するまで)
戦う!
[皆、様々な状況、自らの置かれた立場、事情はそれぞれ異なるが、
皆、それぞれ、自らが出来ることをやる。
そして大きな輪になる。
大いなる輪!
共に立ち向かう大いなる輪の一人一人。]

2/9(水)TheIrrawaddy
本文はリンク先から、
4〜5名の方々のインタビュー記事。
おなじみの元軍大尉からPDFの女性医療戦士、医科大学学長、カヤー(カレンニー)の警察少尉、ミャンマー鉄道員、医者、

https://www.irrawaddy.com/news/burma/cdm-strikers-will-fight-myanmar-junta-until-the-end.html

[ラカイン州の民族宗教人口問題は
”ミャンマー西門の難題”として、
軍事政権が倒された後も深く重くのしかかります。]

Guest Column
◎ミャンマーとバングラデシュの国境におけるロヒンギャの状況はますます危険になっている
1/25日TheIrrawaddy
https://www.irrawaddy.com/opinion/the-rohingya-situation-on-myanmar-bangladesh-border-is-getting-more-dangerous.html
2021年2月1日以来、ミャンマーの人々は、クーデター、
ヤンゴンとマンダレーの路上での戦い、経済崩壊、高地戦争の再開に焦点を当てて、内向きに目を向けてきました。

ミャンマーとバングラデシュの西側の国境で迫り来るもう1つの大惨事は、2012年と2017年に約100万人のロヒンギャ難民がタッマドゥ(ミャンマー軍)によって家を追われ、サイクロンが難民キャンプを溺死させるのを待っています。
一方、バングラデシュ政府は、バングラデシュの負担は不当であり、ラカイン州に戻る難民によって解決されなければならないと主張して、外交官はそのサーベルをガラガラと鳴らしている。
遠い国の国際的な関係者はしばしば同意し、そのような「帰還」政策は、バングラデシュのような「第二国」またはもっともらしい第三国定住よりも母国への帰還が好ましいと主張する国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の政策と一致していると指摘する。
しかし実際には、難民のための自主的帰還の教義は単純すぎて、
難民の状況に対する固有の複雑さを反映していません。
その結果、コックスバザールの難民キャンプのような長期的な「一時的な」状況が発生します。
この難民キャンプは、1978年以来、開放、閉鎖、開放されています。

もちろん、バングラデシュには、今日大規模な難民を受け入れている他の数十か国と同じように、意味があります。
難民のホストは、そもそも難民を作る国や難民を押し戻す国よりも、
平和を守るためにはるかに多くのことをします。
しかし、難民受け入れ国は常に、隣人の暴力的な過剰の犠牲者を惜しみなく受け入れるだけです。
残念ながら、受け入れ国はUNHCRと協力して、最初に難民を強制送還から保護し、次に「負担分担」という名目で国際支援を求めています。
これは、コックスバザールのような場所で大規模なキャンプを維持するために必要な資金です。
これは、受入国がUNHCRから「無料のもの」無償支援を受け取っている外国人に対する
外国人嫌いの恨みに対処している場合でも起こります。地元の人は尋ねます。

しかし、バングラデシュのような難民ホストへの批判は、悪い状況をさらに悪化させるリスクがあります。バングラデシュは、100万人のロヒンギャがミャンマーでの冷酷な民族浄化活動から避難することを惜しみなく許可しました。
このため、UNHCRは、このおもてなしをバングラデシュに補償しようと、ドナー会議で帽子(寄付を募る)をかぶっています。
難民危機ごとにUNHCRのコレクションハットに投入される金額は、通常、難民を維持するには不十分であり、外国人排斥の緊張を悪化させるだけです。
その時点で、バングラデシュのような受入国は国外追放で脅かし、
難民を強制送還することについて話します。軍隊と警察を使って母国に強制送還。
これは1996年から1997年のthe Great Lakes of Africa は最も悲劇的でした。
中央アフリカの軍隊が約200万人のルワンダ人をルワンダに移送し、
数十万人がコンゴのジャングルに逃げ込み、
そこで多くの人が飢え、病気、暴力で亡くなりました。

耐久性のあるソリューションではありません

バングラデシュのレトリックにもかかわらず、
最大の犠牲者は、ミャンマー軍から始まったより大きなゲームのpawnsであるロヒンギャ難民です。
しかし、彼らの状況は、ラカインへの迅速な自発的な帰還を主張することによって悪化することでしょう。
過去40年ほどのロヒンギャの歴史を振り返ると、UNHCRとバングラデシュの本国送還政策の有効性に疑問が投げかけられます。

ミャンマー軍は1978年にロヒンギャをラカイン州からバングラデシュに「ドラゴンキング作戦」で強制的に送り込んだ。
約20万〜25万人がバングラデシュに向けて出発し、ミャンマー(当時はビルマとして知られていました)とバングラデシュ政府との間の合意の結果として、その年の後半に約18万人が帰国しました。
70,000人はおそらく木工品に姿を消しました。
その後、1991年から1992年にかけてラカインのミャンマー当局は「清潔で美しい国作戦」を実施し、ミャンマー当局によるラカインからの別の追放があった。
繰り返しになりますが、ミャンマー、バングラデシュ、UNHCRが交渉した20万〜250,000人の出国と15万人の迅速な帰還がありました。
会計から欠落していたのは50,000〜100,000でした(つまりバングラデシュに留まったか亡くなった)。
次の大規模な脱出は2012年であり、その後、別の帰還の呼びかけがありました。
2012年のラカインへの帰還はこれまでのようには発生せず、ラカインに戻るロヒンギャは少なくなり、キャンプは開いたままでした。
しかし、その後、2017年に壊滅的な追放が起こりました。
ラカインで10,000人を超える暴力的な死者が出た(大虐殺)後、
さらに60万〜80万人のロヒンギャがバングラデシュに押し込まれました。

2017年、ラカインの状況はさらに悪化しました。
内戦は、AAアラカン軍がKIAカチン独立軍の支援を受けて現在統治している独自の領土を切り開いたときに勃発しました。
ロヒンギャ難民は、コックスバザールの危険な沿岸地域にいまだに置き去りにされており、
UNHCRの本国送還プログラムに「ボランティア」をしていません。
彼らはラカインのどこに行きますか?
選択は、そもそも彼らを追放したタッマドゥ(ミャンマー軍)によって支配されている領土か、
独自の戦争に従事しているAAアラカン軍のどちらかです。

平和構築

難民の保護と第三国定住は、第二次世界大戦以来採用された最大の戦争予防戦略の1つです。
そして、これがバングラデシュが実際に世界に貢献していることです。
暴力的な状況から難民を避難させることは、難民を追放した母国だけでなく、
難民を「不法移民」と改名することで国内の構成員をなだめる可能性があるバングラデシュのような受入国からの攻撃から彼らを保護します。
難民を受け入れることも戦争と虐殺の防止戦略ですが、
そのように組み立てられることはめったにありません。

しかし、難民を受け入れることは危険です。
難民キャンプは常に国境の近くにあり、難民は彼らを迫害した自国政府に常に反対しています。
難民キャンプは、母国による攻撃、難民の若者の過激化、および武装集団のためのキャンプの軍事化の危険を冒しています。

難民に安全な避難所を提供することは、「クーリングオフ」期間を許可することにより、短期的には自国と受入国の間の戦争を防ぐことができます。
潜在的な戦闘員には、母国、受入国、第三国、そして難民自身が含まれます。
しかし、難民の長期的な存在はまた、長期的に戦争の可能性を高め、おそらく永続的な解決策の可能性を低くします。
例としては、中東のパレスチナ難民(1940年代以降)、パキスタンのアフガニスタン難民(1980年代以降)、
コンゴのルワンダン難民(1994年以降)などがあります。
難民キャンプは難民の犠牲者にとって危険であり、すべての人にとってエスカレーションと新たな戦いの危険があります。
長期的な難民の存在は、新たな戦争を引き起こす可能性があります。

時代遅れの教義

難民についての言説は、通常、権利が主張され、過失が割り当てられる、律法主義的な権利に基づく教義に組み込まれています。
しかし、これは難民の状況の政治的、社会的、さらには軍事的性質を単純化しすぎています。
全体像では、難民は、国境、市民権に関する書類、および「私たち」の二分法を主張する現代の国家システムの悲劇的な副産物です。
そのような区別は自然であり、人間はそれぞれが蜂のように故郷の領土を持つ異なる種の人間に分割可能であるというふりがあります。
しかしもちろん、これは自然なことではありません。
このようなカテゴリには、歴史的および法的な起源があります。
たとえば、ロヒンギャの場合、権利と権利の欠如は、英領インドと英領ビルマの植民地主義の残骸から生まれ、ロヒンギャはおそらく「私たち」ではないと主張したビルマの国民主義者によって活用されました。
一方、バングラデシュ政府は、ロヒンギャはミャンマー出身であり、バングラデシュ出身ではないと合法的に主張している。
ロヒンギャに関しては、どこにでもいる難民のように、難民が常に負けるミャンマーとバングラデシュの間の椅子取りゲームを含む法的な操作については、実際には相談されていませんでした。
それで、あなたが知っている次のことは、
ラカインがロヒンギャから民族浄化されており、
100万人がコックスバザールで無国籍の無期限の地位に直面しています。

難民の権利をめぐる争いの中心に座っているのがUNHCR国連難民高等弁務官事務所です。
UNHCRは、進行中の戦闘からの潜在的な聖域を提供するため、
危機の始まりに落ち着いた存在です。
しかし、UNHCRの本国送還の原則が始まると、ほとんどの難民にとって、
受入国での第三国定住と第三国定住はテーブルから外され、
難民は「帰国」するという主張があります。
これは、その家のボラティリティとは関係ありません。
それでもホスト国は、国内の構成員を和らげ、
長期的なコミットメントを回避できるふりをするため、本国送還の教義を好みます。

したがって、バングラデシュは、ロヒンギャの外国人が一時的に滞在してからミャンマーに戻ることを市民に保証した。
これは、バングラデシュが1978年以降、1991年から1992年にかけて行ったように見えることです。
しかし、おそらくロヒンギャ自身だけが覚えているように、
この本国送還政策は長期的には多大な費用をかけて失敗しました。
そのため、ロヒンギャはラカインに戻るのではなく、脆弱な難民キャンプに座って、今日もバングラデシュにいます。  1945年にナチスの強制収容所から救出された後、生き残ったドイツの少数のユダヤ人が疑問に思ったのと同じ質問です。
ドイツに戻った人はほとんどいませんでした。ほとんどがイスラエルに行きました(皮肉なことに、彼らはパレスチナ人を追放しました。その多くはまだ難民です。 )、または勝利した連合国の1つ。

確かに、そのような再定住の機会を提供することは「ただの」解決策ではありません。
結局のところ、ミャンマーの将軍は民族浄化をやめています。
むしろ、少なくとも今のところ、それは最良のシナリオです。
時々、中期的には、永続的で公正な解決策は、ミャンマー、バングラデシュ、または他の場所で、
難民が平和に生活を再建できる場所に移動することです。
ポイントは、一時的な難民キャンプを閉鎖することです。
正当な解決策には、ラカインから追放された人々のために、将来の平和なミャンマーへの帰還権の国際的承認も含まれる可能性があります。
奇妙なことに、この権利は、1980年代にインドで難民となった後、現在のバングラデシュ首相自身によって行使されました。

難民政策の重要性

もちろん、バングラデシュは独自の方法で正しいです。
国は、地理的な事故のために、世界の他の国々を代表して難民を歓迎することによって負担を受け入れています。
うまくいけば、バングラデシュは避難所を提供し続けます。
短期的には、「台風の路地」にある低地のキャンプでさえ、
神経質な敵の不安定な領域(ラカイン)に戻るよりも優れています。

しかし、バングラデシュ、UNHCR、そして難民自身にとっての本当の課題は、
ロヒンギャのキャンプをできるだけ早く閉鎖することです。
コックスバザールの「一時的な」キャンプがより恒久的になることを誰も望んでいません。
しかし、真実は、国際社会とバングラデシュには「ロヒンギャ問題」に対する良い迅速な解決策がないということです。
したがって、ポリシーは代わりに「最も悪い」代替案も特定する必要があります。
バングラデシュや他の場所での定住は、
特にラカインへの帰還がより多くの戦争の危険を冒す場合、「最も悪い」選択肢の1つであり、
現状は、かつてないほど危険な「台風の路地」での難民の若者の過激化を意味します。

長期的な難民の状況がいかにうまくいかない、かの劇的な例には、
1948年に現在のイスラエルから追い出され、中東全体に広がり続けている無国籍のパレスチナ難民が含まれます。
パキスタンのアフガニスタン難民。ケニアのソマリア。
それほど劇的ではありませんが、より成功した例はゆっくりとしか思い浮かびません。結局のところ、統合が成功しても見出しにはなりません。
難民の解決に成功したのは、2015年以降のドイツのシリア人、1972年以降のタンザニアのブルンジアン、
1975年以降の東南アジアのインドシナ人、そして世界中に広がるホロコーストのユダヤ人犠牲者を含む第二次世界大戦後の難民です。

ロヒンギャ難民自身に最終的に何が起こるかは、部外者の政策、特にミャンマーだけでなく、UNHCR、バングラデシュなどの政策にも対応するでしょう。
これらの政策は、UNHCRの本国送還の原則の曖昧さからは浮かびませんが、国際社会が最も力がなく、最も脆弱な人々に代わって犠牲を払っています。

トニー・ウォーターズは、パヤップ大学の社会学教授であり、チェンマイの宗教文化平和研究所の所長です。
彼は、平和構築における大学の博士課程プログラムで、ビルマ人、カレン人、および他の学生と協力しています。
彼は、グッドサマリア人の事務局化などの難民救済と開発に関する学術書や記事の著者であり、イラワジへの時折の寄稿者でもあります。彼はwatersanthony777@gmail.comで連絡することができます。

:

◎Rise of Rakhine Rebels Poses Challenge for Myanmar Junta
AA(アラカン軍)VSミャンマー軍事政権
TheIrrawaddy1/20(木)
https://www.irrawaddy.com/opinion/guest-column/rise-of-rakhine-rebels-poses-challenge-for-myanmar-junta.html
ミャンマーの少数民族地域では激しい戦闘が激化しており、昨年のクーデター以来、人民防衛軍PDFと呼ばれる地元の抵抗グループとミャンマー軍との衝突がほぼ毎日発生しているが、国の西部のラカイン州はおおむね平和である。
州の主要な反政府勢力であるアラカン軍(AA)は、2月1日のクーデターの数か月前にミャンマー軍と非公式の停戦協定を締結し、これまでのところ停戦は続いているようだ。
しかし残念なことに、AA、より具体的にはその政治部門であるユナイテッド・リーグ・オブ・アラカン(ULA)は、平和を利用して、独自の司法機関、歳入局、公安部門、その他政府機関を備えた州内の独立した政権を構築しました。
一方、ミャンマー軍事政権軍は、はミャンマー中の多くの面に広がっており、ラカイン州の支配を再確立するために必要となるであろう数の軍隊を送る余裕はほとんどありません。
しかし、それは脆弱な停戦協定であり、誰が誰を最初にいつ攻撃するかという問題です。

ミンアウンフライン将軍がラカイン州に新しい戦線を開くことを決定した場合、
彼らは手ごわい敵に立ち向かうことになります。
2009年の謙虚な始まりから、AAはミャンマーで最も強力な反乱軍の1つに成長しました。
もともとは、当時31歳だったTwan Mrat Naingが率いる若い民族主義者のグループによって形成され、
カチン州のHpakant翡翠鉱山で働く多くのラカイン民族から採用されました。
カチン独立軍 KIAによって最初に訓練された彼らは、ミャンマー軍が中国国境沿いの反政府勢力基地に対して大規模な攻撃を開始した2012年に最初に戦闘を見ました。
3年後、AA軍は、2015年にシャン州のコーカン地域で、パラウン民兵、タアン民族解放軍、ミャンマー民族民主同盟軍の兵士と一緒に戦った。
AAは急速に成長し、その事業のほとんどを故郷のラカインに移しました。
何千人もの若い男性と女性の民族主義者がAAに参加するために群がり、ミャンマー軍と激しい戦いが繰り広げられました。

現在43歳で少将のTwanMrat Naingは、ラカインの首都シットウェで生まれ、大学で法学を学びましたが、学位を取得せずに去りました。
最近のインタビューで、彼は多くのラカインが彼らの状態とその長くそしてしばしば混乱した歴史に対して感じる誇りを強調しました。
以前はアラカンとして知られていたラカインは、1784年後半にビルマ人に侵略され、翌年、コンバウン王朝のボードーパヤー王が統治した領域に併合されるまで、独立した仏教王国でした。
占領に対する抵抗は、1824年から1826年の第一次英緬戦争まで続いた。
アラカン地域は、南東部のテナセリム[現在はタニンダーリ地域の一部]とともに、英国の所有物(植民地)になりました。

平和は、ミャンマーが日本人に占領される第二次世界大戦前までありました。
—そしてそれはアラカン内で深刻な分裂を引き起こしました。
ほとんどの仏教徒のアラカイン人はビルマ独立義勇軍、つまり日本人を支持しましたが、
アラカン北部のイスラム教徒の大部分は植民地支配国である英国に忠実であり続けました。甚大な残虐行為が双方によって行われ、それらの傷は完全に治癒したことはありません。

1948年のイギリス軍の離脱は、アラカンでの事実上の内戦につながりました。
イスラム教徒のムジャヒードゲリラ(当時はまだロヒンギャとは呼ばれていませんでした)は、東パキスタン(今のバングラデシュ)との国境に沿って基地を設立し、当初は独立したパキスタンに加わりたいと考えていました。Bonbaukまたは「爆弾投下者」ThaGyawが率いる共産党(赤旗)(CP [RF])も政府軍と戦い、「アラカンの王」として知られる元僧侶であるU SeinDaも戦いました。
ビルマの主要な共産党(CPBビルマ共産党)もアラカンに拠点を設立し、CP [RF]からの離脱過激派は別のアラカン共産党(CPA)を結成し、自分たちの人民共和国を設立したいと考えていました。

何年にもわたって、ほとんどの反政府勢力は崩壊しました。1961年、当時のU Nu政府が、イスラム教徒が明らかに過半数を占めるマウンドー、ブティダウン、ラテダウン西部の町を含むマユフロンティア政権と呼ばれる自治区を設立することに合意したため、最後の500人のムジャヒードが降伏しました。

1962年のネウィン将軍のクーデターはこれらの努力に終止符を打ち、一部のイスラム教徒は新しいグループを結成しました。
特に、1975年にロヒンギャ愛国戦線となったロヒンギャ独立軍です。
しかし、それらのグループは小規模であり、彼らの活動はバングラデシュのチッタゴンにある彼らの事務所からのチラシやニュースレターの発行に限定されていました。


2019年 AAチーフ少将TwanMratNaing。/TheIrrawaddy

「Bonbauk」ThaGyawは1955年に降伏し、U Sein Daは1958年に降伏しました。
CP(RF)のメインリーダーであるThakin Soeは、1970年にArakanYoma山脈近くのThanChaungキャンプで捕らえられました。
CPBの地元の指導者であるKyawMyaは、1979年にアラカンを離れ、バングラデシュに行きました。
そこで中国大使館は、彼が中国に進み、シャン州のワヒルズにあるパンカンにある党本部に行くのを手伝いました。CPBのローカルリーダーとしての彼の後継者であるYeTunは、1980年の大赦の間に降伏し、CPAリーダーのKyaw ZanRheeも降伏しました。
タイ国境では、1972年にアラカン解放軍と呼ばれる小グループが結成されたが、メーソットの北にあるカレン民族同盟の本拠地であるカウムーラに拠点を置く兵士はほんの一握りしかいなかった。

1974年にラカイン州と改名されたアラカンでは平和が広がっているように見えたが、その後1988年に全国的な民主主義の蜂起が起こった。
Kyaw ZanRheeや「Bonbauk」ThaGyawなどの古い戦闘員の一部は、再浮上し、民主化運動に参加し、アラカン人民連合組織と呼ばれる地上の合法的な党を結成しました。
アラカン民主主義連盟(ALD)と呼ばれる別のより強力な合法政党も出現し、U Saw MraAung博士と歴史家UOo ThaTunが主導しました。
ALDは1990年の総選挙に参加しましたが、そのMP選出者は、他のすべての選出された政治家と同様に、ヤンゴンで議席を占めることを許可されていませんでした。
選出された国会は決して召集されず、代わりに、新しい憲法を起草するために主に軍が任命した国民公会が召集された。U Oo Tha Tunは1991年に刑務所で亡くなりました。

そのような背景に対して、そしてアラカン/ラカインの長い抵抗の歴史を考えると、
新しいAAとULAが非常に急速に成長し、今日のようになったことは驚くことではありません。
または、ミャンマーの専門家マーティン・スミスがアラカン(ラカイン州)で書いたように:2019年12月にオランダに本拠を置くトランスナショナルインスティテュートによって発行されたミャンマーの西部フロンティアの紛争の土地:「[多くのラカイングループ]の中でULAだけができた新しい組織とみなされます。
しかし、その支持者が指摘するように、ULAには他の組織のメンバーが含まれており、1948年の独立にまでさかのぼる武装したラカイン運動の最新のものです。
そのため、ULAはすぐにラカインナショナリズムの中で何十年もの間、最も強力な力になりました。」

しかし、武装した軍隊であるAAも、手ごわい課題に直面しています。
最も明白なものは兵站学です。
軍事物資の主な供給源であるカチンとシャン州の反政府勢力が支配する地域からラカインに銃と弾薬を入手する方法は?
停戦合意が成立する前の戦闘中に、AAはそれが顕著な火力を持っていることを示し、
ミャンマー軍は大きな犠牲者を出した。
しかし、戦闘が再開した場合、AAの軍隊をどのように補給することができますか?
もう1つの問題は、州のイスラム教徒の人口とどのように関係するかです。
近年、アラカン・ロヒンギャ救済軍(ARSA)と呼ばれる非常に過激なグループが出現しました。
それは2016年と2017年に軍と警察の前哨基地にいくつかの攻撃を開始し、
それが今度は大規模なミャンマー軍による反撃と数十万人のロヒンギャのバングラデシュへの避難民につながった。


2019年のAA軍。/TheIrrawaddy

アラカン・ロヒンギャ救済軍ARSAは先住民族と見なされるべきではありません。
—それは第二世代のロヒンギャであるAtaullah abu AmmarJununiによって形成されました。
彼はパキスタンのカラチで生まれ、サウジアラビアで育ち、そこでイスラム原理主義者によって手入れされました。
アタウラは、2021年9月29日にバングラデシュの難民キャンプでARSAに殺害された、ロヒンギャの穏健派で人権活動家のモヒブ・ウラーをはじめとする、彼自身の同胞であると思われる人物に対しても怒りを解き放ちました。
目に見えて怒って動揺しているアタウラは、彼の信者に、ラヒンギャの仏教徒の住居を「焼き尽くし」、彼らに対して「激しく攻撃する」ように勧めています。

AAがARSAから距離を置くのは簡単かもしれませんが、
ロヒンギャの質問は論争を引き起こすことになります。
AAや他のラカイン民族主義者は、イスラム教徒が何世紀にもわたってこの地域に住んでおり、植民地時代にはさらに多くの人々がアラカンに定住したという事実を受け入れていますが、
ほとんどのラカインはまさに「ロヒンギャ」という名前を攻撃的であると考えており、
使用を拒否していると主張しています。
彼らの主張によれば、イスラム教徒は宗教的共同体ではなく、
別個の民族グループであり、ロヒンギャの一部が主張するように、彼らはその土地の最初の住民であるという印象を与えます。
むしろ不快なことに、ロヒンギャのほぼすべての政治運動のエンブレムには、ラカイン州全体の地図があります。
ラカインの民族主義者はまた、ロヒンギャという名前は1950年代まで誰にも使用されていなかったと主張しています。

歴史に基づいてロヒンギャのアイデンティティが別個にあると主張する人々は、
通常、スコットランドの医師で地理学者のフランシスブキャナンハミルトンによる1799年の研究を引用しています。彼はアラカンに行ったことはありませんが、当時の首都アマラプラでイスラム教徒に会いました。
彼は、彼らが自分たちを「ルーインガ、またはアラカンの原住民」と呼んだ後、
もう少し言ったと述べています。
しかし、マーティン・スミスが指摘するように、「併合後(1826年)、イギリス人はこの名前を再び使用したようには見えません。
代わりに、アラカンのイスラム教徒は、アラカインのモハメダン、ベンガルのイスラム教徒、チッタゴン語、カマン、ゼルバディなどの用語で呼ばれていました…[そして]市民権やアイデンティティの議論が文章に基づいている現代のヨーロッパの状況を想像するのは難しいでしょう。

それはそうかもしれませんが、今日のミャンマーには、ロヒンギャという名前の由来と、それが誰で何であるかをめぐる論争よりも争われている、
そしてしばしば熱狂している質問はほとんどありません。
国際的には、ロヒンギャという名前とそのアイデンティティはほぼ普遍的に受け入れられています。
しかし、それはミャンマーではまったく別の話であり、ラカインの間だけではありません。
この問題に関して、ほとんどのバーマン人(日本語の表記はビルマ人)はラカイン民族主義者と同じ側にいるでしょう。

今年と来年は、ラカイン州の新しいナショナリスト運動の将来がどうなるかを明らかにするかもしれません。
多くは国の残りの部分で何が起こるかに依存します。
一方で、軍事政権は国に対する支配力を強化することができず、昨年のクーデターは、現代アジアの歴史の中で権力を掌握するための最も失敗した試みとして歴史に残る可能性があります。
これは、ULAとその並行管理の利点、およびミャンマーの他の場所での抵抗に役立ちます。
しかし一方で、将来の発展は、国の豊富な抵抗力が彼らの動きを調整できる程度に依存します。
-そしていくつかの同盟が築かれているにもかかわらず
-それが起こっているという証拠は今のところほとんどありません。

◎国連人道問題調整事務所OCHA

ミャンマー:フラッシュアップデート
南東部における紛争の拡大
(2022年1月13日現在)OCHA Myanmar Southeast Flash Update - Jan 2022(ドラッグされました) 3
OCHA Myanmar Southeast Flash Update - Jan 2022(ドラッグされました)
OCHA Myanmar Southeast Flash Update - Jan 2022(ドラッグされました) 2

ハイライト

•2021年12月以降、カレン州とカレン州では、MAFと民族武装組織(EAO)および地元の人民防衛軍(PDF)との戦闘が激化しています。

•カヤー州では、ロイコー、デモソフプルソ、シャドーの各タウンシップで戦闘が増加しています。カレンでは、エスカレーションは当初、ミャワディタウンシップのレイケイカウで始まり、その後、コーカレイ、パープン、パアンの各タウンシップに広がりました。

•ロイカウタウンシップの人口の半分以上が国内避難民となっています。家から逃げ出した人々は、コミュニティセンター、ホストコミュニティ、またはジャングルに避難しようとしています。

•いくつかの人道支援組織は、治安状況のために南東部の一部での活動を一時的に停止することを余儀なくされています。

•1月3日の時点で、カレン州とカレン州の女性と子供を含む162,000人が、2021年5月以降、家を追われた後も避難を余儀なくされています。

•現在までに、2021年5月以降、カヤー州で654の家屋と、教会、修道院、学校を含むその他の民間の資産が全焼または破壊されたと報告されています。

状況の概要

ミャンマー南東部の人道的および治安状況は、特にカヤー州とカレン州で、MAFとEAOの間の激しい攻撃、および戦闘機による空爆の使用やヘリコプターからの攻撃を含むローカルPDFに続いて、過去数週間で悪化しました。軍隊の存在感が高く、軍の検問所が増えていることが報告されており、捜索と逮捕の作戦が行われています。

2022年1月初旬以来、カヤー州のロイコー、デモソ、シャドーの各タウンシップで戦闘が激化しており、何千人もの人々が家を追われ、コミュニティセンター、ホストコミュニティ、またはジャングルに避難することを余儀なくされています。
伝えられるところによると、ロイカウの町の人口の半分以上が避難している。
逃亡した人々のうち、5,000人がシャン州南部のTaunggyiタウンシップに避難を求めたと伝えられている。
二次避難はデモソタウンシップでも報告されており、このグループの1,000人以上が国境を越えてタイのメーホンソンに入ったと伝えられています。

2021年12月、カヤー州は、4人の子供と2人の人道支援労働者を含む、少なくとも35人の民間人が焼失した事件に続いて、1日で最も多くの死傷者を記録しました。

緊急救援コーディネーターのマーティン・グリフィスは、「ミャンマー軍とミャンマーのすべての武装グループが民間人を危害から保護するためのあらゆる措置を講じるよう求めた」との声明の中で、事件に対する恐怖を表明した。進行中の武力衝突はまた、カヤー州全体の民間財産の破壊をもたらしました。2021年5月以降、教会、修道院、学校など、654戸の家屋やその他の民間施設が全焼または破壊されたと伝えられています。

カレン州では、元NLD国会議員を含む民主化活動家が逮捕された後、2021年12月中旬から戦闘が激化しています。
戦闘はMyawaddyTownshipのLayKay Kawで始まり、Kawkareik、Hpapun、Hpa-Anの各タウンシップに広がりました。激しい砲撃と空爆が報告されており、これらの地域に障害物が建てられました。
伝えられるところによると、22,000人以上がレイケイカウから追放され、8,600人以上が国境を越えてタイのタークに入った。そのうち、数千人が帰国し、現在ミャンマー国内の非公式避難所に居住しているが、タイには約2,800人が残っている。

写真を追加しておきます。
2021年12/20日カレン(カイン)州ミャワディ郡区レイケイコウ タイ国境を流れるタウンイン川の河岸。
上記の避難民

全体として、2021年1月10日の時点で、ミャンマー南東部では181,400人が国内避難民となっている(カヤーで89,300人、カレンで74,400人、モンで7,200人、タニンダーリで1,500人)。
国内避難民は人道支援を緊急に必要としています。
地元のパートナーは、可能な限り重要な支援を提供してきました。
治安状況悪化のため、昨年12月以降、いくつかの人道支援パートナーが活動を停止している。
まだ活動している他の人々は、セキュリティと軍の検問所と通行許可の停止のために、アクセスの制約にまだ直面しています。
これらの争われている地域の国内避難民や他の影響を受けた人々に到達することを妨げている。

《メディア媒体について》

○国営新聞MyanmarAline (軍政プロパガンダ)(国内向け)
○国営英字新聞Global New Light of Myanmar(軍政プロパガンダ)(国外向け)
(逮捕された市民の氏名確認等に使う)
○MNAミャンマーニュースエージェンシー 国営通信者
○MRTVミャンマーラジオTV(軍政プロパガンダ)
○MWD TV MyawaddyTV 国営放送 (軍政プロパガンダ)

これら軍政プロパガンダはクーデター以降、現在、YouTube、FB、Twitter等から追放されています。

☆独立系媒体は軍事政権によって許可停止であるため、
地下に潜って活動中。(以前からタイ、インドに拠点がある。)

ミャンマーの真実を伝えるために必死で頑張っている!
運営資金はほぼ国内外市民からの寄付である。
◎Myanmar-Now(独自の情報網があり必!) 英、ビルマ語
◎Mizzima MizzimaTV(独自の情報網があり必!)英、ビルマ語
◎KhitThitMedia (情報が早い、Twitter→Telegram又はFB、 市民密着型、ただし全文ビルマ語。)
◎DVB Dvb Burmese 民主ビルマの声(一部ノルウェー政府資金支援 元々は同国へ避難民の方々が創設)ビルマ語、英語版もある。
◎The Irrawaddy イラワジ紙(日本の朝日新聞と毎日新聞に相当する。外交にも強い。外交官寄稿文にもよく引用される。)英、ビルマ語(ビルマ語版はより細かい事例まで転載)
◎The Chindwin ( Twitterは情報早い。WEBは他と違った角度で。)英語、ビルマ語
◎RFA Burmeseラジオフリーアジア ビルマ(アメリカ合衆国が資金援助)ビルマ語、一部英語
◎VOA Burmeseボイスオブアメリカ ビルマ(アメリカ合衆国が資金援助)ビルマ語
◎その他DMG・・・・・
他・・・・・
◎KachinNewsGroup カチン語、ビルマ語、英語

◎その他・・・
※BBC Burmeseを記載しなかったのは独自の情報網が上記に比べ少し弱いところがある。(植民地時代の影響かな)それ以外はさすが。

各PDF(人民防衛隊)等の映像はFBwatchから。
また、ミャンマー人はFBを主に活用しているので情報収集、コンタクトにFBは不可欠。

 ミャンマー連邦共和国挙国一致内閣 国民統一政府NUG WEBサイト。
ビルマ語英語切り替え

https://www.nugmyanmar.org/en/

 ガガーリン8707D0D9-71D1-43AC-B9F8-AA07018B3F5F

《☆トピック★ビルマ(ミャンマー)情勢☆》

アーカイブ

《こちらのページは2022年1月中旬以前の(過去記事)にしました。》
最新はトップページ又は新着情報です。

ミャンマー(ビルマ)の人々
強固な団結心、
連邦意識、
自分を犠牲にしても勝ち取る権利、
強い意思、
逞しい人々、

尊敬と敬意の念をこめて

デモ787585AD-74A5-4E12-A494-35850A1F7304_4_5005_c

 ☆トピック☆
 《ビルマ(ミャンマー)情勢》

[ポイント]

軍事フンタによるNLD国民民主連盟の事務所やメンバー宅への襲撃、不当逮捕が相次ぐ。
今後も続く。
(軍事フンタSACは新な選挙をどうしてもやりたい。そのためにはNLDを徹底的に壊滅させたい。
そして不正行為を働いてでも自ら選ばれたい。)
しかし、市民は2020年の選挙が公正で正当な結果であり選挙を行うこと自体が選挙違反で不正行為!
行われるものならボイコットだ。
その前に行うことすら難しい状況になるであろう。

チン、サガインでの軍事フンタの軍事作戦。
軍事フンタ側にほぼ毎日死傷者が出ている。
それに対し、武装ヘリコプター、軽攻撃機による近接支援等の空爆が行われている。
また、軍事フンタ軍からの離反者も10月だけで400人を超えている。
軍事フンタ側の兵士の士気が低くなってきているように見える。

以前、軍事フンタ軍の若者がカレンのEAOの若者の部隊に亡命(連隊を示した)若者らしい
真摯な動きがあった。
 一方、地元PDF,EAO(カチンからの応援も含め、)FBwatch経由の映像や、Twitter写真を見る限り、団結している。
今を生き抜いている。
 おそらく、軍事フンタ政権はどれだけ兵力をつぎ込んでもフンタが勝つ見込み無し。

軍事フンタ政権の外交での敗北。
これから 一つ一つ敗北してゆくだろう。

写真はKhitThitMediaから 1/9日サガイン管区YinMarPin,Pearl,CareのそれぞれのタウンシップでPDF(人民防衛隊)の護衛の元、軍事政権への抗議!
軍事評議会SACはこれらの地域を完全には支配出来ないでいる。
今後、それはさらに難しくなるだろう。

RFAラジオフリーアジア1/18(火)
いつもより視聴回数が倍になっていると思いきや、
カヤー(カレンニー)での軍事政権による空爆の映像が少し映っているからだ。
こうした映像は地元民によってFBwatchにUPされる。RFAが一部引用、多くの方が観る。

カレンニ州諮問委員会(KSCC)は
軍事政権の空爆から身を守るために
市民に緊急警報を発した!
1/18日 TheIrrawaddy TheChindwin
https://www.irrawaddy.com/news/burma/kayah-civilians-urged-to-dig-bomb-shelters-amid-myanmar-junta-airstrikes.html
https://www.thechindwin.com/government-of-karenni-has-issued-emergency-warning-for-its-people-myanmar/


カヤー州の民間人は、ミャンマーの軍事政権が月曜日に州内の2つの避難所を爆撃し、6人を殺害した後、カレンニ州諮問委員会(KSCC)から身を守るために爆弾シェルターを建設するよう促された。
 KSCCは、選出された議員、政党の代表者、民族武装組織、および長年のカレンニー民族進歩党を含む市民社会グループによって昨年4月に結成されました。
カレンニー民族防衛軍(KNDF)の抵抗グループによると、
1/16日曜日の夜、デモソタウンシップのナンマルコン村での空爆で3人の医療ボランティアが殺害されたが、反体制勢力と軍事政権軍との衝突はなかった。

そのことから判ることは軍事政権が特に民間人を標的にしているようです。

1/17月曜日の早朝に、7歳の少女、18歳の女性、および50代の男性が、
HprusoTownshipの約600人を保護する避難キャンプを少なくとも2機のjuntaヘリコプターが攻撃したときに殺されました。
「軍事政権は明らかに無実の民間人とレジスタンスファイターの両方を差別なく殺害している」とKSCCは述べた。「軍事政権は大量虐殺を犯しており、それは潜在的に凶暴性を増大させるでしょう。」

評議会は、州内の無実の民間人、宗教的建造物、および避難所に対する政権作戦が増加していると述べた。
KSCCは、上からは見えない丘の中腹に避難所を掘り、軍事政権の航空機が出現した場合は隠れるように人々に助言した。
それは人々に軽食、水、鎮痛剤、携帯電話、照明、パワーバンク、ラジオといくつかの服を準備し、空爆の警告に耳を傾けるように促しました。
カヤー州のデモソ、フルソ、シャドー、ロイコーの各タウンシップで、抵抗勢力、民間人、住宅地で無差別な空爆が繰り返されたことが報告されています。
 KNDFによると、軍事政権は1月7日から17日まで、州内で少なくとも8回の空爆を実施した。

 何万人もの住民が家から逃げ出しました。
民間人を標的とした空爆はジュネーブ条約と国際人道法で禁止されていますが、
昨年3月以降、サガインとマグウェ地域、チン、カチン、シャン、カヤ、シャン、カレンの各州で35回以上の空爆が20以上の町で行われています。

TheIrrawaddy1/13(木) 
◎ Interview
☆Myanmar’s Revolution Against the Junta Will Definitely Succeed☆
https://www.irrawaddy.com/in-person/interview/myanmars-revolution-against-the-junta-will-definitely-succeed.html
33歳の医師兼司書であるTayzarSanは、軍事政権で最も指名手配されている人々の1人であり、何ヶ月にもわたって軍事政権に追われてきました。
しかし、隠れているにもかかわらず、タイザール・サンは祖国から軍事独裁政権を排除するという彼の使命を遂行し続けています。
軍事政権は4月に煽動容疑で彼に対して逮捕状を発行し、彼の逮捕につながる情報に対して1,000万チャットの報奨金を提供しました。
 軍事的乗っ取りの3日後、タイザールサンはミャンマーの2番目の都市であるマンダレーで最初の反クーデターデモを主導しました。
行進の前にメガホンを持って、細いフレームを持った医者は、2月1日のクーデターで権力を掌握した将軍に大胆に挑戦し、ミャンマーの拘束された選出された指導者の釈放を求めた。
彼の反抗は、次の数日と数週間でより大きな集会を引き起こすのを助けました。
 クーデターへの反対は後に軍事政権に反対する全国的な革命運動となり、クーデターの指導者たちは彼らのプッチに対するそのような抵抗を予期していなかったことを認めるようになりました。
 Tayzar Sanの反体制活動の組織化と主導への取り組みにより、彼は韓国の民主化につながった1987年の蜂起にちなんで名付けられた韓国の6月民主蜂起賞を受賞しました。
 クーデターの前は、Tayzar Sanは慈善クリニックでボランティアの医師として働き、マンダレーに友人と無料の図書館を開設し、市民社会グループのトレーニングを組織しました。
クーデターは彼を、軍事政権に抵抗することに専念する断固とした活動家に変えました。


レジーム軍は、デモ中に何度も彼を逮捕しようとしただけでなく、彼の家とサガイン地域の彼の故郷の村を襲撃して破壊しました。軍事政権がマンダレーの彼の家を襲撃したとき、彼らは彼を見つけることができなかったときに彼の娘のおもちゃから写真と彼の本のコレクションまですべてを押収しました。
Tayzar Sanは、軍事政権に対する抗議行動を組織し始めて以来、隠れていました。
彼は11か月間、両親、妻、娘に会っていません。
 「革命に関わったすべての人は、多かれ少なかれ同じことに直面するでしょう。刑務所にいる人や失踪した人もいれば、命を落とした人もいれば、印象的な公務員が解雇された人もいます」とTayzarSan氏は述べています。
 今日、Tayzar Sanは抗議を組織し続け、市民が軍事的支配との戦いを続けることを奨励しています。
彼はまた、連邦民主連合の創設のための基礎を築くための努力を主導している、並行する国民統一政府(NUG)の政策ガイダンスのための反レジーム連合である国民統一諮問評議会(NUCC)にも関わっています。
 クーデターからほぼ1年後、抗議指導者は革命の進展について楽観的です。
公務員が軍事政権のために働くことを拒否する市民的不服従運動から、軍が支援する企業やサービスからの製品をボイコットし、税金を支払うことを拒否する人々から、武力抵抗と持続的な街頭抗議まで、人々の革命は前進し、強いままです、タイザールサンは言った。
Tayzar Sanは、最近のThe Irrawaddyとのインタビューで、人々の革命、現在の状況、そして将来がどうなるかについての彼の見解を共有しました。

あなたはクーデターの3日後に軍事支配に抗議し始めました。今の状況は一年前とどう違うのですか?


私を含む人々は、私たちが軍のクーデターを受け入れなかったことを示すために、2月初旬から街頭に出ました。
それとは違うのは、私たちの革命が確実に勝つという信念が強くなり、クーデターが失敗したことは間違いないということです。
昨年は、あらゆる分野の人々が軍の乗っ取りを完全に拒否することを証明しました。
彼らはさまざまな方法でそれを実証し、そうし続けています。
テロリストの軍事政権は私たちの国民を統治することができず、彼らは私たちを支配することができません。

軍事政権は、暴力的な取り締まり、逮捕、拷問、殺害で野党運動を抑制しようとしました。
しかし、人々の抵抗は強いままです。何故ですか?

この革命は非常に強力で、まともで、意味のあるものだからです。
人々はこの革命を、70年以上にわたって国に災害をもたらしてきたテロリスト軍を根絶するための最後の戦いと見なしています。
私たちは、次の世代が私たちや前の世代が経験したのと同じ苦しみを経験することを望んでいません。
国は最終的にそれから完全に解放されるべきです。
そしてそれが、この最後の戦いで私たちの命を犠牲にする価値さえあると私たちが信じる理由です。
したがって、政権が致命的な力、残忍な取り締まり、拷問、暴力を使用したとしても、私たちは決してこの革命からリラックスしたり後退したりすることはありません。
彼らが私たちを抑圧すればするほど、私たちは立ち上がるでしょう。

革命の進展に満足していますか?

とても満足のいくものだと思います。
なぜなら、私たちの人々は、世界で最も残酷で抑圧的な独裁者に、彼らの力だけで対峙しているからです。
彼ら[政権]は、その管理メカニズムを実行しようと力ずくで試みましたが、それでも失敗しました。
また、国民を代表するNUGと連邦議会代表委員会(CPRH)があり、国民の支持を得て国民統一の象徴としてNUCCが結成されました。
私たちの歴史の中で、これは人々が最も団結した時代です。
同時に、テロ体制は海外で孤立しています。
私たちは、このテロリストの軍事政権を打ち負かそうとし続ける必要があるだけです。

今年のミャンマーには何が期待できますか?

私たちは、重要な歴史的マイルストーンである2022年にターニングポイントに到達することを期待し、信じています。人々の力を信じているからです。
人々は、テロリスト軍の乗っ取りが失敗したクーデターであることを証明しました。
今年は彼らの乗っ取りを終わらせるための革命のターニングポイントとなるでしょう。
私も革命のために全力を尽くします。

勝利を収める方法について人々に伝えたいことは何ですか?

私の最優先事項はすべての人々にあります。
はい、勝利には時間がかかり、私たちは莫大な犠牲を払わなければなりませんでした。
しかし、何があっても、この革命のために、昨年と同じように屈服せず、鉄の精神を持って、できることは何でもしてほしいと思います。
そして、NUG、CRPH、NUCCのような組織がより団結し、バランスを取り、革命においてより良い主導権を握ることが重要です。
また、民族を拠点とする指導者やレジスタンスグループに革命を起こしてもらいたいと思います。
人々が鍵です。
私たちの人々がリラックスして今年の革命に参加し続けなければ、2022年に見たい結果が得られるでしょう。

政権は、新たな選挙の実施と選挙制度の改革、および一部の政党との協議の開催について話し合った。それについてどう思いますか?

ああ、それに関しては特別なことは何もありません。
人々は、どの政党と個人が政権の会議に出席しているか、そして彼らの背景と本当の色が何であるかをすでに知っています。
テロリスト軍は独裁政権を拡大するためにさまざまな方法を試み、人々はそれにだまされることはありません。

国際社会に何を言いたいですか?

人々の革命の鍵は人々であると私はいつも言います。
国際社会にとって、彼らはテロ政権がミャンマー国民を代表していないことをよく理解する必要があります。
彼らはただの戦争犯罪者です。
この軍事政権を合法的な政府として認める理由はありません。
国際社会はまた、真実と正義を確立し、人道に対する罪の責任をレジームに持たせるのを助け、軍事政権にふさわしい罰をもたらすのを助けるべきです。
私たちの側では、国際社会は私たちが私たちの目標に到達するまで私たちが行進し続けることを保証することができます。
私は、国際社会が革命を支援するために全力を尽くすことを強く求めたいと思います。

面白い読み物2 TheIrrawaddy1/13(木)
◎Myanmar Junta Expands its Intelligence Operation
https://www.irrawaddy.com/news/burma/myanmar-junta-expands-its-intelligence-operation.html
ミャンマー軍のネピドー本部の情報筋によると、ミャンマー軍はスパイ部門を拡大し、ミャンマー北部と南部を別々に監督する2つのユニットに分割しました。
正式には軍事安全保障局(OCMSA)として知られている、軍事政権の諜報活動は、主に政治的反対者を抑圧する責任を負う軍事装置です。
1960年代に軍事情報局として最初に設立されて以来、この事務所は常に単一のユニットとして機能してきました。

現在、事務所は上ビルマ事務所と下ビルマ事務所に拡張されています。下ビルマ部隊は、ネピドー軍事本部の元副将軍であった副将軍の階級から昇進したアウン・キョウ・キョウ少将が率いる。上ビルマ部隊は、同じく准将の階級から昇進し、以前はOCMSAに所属していたKyaw KyawLwin少将が率いる。

一般にMI、または軍事諜報機関として知られている諜報機関は、
1988年の軍事クーデター後、キン・ニュン将軍(当時、第一書記)の下で強力になりました。
「悪の王子」と呼ばれるキン・ニュン(ミャンマーの柳生宗矩)は、
現在アルツハイマー病に苦しんでおり、首謀者として有名になりました。
致命的な尋問と、数千とまではいかなくても数百人のミャンマーの民主化推進活動家への迫害。
彼は国の最も遠い刑務所に多くの反体制派を閉じ込めた。
それらの多くは、他の理由の中でもとりわけ、適切な治療の欠如のために拘留中に死亡した。

この事務所は、通常の諜報機能をすべて実行するだけでなく、ミャンマーの政治的、経済的、社会的生活、および国際関係において重要な役割を果たしました。
軍の高官でさえ、軍自体をスパイする権限を与えられていたため、MIの軍曹を恐れる理由がありました。

MIの影響力の高まりは、キン・ニュンとミャンマーの当時の軍事政権の他のメンバーとの間の緊張を悪化させ、2004年に彼の没落につながりました。
(No.2マウンエー副上級大将 VS No.3キンニュン大将(首相))

MIは粛清され(2004年10月)、OCMSAに置き換えられました。
内部警備の主な責任はミャンマー警察特別支部に移されました。
軍事諜報部隊の権限はさらに制限され、その結果、その諜報能力は大幅に弱体化した。

元軍事諜報員は、
クーデターのリーダーであるミン・アウン・ライン上級将軍が、彼の弟子のための地位を作るためだけに事務所を拡大したと述べた。
「現在、軍はほとんど新入社員を引き付けておらず、[諜報機関の拡張]はその能力を向上させるのに役立たないだろう」と彼は言った。

Snr-Gen Min Aung Hlaingは、彼の政権が全国的なレジスタンス運動を抑制するために必死に諜報活動を必要としているので、彼に助言を与えるために元軍事諜報員を呼び戻しました。
 元諜報員は、クーデター後、政権がさまざまな分野での支援を求めて、
現在60代後半から70代になるキンニュンの元部下に接近したことを明らかにした。
これには、拘束されたアメリカ人ジャーナリストのダニー・フェンスターの釈放を確保するために昨年11月にミャンマーに飛んだ元米国下院議員のビル・リチャードソンなどの国際的な連絡先との連絡が含まれていました。
元米国外交官であるリチャードソンは、現在の政権の顧問とキン・ニュンの元諜報員の両方と連絡を取り合っています。

元高官の諜報員であるキン・マウン・テイン、 グウェ・トゥン、 テイン・スエは、
政権を支援するためにネピドーを訪れました。
元駐日大使のキン・マウン・テインはリチャードソンの近くにいることで知られています。

元中佐のNgweTunは、クーデターリーダーと共に防衛サービスアカデミーに出席し、海軍に勤務し、1987年に米国で訓練を受けた後、諜報部に加わった。
現在、彼は軍事政権の常勤コンサルタントであると伝えられている。

テイン・スエ准将は、テイン・セイン前大統領とともに防衛サービスアカデミーに出席し、防衛サービス情報局に勤務しました。
その後、彼はバンコクで駐在武官を務め、キン・ニュンの側近でした。
彼の全盛期には、元ビルマの将軍が息子のSonny Sweと一緒にMyanmar Times新聞を運営し、息子のSonny Sweは、彼がCEOを務めるFrontierMyanmar誌を創刊しました。

昨年12月、Snr-Gen Min AungHlaingはヤンゴンの自宅でKhinNyuntを訪問しました。
現在、イェー・ウィン・ウー中将が軍事安全保障局長を務め、トー・イー少将が副将軍を務めています。

◎ミャンマー空軍長官 マウンマウンキョウは引退を余儀なくされた。
TheIrrawaddy1/12(水)
最近、9月に交代した北西部司令官もつい最近交代したし、
今度はクーデターの中心人物の一人、
もっと高い位に就くのか、クーデターリーダーが退けたのかは不明。
(以前、ロイター通信のスペシャルリポートでの対象人物
9月の記事なので、トピックスのほうに過去記事あり)

https://www.irrawaddy.com/news/burma/myanmar-air-force-chief-forced-to-retire.html

◎引退の続報。
おそらくクーデターリーダーが退けたよう。
TheIrrawaddy1/18(火)
https://www.irrawaddy.com/news/burma/sacking-of-myanmar-air-force-chief-fuels-personal-rift-rumors.html

◎Junta cuts off utilities to Karenni State capital under siege
電気や水を利用できません。軍事政権の軍隊が地上と空中からロイコーを攻撃すると、
町の人口の大半が逃げ出しました。
ロイコーの町の住民は多くがIDP国内避難民となっている。
国境を越える?

☆避難民の避難を手伝うLoikawPDF(ロイコー人民防衛隊)

MyanmarNow1/12(水)
https://myanmar-now.org/en/news/junta-cuts-off-utilities-to-karenni-state-capital-under-siege
地元住民によると、軍事政権軍は1/11火曜日にカレンニ(カヤー)州ロイコーで空爆を行い、州都のマインローン区に2機の戦闘機から7発の爆弾を午後6時15分前に投下した。
すべての爆弾が爆発した。

首都ネピドーから120マイルに位置するロイコータウンシップは、1月7日以来、抵抗勢力とミャンマー軍との間の激しい戦闘の場となっています。
 1月6日、軍事評議会はMaingLoneを含むいくつかの区で電気へのアクセスを遮断した。
地元の人々によると、町全体が1月9日以降、電力が供給されていません。
電力が供給されていないため、水道とWi-Fiサービスも停止していました。

「私たちが今抱えている主な問題は、水の供給が不足していることです。
都市開発委員会から水をもらえなくなり、浄水場も操業を停止したため、飲料水もあまり残っていません」と地元の男性が匿名を条件にミャンマー・ナウに語った。
 彼は、ロイコーでインターネットにアクセスする唯一の方法は、軍事運営の電気通信プロバイダーであるMPTとMytelからのモバイルデータを使用することであると付け加えました。
「ダウンタウンエリアにはまだ電話とモバイルインターネットサービスがありますが、いくつかの不具合がありました」と彼は説明しました。

1月8日、ユーティリティが停止する中、軍が町を地上と空中から砲撃したため、Maing Lone、Pan Kan、Ywar TanSheyの各区の地元住民が逃亡を始めました。
 カレンニーメディアの報道によると、
1/11火曜日には、ロイコーの人口の半分である約3万人が家を追われたと推定されています。
報道された時点では地元の人々はミャンマーを去った人の数は町の住民の90パーセントにもなるかもしれないと語った。

「町に残っている人のほとんどは、泥棒から家を守るために後ろに残った人、僧院で立ち往生している人、避難する余裕がない人、避難輸送手段を見つけることができなかった人です」と地元の男性は言った。

いくつかの空き家、MaingLone病棟が侵入され略奪され、
盗まれた物品を12輪トラックで運び去る泥棒が見られたと伝えられています。
「彼らは車全体、オートバイ、発電機、冷蔵庫さえも盗みました。
私たちはあえて写真を撮りに行かなかったので、写真はありません」と目撃者はミャンマー・ナウに語った。
ロイコーの国民防衛隊支部は火曜日に声明を発表し、泥棒に対して断固たる行動を取るだろうと警告した。

Karenni Nationalities Defense Force(KNDF)の第2大隊の将校は、最近の衝突はMaingLoneとDawAuKhuの病棟に集中していると述べた。
 今週、近くのデモソとシャドーの町でも戦闘が続き、軍はジェット機と重砲の両方を配備しました。

KNDFの報告によると、1月7日と10日のロイコーとデモソでの戦闘で、
約40人の軍事政権、3人の連合軍の抵抗軍、6人の民間人が殺害された。
 火曜日に殺害された人の数は、報告の時点では確認できませんでした。

ロイコーに残っている人々は、今後数日のうちに、米や石油などの基本的な必需品が利用できなくなることを懸念しています。
「商品の流れが遮断され、基本的な商品が非常に不足していることがわかります」と最初の地元住民は言いました。
町への物品の輸入について、軍事政権の制限が正式に実施されたかどうかは確認できなかったが、
戦闘が続く中、あえて物資を配達するトラックはほとんどなかった。
「店主はすべての店を閉め、逃げました。
現在営業しているお店は2〜3店舗のみです。
それも完売して逃げるのではないかと思います。
すべての店が閉まっているので、商品トラ​​ックはもう町に来ません」と別の地元の女性は言いました。
彼女はまた、近隣の町の避難民も
彼らの基本的なニーズを満たすためにこれらの店に依存しており、
地域全体の戦闘から逃れるコミュニティによって
さらに不足が感じられるだろうと付け加えた。

◎昨年末ミャンマー軍を離脱した陸軍大尉

https://myanmar-now.org/en/news/army-captain-defects-to-sagaing-based-resistance-force
1/11(火)MyanmarNow
月曜日にサガインに本拠を置くチンランド国防軍(CDF)の支部が発表した声明によると、昨年末に軍から亡命した陸軍大尉は現在、家族と一緒に安全な場所にいる。
 声明によると、カウントゥウィン大尉は、ミャンマーの軍事政権に「もはや奉仕したくない」という理由で、12月23日にカレータウンシップ、カバウバレー、ガンゴータウンシップで活動しているCDF-KKGに降伏した。
 CDF-KKGによると、エリート防衛サービスアカデミーの卒業生は、チン州のマチュピ郡区の戦術基地で警官を務め、サガイン州のモニワ郡区で諜報員および警察署長代理を務めていました。

彼と彼の家族は安全な場所に運ばれ、彼は彼の武器を降伏するために適切な金額を支払われた、とグループの声明は付け加えた。

コメントを求められたCDFのスポークスパーソンは、昨年初めのクーデター反対運動の取り締まりを受けて結成されて以来、100人近くの軍事政権がグループに亡命したと述べた。
 11月下旬、警備員に市民的不服従運動への参加を奨励するために結成されたグループ、Pyi Thu Yin Khwin(People’s Embrace)は、2月1日の軍事乗っ取り後の最初の10か月で8,000人以上の兵士と警察官が離脱したと報告した。
「軍内の非常に多くの人々が、国際社会での政治的および外交的失敗を繰り返した後、軍事評議会への信頼を失い始めているのを見てきました」と、軍事政権軍離脱者でグループの創設メンバーである
リン・ヘット・アウン大尉は次のように述べています。

少なくとも10人の陸軍少佐と、
数百人の中尉と大尉が
軍を離脱した2,000人以上の軍人の中にいたと彼は付け加えた。
 一方、チン州とカヤー(カレンニ)州に拠点を置くレジスタンスグループは、
武器を放棄した兵士に寛大な報酬を提供することで、より多くの離脱者を引き付けるための取り組みを強化しています。
 すべての武装抵抗グループを「テロリスト」組織と見なしている軍事政権は、
その階級からの亡命の問題についてコメントすることはめったにありません。

☆《カンボジア フンセン首相(ASEAN議長国議長)ミャンマー訪問に関して
と、
☆その後・・・どうなったか・・・・・・・・・・・・・・・・・》

◎その後・・・

China Backs Cambodia’s Much Criticized Diplomatic Bid in Myanmar
TheIrrawaddy1/12(水)
https://www.irrawaddy.com/opinion/analysis/china-backs-cambodias-much-criticized-diplomatic-bid-in-myanmar.html
・・・・・略
シンガポールの外交官で元ASEAN事務総長のオン・ケン・ヨン氏は、
フンセン氏の訪問の効果的な目的は、
ミャンマーの外相が1月18日と19日に開催されるASEANの外相会議に
招待される口実を作ることであると語った。
「彼らが出した声明は言葉でいっぱいですが、ミャンマーに関する現在の政治危機を解決するための実質的なものは何もありません」と彼は言いました。

中国の支援を受けて、フンセンはミャンマーをASEAN諸国に呼び戻す可能性が高い。
情報提供を受けたASEAN筋はまた、ブルネイ、カンボジア、インドネシア(後者は2023年にASEANの交代議長を務める)がミャンマー問題について調整すると述べた。

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、
フン・センのミャンマー旅行の前にフン・センと話し合った。
 電話での会話の直後、インドネシアの指導者は公式ツイッターアカウントに、
「包括的対話を通じてミャンマーに民主主義を取り戻すための5点合意の実施の重要性に関するインドネシアの立場を明確に繰り返した」と述べた。
「5PCの実施に大きな進展がない場合、ミャンマーはアセアン会議で
非政治的レベルによってのみ代表されるべきである」と彼は付け加えた。

一方、フン・セン氏は、日本財団の会長をミャンマーの「平和計画」の支援に招待する予定であると伝えられている。
笹川陽平、慈善日本財団の会長であり、
ミャンマーの国民和解のための日本の特使は、長年にわたってミャンマーの軍と武装した少数民族グループ間の和平交渉を仲介しました。
 ミン・アウン・ラインに近いことで知られ、
上級将軍の「ゴッドファーザー」と見なされていた笹川は、
クーデターのリーダーと会うために昨年末にミャンマーを「個人的に訪問」しました。

日本の林芳正外相もフン・センのミャンマー訪問を歓迎した。

日本外務省からの電子メールによる声明によると、
林は1/11火曜日にカウンターパートのソコンとの電話会談で、ミャンマーでの暴力について引き続き懸念していると述べ、状況を解決するためのカンボジアの積極的な努力を歓迎した。
フン・センの旅行は、少数民族グループとの停戦に向けて進展し、
人道支援を可能にしたと林氏は付け加えた。

[人道支援を可能に???
その翌日にはKNUカレン民族同盟支配地域タイ国境付近で空爆してますがな。
他にもカヤー(カレンニー)やサガイン、
アホか!
いや、グルだから仕方ないな。
電子メールとはいえ日本国外務大臣の名前が載っている以上
政治生命かかっているから仕方ないか。
信用なし!!!]
写真は共同通信
この件は共同通信で1/11同日報道されている。
Japan foreign minister praises Cambodian PM’s Myanmar trip outcome
https://english.kyodonews.net/news/2022/01/3aa71d871535-japan-foreign-minister-praises-cambodian-pms-myanmar-trip-outcome.html
日本の林芳正外相は火曜日、
昨年の軍事クーデター後の政治的混乱の突破口を見つける努力の中で、
カンボジアのフン・セン首相が最近ミャンマーを訪問したことによる肯定的な結果を賞賛したと日本政府は述べた。
 外務省によると、カンボジアのプラック・ソコン氏との電話会談で、
林氏は、この訪問により、軍事政権と少数民族グループ間の停戦が延長されたことが発表され、
人道支援が進展したと述べた。
 フンセンは先週金曜日に民主的に選出された文民指導者アウンサンスーチーの政府を追放したミャンマーの軍事政権リーダーであるミンアウンフラインに会い、
2021年2月に軍が権力を掌握して以来
ミャンマーを訪問した初めての外国の指導者となった。
 後に発表された共同声明の中で、ミン・アウン・ラインは、当初2月末に失効する予定だったミャンマーのすべての武装少数民族グループとの停戦を年末まで延長したと述べた。
 林氏はまた、ミャンマーで進行中の暴力について懸念を表明し、東南アジア諸国の危機の解決に緊密に協力することでプラック・ソコンに同意したと同省は述べた。
 今年、カンボジアは、ブルネイ、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムを含む東南アジア諸国連合の10人のメンバーからなる輪番制議長を務めています。
同省によると、林氏は同日遅く、ラオスのサルムサイ・コンマシス外相とも電話で会談し、ミャンマー問題について協力することを誓った。

[この報道を受けTwitter上では林外務大臣がいかにミャンマー問題に関して無知か話題に。
RFAも取り上げている]


[恥ずかしい限り!!
外務官僚の作文通りの発言だな
せっかく・・・無駄だった。
日本政界、ミャンマー利権構造上
林さんにとっては気の毒か。
というより政界での身の保身のためだな。
外務官僚、日本財団、日本ミャンマー協会、自民党内外ミャンマービジネス関連議員、自民党内派閥、副総裁、

ああ、せっかく・・・・・無駄だった。
見限ります!
残念ですが・・・
本当に残念です。
残念な人たち
日本は国益を大きく損ねる。]

Irawaddyに戻る 続き・・・
一方、インドは、ミャンマー問題についてカンボジアと調整すると述べた。
誓約は、1月10日にプラックソコンと
彼のインドのカウンターパートであるスブラマニヤムジャイシャンカール
との間の電話での会話中になされた。
会話の後、ジャイシャンカールはツイートした。
「私たちは、インドとASEANの関係、メコンガンガ協力、そしてミャンマーの状況について話し合いました。
その上で、私はASEAN議長としてのカンボジアと緊密に協力します。」

[無難な言い回し]

フンセン09BDA885-7F45-45C0-A1C7-588620265CD4

◎アナリスト:ASEANはビルマのJunta職員が外相会議に出席することを許可してはならない
https://www.rfa.org/english/news/myanmar/allow-01102022171747.html

1/10(月)RFAラジオフリーアジア

アナリストらは、
ビルマの軍事政権とのカンボジアの対面に直面して、
その完全性を維持するというASEANのコミットメントは、
ブロックの外相の次の対面会議でテストされるだろう と述べた。

加盟国が東南アジア諸国連合の自滅を阻止したいのであれば、
2022年のASEAN議長国カンボジアのフンセン首相が
ビルマ軍事政権の外相がASEAN外相会合に出席することを許可しようとする試みを拒否しなければならない!
とあるオブザーバーは述べた。
 「カンボジアがASEAN会合に軍事政権を招待することを主張するならば、
我々は「ノー」と言うべきである。
必要に応じて、会議をボイコットする必要があります。…私の見解では、[外務大臣]レトノは出席すべきではない」と元インドネシア大使のリザル・スクマは、レトノ・マルスディに言及してベナールニュースに語った。

「カンボジアがASEANを破壊したいのであれば、他のASEAN諸国もそれで大丈夫です」と、ジャカルタに本拠を置く戦略国際問題研究所(CSIS)の主任研究員であるSukmaは付け加えました。
 スクマと他のアナリストによるコメントは、
10/7金曜日~土曜日にフン・セン首相がネピドーを訪れ、
軍事クーデターのリーダーであるミン・アウン・ライン将軍と会談した。
昨年2月の軍事クーデター以来、外国人指導者による初の事件だった。
 カンボジアの首相は、ASEANを「独裁者が依然として独裁者であり続けることができる老人クラブ」と見なしていると、オーストラリア国立大学のANUアジア太平洋大学の博士課程の学生であるハンターS.マーストンは述べた。
「残念ながら、ASEANはミャンマーへのアプローチ方法についてコンセンサスを持っていないので、
ブロック内のより民主的な傾倒国がフンセンに立ち向かい、ミャンマーの軍事政権に責任を負わせるかどうかを見極めようとしています」と彼はベナーニュースに語った。 RFA関連のオンラインニュースサービス。

フン・センは、1月18日〜19日地域ブロックの議長として彼の最初の主要なASEAN会議を主催する予定です。
1/10月曜日の時点で、BenarNewsはマレーシアの外務大臣の報道官を通じて、国の最高の外交官(マレーシア外相)が来週の会議に事実上出席することを確認した。

ジャカルタでは、インドネシアの外務省のスポークスマンが、フン・センのミャンマー訪問の結果についてASEAN加盟国に説明が行われると述べたが、
彼は、ルトノ・マルスディ外相が参加するかどうかについては述べなかった。

両国の当局者は、フン・センのネピドーへの旅行や、ビルマの軍事政権の外相が来週のシェムリアップでの会合に出席する可能性についてコメントすることを拒否した。他の場所では、ASEAN加盟国のタイとフィリピンの外務省の当局者は、BenarNewsのコメント要請にすぐには応じなかった。

一方、カンボジアの外務省のスポークスマンはラジオ・フリー・アジア(RFA)に 、
軍事政権の外相であるワナ・マウン・ルウィンもシェムリアップに招待されれば(招待したかどうかまもなく発表するに修正された)すぐにわかるだろうと語った。
「私たちは数日中にプレスステートメントを発表するでしょう」とKoyKoungは言いました。

ミャンマーの軍事スポークスマンであるゾー・ミン・トゥン少将は、
フン・センの訪問の結果について尋ねられたとき、楽観的でした。
訪問は「(ASEANにおける)私たちの代表を助けるだろう」と彼はRFAに語り、
軍事政権は昨年4月に合意された民主化へのASEANの5つのロードマップの1つのポイントを達成したと主張した。
 彼は、フン・センのミャンマーへの2日間の旅行の終わりに出された共同声明に言及しており、
軍事政権は2022年末まですべての民族武装組織(EAO)との停戦を延長したと述べた。
 声明は民主化運動家については言及していなかった。

1/10月曜日、カンボジアの首相は、停戦、すべての当事者への人道援助、すべての利害関係者との対話を行うためのASEAN特別使節の派遣という、5つの合意の3つの主要な成果を達成したと主張して彼の訪問を擁護した。

なんと馬鹿げた主張であることか!!!

続き・・・
しかし、アナリストと人権活動家は、
フン・センが民主化推進派の指導者と会わず、
代わりに昨年2月のクーデターで選出された政府を倒した軍事政権の側からのみ危機について聞いたため、
フン・センの訪問に腹を立てている。

一部の人々は、カンボジアとミャンマーが一群の嘘として発表した共同声明を却下した。
彼らは、5ポイントのロードマップが実施されなかったために
昨年ブロックのメインサミットから

ミンアウンフラインを締め出すことによってASEANが成し遂げた利益は、
フンセンの訪問によって損なわれたと述べた。

共同声明は、「実際、彼の一方的な行動が、ミャンマー危機を解決するためのASEANの集団的影響力を劇的に弱めたにもかかわらず、
突破口を欺くように描写する誤った、危険な試みである」
と、ASEAN人権国会議員グループ(APHR)の議長であるチャールズサンティアゴは1/9(日曜日の声明で)述べた。
「フンセンの不正な外交はASEANにとって脅威である」とAPHRは述べた。
スウェーデンを拠点とするカンボジアウォッチドッグ評議会の代表であるMenNathは、
フンセンのミャンマーへの旅行の結果は「ゼロ」であるとRFAに語った。

「それはビルマ問題を解決するためのASEANメカニズムとは完全に反対です」と彼は1/10月曜日に言いました。

「[フンセン]がASEANメカニズムに言及して行ったことは、単にASEANに分裂を引き起こしただけです。」

スルタンザイナルアビディン大学の国際学の講師であるマレーシアのアナリスト、MD Mahbubul Haque氏は、BenarNewsに対し、
他のASEAN加盟国の首脳は、
「地域フォーラムとしてのASEANの完全性を維持するために直ちに関与する」
必要があると語った。

「インドネシア、マレーシア、またはシンガポールの首相または大統領は、
ミャンマーの危機に緊密に取り組む必要があります。
タイやフィリピンに頼ることはできません」とHaque氏は述べています。

「[フンセン]だけにさせないでください。」

○こうした状況を受けて、
カンボジア外務省は1/12日(水)
カンボジアは東南アジア諸国連合(ASEAN)の外相会議を延期することを発表した。
インドネシア、マレーシア、シンガポール、などの出席困難を受けて
無期限の延期に追い込まれた。

〔1/13木曜日に、ミャンマーの国連特別特使ノエレエン・ヘイザー は 、ビデオ会議を通じてフン・センとの会談中に、ミャンマーでの紛争を解決するためにカンボジアと協力する用意があると述べた。
彼女は、問題の緊急性を考えると、首相がとった即時の行動に満足していると述べた。〕

https://burmese.voanews.com/a/asean-cambodia-voa-myanmar-military-coup-burmese-/6393791.html
https://www.irrawaddy.com/news/burma/cambodia-forced-to-put-off-asean-meeting-as-foreign-ministers-pull-out.html
しかし、以前の軍政時代の構図と、今では状況が全く違います。
おそらく何も解決出来ないでしょう。
 事が動くとしたら
ミャンマー軍が分裂した時からでしょう。
劇的に。

TheIrrawaddy1/5(水)
写真は市民Twitter

https://www.irrawaddy.com/news/burma/concerns-over-hun-sens-aims-ahead-of-asean-chairs-visit.html
・・・・・略
彼はすべてのオブザーバーに、ミャンマーへの訪問の結果について早期の結論を出さないように求めた。
カンボジアの国家通信社、AKPによると、結果が実り多いものであれば、ミャンマーに平和をもたらす可能性があり、ミャンマーの人々はASEAN加盟国の努力を認めるだろうと彼は強調した。
首相は、帰国は1月8日午後に予定されているが、ミャンマーの危機に実りある結果が出れば、遅れる可能性があると述べた。
 しかし、ミャンマー国民は、フン・センの訪問が政権に正当性を与えることを心配している。
フン・センは、1,300人以上の殺害を含む自国民に対する残虐行為で世界的に非難されている与党将軍に会う最初の外国人指導者になるからだ。
 軍事政権が人々を逮捕して殺害し、武力抵抗が起こっている村を焼き払うので、フンセンの訪問に対するソーシャルメディアの怒りを見るのは驚くべきことではありません。



多くの人がフン・センの政権への関与に疑問を呈し、
彼は国民統一政府、影の文民政府を含むミャンマーのすべての主要な関係者と連絡を取るべきだと述べた。
 火曜日にミャンマーと海外の200の市民社会グループによって発表された共同声明は、フンセンの計画された訪問を非難した。
 昨年4月、軍事政権の指導者ミン・アウン・ラインとASEAN加盟国の指導者は、ミャンマーを民主主義への道に戻すことを目的とした5つの合意に合意した。
コンセンサスは、暴力の終焉、ミャンマーへの特別なASEAN特使の任命(紛争のあらゆる側面へのアクセス)、そして人道支援の提供を求めた。
しかし、軍事政権の指導者はコンセンサスを尊重することができず、
ASEANは昨年10月の首脳会談から彼を除外するよう促した。

https://www.irrawaddy.com/opinion/guest-column/cambodia-aseans-spoiler-or-savior.html
・・・・・略
ブルネイが10月末にカンボジアに議長を引き渡した後、フン・センは、ミャンマーのトップリーダーであるミン・アウン・ライン上級将軍がASEANフォールドに戻り、今後のASEAN関連サミットに参加することを望んでいることを明らかにした。
 ASEANは、10月中旬に、軍事政権がFPCで概説された公約を履行しなかったため、
その指導者ではなく上級非政治代表を会議に招待することを決定した。
 これまでのところ、軍事政権の首長は、第38回から第39回のASEAN首脳会議と30周年を記念するASEAN-中国特別首脳会談の2つの主要な会合を欠席している。
ミャンマーにとってASEANと中国の関係は現在の国のコーディネーターであるため、後者の欠席は痛い点でした。
FPCの進捗状況を確認するために、フンセンは初日からミャンマーとの対話を強化することを躊躇しません。
 ASEAN首脳が2021年4月24日の緊急首脳会談のためにジャカルタで会合したとき、
フン・センは、彼がグループの支援を受けることを勧め、ASEANでの彼自身の経験を引用して、軍事政権の指導者に話しかけ、目を合わせた唯一の指導者でした。
確かに、ASEAN情勢と彼の22年間の関与に関しては、カンボジアの指導者は彼の手の甲のようにASEANを知っていると言わなければなりません。
過去8週間で、彼のコメントは、一部のASEAN加盟国とその支持者の間で不安と高い不安を引き起こしました。
 彼らは、フン・センがASEANプロセスを無視し、ミャンマーとの関わりに自分の道を進むかもしれないネタバレになる可能性があると信じています。
 結局のところ、フン・センは、カンボジアが1999年10月にASEANに加盟するずっと前に、ASEANと広範かつ非常に記憶に残る関与をしていました。
ASEANは、1997年にラオス、ミャンマー、カンボジアを同時に1つの屋根の下に置くことを想定していました。
 ベテランのASEAN政治家として、フン・センはミャンマーとの前進を試みる前に、地形とその落とし穴の両方を知っています。
間違いなく、彼は積極的な方法でASEAN議長としての彼の能力を最大化するでしょう。
 それは彼の3回目の議長であり、彼が政治から引退する前の最後の議長でもあります。
2008年のプレアビヒア/プラビハーン寺院をめぐるタイとカンボジアの紛争中、彼は単独でこの問題を国連安全保障理事会に提出し、検討を求めました。
1990年代のパリ時代からの彼の多国間外交経験は、彼に幅広い視点と機動性を提供してきました。
 ネピドーは、総選挙が2023年8月に予定されていることを以前に繰り返し述べた。
これは、すべての利害関係者がミャンマーで和平を結ぶための20か月の期限に相当する。
好むと好まざるとにかかわらず、すべてが計画どおりに進んだ場合、国家行政評議会(SAC)は、現在の2008年憲法の下ですべての選挙準備を最終的に処理する必要があります。
 これは、フンセンが1月19日に予定されているシェムリアップでのASEAN閣僚の撤退に先立ってネピドーを訪問することを熱望している理由の一部を説明するのに役立ちます。
同等の懐疑論を伴う。
フン・センの特使であるプラク・ソコン外相は、リトリートでASEANの同僚に報告する具体的かつ前向きなことを行い、上司の訪問を評価し、それがASEANプロセスに準拠しているかどうかを判断します。
さらなる措置を講じる前に、すべてのASEAN加盟国からの合意が必要です。
 フンセンは何の条件もなく自分でネピドーに行く予定です。
これは、前のASEAN特使であるブルネイの第二外相であるエルワン・ユソフが、計画された訪問中に投獄された野党党首であるアウンサンスーチーと会うことを要求したという提案された訪問とは異なります。
その時、ネピドーは要求に応じる準備ができていませんでした。
 何ヶ月にもわたる論争は、待望の訪問をもたらすことができませんでした。
今回は、ネピドーがフン・センに国民民主連盟(NLD)の代表者との会談を許可する可能性があります。
これには、アウンサンスーチーやその他の利害関係者が含まれる可能性があります。
それは、ネピドーが投影したい光学系に依存します。
過去の歴史が裁判官であるならば、
軍事政権は予想外の動きを思い付くのに非常に好都合でした。

さらに、新しいASEAN議長国は、現在の権力者であるTatmadaw(ミャンマー軍)と協力したいと簡潔に述べています。
1980年代と1990年代初頭のカンボジアの紛争中にASEANと関わった彼の経験は、特に乾季の地上の実際の電力ブローカーが終盤を決定することを彼に教えました。
 この時点で、Tatmadawは、武装した民族グループと、国民防衛隊グループと若い戦闘機からなる抵抗グループに対する攻撃を強化しました。
 過去3週間の間に、タイのターク州の反対側にあるカレン州の村人からの5,000人以上の難民がタイの国境を越えました。
今日の時点で、一部は、強制的に戻さないように指示された州当局によって提供された一時的な避難所に残っています。
タイの軍事指導者は、漂遊弾や砲弾に対応するためにすでにミャンマー軍に対し警告射撃を行っています。
 現在の暴力的な状況を踏まえ、ASEAN議長国は、現在の大虐殺を終わらせることを目的とした一連の政治対話を開始するために、すべての対立する政党に交渉の席に来るよう説得しようとします。
現時点では、双方が依然として戦争に焦点を合わせているように見えるため、うまくいきません。

フン・センは、40年近くにわたってカンボジアを統治してきましたが、これまでのASEANの努力により、カンボジア独自の政治環境を構築することができました。
フン・センは、息子のフン・マネットを政治的後継者としてすでに指名しています。
彼のリーダーシップの下で、国の人権記録は長い間西洋の援助ドナーによって批判されてきました。
それにもかかわらず、多くの厳しい言葉にもかかわらず、カンボジアとの関係を断ち切った人は誰もいません。
その地政学的価値を十分に知っています。
 カンボジア人民党がフン・マネットを後継者として承認したので、彼は次のレベルの関与に移り、彼の長年のリーダーシップに地域的な印を付けることができます。
ASEAN首脳が彼のアプローチと提案された計画を支持するならば、
フンセンの議長は成功と見なされるでしょう。

それから、彼は議長をグループの最も強力なメンバーであるインドネシアに任せて、特にミャンマーの民主化への準備のために、ルーズエンドを締めくくります。
予測可能な状況の軌跡から判断すると、カンボジアはミャンマーの泥沼を終わらせるために救世主の役割を好むでしょう。
この地域の、世界ではないにしても、
最も多才な指導者が彼の政治的瀬戸際政策の最後の行動に成功するかどうかは、
遅かれ早かれわかります。

Kavi Chongkittavornは、地域問題に関するベテランジャーナリストです。
この記事はバンコクポストからの引用。

写真はカンボジア首相Twitterから
TheChindwin1/9(日) 写真はKhitThitMedia
フン・セン氏がミャンマーへの訪問を締めくくると、大量の空爆が始まりました!
https://www.thechindwin.com/mass-airstrike-begins-as-mr-hun-sen-wraps-up-his-visit-in-myanmar/
ミャンマーの軍事政権のリーダーであるミン・アウン・ライン上級将軍がカンボジアの首相フン・セン氏と約束したネピドーでの公式会合で、
年末まで少数民族武装勢力との停戦することを約束したにもかかわらず、
軍事政権は直ちに大規模な空爆を開始した!
地元住民によると、カヤー州のロイコーとデモソタウンシップの郊外でカレンニー国防軍KNDFに対して午後2時から午後7時まで行われた模様。
 空爆は、カヤー州の州都であるロイコーの郊外であるパンカンとフミンローンで発生し、カヤー州のデモソタウンシップから5マイルと6マイルで発生し、数百人の地元の民間人を追放し、数十の住宅を破壊したと言われています。
1月8日のデモソとロイコー地域での激しい戦闘により、30人以上の軍事政権の兵士が死亡し、多くの兵士が負傷したと伝えられている。
戦闘中に、軍事政権の装甲戦車が破壊され、グレネードランチャー(RPG 3発発射されたようです。)
とその弾薬およびその他の弾薬を含む11の武器が破壊されました。



カレンニー国防軍(KNDF)の昨日の衝突に関する声明によると、デモソタウンシップでは、軍事政権が10の住宅を焼失し、軍事政権が2台のキャンタートラックでいくつかの民家から略奪し持ち去った。
 KNDFは、ロイコーの仲間である国民防衛隊(KPDF)の1人が戦闘中に殺害されたことを確認しました。
1月8日の時点で国は広範囲にわたる戦闘に満ちているが、

軍事政権の指導者が会議でフン・セン氏に示した停戦は、
明らかにミャンマー全土で起こっていることとは関係がない。
写真は1/8の戦闘で撤退した軍事政権軍から奪った武器等(KNDF,KPDF提供)

尚、1/8PM20:00頃ロイコーtspドムラカ村付近で軍事政権の武装ヘリが撃墜された模様。
KNDFが公式に発表。
MoeBwe市の出口、軍事政権指導者の住むネピドー専用電線の電気送電塔3つを破壊した模様。
KNDF B03 のエリア。

《Federal Democracy New Year 2022》

2021年大晦日の真夜中に時計が鳴ったとき、「明けましておめでとう!」と叫んだ世界中の人々とは異なり、
ミャンマーの人々は「私たちの革命が勝たなければならない!」と叫んだ。
軍事政権に反抗し、クーデターのリーダーであり軍事政権のボスであるミンアウンフラインを呪った。
TheIrrawaddy 1/3(月)
https://www.irrawaddy.com/news/burma/myanmar-people-greet-new-year-with-shouts-of-our-revolution-must-prevail.html
・・・略
NUG国民統一政府の国際協力大臣であるササ博士は、世界が祝祭に伴う花火の光景と音で新年を祝う一方で、ミャンマーの人々のために1月1日はクーデターの335日目であると述べました。その光景と音は恐れと危険だけを知らせます。
「ほぼ一年の間、私たちは軍の残虐行為と独裁政権の真の恐怖を目撃してきました」と彼は新年のビデオメッセージで言いました。
 しかし、大臣は、軍事政権の弾圧がどんなに激しくても諦めなかったミャンマー国民の決意で、
昨年の損失は今年は利益になるだろうと述べた。
写真は元日の地元民Twitterから

クリスマスからお正月の間、
ミンアウンフライン軍政SAC代表による国営メディアを使った対外向け融和演出の最中にも
多くの市民達が様々な場所で軍政レジーム軍による残虐行為により犠牲になった。

9月の最初の攻撃以来、町から1万人以上の住民全てが避難民となったチン州Thantlang Town、
無人のサントラン(タントラン)の町はこれまで幾度も極悪非道の軍事フンタ政権軍と配下の民兵組織による
放火の被害に遭っている。
12/30日にも、年明け1/3~1/4日にも
やつらは住民達の家、そして福音パプティスト教会、メソジスト教会に火を放ち
これまでの十数回に及ぶ放火により町の建物の半数近くが灰になった。
やつらは住民達がこの町に住めないように(戻ってこれないように)しているのである。
2017年ラカインでロヒンギャ族の家々を焼き払ったように。

https://twitter.com/thechindwin/status/1478229148350894082?s=27

その後、
《戦いはチン州全体にエスカレート》
レジスタンスグループがチンサガイン国境沿いの軍事政権を迎撃し、ミャンマー軍がマチュピ郡区の道路で地元の防衛軍を攻撃する。MyanmarNow1/7(金)

https://myanmar-now.org/en/news/battles-escalate-across-chin-state

United Nations Condemns Myanmar Junta’s Massacre of Civilians
12/27(月)TheIrrawaddy
https://www.irrawaddy.com/news/burma/united-nations-condemns-myanmar-juntas-massacre-of-civilians.html

国連は、ミャンマー東部のカヤー州での避難民の虐殺の調査を要求し、事件を非難しました。
カレンニー民族防衛軍(KNDF)によると、金曜日にカヤー州のHpruso TownshipのMoso村の近くで、女性と子供を含む約35人の民間人が軍事政権に殺害され、7台の車両で焼かれました。
 国連の人道問題担当次官兼緊急救援コーディネーターのマーティン・グリフィス氏は、少なくとも1人の子供を含む虐殺された民間人の報告に恐怖を感じていると述べた。

「私はこの悲惨な事件と、国際人道法で禁止されている全国の民間人に対するすべての攻撃を非難します」と英国の外交官は言いました。
 彼は、加害者を裁判にかけるために、攻撃について徹底的かつ透明性のある調査を行うよう求めた。
虐殺は、軍事政権軍とKNDFの間の1時間にわたる戦闘の後に起こった。
クーデター後に軍事政権に抵抗するために結成されたKNDFによると、軍事政権兵士はモソ近郊の村人を拘束し、7台の車両と5台のバイクで彼らを燃やした。

 民族武装グループによると、カレンニー民族解放戦線の4人のメンバーは、35人の民間人の釈放のために軍事政権と交渉しているときに、拘束されて頭を撃たれた。
 ※このグループは1994年に旧軍事政権と停戦に合意し、軍の監督下で国境警備隊(BGF)に変身していた。

亡くなられたこのグループのBGF
手を縛られ頭を撃ち抜かれていた。

国連は、民間人とそのメンバーに対する金曜日の犯罪を非難しました。

国際人道支援グループのセーブ・ザ・チルドレンの2人のメンバーが事件に巻き込まれ、行方不明になっています。
慈善団体は、スタッフの車両が攻撃され、燃え尽きていることを確認しました。
セーブ・ザ・チルドレンの最高経営責任者であるインガー・アッシングは、次のように述べています。
 この事件で、女性と子供を含む少なくとも38人が死亡したとのことです。

カレンニ州諮問委員会は、村人が車に縛られた後、火刑に処されたと述べた。
評議会は、選出された議員と政党、民族武装組織および市民社会グループの代表者によって4月に設立されました。

軍事政権が支配するメディアは、7台の車両が人民防衛軍とカレンニー民族進歩党からの「過激派」を運んでいたと述べた。彼らは停止を拒否して兵士を攻撃した。と述べた。
車両はテロリスト訓練のための新兵も乗せていた。と軍事政権のメディアは伝えた。

一方、KNDFは、車両は戦闘から逃げる村人を運んでいたと述べた。

虐殺に続いて、59の市民社会組織からの共同声明は、国際社会にミャンマーを国際刑事裁判所に紹介し、「テロリスト」の軍事政権に武器禁輸を課すことを求めた。
 これらのグループは、政権、その企業、および軍事政権とのビジネス上のつながりを持つ仲間に対する的を絞った制裁を求めた。
 軍事政権に対する武力抵抗は5月下旬にカヤー州で始まり、
州の人口の半分にあたる15万人の人々が戦闘によって避難を余儀なくされた。

拷問、生きたままの焼却、恣意的な殺害、人間の盾としての民間人の使用、
住宅地の砲撃、家屋の略奪と焼却、性的暴力行為、
 特に最もアクティブなマグウェとサガイン地域、チン、
シャン、カヤ、カレンの各州での抵抗などに対し、軍事ジュンタの残虐行為は続いています。

写真は12/24日(金)カヤー(カレンニー)州
軍事フンタSAC(軍事評議会)VS KNDF(カレンニー民族防衛軍(PDF))の衝突により炎上する民間人のトラック等
KNDF撮影

その後、
1/7(金)現在、例のロイコータウンシップでは激しい戦闘が年末以降続いているようです。
軍事政権側は約20%程度しか支配できていない模様。
兵士の死亡率は1:6で圧倒的に軍事政権兵士の士気がなくなっているようです。
もっぱら武装攻撃ヘリに頼り切り。
KNDF B-03大隊が軍事政権兵士から捕獲した武器等がTwitter上でもUPされている。


PDF側も最近は頻繁にドローンを飛ばしている。

◎Thousands Flee Into Thailand as Myanmar Junta Shells Villagers
TheIrrawaddy12/20(月)
https://www.irrawaddy.com/news/burma/thousands-flee-into-thailand-as-myanmar-junta-shells-villagers.html
民間人民防衛隊(PDF)グループによると、タイ国境にあるカレン州のミャワディタウンシップの村の約5,000人の住民が隣国タイに避難所を探しましたが、カレン民族解放軍(KNLA)に対するミャンマー軍事政権の激しい攻撃を受けて、推定10,000人の地元住民が国内避難民のままです。
12/19日曜日に、より多くの避難民が、軍事政権が民間住宅地を砲撃した後、
タイとの国境を形成するThaungYin川を渡った。


IDP(国内避難民)を支援する救援隊員は、戦闘がエスカレートしているため、国境で立ち往生し、支援を必要とする人々が増えていると述べた。
 軍は彼らに大砲を発射し、いくつかの砲弾はタイ側の土壌に着陸した。と情報筋は言い、タイ人が警告として発煙弾で反撃したのを聞いたと付け加えた。
 先週、約200人の軍事政権の兵士が12月14日にミャワディ近くのレイケイカウの新しい町を襲撃し、民主主義活動家とPDFグループのメンバーがそこに隠れていたと主張して軍事的緊張が高まった。


NLD国民民主連盟から選出された2人の議員であるUWai LinAungとDr.Pyae Phyoは、この日、軍事政権に拘束された約40人の中にいた。
襲撃と衝突は、ミャンマー最古の革命軍であるカレン民族同盟が、印象的な公務員と反体制武装抵抗グループを支援し、保護していたという軍事政権の非
難に続いた。KNLA(カレン民族解放軍)はKNU(カレン民族同盟)の民族武装組織(軍事部門)です。
 多くの国内避難民(IDP)が川を渡ってタイに入ることができなかったため、


Lay Kay Kawの行政当局はこの地域に一時的なIDPキャンプを設置するよう手配しているとKNU副会長のパドクウェトゥーウィンは述べた。
「この地域では、ミャワディに105 mm榴弾砲が配備され、軍事活動が継続的に強化されています。
彼らはそこから[レイケイカウとその周辺地域へ]砲弾を発射する可能性が高い」と彼は述べた。
 軍事政権はまた、 Lay Kay Kawとその周辺地域にドローンと偵察機を毎日送っていたと彼は付け加えた。
12/20月曜日の朝、飛行機はレイケイカウの上を一周し、パドークウェトゥーウィンは午後にイラワジに語った。
彼は、「彼らがこの地域を爆撃するのではないかと心配している」と付け加えた。
カレン族、モン族、シャン族、ビルマ族のコミュニティが住む多くの村がある。

カレン民族同盟KNUの軍事部門KNLAカレン民族解放軍7個の全旅団、KNDOカレンナショナル防衛組織(PDF)は12/20日 臨戦体制を敷いている。

12/14日以降カレン(カイン)では、ミャワディ近郊で衝突激化KNLA(カレン民族解放軍第6旅団)
発端は12月に入ってから衝突が、
Lay Kay Kawの新しい町でNLD議員、地元民、PDF(人民防衛隊)を
12/14日、
“軍事政権レジーム軍事フンタ軍が襲撃!”      
無差別攻撃な軍事政権レジーム軍に対し
(夥しい数の避難民がタイ国境へ、しかし多くが川を渡って越境出来ず悲惨な状態で森の中や川岸で野宿)


怒ったカレン民族同盟KNUの軍事部門KNLAカレン民族解放軍7個の全旅団、KNDOカレン民族防衛組織(PDF)は12/20日 臨戦体制を敷いています。
“軍事政権レジーム軍事フンタSACテロリスト軍”の増援部隊とヘリも確認されております。
大規模な衝突が予想されている。
その後、
1/7(金)現在、KNLA第6旅団VS軍事政権の戦いは
より激しくなっている模様。

また、カレン民族同盟の旅団5のMu Traw(Hpapun)地区が発表した戦争報告では、
昨年12月〜今年1月始めにかけて合計1364人の軍事政権の兵士が死亡し、
1313人が負傷した2692件の衝突が詳細に報告されています。
 この報告書は、カレン民族解放軍の軍事作戦全体を網羅しているわけではありませんが、MuTraw地区とも呼ばれるHpapun地区のKNLA旅団5地域のみのデータにすぎません。
 1人の戦術指揮官、3人の大隊指揮官、14人の将校、小隊将校、将校、軍曹から副軍曹に至るまでのミャンマー軍の高位の死亡者が1000人以上の死亡者リストの中にあります。
また、別の大隊司令官が負傷者の中にいます。

1/5(水)TheChindwinが引用から
https://www.thechindwin.com/massive-death-numbers-for-myanmars-junta-army-in-a-single-area-of-knus-brigade-no-5-in-karen-state-myanmar/


https://www.irrawaddy.com/news/burma/around-100-village-homes-burn-in-myanmar-junta-raid.html12/14(火)TheIrrawaddy,RFA
月曜日にサガイン地域のアヤダウタウンシップで反レジーム要塞が襲撃された際に、ミャンマーの軍事政権によって約100戸の家屋が全焼した。
 住民によると、月曜日の朝、100人以上のレジーム軍とPyuu-Saw-Hteeグループのメンバー(軍によって訓練され、銃器で武装した民兵)が、襲撃中に町の楓村を砲撃した。
レジーム部隊は、近くのタラエバ村に約1か月間配備されています。

Irrawaddyは、どのレポートも独自に検証できませんでした。

月曜日にカエバを占領した後、レジーム軍は村の300戸のうち約100戸を燃やした。彼らはまた家を略奪し、バイクを盗んだ、と村人は火曜日にイラワジに語った。
「私たちの村全体は、最初からレジームに反対する反レジーム運動に勇敢に参加しました。
私たちが反対派で有名なため、軍事政権は私たちを押しつぶそうとしました」と彼は言いました。
レジームの援軍が到着したとき、2,000人以上のカエバの村人が彼らの家から逃げました。

ミャンマーの軍事政権は、特にサガインとマグウェ地域、および抵抗グループが最も活発なチン、シャン、カヤ州で、民間人を恣意的に殺し、民間人を生きたまま燃やし、民間人の被拘禁者を人間の盾として使用し、住宅地を爆撃し、家を略奪して燃やし続けています。

☆12/10(金)サイレントストライキ:ミャンマーの人々の静かな力の誇示!☆
この日午前10:00、道路上から車は消えた。
市民達の静かなる大いなる力の輪!!!

◎上ビルマ(サガイン)で軍事フンタレジーム軍のボート3隻は撃沈された。
12/13(月)TheIrrawaddy
https://www.irrawaddy.com/news/burma/three-junta-motorboats-sunk-in-upper-myanmar.html
伝えられるところによると、過去3日間の一連の大胆な攻撃の間に、サガイン地域のカニタウンシップの民間抵抗グループは3隻のミャンマー軍用モーターボートを沈没した。
 人民防衛軍(PDF)は、攻撃に即席爆弾発射装置と水中爆弾を使用しました。
12月2日以降、チンドウィン川に沿ってカチン州から翡翠を輸送しているとされる3隻のはしけを護衛する8隻の軍用モーターボートとガンボートが、サガインのミンギンとカニの町でいくつかのPDFから攻撃を受けました。
 日曜日に、カニの民間抵抗グループの合同部隊が、20個の水中爆弾を使用して軍の小艦隊を攻撃しました。
同日遅く、PDFと軍の護送船団の間で銃撃戦がありました。
PDFによると、この攻撃で数十人の軍事政権が負傷した。しかし、軍の死者の数は不明です。
 Kani-PDFは月曜日に、日曜日の攻撃で水中爆弾によって損傷を受けた1隻の軍用船が月曜日の朝にKaniTownshipのMaedinVillageの近くで沈没したと述べた。
 金曜日の朝、11隻の艦隊の軍用モーターボートのうち2隻が、タウングケローネ村の近くでカニPDFとの45分間の銃撃戦の後に沈没したと、カニPDFのリーダーがイラワジに語った。
レジーム軍の死傷者は約7人でした。
 Kani-PDFによると、3人の民間抵抗戦闘員が銃撃戦で軽傷を負った。
PDFによると、月曜日までに、船団の11隻の船のうち7隻だけがチンドウィン川に沿ってモンユワに向かって下流に移動していました。

カニタウンシップ、チンドウィン川での地方議会の船と地方の防衛軍との戦い
VOA 12/13
https://burmese.voanews.com/a/chindwin-river-sagaing-kani-yeoo-pdf-military-coup-fight-voa-burmese-/6351999.html

◎☆Three Priorities for U.S.-Thailand Cooperation in Myanmar
12/15(水)アメリカ合衆国平和研究所
https://www.usip.org/publications/2021/12/three-priorities-us-thailand-cooperation-myanmar?fbclid=IwAR0MTTd8HYoCh8rEjsRybxZgU_8HQ2RjvhrNjhC28PvDYhgqssm2x3CaSsQ
アントニー・ブリンケン国務長官は今週、東南アジアへの最初の訪問を短くすることを余儀なくされ、COVID-19の懸念のためにタイ当局者と会う計画を破棄しました。
特にタイとの交渉が保留にされたことは、残念な展開です。
ブリンケンの訪問の議題は多岐にわたりましたが、ミャンマーの危機は彼のリストの一番上にありました。
また、1500マイル近くの国境とミャンマーの軍事政権との緊密な関係により、タイはASEAN諸国の中でミャンマーの将来に最大の利害関係を持っています。
世界がミャンマーの危機に対処するための戦略を議論しているとき、タイの潜在的な影響力、
特に人道的アクセスに関しては、結果として生じる可能性があります。

◎ミャンマーのクーデターによる地域の波及効果
タイは、国境を越えて悲惨な経済状況から逃れる経済移民や、安全を求める難民にとって自然な目的地です。
ミャンマーの見通しは明るいように見え、一人当たりのGDPは現在よりも20%近く高かったにもかかわらず、移民はタイに群がり、農業、製造業、その他のローエンドの仕事に従事しました。
UNDPが12月初旬に発表した新しいレポートによると、ミャンマーの人口の半分は2022年までに貧困ラインを下回り、3%以上の世帯が2022年に少なくとも1人のメンバーの移動を計画しています。
2月1日のクーデター以来の暴力により、さらに22,000人の難民がすでに近隣諸国に避難している。

そして、国境地帯での違法行為を拡大する犯罪ネットワークにより、タイは国境を越えてやってくる麻薬の驚くべき増加を見てきました。これらのネットワークはまた、タイ、マレーシア、カンボジア、その他の国民をタイ国境の違法カジノゾーンに人身売買し、大規模なオンライン詐欺に従事し、中国国民を対象としたオンラインカジノを運営する中国のギャングのために働くことを余儀なくされています。

COVID-19ワクチン接種率は、ミャンマーの国境地帯でもほぼゼロであり、感染者が国境を越えるリスクは、パンデミックによってこの地域の他のどの地域よりも大きな打撃を受けたが、ようやく再開し始めているタイ経済にとって深刻な脅威となっています。
国境沿いの何十万人ものワクチン未接種の人々は、特にワクチン耐性のある亜種が出現し続けているため、国の経済回復に対する深刻な脅威をますます表しています。

さらに、ミャンマーの軍事政権は国境地帯の少数民族に対する軍事作戦を続け、民主化推進者をタイ国境沿いの民族領土に追いかけようとしているため、その致命的な攻撃はすでにタイ領土に波及し、タイ国民を危険にさらしている。ミャンマーの内戦に対する決議がなければ、これらの圧力は高まるに違いない。

◎タイとミャンマーのジュンタとの関係
一方、政府が2014年の軍事クーデターに端を発しているタイは、ミャンマーの軍事司令官に対する比類のない理解と関係を持っています。このダイナミクスにより、タイは、地域の政治構造から完全に軍事政権のリーダーシップを凍結することに慎重になりました。
それはまたタイに、その関係が正式な直接対話を通じて軍事政権の行動を和らげるのを助けることができるという自信(おそらく誤った)を与えます。
※さらに重要なのは、タイがミャンマーの民主的野党の一部の代表者へのアクセスを効果的に管理していることです。
これには、国民統一政府のメンバーや、タイ国境沿いの領土を管理する主要な民族武装組織(EAO)が含まれます。
人道支援がこれらの組織に流れる場合、それはタイの同意を得たものになります。

◎米タイ関係
米国とタイにとって、ミャンマーの状況は悲劇的なものであるが、二国間関係に焦点を当ててきた。これは、深く制度化された関係と条約同盟にもかかわらず、しばしばとらえどころのないものである。
ベトナム戦争の終結以来、関係は戦略的な方向性を見つけるのに苦労してきました。
同盟は両国に利益をもたらし続けていますが、政治問題に関する協力の議題はしばしばまばらです。
しかし、ミャンマーでは、タイ政府がこれまで利用に消極的だった軍事政権に全面的な影響力を持たせなくても、協力の可能性は計り知れません。この可能性を活用するために、米国とタイは3つの優先事項に焦点を当てる必要があります。

1.人道援助とCOVID-19ワクチンに協力します。
最優先事項は、緊急に必要な人道援助とCOVID-19ワクチンに関する協力です。タイの予防接種レベルが上昇し、国が再開と経済回復の方向に進むにつれて、タイはミャンマーとの国境の両側で人口を予防接種することを推進する強いインセンティブを持つでしょう。

しかし、ミャンマーの国境地域でワクチン接種の取り組みを調整することは、タイとミャンマーの軍事政権との関係の能力を超えています。さらに、地元住民はEAOの管理下にある地域でワクチンを投与する軍事政権を受け入れず、軍事政権の侵入は避難を求める主要な利害関係者を重大なリスクにさらすことになります。

代わりに、米国はタイ当局に非常に効果的で展開可能なワクチンを提供することができ、タイ当局は国境検問所を管理する地方の非国家(EAO)当局を利用してワクチンを投与することができます。
これらの地方の非国家当局の多くは、過去数十年にわたって強力な公衆衛生システムを開発しており、国境住民に予防接種を行うタイの取り組みにおいて積極的なパートナーとなるでしょう。
このシステムを使用することで、タイの国境警備を強化すると同時に、ミャンマーの民主的な野党の健康、安全、安全を強化することができます。

タイはまた、ミャンマー国内で増加する国内避難民(IDP)への国境を越えた支援を拡大することができます。
これには、最終的に国境経済を強化し、地域社会の回復力を高めるのに役立つ開発支援(食品、健康)が含まれます。
国際的な国境を越えた犯罪者の侵入に対抗する。
今日まで、タイは始めに軍事政権の認可を得ずにこの種の援助に従事することを躊躇してきました。

2.米国の支援を受けて人道的緩衝地帯を確立します。
2番目の優先事項は、米国の支援を受けてミャンマーに人道的緩衝地帯を確立することです。
これにより、国内避難民が国境を越える圧力が軽減され、COVID-19のリスクが軽減され、民主化推進者が国内に留まることが可能になります。
タイと米国の間の深い軍事関係、および米国の能力に関するタイの知識は、この種の協力を可能にし、数十年にわたって共同で開発されてきた軍事関係の利点を双方にとって実際的な意味で実証するでしょう。
人道的緩衝地帯を共同で発表することは、ベトナム戦争の終結以来、同盟において最も重要な進展の1つとなるでしょう。

3.ミャンマーの危機が地域の国境を越えた犯罪に与える影響を調べます。
第三の優先事項は、ミャンマーの状況が今後数ヶ月および数年で地域の国境を越えた犯罪に与える影響についての協議を開始することです。
当初、双方は、タイの統治を弱体化させようとしている国境を越えた犯罪者の飛び地について共同で脅威レビューを実施する可能性があります。
これらの地域では、人身売買、詐欺、悪意のある活動の証拠が増えています。
クーデター後、無政府状態のレベルが高まり、武力紛争が全国に広がるにつれて、ミャンマーの無秩序と犯罪がタイの犯罪を煽る原動力となることは避けられません。

ミャンマー問題は、米タイの軍事、戦略、開発協力の活性化と近代化のための絶大な機会を表しています。
これらの問題に取り組むための共同協力を通じて、双方は彼らの関係の全体的な状態を再活性化することができ、この協力に基づいて、メコン地域全体に開発援助を提供し、軍事を深めるための共同能力を構築するための新しく刺激的な機会を見つけることができます。
従来型と非従来型の両方のセキュリティ脅威に対処し、
特に中国からの犯罪者のこの地域への侵入に対処するための地域ハブを構築するための関係。

☆☆ミャンマーで新しい政治が形作られている☆
12/9(木)TheIrrawaddy
https://www.irrawaddy.com/opinion/guest-column/a-new-politics-is-taking-shape-in-myanmar.html
 略・・・
歴史的な窮状の陰で横行する不信と多様な政治的アプローチと議題にもかかわらず、異なる政治的および民族的グループ間の絶え間ない交渉、審議および信
頼構築は、運動の指導的イデオロギーを徐々に作成する可能性があります。
現在、追放された議員、民族武装グループ、市民社会、ストライキ委員会を含む
国民統一諮問評議会(NUCC)での対話が進行中であるが、予想よりも遅いペースであり、一部のグループは依然としてNUCCへの参加に消極的である。
しかし、この会場は、
イデオロギーの空白を埋めるための主要な対話プラットフォームになる可能性があります。
最近、NUCCは「連邦民主主義に関する合意案に達した」と発表しました。
まだ長い道のりがありますが、それは前向きな兆候です。
 包括的集団指導は、広範で先見の明のあるイデオロギーが策定された場合にのみ強化することができます。
したがって、指導的イデオロギーは、新しい初期の政治をより具体的な形に結晶化するために重要です。
言い換えれば、包括的で先見の明のある指導的イデオロギーの形成は、アウンサンスーチーの祝福ではなく、
この新しい政治の原動力となるでしょう。
 その現在の兆候に基づいて、この新しい政治は明らかにトップリーダーやエリート政治から生じたのではなく、
 新しい政治世代と痛みを伴う革命の経験から生じたものです。
それは未来の夢によって活気づけられており、軍事的支配のくびきから完全に解放された新しい国の創造によって動機づけられています。
その基盤はまた、排除、敵意、支配、抑圧という古い政治とは対照的に、包摂的な政治、民族間の連帯、相互理解と共感にあります。
現在の不確実な状況では、新しい政治がどの程度完全に構成され、実施されることができるか、そしてそれが完全に発展するか、長期的に衰退するかについてはまだ不明です。
しかし、1つの事実はますます明確になっています。
それは、主に新世代によって作成された新しい政治です。


https://www.myanmar-now.org/en/news/done-taw-villagers-find-another-body-after-massacre-of-11-men-and-boys
https://www.rfa.org/english/news/myanmar/burn-12072021165002.html
TheChindwin12/9 RFA12/7〜8 KhitThitMedia、MyanmarNow、その他 地元民Twitter等12/7(火)〜
https://www.thechindwin.com/myanmar-11-civilians-including-5-minors-burned-alive-2-burned-to-ashes-after-torture/
DonTaw村が攻撃されたのはこれが3回目です。
ミャンマー北西部のアノーヤター作戦の2か月間、軍事政権軍は国の北西部のいくつかの村を襲撃し、民間人を拉致し、拘束してサガイン管区サリンギ郡のドンタウ村で生きたまま燃やした。
 報告によると、地元の人民防衛軍との戦闘が終わった後、軍事政権が村を襲撃した。
村に残っている民間人を逮捕し、生きたまま燃やして殺害した。

MyanmarNowでは
Done Taw PDFは、11人の犠牲者のうち10人を指名するリストをMyanmarNowに提供しました。
彼らは次のとおりです。ArkarSoe、14歳。Hsan Min Oo、17; タンミンアウン、17; Kyaw Thet、17; Chit Nan Oo、19; Win Kaw、20; Htet Ko、22; ジンミントゥン、22; Tin Naing、30歳、U Soe、40歳。
名前のない11人目の犠牲者は17歳だったとグループは言った。


 火刑に処せられた11人の民間人の画像は、反レジームと民間人を抑圧するための軍事政権の最新の試みでありソーシャルメディアで共有され、世界に衝撃を与えました。
村に戻った村人たちは彼らを葬った。
 12月5日、KalaymyoTownship南部のChungkhuah村のNgunNei Thang氏は彼の農場で働いていたときに逮捕され、同じ町のUmehtooとして知られる別の村の住宅と一緒に殺害されて灰になりました。
11人の犠牲者は「農場を駆け抜けて撃たれ、小屋に連れて行かれ、そこで焼かれました」とDoneTawの村人は言いました。
地元の人々によると、Done Tawには、チンドウィン川のほとりにあるShwe MyinTin農場を通る入口と出口のルートが1つしかないという。逃げ道がないことが、11人の犠牲者が捕らえられた理由である可能性が高いと彼らは付け加えた。
 チン国防軍(CNDF)は骨を排出し、彼の村に埋葬しました。
 12月4日、KalaymyoTownshipのTanPhu村に住む24歳のLalRo Mawiは逮捕された後、12月7日に殺害され、焼失した。
マウィ氏の父親は、息子が失踪したことを12月4日にソーシャルメディアで訴え、
その後、息子が逮捕され、12月7日に殺害されて焼かれ灰になる前の3日間、人間の盾として使用されたことを知りました。
CDF – KKGによると、チンランド国防軍– Kalay-Kabaw-Gangaw(CDF -KKG)は、キリスト教の伝統に従って骨を排出し、マウィ氏を埋葬した。
 12月7日ドンタウ村の11人の民間人がワイヤーで拘束され生きたまま火炙りにされた、マウイ氏が殺害された、というニュースがインターネット上で報じられ、
恐ろしいほどの軍事政権の行為に世界中の国の何百万人もの人々に衝撃を与えました。

DonTaw村は、軍事コングロマリットMEHLと中国企業Wanbaoが所有するLetpadaung銅鉱山の近くにあります。
その後、8日にはさらに4人の遺体が発見されすくなくとも15人以上がJunta軍によって焼かれた。
写真はKhitThitMedia

 ◎ミャンマー中央都市部では経済活動が戻ってきているようですが、
爆発が頻発、軍事フンタ警察、軍による警戒が強化されている。
(市民達の抗議活動もフラッシュモブ方式で滞りなく続いている。
また、軍事フンタによる”没収キャンペーン”が盛んになっている。)
◎そんな中、12/5(日)様々なメディアで日本のメディアでも

”抗議活動の若者達に軍車両が突っ込み轢き殺し助けに入った若者達も逮捕していった”
ことが報道された。

国連事務総長はキミンダインタウンシップでの軍の行為を強く非難
https://burmese.voanews.com/a/un-general-secretary-condenmed-myanmar/6341866.html
国連から声明が出ている。

2021年12月5日
ヤンゴンのキミンダイン暴力に関する
国連常駐コーディネーター ラマナサン・バラクリシュナンの声明
PDF Embedder requires a url attribute
ヤンゴンのキミンダインタウンシップで、
治安部隊に所属する車両が抗議者に衝突しその後、実弾で発砲した。
今朝報告された多くの非武装の民間人への攻撃を深く懸念している。
 当初の報告によると、この事件で多くの人が死亡し、他の多くの人が負傷した。
私はこの攻撃を可能な限り強く非難し、
殺害または負傷したすべての人々の家族に心からの哀悼の意を表します。
 表現の自由は基本的人権であり、治安部隊による今日の行動は完全に容認できません。
非武装の民間人に対する過度かつ不均衡な武力行使の責任者は、責任を問われなければなりません。
 2月1日に軍が民主的に選出された政府の支配権をクーデターで掌握して以来、
これまでに1,300人以上の女性、子供、男性がミャンマーでの政治的暴力で命を落としました。
 10か月以上もの間、私は、国内で進行中の暴力に愕然とし、
国際社会に弾圧を終わらせるために共同でそして二国間で働くことを促した国連事務総長の言葉を繰り返します。

亡くなられた方たち逮捕された若者たちに近いと思われる方のツイート
軍事フンタの車両によって亡くなられた将来を担うべき若者 同志、君達の死は無駄にしてはならない。

◎反レジーム活動家のSandarWinの残忍な殺害は、
陰気な軍事フンタの民兵グループPyu SawHteeの役割も浮き彫りにしている 。
サンダーウィンはクーデター以来命を落とした多くの犠牲者の1人に過ぎませんでしたが、彼女の殺害は地元のレジスタンス運動に多大な影響を及ぼしました。
 MyanmarNow12/5
https://myanmar-now.org/en/news/a-womans-murder-deals-a-heavy-blow-to-pauks-resistance

首相時代2003年12/11〜12の日本ASEAN首脳会議でのキンニュン氏 隣はフィリピンのアロヨ大統領
◎面白い読み物  
アルツハイマー病に苦しむミャンマーのかつて恐れられていたスパイの首長(キンニュン元首相(ミャンマーの柳生宗矩))
12/6(月)TheIrrawaddy
 https://www.irrawaddy.com/news/burma/myanmars-once-feared-spy-chief-suffering-from-alzheimers.html
感想:
キンニュン氏が誰と会っているか判らない状態まで悪化していることには驚いた。
かなりキンニュン氏に皮肉な書き回しだが仕方のないことだろう。

それより気になった点:
「軍事政権のマウスピースによると、ミン・アウン・ラインは元スパイ長の健康状態について質問し、必要に応じて軍病院でキン・ニュンの治療を手配することを提案し、
 とりわけ「ミャンマーの政治情勢について報告する」と述べた。
 数ヶ月前、ミン・アウン・ラインの補佐官がキン・ニュンの邸宅を訪れ、現政権からの支援が必要かどうか尋ねました。
伝えられるところによると、
キン・ニュンは彼の年金を他の給付とともに回復するよう要求した。
(首相まで務めた自身の軍内での名誉回復)
政権はその要請を認め、2004年に粛清された将軍に多額のチップを支払うことに同意した。
彼と彼の妻は、コロナウイルスのデルタ変異体がミャンマーを襲った2021年半ばにヤンゴンの私立病院でCOVID-19の治療を受けました。」

「拘束された米国のジャーナリスト、ダニー・フェンスターの釈放を確保するために、
クーデター後、軍事政権がキン・ニュンの元部下(現在は60代後半から70代)に近づき、
11月初旬ミャンマーに入国した元米国下院議員国連大使のビル・リチャードソンなどの国際的な連絡先との連絡を含むさまざまな分野で支援を要請したことを明らかにした。
元米国外交官であるリチャードソンは、現在の軍事政権の顧問とキン・ニュンの元諜報員の両方と連絡を取り合っています。」


熾烈な駆け引き、熾烈な闘い。
彼の部下が健在で何よりです。

◎面白い読み物 
Junta Watch: Coup Leader’s Wife Draws Public Ire; Suu Kyi’s New Charge and More12/4(土)TheIrrawaddy
https://www.irrawaddy.com/news/burma/junta-watch-coup-leaders-wife-draws-public-ire-suu-kyis-new-charge-and-more.html

◎チンドウィン川とエーヤワディー川が合流する合流点を通って北と北西の地域で軍の物資を輸送するために使用される軍事フンタ軍の船は民間市民の防衛軍に捕獲されました。
ミャンの民間防衛安全保障機構(CDSOM)は、グループが12/3〜4日にミャンタウンの入口と出口のゲートで検査を行った。
12/4(土)TheChindwin
https://www.thechindwin.com/myanmar-a-town-in-the-middle-of-the-main-riverway-for-military-transport-falls-to-the-control-of-people-defense-force/


関連:
Resistance fighters strengthen hold over Myaung Township in Sagaing
Anti-junta forces are carrying out security checks and seizing vehicles in the area, where junta administrators have resigned en masse
MyanmarNow12/6(月)
https://myanmar-now.org/en/news/resistance-fighters-strengthen-hold-over-myaung-township-in-sagaing
CDSOMの役員は、ミャンの4つの都市区と48の村の管区のすべての管理者が辞任し、町の軍事政権の統治メカニズムを破壊したと述べた。
「彼らの統治メカニズムは機能を停止しましたが、彼らにはまだ部門のスタッフがいます」と彼は言いました。「したがって、私たちはまだすべてを完全に制御することはできません。」
CDSOMによると、抵抗軍は12月1日、ミャンタウンシップ警察署からキャウクイット村警察署に向かう民間車両を止め、時計、証明書、写真などの警察アイテムでいっぱいの6箱を押収した。
 CDSOMは、ミャンで軍事政権と戦ういくつかの武装グループの1つです。
他には、ミャン特別国民防衛隊、ミャン女性戦士、ビルマゲリラ部隊、ハナローンフラルミテギミャルグループが含まれます。
これらのグループは、ミャンマー中部の60を超える抵抗勢力の同盟の一部を形成しています。
チン州とサガインおよびマグウェ地域の武力抵抗を鎮圧することを目的とした大規模なキャンペーンであるアノーヤター作戦の一環として、数千人の地元住民がサガイン地域の自宅から逃亡し避難民となっています。

TheChindwin12/1(水)
◎Myanmar military’s fire wipes out much of Thantlang, leaving broken hearts, broken dreamshttps://www.thechindwin.com/myanmar-militarys-fire-wipes-out-much-of-thantlang-leaving-broken-hearts-broken-dreams/

A drone image taken by Thantlang Revolutionary Campaign – TRC. Photo/TRC.

◎ミャンマー軍事政権の標的とされたキリスト教教会に対する略奪と射撃はチン州で続いている
12/2(木)TheChindwin
https://www.thechindwin.com/myanmar-juntas-targeted-looting-and-shooting-against-christian-church-continues-in-chin-state/

 TheChindwin12/2(木)
◎Myanmar’s Civil War: Nearly 2,000 junta soldiers were killed in a monthhttps://www.thechindwin.com/myanmars-civil-war-nearly-2000-junta-soldiers-were-killed-in-a-month/
A combined pictures of Myanmar junta casualties – collected from what happened in Karen State, Yangon region and Northern Shan
State.

11月、全国の衝突で数千人が死亡したと報告されている
ミャンマーの軍事政権はこれまで経験したことのない型破りな戦​​争に直面しており、
今回は、民族武装組織ではなく、ビルマ民族グループによって最も大きな打撃を受けました。
 ※梅雨明けとともに、今後数週間で戦争が激化することが予想されます。
戦争は何ヶ月にもわたって激しさを増しており、
過酷な天候と条件の下で何十万人もの人々がジャングルの避難所を探すようになり、
数千人が国連の難民機関の下へ国際的な保護を求めて国境を越えました。

武力紛争は2/1クーデター後、2月に始まった平和的な抗議者に対する残忍な弾圧に対して
人々が武装して身を守るために6月に始まった。
 9月7日に影の国民統一政府(NUG)が発表した自衛戦争の前に、カレン州で軍事政権とカレン民族解放軍(KNLA)およびチン国民戦線-ミンダットの間で最初に戦闘が勃発したと報告されていた。

本土、特にマグウェとサガイン地域で全面戦争が勃発する前に、チン州、カヤー州、カレン州で戦闘がますます激化しています。

チン州、マグウェ、サガイン地域をカバーする北西部で大きな犠牲者を出した後、ミャンマーの軍事作戦は秘密の軍事作戦をアノーヤターと名付けられ、10月中旬にメディアに流出した。
 その後、軍事政権は地域を2つに分割し、
サガイン地域作戦のAlawngmintayarとして別のキング名を追加しました。
これはアノーヤター作戦にちなんで名付けられたコードです。
重火器と空爆にもかかわらず、
ミャンマーの軍事政権は1か月以内に、多くの中堅将校を含む約2,000人の兵士を失い、
人々の呪いを経験しました。

チンドウィンは、武力紛争とその後の死傷者報告を毎日まとめています。

私たちの報告は、11月に全国で記録的な数の1750人の軍事政権兵士が殺されたと詳述しています。
さまざまな場所や地域で民間防衛軍の側に死傷者がいますが、
その数はミャンマー軍事政権軍の死傷者数と比較するとはるかに少ないです。


1750人の死者のうち、52%がサガイン地域で発生し、
続いてカレン州が14%、マグウェが3位で12%でした。
 ミャンマーでシャン州は、武装組織の数が最も多いことが知られているにもかかわらず、MNDAAはシャン州でミャンマーの軍事政権に従事している唯一の
武装グループであるため、すべての死者はMNDAA(ミャンマー民族民主同盟軍)にのみ起因します。

ミャンマーでの戦争と紛争は、国中の軍事政権の軍隊によって引き起こされた破壊と危害に対し、
人々が反撃することをより一層決意したので、今後数週間と数ヶ月でさらに激化すると信じられています。
 軍事クーデター後の11か月間、戦争を和らげる兆候はありません。
それでも、すべての兆候は、NUG挙国一致内閣と軍事政権両者にとって不可能である可能性が高いことを示しています。
軍事政権とNUG挙国一致内閣が率いる主要な人民防衛軍が話し合いや交渉のために集まることができるのか。
ソーシャルメディアでは、今回は「勝つか負けるか」という選択肢しかないと言われています。

ゲストコラムカンボジア、ASEAN、ミャンマー
12/1(水)TheIrrawaddy
https://www.irrawaddy.com/opinion/guest-column/cambodia-asean-and-myanmar.html

◎ヤンゴンの最も人気のあるショッピングセンターは、11/25(木)に、
そのセキュリティチームがモール内の若者による反体制抗議を強制的に排除したために
ヤンゴンの住民がミャンマープラザ複合施設をボイコットした。
11/26金曜日に捨てられました。
ミャンマーの軍事政権は現在、武装した民間人の抵抗グループや民族軍による全国的な反対に直面しているほか、現金制度を飢えさせるために人々が税金や公共料金の支払いをボイコットする市民的不服従運動に直面しています。
人々はまた、Mytelテレコムサービスやビール製品を含む軍事関連製品をボイコットしています。
11/27(土)TheIrrawaddyイラワジ紙

https://www.irrawaddy.com/news/burma/shoppers-boycott-myanmar-plaza-after-attack-on-anti-regime-protest.html

◎最近の軍事フンタ
11/27(土)TheIrrawaddyイラワジ紙
https://www.irrawaddy.com/news/burma/junta-watch.html

◎ミャンマー軍事フンタ(軍事評議会SAC)は
クーデター前のNLD政権の時に大臣を務めた将軍を解任しました。
11/26(金)TheIrrawddy
写真はTheIrrawaddy


https://www.irrawaddy.com/news/burma/myanmar-junta-sacked-generals-who-served-as-minsters-during-nld-govt.html

伝えられるところによると、ミャンマー軍は、追放されたNLD国民民主連盟政府の大臣を務めた2人の将軍を引退させた。
 SeinWin中将とYeAung中将は、2015年4月から2021年1月まで、追放されたNLD国民民主連盟政権下で、それぞれ軍が任命した国防大臣と国境問題大臣でした。


SeinWin中将(クーデター以前、国防大臣)とロシアのパトルシェフ国家安全保障会議書記

両者は2月1日のクーデター中に引退を余儀なくされ、軍事フンタの全国連帯と平和構築交渉委員会に移された。
 クーデター後、ミン・アウン・ライン上級将軍が新しい統治機関SACを結成し、2月1日にミャー・トゥ・ウ将軍とトゥン・トゥン・ナウン将軍がそれぞれ国防大臣と国境問題大臣に任命された。

ネピドー筋によると、
今月、セインウィン中将とイェーアウン中将がミャンマー退役軍人協会の会長兼副会長に任命された。

「キャプテンゼロ」として知られるCDM市民的不服従運動に参加するために軍から離脱した将校は、イラワジに次のように語った。ある意味、彼らは政軍関係が得意でした。」

元将校は、軍事フンタ政権が穏健派を沈黙させようとしていると信じている他のオブザーバーに対して、軍事政権は「軍事独裁者ミンアウンフラインと貧しい人たちを支持する人々を維持している」と述べた。

元内務大臣のLt-Gen Kyaw Swe
Daw Aung San SuuKyi国家顧問に近いと見なされていたKyaw Swe中将が、
2021年2月クーデター以後、現在もその地位にあるLt-Gen SoeHtutに交代しました。

2月のクーデター以来拘留されているアウンサンスーチー氏は、2018年のシンガポール訪問中に、軍との関係は「それほど悪くはない」、閣僚の将軍は「かなり甘い」と述べた。

追放された将軍と和平交渉を行ったパオ民族解放軍の守護聖人クン・オッカー大佐は、交渉中に両将軍が相互信頼を築いたので、本当なら悲しいニュースだと述べた。
 「それは軍の指導者間の不一致を示しています」と彼は言いました。
「一部の将軍は、進行中の残虐行為に反対するかもしれません。
彼らは別れたかもしれない。」

HRWの日本の方のツイートから11/29

◎ミャンマー民間政府は債券発行売却で12時間以内に600万ドル以上を調達
https://www.irrawaddy.com/news/burma/myanmar-civilian-govts-bond-sale-raises-over-6-million-in-under-12-hours.html
11/23日 TheIrrawadyイラワジ紙

ミャンマーの国民統一政府(NUG)は、月曜日の12時間以内に600万米ドル(107億チャット)相当の債券を売却しました。
 前例のない動きで、NUGは今月初め に独裁政権に対する「革命運動」に資金を供給するために債券を売ると発表 しました。
 債券は100ドル、500ドル、1,000ドル、5,000ドルの種類があります。

NUGのPublicVoice Television(PV TV)は火曜日の朝、月曜日の午後2時から深夜までの債券売り上げが630万ドルに達し、最初の2時間で200万ドル以上が調達されたと発表しました。
 PV TVは声明のなかで、
債券売却への高い関心は「独裁政権を根絶したいという国民の願望が非常に大きい」ことのさらなる証拠であると述べた。

NUGの計画・財務・投資大臣であるU Tin Tun Naingは、革命の普及を支援するために、国内外のミャンマー国民に募金活動に参加するよう促しました。
 債券の購入は、宝くじの購入 と自発的な税金の支払い に加えて、貢献する3つの方法の1つである と彼は言いました。
 ミャンマーの人口の大多数は軍事政権を拒否しており、
軍事政権はフラッシュモブの抗議、武力抵抗、擁護など、
さまざまな形で反対に直面しています。

NUGは主に、国民民主連盟のメンバーと少数民族および反レジーム抗議グループの代表者によって4月に結成されました。
 NUGは8月に自発的課税を正式に導入したが、
反レジーム活動は2月のクーデター以来の
寄付によって大部分が支えられてきた。

NUGは、軍事費を除いて、医療、教育、社会的ケア、軍人や警察官への資金提供など、社会的および人道的支援のために少なくとも8億ドルを調達することを望んでいます。

11/24TheChindwin
◎ミャンマーの影の政府「NUG国民統一政府」は
国債発行売却の初日に900万米ドル以上を調達します
ミャンマー国民統一政府は、特別国債の販売を開始してから12時間以内に950万米ドルを調達しました。
Public Voice Televisionが明らかにしたように、ミャンマーのディアスポラコミュニティが債券の購入を急いでいるため、大量のトラフィックが原因で、デジタル決済プラットフォームが一時的にクラッシュしました。
(私の友人達もこれを急いでいたようだ。)
ミャンマーの国民統一政府(NUG)は、国内避難民と国防総省に健康、人道的ニーズを提供するための国家予算として10億米ドルを調達することを目指しています。
これは、国中の人々の防衛軍が緊急の支援を必要としているためです。
 NUGは、「春の革命」というタイトルで、
軍事政権を打倒するために切望されていたプログラムやプロジェクトを主導するための資金を調達するためのマラソンキャンペーンを開始しました。
 国債の売却は、これから少なくとも2億米ドルを調達することを目的としたマラソンキャンペーンのほんの一部です。
100ドルから5,000ドルまでの4つの異なる価格を販売する国債のキックスタートの初日、NUGは12時間以内に950万ドルを調達しました。
 債券の満期日は2年で無利子と言われています。

債券売却で調達した資金は、春の革命を先導すると言われています。

◎先週からの一週間、
激しい武力衝突により
軍事フンタ、PDF EAO側 双方多くの犠牲者があった。
軍事フンタ軍Mi-35p攻撃ヘリコプターによる

市民レジスタンス、PDF、サポートチームに対する攻撃が相次いだ。
Twitterでは連日それらの事柄を速報していた。
PDF-Kalayの女性医療救援チームの9名が捕らえられた(内1名は女性シンガーだった)件はRFAでも大きく報道された。
まとめとして
下記記事参照

11/22日 TheChindwin から各記事参照
https://www.thechindwin.com/category/myanmar/
11/22日TheIrrawaddyイラワジ紙 
https://www.irrawaddy.com/news/burma/around-120-myanmar-junta-troops-killed-in-magwe-region-resistance.html

◎シャン州北部のモンコファンサイ地域での
軍事評議会SAC軍事フンタ軍と
MNDAAコーカン軍との戦闘はほぼ毎​​日行われている。
VOA11/23日
https://burmese.voanews.com/a/fighting-continues-between-myanmar-military-and-ethnic-armed-group-mndaa/6323360.html
中緬国境のキュコット(パンサイ)。軍事評議会とMNDAAコーカン軍との間の戦闘は、7月初旬からモンコとパンガーで激化しています。
コーカン軍は11月10日、軍事的緊張を緩和するためにモンコの3つの基地を撤退すると発表したが、戦闘は今日まで続いている。
  モンコの住民は、戦闘がどこで行われ、何人が負傷したかわからないと述べた。


カチン独立軍(KIA)の第6旅団は、キュコット(パンサイ)とMonekoeモンコに拠点を置いています。
KIAの情報担当官であるNawBu大佐は、この地域の状況について説明した。

「MNDAAと軍事評議会の間の戦いはほぼ毎日起こっています。
その状況については聞いています。軍事評議会からの大砲による砲撃でした。
それは村に落ちました。村人も影響を受けます。家屋も被害を受けました。」

モンコ パンガーの地元の援助労働者は、地元の女性が昨日砲撃で殺されたと言った。
「PhaungsaingBangmweの村です。そこの女性が砲弾で殺されました。
彼らは遠くから重砲で発砲している。」
MNDAA Kokangソーシャルメディアサイトによると、女性の死は19日に起こった。
モンコのMNDAAコーカン軍は11/21日、軍事評議会との間で6回の衝突があった。
何千発もの砲弾が発射されました。
 コーカン軍は、MNDAAコーカン軍の約20人のメンバーが殺害され、1人が衝突で負傷したと述べた。
軍事評議会は、コーカン族との戦いの状況についてコメントしていません。

軍事評議会とMNDAAコーカン軍との戦闘により、2,000人以上の地元住民が家を追われ、少なくとも10人の民間人が砲撃により殺害されました。

別のニュースソース11/22日
2021年11月21日、シャン州北部のコーカン地域で1日6回衝突が発生したため、MNDAAとミャンマーの軍事政権間の戦闘が激化した。
Tachiliek News Agencyによると、「軍事政権は、Shigyikya山地のMNDAAの基地、およびMongkhoke地区のManyan地域へ900回以上重砲と迫撃砲を発射した」と述べた。

その後、
2022年1/5 MyanmarNow
MNDAAはミャンマー軍からの主要な武器の押収を報告しました。
伝えられるところによると、軍はシャン州北部の中国国境近くのコーカン軍との戦闘から撤退する際に武器、弾薬、その他の物資を置き去りにした。
https://myanmar-now.org/en/news/mndaa-reports-major-weapons-seizure-from-myanmar-army
ミャンマー民族民主同盟軍(MNDAA)は、1/3月曜日の戦闘後、シャン州北部の中国との国境にあるモンコ近郊で、軍事政権の軍隊が残したいくつかの武器を没収したと、コーカン族軍の将校は述べた。
MNDAAの情報担当官YanNaingによると、コーカン軍はモンコの西の丘にある放棄されたHpauk Mawt村に駐留し、そこから午前9時から午後6時まで約80人のミャンマー軍兵士と衝突した。
伝えられるところによると、戦闘は午後3時頃までにエスカレートし始め、軽歩兵師団(LID)99の軍隊兵士はゆっくりと撤退しました。
「彼らの側には死傷者がいたと思うが、それは確かではない」とヤン・ナインはミャンマー・ナウに語り、コーカン側には死傷者はなかったと付け加えた。「私たちはまた、彼らが去った後にその地域を片付けている間、彼らが残した武器と弾薬をなんとかつかむことができました。」
衝突後のMNDAAの報告によると、軍はLID 99バッジが付いた約20個の籐製のユニフォームバスケット、約4,500発の弾丸、40個の手榴弾、18個の迫撃砲弾、9個の爆弾、6個のRPGを放棄しました。武装組織と写真に記録されています。
Yan Naing氏は、MNDAAは地雷、パワーバンク、ナイフ、および携帯電話を含むさまざまな通信デバイスも発見し、没収したと付け加えました。

◎中国ASEAN首脳会議に軍事フンタ代表は参加出来なかった。
11/22日TheIrrawaddyイラワジ紙 
https://www.irrawaddy.com/news/burma/myanmar-junta-leader-excluded-as-china-hosts-summit-with-asean-leaders.html


中国は、ミャンマーの軍事政権のリーダーであるミン・アウン・ライン上級将軍をサミットに招待したかったが、地域グループが反対した後はそうしないことに決めた。

中国外務省アジア特使の孫国祥は、首脳会談前に(ちょうど一週間前の15日)ミャンマーを訪問し、ミン・アウン・ラインと会談した。

彼は訪問する前にシンガポールとブルネイを訪問し、
ミンアウンフラインはオンラインサミットで歓迎されないと言われました。
ASEANの反対に直面した孫は、先週末、ミャンマーの首都ネピドーで開かれた会談でミンアウンフラインに、
中国はASEANの立場を受け入れなければならないと語った。

ミン・アウン・ラインは、軍事クーデター起因する政治危機を解決するための措置を講じるというASEANへのコミットメントを尊重しなかったため、先月、マレーシア、インドネシア、シンガポール、ブルネイなどの一部の加盟国の主張によりASEAN首脳会議から除外されました。
 他の非協力の例では、彼はASEANの使節が拘束され追放された国家顧問のDaw Aung San SuuKyiに会うことを許可することを拒否した。

ミン・アウン・ラインがサミットに出席することを禁じる一方で、
ASEANは今週、NUGとの関わりを新たなレベルに引き上げ、
影の政府NUG国民統一政府の天然資源と環境保全の大臣であるトゥ・ハウン博士を
11/23(火)の気候災害ASEAN会議にミャンマーの大臣として招待した。

https://www.irrawaddy.com/news/burma/asean-invites-minister-from-myanmars-shadow-civilian-govt-to-climate-conference.html

11/15TheIrrawaddyイラワジ紙 
11/13~15VOAボイスオブアメリカ及び日本NHK

◎先週末ミャンマークーデターリーダーが中国、日本、タイの高官と会った。
https://www.irrawaddy.com/news/burma/myanmar-coup-leader-meets-senior-officials-from-china-japan-and-thailand.html
中国、日本、タイの高官は週末にミャンマーの首都ネピドーに上陸し、クーデターリーダーのミンアウンライン上級将軍と会談した。
 中国外務省のアジア問題特使である孫国祥は、予告なしにミャンマーに到着し、国の軍事指導部に会う予定であると、中ミャンマー関係を監視している情報筋はイラワジに語った。
孫の訪問は、2月1日のクーデター以来2度目のミャンマー訪問です。
8月に彼はSnrに会いました。ミンアウンライン上級将軍と政権の統治機関である国家行政評議会SACのメンバーが1週間にわたって中国を訪問しました。

当時、軍事政権は、拘束された国家顧問のアウンサンスーチーに会うという孫の要請を拒否した。

特使の今回の訪問の詳細はまだ不明であるが、政治アナリストは、クーデター指導者に東南アジア諸国連合(ASEAN)と合意した5点合意を実施するよう要請する可能性があることを示唆している。
ミャンマーの政治的利害関係者。

クーデター以来、国は政治的、経済的、社会的混乱に陥っています。ミャンマーが加盟しているASEANは危機の調停を試みたが、今のところほとんど成功していない。


軍事政権は、国内での暴力を終わらせ、ミャンマーへのASEAN特使の訪問を許可するなど、クーデターリーダーが4月に地域ブロックに同意したという5つの合意をまだ実施していない。
ある政治アナリストは、「孫は、ミャンマーの政治危機と平和について話し合うことは別として、Daw Aung San SuuKyiに再び会おうとするかもしれない」と述べた。
しかし、政権は孫国祥のミャンマー訪問をまだ公式に発表していない。

 その後、11月15日にネピドーで中国のアジア問題特使 孫国祥と会談した。
https://www.irrawaddy.com/opinion/commentary/myanmar-regime-looks-to-diplomacy-to-gain-legitimacy.html

日本のミャンマー国民和解特使である笹川陽平も同国にいる。
彼はSnrに会いました。ミン・アウン・ライン将軍は土曜日に、ミャンマーの現状と和平プロセス、そして日本の国への支援について話し合った、と政権は述べた。
ミャンマーのクーデターリーダーであるミン・アウン・ライン上級将軍は、土曜日にネピドーで笹川陽平、ミャンマー国家和解特使、日本財団会長を迎えた。

https://burmese.voanews.com/a/sasakawa-min-aung-hlaing/6311872.html
日本財団、 ミャンマー軍事評議会SACによると、ビルマの国家和解のための日本政府の特別特使である笹川陽平と軍事評議会のリーダーであるミン・アウン・ライン上級将軍が13日(土)会談した。
NHK報道によると日本政府代表としてではなく笹川個人としての訪問で会談である。
(当然の対応、アメリカのビル・リチャードさんも同じく個人として)
 笹川さんは11月12日に到着されました。彼は金曜日にビルマに到着し、今日13日ミンアウンフライン上級将軍と会いました。


 会談では、ビルマの政治情勢について話し合われました。
双方はまた、和平プロセスと日本の支援について話し合った。
 彼は日本に向けて出発する前に、11月16日にラングーンでシャン諸民族党(SNLD)や人民党を含むいくつかの政党指導者と会う予定です。

 また笹川氏は、軍事評議会に逮捕されたアウンサンスーチー国家顧問と会うことは許されていない。
https://burmese.voanews.com/a/sasakawa-rakhine-aa-anp-military-coup-nld-voa-burmese-/6313633.html
ビルマ問題を解決するために、NLDリーダーを含むすべての利害関係者と会う(笹川) 
彼の訪問中、彼はビルマの現在の政治危機に対処するために、NLDリーダーを含む様々なセクターのリーダーと会談する予定です。笹川陽平は言った。
彼は今日のラカイン州への訪問中に発言した。

11/15ラカイン州シットウェの町の避難所を訪れた笹川氏
写真はTheIrrawaddy


 11月12日にミャンマーに到着したビルマ国民和解日本政府特使 本日、笹川陽平がラカイン州に到着しました。
シットウェタウンシップのアロダウピエスクールにあるラカイン難民キャンプとサトケピンイスラム教徒難民キャンプを訪問しました。
日本財団の会長である笹川は、ラカイン州の難民に850万米ドルを寄付しますと言った。
 彼はビルマを訪問している間、ビルマの現在の政治危機に対処するために、
NLDのトップリーダーを含むさまざまなセクターのリーダーと会談する予定です。

笹川は言った:
「ビルマの現在の状況は複雑だと私は知っている」と彼は言った。
そこで、さまざまな分野のリーダーと会い、この問題を克服する方法を学びたいと思います。
私は現在、ビルマの国民和解の特使です。彼はかつて停戦合意に参加した指導者たちと会いました。
「私は彼らが言わなければならないことを聞いてそれを分析し、それを行う方法を理解しようとします。」

彼は、アウンサンスーチーを含むNLDのトップリーダーが逮捕されたとき、誰と会うかについては述べていなかった。
11月13日、彼は軍事評議会の長であるミン・アウン・ライン上級将軍と会談した。
 ビルマでの国家和解のための日本政府の特別使節は
また、ラカイン州のアラカン軍AAとミャンマー軍の間の停戦の仲介者の1人でした。
彼は停戦の1周年を訪れていると言った。
 「その時、それは単に私たちの気づきになりました。
これは、現在の平和な状況を維持するために、私たちが互いに協力して停戦を保証することを意味します。
彼らは下層階級に全く撃たないように指示するように言われました。今後も両者の接触はありません。」
 彼はビルマに到着した直後の11月12日にAAリーダーとオンライン会議を行ったと述べた。
彼は2020年11月にラカイン州を訪問し、現在2回目の訪問です。

笹川さんのコメント:
“かしこまりました。” 私の意図は停戦後(2020/11〜)にここに来て勉強することでした。
さらに、IDPキャンプを訪れた後、私たちができることを検討しています。
停戦は、現在の和平プロセスにおける平和への第一歩です。
平和のための停戦から一年が経ちました。それなら、皆さんは平和のために働かなければなりません。」

彼はまた、ミャンマーの国民和解のための日本政府の特使でもあります。また、日本財団の会長も務めています。
ラカイン州議会のスポークスマンであるHlaTheinは、笹川陽平氏がラカイン州を訪問した際(前回2020/11月)に州議会の役人と会ったが、それは挨拶であり、協議は行われなかったと述べた。
ANPはまた、ミャンマー軍とAA軍の間の現状について話し合うために、アラカン国民党(ANP)との別の会議を開催した。

[☆笹川氏は彼自身が出来る事の全てをやる。
頑張ってほしいと私個人的には思っていた。

 ただ、別の見方もできる。
ロイター通信がダニー・フェンスターの釈放に笹川、渡邊 両氏が関わったと伝えているとあったが
事実なら姑息な手段、軍事フンタ代表にとっては渡りに船!
 この辺りが本音か。
助け船を出し、フンタ代表をぐぐっと引き寄せた。
こうした動きにあの大国も警戒。
日本ミャンマー協会渡邊さんには・・呆れ果てる。]

その後11/19日 共同通信
https://english.kyodonews.net/news/2021/11/6aa3898fc283-japan-envoy-says-us-sought-help-to-free-journalist-in-myanmar.html
米国政府は、最近11年間軍事法廷で投獄されたアメリカ人ジャーナリストの釈放のために、ミャンマーの国家和解のための日本の特使である笹川陽平の助けを求めたと日本の使節は11/18木曜日に明らかにした。
慈善日本財団の笹川会長は、2月の軍事クーデターで民間指導者アウンサンスーチーのNLD政府を追放したミャンマーへの「個人的な」訪問の中で共同通信とのインタビューで発言した。
彼は、5月24日にヤンゴンの空港で逮捕されたオンラインニュースマガジンフロンティアミャンマーの編集長であるダニーフェンスターの場合、虚偽の情報やその他の犯罪の流布で起訴された場合、米国政府から軍に介入するよう求められたと述べた。 、そして先週の金曜日に懲役11年の刑を言い渡されました。
土曜日、過去に頻繁にミャンマーを訪れた笹川氏は、軍の最高司令官であるミン・アウン・ライン上級将軍と会談した。
 その2日後、フェンスターはほぼ6か月間投獄された後釈放され、元国連大使ビル・リチャードソンと一緒に国外に飛び出した。
 笹川氏は、ミャンマー軍の真鍮との良好な関係を考えて、米国政府が彼に要請する前から、ジャーナリストを釈放するよう彼らに促していたと述べた。
 フェンスターを釈放するにあたり、軍当局は、笹川氏をはじめとする日米の仲介者の要請に応じて、「ミャンマーとこれらの国々との既存の友好関係と人道的理由から」恩赦を受けたと述べた。

Irrawaddyに戻る:
11/15月曜日に、日本の使節は、ラカイン州の州都であるシットウェにある国内避難民ロヒンギャのキャンプを訪問し、水曜日に民族政党の代表と会う予定です。
笹川陽平は、昨年の総選挙前に、ミャンマー軍とラカイン族の武装集団であるアラカン軍との間の停戦を首尾よく仲介した。
先週、ラカイン北部のマウンドーで新たな戦闘が勃発する前に、戦闘は約1年間停止していた。

その後、11/17(水)
11月12日からビルマに滞在している笹川氏は訪問中にいくつかの政党と別々に会った。
シャン諸民族民主連盟(SNLD)と人民党の職員が11月16日に会談された。
私たちはヤンゴンで別々に会いました。
SNLDの議長であるSaiKyawLwinと共同秘書であるSaiKyaw Nyuntは、笹川と会い、政治情勢とシャン州について話し合ったと彼は述べた。

https://burmese.voanews.com/a/sasawaka-sai-nyunt-lwin-saikyawnyunt-snld-voa-burmese-/6316591.html
その後、翌週帰国。
11/25には在日ミャンマー人の方々が日本財団前で意見を述べられ手紙を渡された。
次の日新聞社のインタビューに応える。
翌日、日本の新聞には(東京、中日新聞11/27日朝刊には 見出しに “国軍と対話を” とあった。)

結局のところ、軍事フンタ代表に対する“渡りに船”の行動であった。
ロイター通信の報道の通りであったことが判った。
残念な思いであった。
日本は
ミャンマー問題に関しては
これまでビジネス利権に関わった議員、外務官僚を外すべきで、
客観的に判断できる人物選びをすることだ。
ただ、時間が立ち過ぎたので市民達から信頼されることは無いだろう。
時が経ち過ぎました。残念です。
見限りました。

タイの副首相兼外相のドン・プラムドウィナイは11/14日曜日にネピドーに到着し、軍事政権の指導者に会った。
外交筋によると、タイの代表団は副首相の上級顧問、彼の参謀長、彼の事務所のカウンセラーを含む5人のメンバーで構成されていた。しかし、ミャンマー駐在のタイ大使は会議に出席していませんでした。
タイとミャンマーの国境沿いのタイの町に拠点を置く反体制活動家の問題を含む、デリケートなトピックが議論されたと考えられています。
 タイの副首相の突然の訪問についての軍事政権によるプレスステートメントは出されていません。
ドン・プラムドウィナイは、インドネシアの外相とともに、2月のクーデター後、バンコクで、軍事政権に任命された外相U Wunna MaungLwinに会った。

◎ミャンマーJuntaはNLD、NUGと関係のある人々の家を没収し続けています
https://www.irrawaddy.com/news/burma/myanmar-junta-continues-to-seize-homes-of-those-with-ties-to-nld-nug.html

◎ミャンマーの軍事政権は、米国のジャーナリスト、ダニー・フェンスター37歳をインセイン刑務所から釈放し、国外追放した。

先週、違法組織に連絡し、ビザ規則に違反し煽動の罪で11年の刑に処が言い渡された。
その3日後、11/15月曜日に釈放され、国外追放処分となった。
 この釈放は11月の第一週、元米国外交官で元ニューメキシコ州知事のビル・リチャードソンが政権の指導者ミンアウンフラインと会談した後のことであった。

 オンラインニュースサイトのフロンティアミャンマーの編集長であるフェンスターは、マレーシア行きの飛行機に搭乗する直前5月24日にヤンゴンの空港で逮捕されました。彼はインセイン刑務所へ送られました。
 フロンティアの編集長であるトーマス・キーンは、次のように述べています。
フロンティアミャンマーで働く前、フェンスターは数ヶ月間イラワジに入社した後、ミャンマーナウにいました。
金曜日に、米国国務省はこの判決を無実の人の不当な有罪判決として非難しました。
フェンスターは、軍事政権に拘束された3人目の外国人ジャーナリストです。
ポーランドのロバート・ボシアガと日本の北住有希の2人のフリーランサーがフェンスターの逮捕前に拘留された。
両方とも後で解放され、国外追放されました。
 軍事クーデター以来軍事政権は、反対派に対する軍事政権の致命的な取り締まりの報道を抑制しようとして、逮捕、訴訟、ニュースルームへの襲撃、暴力でジャーナリストを標的にしてきました。
 クーデター以来、約100人のジャーナリストが政権によって拘束されている。そのうち約50人が刑務所に残っています。

https://www.irrawaddy.com/news/burma/myanmar-junta-releases-us-journalist-after-ex-diplomats-intervention.html

11/17(水)
ダニー・フェンスターはビルマの軍事指導者との信頼を得た後、解放された(ビル・リチャードソン)
https://burmese.voanews.com/a/richardson-credits-trust-in-fenster-release/6316401.html

11/2 TheIrrawaddyイラワジ紙
https://www.irrawaddy.com/news/burma/myanmar-and-russias-close-post-coup-relationship.html内容は勝手に読んでください。
特に重要視していない。視読率高いので注目は高いようだけれど。

私的にはこういうことだと思う。記事にはないが
最新コルベットであるプロジェクト20385の1番艦であるグレミャーシチーはバルト艦隊(運用試験)から太平洋艦隊(配属先)へ移動中(11月ウラジオへ到着予定)10/28日ミャンマーを訪問 ヤンゴン ティラワ港へ3日間停泊滞在。
軍事フンタリーダーを乗艦に招待、
塔艦した彼を ”レッドカーペット” で歓待し、
ミャンマー軍事フンタリーダーへトップセールス。
彼は終始上機嫌であった。それはそうだ、最新鋭コルベットと海軍中将が訪問されたのだから。
実に上手い演出、
ただ、配属先へ移動中だったので丁度良い。

こっちの方が重要
11/1TheIrrawaddyイラワジ紙 ゲストコラム
https://www.irrawaddy.com/opinion/guest-column/asean-and-the-myanmar-quagmire-chinas-next-move.html
次の3週間は、ASEANファミリーの一員としてのミャンマーの運命と、
グループの最も重要な対話パートナーである中国の将来の軌道を決定します。
ここで問題となるのは、ミン・アウン・ライン上級将軍が
11月22日に予定されている
ASEAN-中国首脳会談30周年に招待されるかどうかです。

ミャンマー情勢への対応について何ヶ月にもわたって否定的なレビューを受けた後、
現在の地域ブロックの議長であるブルネイは、東アジアの指導者の全面的な出席を称賛し、ASEAN関連の首脳会議から勝利を収めました。ブロックの連帯が損なわれたにもかかわらず、ASEANの中心性は強化された。

確かに、ネピドーは、議長が土壇場で屈服すると考えて、ASEAN全体の反応を誤って計算しました。
議長の決定に異議を唱えるミャンマー軍事フンタの国家行政評議会(SAC)からの手紙は無益でした。
決定は10月15日に行われ、対ミャンマーのASEAN共同メンバー9人全員が合意した。
ミャンマー軍事フンタのワナ・マウン・ルウィン外相は、彼の政権がこの政治的決定について留保していることを記録するようASEAN議長に求めた。


3日間のサミット(10/26〜28ASEANサミット)の終わりに、議長国ブルネイのスルタン、ハサナルボルキアは、ASEANがミャンマーを家族の一員として扱っていることを明らかにし、遅滞なく5つの合意を遵守するよう国に促した。
明らかに、政権がとることができる1つの即時のステップは、
ASEANからの特別使節、ブルネイの2番目の外相Erywan Yusofを歓迎することであり、その特使派遣は数ヶ月遅れています。
さらなる進歩を示すために、ネピドーはASEANと国際的な人道支援の参加を認めるべきである。
この時点で、ミャンマーは、分割されたASEANが軍事政権の操作の影響を受けやすいとの誤解から
十分謙虚に学ぶべきである。

ASEANの中心性は損なわれず、フン・セン首相の下の新しい次のASEAN議長国であるカンボジアが会議を開始すると、ブロックはトップエシェロンと家族(ASEAN)の間の相互作用における新たなダイナミクスを目の当たりにするでしょう。
フン・センは、ASEANがそのような有害な決定を採用することを余儀なくされたのは
ミャンマー自身の行動であると明確に述べています。
ASEANの連帯は苦しんでいるが、自らの問題に取り組むことができる組織としての信頼は尊重されている。
ミャンマーが11月25日から26日にカンボジアが主催する第13回アジア欧州会合に招待されるかどうかはまだ分からない。

明らかに、Tatmadawの歴史は、部外者からの干渉を容認する傾向がないことを示しています。
要するに、軍事フンタは、外部からの圧力や懸念に関係なく、適切だと思われることは何でもします。
しかし、声明の最後に、ASEAN議長国は、ミャンマーが国内の課題に対処するための「時間と空間」を与えられるべきであると簡潔に述べた。
しかし、軍事フンタが引き続き抵抗を示している場合、
ミャンマーが行動する時間と空間の両方がさらに縮小し、
それ自体とASEANに損害を与えるでしょう。

リトマス試験は、関係の30周年を記念する次のASEAN-中国特別サミットになります。
間違いなく、重要な首脳会談の議長を初めて務める習近平中国国家首席の肩に負担がかかっている。
これは、1年以内に中国にとって2回目のサミット(クーデター前の1月にドーアウンサンスーチーと会談)になります。中国はSACリーダーをサミットに招待しますか?

過去9か月間の中国の反応とコメントから判断すると、
北京が先週の首脳会談でASEANの決定に従う可能性が高いことは朝の日の出と同じくらい明らかです。
別の道をたどる理由はありません。
サミットの初日、中国とオーストラリアに包括的な戦略的パートナーシップ(CSP)のステータスを付与する決定に関して、小さな外交上の不快感が生じました。
一部のASEANと対話パートナーの悲しみの多くは、初日の首脳会談に続くはずだったASEAN-中国首脳会談声明の発表が1日遅れた。

ASEANと中国の関係の新しいコーディネーターであるミャンマーの不在は、手続き全体を複雑で面倒なものにしました。
ASEAN議長はミャンマーの政権交代に責任を負わなければならなかった。
ASEAN-オーストラリアの新しいコーディネーターであるラオスは、同僚のコメントや合意をまとめるのに何の問題もありませんでした。
そのため、ASEAN-中国首脳会談の翌日に開催されたASEAN-オーストラリア首脳会談の声明は、ASEAN-中国声明に先立って首脳会談直後に発表され、ASEANが最初にオーストラリアにCSPの地位を与えたという印象を与えた。
しかしそうではありませんでした。

スルタン ハサナルボルキアが中国とオーストラリアの両方のCSPステータスの確立が合意されたと発表したのは、最後の記者会見でした。
ASEAN加盟国からの留保もあったものの、議長は先に進むことを決定した。
実際、前の高官会議でのCSPに関するASEANの決定は、ブロックが「原則的に」合意したというものでした。
つまり、追加の議論がまだ必要です。
深く掘り下げて、ASEANは中国かオーストラリアのどちらかに好意的な印象を与えることを避けたかった。
正直なところ、どちらもプレミアムな対話パートナーです。

考えられるすべてのことは、次の3週間で、それはTatmadawにとって「死ぬか死ぬか」です。
ネピドーがASEANのコンセンサスに同じように不健康な違反を続けている場合、
ネピドーは今後のサミットや他の内部フォーラムに参加することができなくなります。
しかし、ASEANコンセンサスの実施、特に待望のASEAN特使の訪問に具体的な進展が見られる場合、
主催者は軍事フンタの指導者を会議に参加させることをいとわないかもしれない。
中国は、最も重要な瞬間にこの関係を促進するための合法的なコーディネーターがいなければ、ASEANと中国の友好関係が予期せぬ巻き添え被害を被る可能性があることを十分に知っています。

ミャンマーに対する中国の立場は明らかである。それは、ミャンマーの危機に平和と永続的な解決策をもたらすためのASEAN全体の努力を支持している。
中国は、地域の平和と安定の回復をできるだけ早く見たいと考えているため、対立するすべての政党に対してかなりバランスの取れた立場を維持していると広く報告されています。
しかし、ミャンマーの内部状況がさらに悪化した場合、北京の立場は問われるだろう。

一言で言えば、今や中国とミャンマーの間に赤い線が引かれています。
ボールはネピドーのコートにあります。
北京が全面的に支持しているASEAN平和計画を遵守しなければ、SACの指導者は間違いなく首脳会談に出席できないことを繰り返すでしょう。
無駄にする時間も、そこに立つスペースもありません。

Kavi Chongkittavornは、地域問題に関するベテランジャーナリストです。

10/29TheIrrawaddyイラワジ紙
ミャンマーの影の政権、国民統一政府NUGは
軍事フンタ政権と戦うために
民間の抵抗勢力と同盟の民族武装組織(EAO)の間で調整するための統合コマンドを形成したと述べた。
NUGの防衛省の事務次官であるUNaing Htoo Aungは、
中央司令部および調整委員会(C3C)には、NUGおよびEAOの指導者が含まれ、人民防衛軍(PDF)として知られる民間の抵抗グループと連携するようになっているとイラワジに語った。
 PDFは主に、反体制抗議者に対する3月の軍事フンタの取り締まりに対する報復として若者によって作成されました。
現在、ゲリラ戦や軍事標的に対する都市の一撃離脱攻撃に従事しているPDFが全国に数百あります。
彼らはいくつかの同盟EAOから戦闘訓練を受けました。一部のPDFはNUGの指揮下にありません。
コマンド戦略は、NUGが9月7日に軍事フンタに対する人民戦争を宣言してから2か月後に行われます。PDFと政権軍との衝突は、ほとんどの日、いくつかの州や地域で報告されています。
U Naing Htoo Aungは、C3Cが軍事フンタに対する重要な単一の指揮系統を形成すると述べた。
「私たちは、NUGの防衛省の行動規範に従うように奨励するために、私たちの指揮下にない他のPDFに連絡しています」と彼は言いました。
「主な目的は、私たちの指揮下にあるEAOとPDF間の強力なコラボレーションです。
C3Cは、同盟間の軍事資源管理に不可欠です」と事務次官は述べました。
彼は、PDFに武器やその他の機器を提供するために、いくつかの名前のないEAOを使用して計画が策定されていると述べました。
しかし、彼は関係するEAOに名前を付け、計画の詳細を説明することを拒否しました。
NUGとEAOは、9月から軍事指揮機構に取り組んでおり、いくつかの主要なEAOはNUGと提携していると考えられています。
ミャンマー北西部のサガイン地域とチン州では、軍事フンタの大規模な死傷者に対応して、PDFとチン国民戦線(CNF)に対する政権の攻撃が勢いを増しています。
CNFは5月からNUGと協力しており、強力なカチン独立軍(KIA)がレジスタンス運動を後押ししていると考えられています。
KIAは軍事政権を認めることを拒否し、カチンの抗議者を傷つけないように言った。

3月、カチン州の州都ミッチーナーで軍事フンタ軍が2人の抗議者を殺害した後、
KIAとカチン州およびシャン州北部での軍事フンタ軍との戦闘が勃発した。

カヤー州では、カレン民族解放軍(KNLA)とカレンニー軍が抵抗を支援し、民間のボランティアを訓練しています。カヤー州は、軍事フンタ軍とPDFの間の引火点の1つです。
 
KNLAの政治部門であるカレン民族同盟は、1948年以来、連邦主義のために戦ってきたミャンマー最古の民族武装集団です。
それは、抗議者に対する弾圧に応じてタイ国境沿いの政権基地を攻撃し、兵舎に戻るよう軍に呼びかけた。

https://www.irrawaddy.com/news/burma/myanmar-civilian-government-forms-military-command-structure.html

☆チン州サントラン
再び火の手が上がる


10/28~29日の地元メディアTheChindwinのTwitterから

☆米国はチン州でのミャンマー軍事フンタの暴力を非難する☆
11/1日TheIrrawaddyイラワジ紙
https://www.irrawaddy.com/news/burma/us-condemns-myanmar-militarys-violence-in-chin-state.html
ワシントンは、チン州でのミャンマー軍事フンタの恐ろしい暴力の使用を非難し、ミャンマー軍にその残虐行為の責任を負わせるための緊急の国際行動を求めた。米国(US)の介入は、政権軍が先週の金曜日に再びチン州の町サントランを砲撃し、2つの教会を含む160以上の家屋と建物を破壊した後に行われました。

10/31日曜日に、米国務省のスポークスマン、ネッド・プライスは記者会見で、人々、彼らの家、礼拝所に対する軍事政権によるそのような残忍な行動は、民間人の生活と福祉に対する軍事政権の完全な無視を露呈すると述べた。
声明で「これらの忌まわしい攻撃は、国際社会がビルマ[ミャンマー]軍に責任を負わせ、軍への武器の移転を防ぐことを含め、人権の重大な違反と乱用を防ぐための行動をとる緊急の必要性を強調している」とスポークスマンは述べた。

10/29金曜日の軍事フンタ砲撃の後、サントランの2,000戸のうち少なくとも164戸が全焼した。チン人権機構(CHRO)によると、町の住民は大部分が逃げ出し、周辺の村の人々が火を消そうとする試みは生命の危険にさらされていたため、火事は爆撃後に始まり、土曜日の朝まで町を飲み込んだ。
サントランの人口の大部分は、以前の大砲の攻撃のためにすでに山頂の町から避難していました。

1ヶ月ほど前、軍事フンタの砲撃後、9月下旬に約20棟の建物が全焼し、火を消そうとしたキリスト教の牧師が政権軍によって殺害されました。

サントランの多くの人々は今、家だけでなくすべての持ち物を失いました。

地元の抵抗グループによると、Junta軍はまた、大砲の攻撃後に故意に家を燃やした。
砲撃は、店を略奪していた軍事フンタ兵士が民間の抵抗戦闘員によって射殺された後に始まったと言われています。

CHROは声明のなかで、金曜日の最近の砲撃中に、町で最大の会衆であるサントランバプテスト教会に付属する建物とともに、ロック教会と長老派教会が火事になりました。

セーブ・ザ・チルドレンはまた、彼らのオフィスが炎上で破壊されたと報告しました。
ロンドンを拠点とする慈善団体は声明の中で、町の入り口にある孤児院で20人の子供とその教師の安全を懸念していると述べた。

 ジュンタのスポークスマン、ゾー・ミン・トゥン少将は、サントランの「根拠のない」襲撃における軍の役割についての地元住民による
報告と説明に異議を唱えた。
彼は地元の人民防衛軍が家に火を放ったと非難した。

追放された国民民主連盟政府の元チン州市長であるサライ・イサック・ケンは、軍によるサントランの砲撃を非難し、政権は恐ろしい行為に責任を負わなければならないと述べた。
「山岳地帯のチン州に家を建てるのは簡単ではありません。
チン族は家を焼き払う理由がない」と前大臣は書いた。
チン民族であり、並行する国民統一政府の国際協力大臣であるササ博士は、軍事政権が示した残虐行為のレベルの高さと人類に対する残酷な無視にショックを受けたと述べた。

彼は、彼の故郷が民主主義と自由のための闘争に強く立っているために
軍事フンタの暴力と恐怖の極端なキャンペーンにさらされていると言いました。

「国際社会の支援と介入がなければ、殺人的な軍事政権によってチン州で発火した火事は国全体を巻き込むだろう」とササ博士は緊急の控訴状で述べた。
 ササ大臣は、国際社会に対し、軍事フンタの金銭、金融サービス、燃料、武器、弾薬、そして何よりも国際的な正当性へのアクセスを遮断するための迅速かつ断固たる行動を取るよう求めた。

MyanmarNow10/23日
※チン州サントラン
地元の救援隊員は、「助けを借りることが出来なければあと1か月で、本当に大きな問題になります」と語った。
(軍事フンタ政権が許可しない為、国連、各国際機関は救援活動や援助物資を届けることすら出来ないでいる!!!
唯一の頼りがNUG国民統一政府傘下地元民ネットワーク! 
国連は既に米英仏も、隣のあの大国も既に、
各国関係機関も直接NUGとコンタクトを取ることが望ましい。
日本は何時になったら?
状況が飲み込めていない恥ずかしい政府関係者や議員が多すぎる!!!!!)

https://www.myanmar-now.org/en/news/thousands-who-fled-assault-on-thantlang-in-urgent-need-of-aid-as-junta-plans-major-offensives

☆サガイン管区各地のPDFに対する軍事フンタの猛攻撃
が始まったようです。
10/28~29日の地元メディアTheChindwinのTwitterから
この地域でPDFに対する本格的な猛攻撃を開始したことを確認したと報告している。
28日の朝、軍事フンタのヘリボーン部隊はサガイン地域へ送られた。


9月以降国連の報告にもあるように、サガインのいくつかの村では
度々、空軍力が用いられています。
このツイートの例はほんの一部のようです。

「内戦での空軍力の使用は戦時国際法に違反している。」

ただ、別のツイート29日最新によると
10/29 PM14:00頃 
サガイン管区Kachinkung地域のどこかとKawlin townの間で戦闘(小競り合いとある)
Kawlin-PDFとPDF-Bniの合同部隊に対する軍事フンタ部隊の攻撃かその逆かは不明。
SagaingPDFによると少なくとも60名以上の兵士が死亡20名以上が重傷を負った。とある。
本格的な猛攻撃の出鼻をクジかれた様に見える。

場所はかわるが、10/26日には例のカヤー州デモソタウンシップ内で
KA(カレンニー軍)とKNDF(カレンニー族国防軍)の合同部隊が軍事フンタ軍との戦闘(約2時間半)で
フンタ側が10人死亡、合同部隊は死傷者無しと
地元メディアTheChindwinは伝えている。

https://www.thechindwin.com/at-least-10-juntas-troops-killed-in-a-clash-with-kndf-in-demoso-township/

☆2021年衆議院議員選挙に向けて:
日本の対ミャンマー経済支援とビジネスと人権政策に関する
アンケート結果
2021年10月26日NGOメコンウォッチ
より深い議論が求められる海外経済支援政策
http://www.mekongwatch.org/report/burma/mbusiness/survey2021October.html
◎各政党へのアンケート質問書
http://www.mekongwatch.org/PDF/sur_20211026.pdf
◎各政党の回答
http://www.mekongwatch.org/report/burma/mbusiness/survey2021October_2.html

写真は9/12 店主

https://www.irrawaddy.com/news/burma/suu-kyi-testifies-against-myanmar-juntas-incitement-charges.html
10/26日 TheIrrawaddy イラワジ紙
拘束されている国家顧問のDawAung San Suu Kyiは、
10/26火曜日に
ネピドーの裁判所で2月1日のクーデター以来初めて証言した。

しかし、ミャンマーの軍事フンタが彼女の法務チームが裁判についてメディアに話すことを禁じたため、彼女の証言の詳細は不明である。

軍事フンタは、アウンサンスーチーの5人の弁護士全員に箝口令を課し、外国の外交官や国際機関と直接的および間接的に話すことも禁じました。

◎最高弁護士のUKhin Maung Zawに対する命令は、
U Win Myint大統領の証言の詳細を述べた後に出された。

彼は、クーデター当日の朝に軍が彼を辞任させると脅したと述べた。

“ウィミン大統領は軍の要求を拒否した”
“辞任するくらいなら死んだほうがマシ!”と言ったと述べた。
(下方に記事転載)

大統領の拘禁の報告はクーデターの違法性を確認し、国際的に広く報道された。

定期的にメディアに話しかけたもう一人のDawAung San Suu Kyiの弁護士は
”76歳の証言”の3日前に禁止された。

軍事フンタは、弁護士がメディアへのコメントを通じて国を不安定にする可能性があると述べた。この動きは、アウンサンスーチーとウィンミンの継続的な影響に対する政権の恐れを示していると見られている。

クーデター以来、両首脳は非公開の場所で拘束されている。
彼女の法務チームは、裁判と指導者の幸福に関する唯一の情報源であり、
指導者のメッセージも伝えてきました。

火曜日に、Daw Aung San SuuKyiは煽動の容疑を否定した。
U WinMyint大統領とNaypyitawの市長であるDr.Myo Aungは、裁判の共同被告です。

3人に対する煽動容疑は、2月7日と2月13日、3人全員が拘束されている間に、
国民民主連盟が軍事クーデター政権に抵抗するよう求める声明を発表した。
弁護士と法務アナリストは、箝口令を非盲検に対する基本的な司法権の違法な違反として非難しました。
法律顧問のUKhin Maung Myintは最近、The Irrawaddyに次のように語っています。

「市民は、裁判のすべての段階が公正かつ合法であることを
見て、知り、聞く権利があります。
弁護士が裁判について国民に知らせることを禁止することにより、
行政部門は司法部門に影響力を行使している。
それは非常に恥ずべき醜い行為です。」

Daw Aung San Suu Kyiは、
他の誰かを危険にさらさないように、証人を呼ばないことを選択しました。

軍事フンタは、最長102年の懲役を科すDaw Aung San SuuKyiに対して11件の起訴を行っている。

10/25 The Irrawaddyイラワジ紙
https://www.irrawaddy.com/news/burma/myanmar-must-turn-sorrow-into-strength-wife-of-detained-activist.html
ミャンマーの軍事フンタは、10/23土曜日の夜、
ヤンゴンで彼の反体制活動、著名な88世代(1988年の8888民主化運動)の学生リーダーであるKyaw MinYuとしても知られるベテランの政治活動家KoJimmyを不当に逮捕した。
52歳のコジミーは、ノースダゴンタウンシップのピンロンヒンシーヴィラで逮捕された際に深刻な頭部外傷を負った。
写真はTheIrrawaddyイラワジ紙
彼の妻であるDawNilar Theinは、大学生として1988年の民主化運動にも参加した、88世代の学生を代表する人物であり、彼女の反軍事活動のために他の場所に隠れていました。
彼女は夫の健康を心配しており、「政権は夫に起こったことに対してすべての責任を負わなければならない」と述べています。

コ・ジミーは2月から逮捕を回避している。
軍事フンタは、2月13日、煽動の疑いで、別の著名な88世代の人物であるKo Min Ko Naingと他の数人とともに、彼に逮捕状を発行した。
 軍事政権は2,000人近くを殺害し、9,000人以上を拘留し、監禁されている人々を拷問し、軍事政権に抵抗する民間人に対して重大な人権侵害を犯した。
 イラワジは、以前の軍事政権下で政治犯でもあったマ・ニラー・テインに彼女の懸念について、
および政権に反対する人々への彼女のメッセージについて話しました。

  ◎ジミーさんが逮捕されました。どのようなことをご存知ですか?

彼はミンガラドン軍病院にいる​​と聞きました。彼は見守られています。
 
 ◎彼の頭部外傷について知っていますか?

彼がどうやって頭部外傷を負ったのかはわかりません。

  ◎あなたは二人が逃げたと言いました。彼らは彼の逮捕について何と言いましたか?

軍事フンタ軍がドアを壊している間、2人の若者が逃げました。
彼らはその後何が起こったのか知りません。彼らは軍隊がたくさんいたと言った。

  ◎コ・ジミーが武器の所持で逮捕されたという噂がありました。

知らない。

  ◎なぜ彼はまだヤンゴンに隠れていたのですか?

ヤンゴンに隠れている人は、いつの日か逮捕されることを知っている人がたくさんいます。
人々は隠れて、逮捕を避け、反体制活動を続けようとしています。
 あれから8ヶ月になります。ヤンゴンの人々は動き回っています。
民主化運動に参加したとき、私たちはリスクを知っていました。
私たちは最善を尽くしています。国内の人々だけでなく、これらに乗っているいる人々(つまり、在外ミャンマー邦人や協力者)も独裁政権と戦っています。人々はさまざまな方法でさまざまなことをしています。

できることをしている間、安全を保つように努めることが重要です。
しかし、私たちはもはやどこでも安全ではないことを知っています。
彼らはさまざまな問題に直面しています。
[民族武装グループによって管理されている]解放された地域ではより安全であると考える人もいます。
そこにいる人々は戦争から逃れています。

  ◎ジミーコとあなた自身についてどのくらい心配していますか?

私たちが軍事フンタに逮捕された場合、過去8か月にわたって多くの話を聞いたの中で、
私たちは拷問され、おそらく殺されることになるでしょう。
私たちは皆、捕われの身にいるすべての人のことを心配しています。
 誰かが刑務所に生きて到着(拷問センターから)したと聞いたとき、私たちの懸念はわずかに減少します。
私たちは彼のことを心配しています。多くのことを聞きましたが、何も確認できません。
彼のことが心配です。

  ◎彼には弁護士がいますか?

いいえ。恣意的に人を逮捕したり、不当に行動したり、
事件を操作したりする人には協力しないため、弁護士を雇うことはありません。

  ◎ジミーさんの逮捕に人々は悲しんでいます。
  あなたはこの革命に関与し、拘禁から解放されました。
  人々とメッセージを共有したいですか?

 ジミーさんは逮捕されました。その前に、私たちの最愛の尊敬されているジェネレーションZ、私たちの他の親愛なる仲間、学生組合のメンバーは多くの場所で逮捕されました。
死があります。私たちはこれらの悲しみを力に変えなければなりません。
そして私たちは独裁者を倒すために働き続けます。
私たちがそのような困難と苦痛に直面すればするほど、
私たちはこの独裁者を倒すためにもっと一生懸命働くことを決意します。

RFAラジオフリーアジア10/23日
軍事フンタを離脱したLID80第66大隊隊長AungMyoHtet大尉がRFAの電話インタビュに応える。

『People’s Soldier』は10/23日、(DSA(DSアカデミー)第52期生)第66大隊キャプテンAungMyoHtet大尉がCDM(市民不服従運動)側に参加したことを伝えた。
この『人民兵士』グループは軍事フンタからの離脱兵士によって形勢されるグループである。
軍事フンタからの離脱者を支援し、安全な場所を提供する。
また、CDM参加兵士は対軍事フンタ作戦に従事する。
彼らは今月13日に(下方に記事転載)軍事フンタ代表ミンアウンフラインに対し辞任を勧告した。

◎米国とシンガポールは
ミャンマー軍事フンタの金融ライフラインの削減
について話し合う。
10/22日 The Irrawaddy イラワジ紙
https://www.irrawaddy.com/news/burma/us-singapore-discuss-ways-to-cut-myanmar-juntas-overseas-financial-lifelines.html
ミャンマーの軍事政権は、シンガポールの当局と米国当局との間で、軍事政権に対して都市国家の財政的影響力を行使するために効果的に提携する方法について話し合った後、すぐにシンガポールの金融資産にアクセスすることがより困難になる可能性があります。
 今週東南アジアでミャンマーの民主主義の回復を支援するために東南アジアにいた米国国務省参事官のデレク・コレット氏は、水曜日にシンガポール金融管理局と会談し、ミャンマーの軍事政権の海外の金融資産へのアクセスを制限する方法について話し合った。
カウンセラーは、会議は生産的だったとツイートしました。

彼は10/21木曜日に、シンガポールは軍事フンタ政権に対してかなりの財政的影響力を持っており、これは軍事フンタにより大きな圧力をもたらすことを試みる努力の非常に重要な部分でなければならないと述べた。
「私たちは、ビルマを民主主義の道に戻すために、軍事政権に対して可能な限りの力を行使しようと努める中で、今後の道のりと今後も協力し続ける方法について、パートナーと非常に良い話し合いをしました。」
彼はジャカルタからの電話記者会見で言った。
 シンガポールはミャンマー最大の外国人投資家であり、
ミャンマーの軍事支配者とその仲間が定期的に訪問し、
医療旅行やレクリエーションを行ったり、
さまざまな名前でさまざまな口座にお金をかき集めたりするのに適した目的地になっています。
さらに、そこにあるいくつかの企業は、ミャンマー軍事政権とそのコングロマリットと商業的関係を持っています。

2月のクーデター以来、ミャンマー政権は、民主的に選出された国の政府を打倒し、1,000人以上を殺害し、国の軍事政権に反対したとして数千人を逮捕したとして国際的な制裁を受けてきました。
 米国や他の西側の民主主義国は、特定の主要な個人や団体を選び出し、国際社会でのビジネスの取引を困難にすることで政権に圧力をかけ、政権は厳しい通貨不足に苦しんでいます。

その結果、一部のシンガポール企業は、軍事フンタに資金を提供することにより、軍事フンタの生命線になっています。
 たとえば2月、ジャスティスフォーミャンマーの調べによると、
シンガポール証券取引所(SGX)に上場している新興都市シンガポール(ETC)が、
ヤンゴンのゴールデンシティコンプレックスの開発者として政権に数百万ドル相当の支払いを行ったと報告しました。
土地は軍によって所有されており、ETCはミャンマー陸軍のQuartermaster General’sOfficeとビルド-オペレート-トランスファー契約を結んでいます。
ETCの2017年の年次報告書による と、軍とのゴールデンシティの取引には、630万ドルの「土地利用プレミアム」の支払いと、2013〜16年のリース料の免除を伴う年間280万ドルの支払いが含まれます。

最大70年間の軍への支払い総額は1億9,110万米ドルにのぼります。

報告書によると、2019年12月31日の時点で、ETCはミャンマー軍への土地賃貸料として32.185百万米ドルを計上していた。

10/20水曜日に、ジャスティス・フォー・ミャンマー は 、
国際法とガイダンスが、ミャンマー軍と取引を行うETCのような企業に関連して、
SGXにデューデリジェンス義務を課し、シンガポール金融管理局とシンガポール政府に責任を負わせる可能性があることを法定覚書が認めたと述べた。
 法定メモはまた、SGX、その規制当局であるシンガポール金融管理局、ひいてはシンガポール政府が
ETCからミャンマー軍への継続的な支払いを妨げない場合、
評判と制裁のリスクの可能性を提起しました。

木曜日に、コレットは、海外資産への軍事フンタのアクセスを制限する方法についてシンガポール金融管理局との彼の会議の結果について尋ねられたとき、詳細を語らなかった。
 しかし彼は、「シンガポールは非常に重要な役割を果たしている」と述べ、
政権に対して可能な限りのレバレッジをどのように活用するかについて非常に良い議論を行ったと付け加えた。

Thadingyutまつりの説明

10/17日から昨日20日にかけて、各地で行われた。
また、今日21日もおこなわれた。
○現地市民ツイートの紹介
 Thadingyutの夜
民主主義のために命を惜しまない殉教者に敬意を表し
革命的なThadingyutが行われた。
現在戦っている英雄達の安全と健康を祈り
燃える火のような精神で
独裁者の闇を燃やします。


写真上はサガイン管区Salingyi Township住民
ネット遮断中だが、数時間遅れで送信可能場所から送信されるようだ。

写真下はThe Irrawaddy イラワジ紙
マグウェ管区Myaing タウンシップ10/20日

“Pevolutionary Thadingyut Candle Light Strike”



写真はサガイン管区Myaungタウンシップの一時的なキャンプ(MRA)10/20日
先週、軍事フンタ軍は彼らの基地を全焼させた。Twitterから

The Irrawaddy イラワジ紙10/18ゲストコラム 
Bertil Lintnerは、スウェーデンのジャーナリスト、作家、戦略コンサルタントであり、40年近くアジアについて執筆しています。
一部店主加筆

https://www.irrawaddy.com/opinion/guest-column/myanmar-military-struggles-to-adapt-to-new-kind-of-conflict.html
爆弾(即席爆発装置IED)は、ヤンゴン、マンダレー、ネピドーなどの主要都市だけでなく、小さな田舎町、軍の輸送車両への待ち伏せ、マグウェとサガイン地域での銃撃戦、そして全国で、疑わしい軍事情報提供者の暗殺でも爆発します。
 2月1日のクーデター以来、ミャンマーの中心部で発生した暴力を本格的な内戦と表現するのは時期尚早ですが、タッマドゥとして知られる軍隊は、数十年ぶりに武装して戦わなければなりませんでした。
少数民族が住むフロンティアにある国の伝統的な問題点から遠く離れた地域の反政府勢力。
Tatmadawが戦闘に慣れておらず、したがって封じ込めることができないのは、まったく新しい種類の紛争です。
たとえば、

ミャンマーの新しい種類の武力紛争は、他の多くの点でも、国境地域での民族反乱軍との古い戦争や、1948年に英国から独立した直後の中心部での戦闘とは異なります。
ミャンマーの民族武装勢力は常に組織されてきました。
厳格な軍事路線に沿っており、グローバルな視点でそれらをユニークにしています。
他の国の反政府勢力とは異なり、彼らは彼らの階級を示す記章を備えた別個のユニフォームを着ています。
ミャンマーの民族反政府勢力は、正規軍のように見え、地域を管理しており、兵舎、パレード場、仮設のオフィスビルを備えたキャンプがあります。

独立後、中央当局に対する武力闘争に訴えたバーマンの過激派は、それほど組織化されていませんでした。
しかし、彼らはまた、彼らが統治する巨大なベース地域を確立し、そこから政府に対する攻撃を開始しました。
これは、人民ボランティア組織の過激派、第二次世界大戦後に独立後に反乱を起こしたアウンサン将軍によって形成された準軍組織、およびミャンマー軍のさまざまな反乱軍のような小グループに適用されましたが、
主にかつて強力だったビルマ共産党( CPB)に対して。

◎共産主義の拠点が攻撃された

1948年の内戦の勃発直後、そして当時は全面的な内戦でしたが、
ビルマ共産党CPBは、ヤンゴンの北にあるペグヨマ山脈、イラワジデルタ、アラカンヨマ、テナセリム(現在はTanintharyi)、および上部Sagaing Division(現在の地域)。
また、ピンマナとその周辺でも活発に活動し、党(CPB)は家主や金貸しとの闘争やストライキで農民を組織しました。ある段階では、当時の首相であるU Nuの内閣は、当時の首都自体よりもはるかに多くを支配していなかったため、「ヤンゴン政府」と呼ばれていました。

カレンの反乱軍は、東部の山々とイラワジデルタで独立を求めて戦いました。アラカン北部(現在のラカイン州)では、ムジャヒードとして知られるイスラム教徒の反政府勢力 がパキスタンへの加盟を求めて戦った(当時、バングラデシュはパキスタンの東部であった(東パキスタン))。
中国の内戦で共産主義者に敗北した国民党の中国軍は、シャン州北部と東部に基地を持ち、そこから中国への再入国を試みたが失敗し、毛沢東政府に対する
反乱を扇動した。
1950年代後半に、シャン族の間で反乱が勃発し、
1960年代初頭に、カチン族はミャンマーで最も強力な民族抵抗軍の1つを組織しました。

Tatmadawは国境地域の民族的反政府勢力を打ち負かすことはできなかったが、
CPBとの戦いはより成功した。
1950年代後半までに、CPBの部隊は多かれ少なかれペグヨマに封じ込められ、アラカン北西部の山々、テナセリムのジャングル、サガイン北部のピンレブ地域に小さな部隊が留まりました。
一方、国民党は国境を越えてタイに追いやられ、国家安全保障に深刻な脅威を与えることはなくなった。
ミャンマーの共産主義勢力も、中華人民共和国がなかったら終わっていただろう。

1968年、CPBの兵士は、その多くがバーマンの政治委員を伴った中国の紅衛兵の志願者であり、中国との国境を越えてシャン州北部に流れ込んだ。
彼らはすぐに彼らのために戦う地元の部族を募集し、数年以内に、新しくて非常に異なるCPBベース地域が設立されました。
それは、中国に隣接する20,000平方キロメートル以上の領土を含み、シャン州最北端のパンサンとモンコから、コカンとワの丘、そしてケントンの北の山々まで広がっていました。
この「新しい」CPBはこれらの分野で独自の管理を行っており、
「古い」CPBよりもはるかに優れた武装を持っていました。
1968年から1978年の10年間、中国はインドシナ外の他のどの外国共産主義抵抗運動よりも多くの武器、弾薬、その他の物資をCPBに注ぎ込んだ。

しかし、CPBは中国のフロンティアの野生の山にとどまるつもりはありませんでした。計画は、ミャンマー中部のペグヨマと他の拠点に押し下げ、最終的にはヤンゴンを引き継ぐことでした。
Tatmadawはそれを認識し、また、新しい設備の整った部隊を打ち負かすことはできないと結論付けました。
したがって、Tatmadawは、北東部にCPBを封じ込めること、そしてミャンマー中部に残っているCPBを一掃することを決定しました。
そのようにして、決してCPBは権力を掌握することができなくなります。

その戦略は巧妙で、うまくいきました。
イラワジデルタ地域といくつかの小さな拠点は、1960年代後半から1970年代初頭に「鎮静化」されました。
その後、ペグ・ヨマに対して大規模な攻撃が開始されました。
そこにあったCPBキャンプは、1975年に暴走し、山脈とその周辺の民間人はミャンマー中部の他の地域に再定住しました。
その後、ミャンマーの中心部でCPBとの戦いはなくなりました。
ペグヨマとイラワジデルタでも活動していたカレン反乱軍はそこでも基地を失い、生存者はタイ国境に撤退した。

カレン民族同盟(KNU)が何人かの軍隊を派遣して、イラワジデルタのカレン居住地域に再入国したのは1991年のことでした。
意外にも、タイ国境からやってきたカレン反乱軍は、ヤンゴンの南西約140kmのボガライ地域で塹壕を掘ったり銃を備蓄したりしているのが見られた。
Tatmadawは、新たに買収した中国の航空機と砲艦を使用して怒りで応えました。
当時のタッマドゥの歩兵大将であるタンシュエ将軍(後のタンシェ議長)がこのキャンペーンを主導しました。
このキャンペーンはコードネーム「嵐作戦」であり、この地域のKNU軍は排除されましたが、猛攻撃の最中にひどく苦しんだ民間人にとっては高くつきました。
反乱軍、村は爆撃され、殺害された村のほとんどは武装勢力ではなく普通の村人でした。

◎ワとの停戦

ペグヨマの陥落後、アラカン北部とテナセリムではわずかなCPB部隊が何とか持ちこたえたが、
党は所属しておらず、滞在するつもりもなかった北東部の基地地域で孤立していた。
その結果、1989年に非バーマン、主にワだけでなくコーカン族内で反乱が起こり、
CPB軍のランクとファイルが生まれました。
古いCPB指導部は中国に亡命し、以前の軍隊は次のように再編成されました。
最強の民族軍がワ州連合軍(UWSA)になりました。
しかし、それは戦うのではなく、反乱の直後にタッマドゥと停戦協定を結んだ。(後のキンニュン首相(ミャンマーの柳生宗矩))

それ以来、かなり不思議なことに、UWSAはCPBよりも強力で装備が充実しており、その銃やその他の物資は中国から入手されています。
UWSAは単独で戦闘を行っていませんが、その武器の一部を、シャン州進歩党のシャン州軍、パラウンタアン民族解放軍、コーカンを拠点とする他の民族軍と共有しています。
全国民主同盟軍、そして程度は少ないがカチン独立軍(KIA)。

これらの軍隊はタッマドゥと戦っていますが、UWSAの武器供給の恩恵も受けている強力なアラカン軍(AA)は、ミャンマーの他のすべての抵抗軍から距離を置いています。
 代わりに、ラカイン州でAAは、1785年にバーマン王がこの地域を占領したときに失った古いアラカン王国の独立を取り戻したいと述べています。その目的を念頭に置いて、AAは解放された地域を設立していません。

簡単に言えば、それは2月1日のクーデターまでの状況でした。
新しいバーマンレジスタンスファイターは、人民防衛軍(PDF)と呼ばれる緩い同盟に組織されることになっています。
その傘下組織は、タッマドゥがクーデターを起こし、国家行政評議会(SAC)と呼ばれる軍事フンタを結成した後、追放された議員や他の政治家によって設立された国民統一政府(NUG)の武装組織と見なされます。
しかし、異なるPDF間にどの程度の調整があるかは不明であり、それらに加えて、独立して動く他のローカル抵抗力が豊富にあります。
 しかし、全体として、反SAC抵抗は、主にマグウェ、サガイン、エーヤワディー、マンダレー、タニンダーリの各地域で活発です。
これらの地域は何十年にもわたって激しい戦いはありませんでした。
チン州とカヤ(カレンニ)州でも戦闘が激化しています。

◎PDF /民族同盟

ミャンマー北部のPDFはKIA(カチン独立軍)と同盟を結んでおり、KIAの兵士は、カチン州の境界外での襲撃でビルマンの抵抗戦闘員のグループに同行したことさえあります。
そうすることによって、KIAはカチン州の包囲された基地からTatmadawユニットを引き離すことを望んでいます。
これは望ましい効果をもたらしたと思われる軍事戦略です。
Tatmadawは現在、北部ではなく、マグウェ地域とチン州での大規模な攻撃に向けて準備を進めているようです。

TatmadawはCPBに対して行ったのと同じ戦術を採用できないため、
PDFとの戦いの結果は不確実です。
新時代の反政府勢力は、昔のミャンマー中部のCPBとは異なり、暴走する可能性のあるキャンプのある「解放された地域」を持っていません。
そして、それらはKIAや他の民族軍によって管理されているため、国境地域に封じ込めることはできません。
農村部ではひき逃げゲームですが、町ではミャンマーが歴史上初めて都市のゲリラに直面しています。
タッマドゥはそのような戦争の経験がまったくありません。

それはまた、タッマドゥがこの新しい種類の抵抗と戦うためにどのような資源を投入できるかという問題でもあります。
国の一部での攻撃は、他の州や地域で、バーマンと同様に民族的により多くの反政府勢力の活動につながる可能性があります。
Tatmadawは、その軍隊の士気がすでに低いときに、多くの戦場で薄く引き伸ばされます。
わずか1年前に安全であると考えられていた道路沿いの絶え間ない待ち伏せと爆弾攻撃は、
兵士の戦いへの意欲に打撃を与えました。
これは国の隅々に当てはまります。
地元の無党派の市民組織の労働者によると、
カレン州のTatmadaw部隊は、
ネピドーの最高司令部に幻の戦いを報告することにさえ頼っていた。
彼らは、そのような攻撃が発生しなかったときに、
カレンの反乱軍の野営地と前哨基地を占領したと主張している。

クーデターが引き起こした非常に複雑な状況が何につながるかを言うことは不可能です。
最悪のシナリオでは、それはミャンマーの断片化を引き起こし、誰も国を合理的にうまくまとめることができなくなる可能性があります。
Tatmadawの階級内での異議申し立ては、1948年の独立をきっかけに蔓延した反乱と混乱の繰り返しに照らし、
非常に不確実な結果を伴うクーデターまたはクーデターの試みにつながる可能性があります。
Tatmadawが2011年に国を開くことを決定した後に感じました。
NLD国民民主連盟の大規模な復活を予期していなかったため、タッマドゥの側に誤った希望がありました。
そして、将軍が民主的な目覚めの経験をしたと信じた
ほとんどの外国の専門家にとっては、全く誤解された展開になりました。
結局、タッマドゥが介入して権力を再主張しようとすることは避けられなかった。
私たちは今、その運命的な決定(軍事クーデター)の悲惨な結果を経験しています。

《メディア媒体について》

○国営新聞MyanmarAline (軍政プロパガンダ)(国内向け)
○国営英字新聞Global New Light of Myanmar(軍政プロパガンダ)(国外向け)
(逮捕された市民の氏名確認等に使う)
○MNAミャンマーニュースエージェンシー 国営通信者
○MRTVミャンマーラジオTV(軍政プロパガンダ)
○MWD TV MyawaddyTV 国営放送 (軍政プロパガンダ)

これら軍政プロパガンダはクーデター以降、現在、YouTube、FB、Twitter等から追放されました。

独立系媒体は軍事政権によって許可停止であるため、
地下に潜って活動中。(以前からタイ、インドに拠点がある。)

ミャンマーの真実を伝えるために必死で頑張っている!
運営資金はほぼ国内外市民からの寄付である。
◎Myanmar-Now(独自の情報網があり必!) 英、ビルマ語
◎Mizzima MizzimaTV(独自の情報網があり必!)英、ビルマ語
◎KhitThitMedia (情報が早い、Twitter→Telegram又はFB、 市民密着型、ただし全文ビルマ語。)
◎DVB Dvb Burmese 民主ビルマの声(一部ノルウェー政府資金支援 元々は同国へ避難民の方々が創設)ビルマ語、英語版もある。
◎The Irrawaddy イラワジ紙(日本の朝日新聞と毎日新聞に相当する。外交にも強い。外交官寄稿文にもよく引用される。)英、ビルマ語(ビルマ語版はより細かい事例まで転載)
◎The Chindwin ( Twitterは情報早い。WEBは他と違った角度で。)英語、ビルマ語
◎RFA Burmeseラジオフリーアジア ビルマ(アメリカ合衆国が資金援助)ビルマ語、一部英語
◎VOA Burmeseボイスオブアメリカ ビルマ(アメリカ合衆国が資金援助)ビルマ語
◎その他DMG・・・・・他・・・・・
◎KachinNewsGroup カチン語、ビルマ語、英語

※BBC Burmeseを記載しなかったのは独自の情報網が上記に比べ少し弱いところがある。(植民地時代の影響かな)それ以外はさすが。

各PDF(人民防衛隊)等の映像はFBwatchから。

※以下、2021年10月中旬以前の転載分は次のページにあります。

 ミャンマー連邦共和国挙国一致内閣 国民統一政府NUG WEBサイト。
ビルマ語英語切り替え

https://www.nugmyanmar.org/en/

 ガガーリン8707D0D9-71D1-43AC-B9F8-AA07018B3F5F